第二新卒へのおすすめ企業とは?転職に向けた優良企業の見極め方も解説!

この記事のまとめ

  • 第二新卒は1から教育する必要がないため、就活市場においてのニーズが高い
  • 企業規模で転職先を決めることはせず、メリットとデメリットを考えて選ぶ
  • 第二新卒へのおすすめ企業は、IT関係・金融関係・メーカーなどがある
  • おすすめ企業から選ぶのではなく、前職と同じ職種に転職をするのも1つの方法
  • 第二新卒がおすすめ企業へ入社するには、入念な企業研究がカギ


「第二新卒におすすめの企業はあるの?」「第二新卒だから優良企業には入社できない…」と思っている方はいませんか?第二新卒は社会人経験が浅いものの、就活市場においてニーズの高い存在です。積極的に採用する企業も増えているため、自信をもって挑みましょう。
このコラムでは、第二新卒の方におすすめの企業や職種、優良企業を見極めるポイントなどを解説。転職時の注意点を知り、希望企業への転職を成功させましょう。
ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

第二新卒でも優良企業に転職できる!

一般的に「第二新卒」は学校卒業後に就職し、3年以内に転職する人を指します。早期退職者であるため、「次の就職に不利になりそう」と悩む人もいるようですが、実際はさほどマイナスではありません。

1度社会に出た経験がある第二新卒は、新卒とは違って基本的なビジネスマナーが身についている場合がほとんど。新卒のようなフレッシュさがありつつも、教育にかける時間が削減できる第二新卒を積極的に採用する会社が増えているようです。

「第二新卒」についての詳しい解説は、「第二新卒って誰のこと?転職に有利といわれる根拠とは?」の記事もあわせてご覧ください。

第二新卒におすすめの企業規模は?

転職を視野に入れた際にまず考えるべき、企業規模について解説します。おすすめの企業規模は一概にはいえず、希望の働き方によって選択肢が分かれるのが特徴です。まずは、大手と中小企業のメリット・デメリットを知っておきましょう。



大手企業のメリットとデメリット


大手企業と聞くと、メリットばかりのイメージがある人もいるでしょう。しかし、社員数が多いことで、人によってはデメリットだと感じやすい部分もあります。大手企業のメリットとデメリットは、以下のとおりです。



大手企業は教育体制が整っている

大手企業は人数が多いことから、教育体制も整っていることがほとんど。基礎からしっかり学びたいという第二新卒の方は、大手企業への転職を視野に入れても良いでしょう。

大手企業は入社のハードルが高いと思われがちですが、多くの人を採用するために採用基準を多少緩くしていることも。そのため、第二新卒でも大手企業へ転職できる可能性は充分にあるといえます。



大手企業では裁量が小さくなる可能性がある

大手企業では、大人数であるがゆえに個人の裁量が小さくなることがあります。中小企業ではキャリアに関係なく、主要プロジェクトを任されることもありますが、大手企業では難しいのが現実。「すぐに成果を出して評価されたい!」という実力主義の人は、よく考えながら応募企業を選びましょう。



中小企業のメリットとデメリット


将来のキャリアプランや希望の働き方によっては、大手よりも中小企業のほうが向いている場合もあります。中小企業のメリットとデメリットは以下のとおりです。



中小企業は結果次第でキャリアアップが実現しやすい

中小企業は規模がさほど大きくないことで、結果が出しやすいのがメリット。キャリアや評価を重視する人は、中小企業を選ぶと希望どおりの働き方が実現できる可能性があります。



中小企業では教育体制が整っていないことがある

人数が少ないことで教育制度が整っていなかったり、現場教育のみであったりすることがあります。「見て覚える」「業務をしながら覚える」という学び方が苦手な人は、応募先企業の教育体制を事前にチェックしておきましょう。

企業規模のメリット・デメリットについてさらに詳しく知りたい方は、「大企業と中小企業の違いは?両者に就職するメリット・デメリットもご紹介」の記事もぜひチェックしてみてください。

第二新卒におすすめの企業選び3選

ここでは、第二新卒におすすめの企業選びを3つ紹介します。先述した企業規模と同様、自分の目的に合った企業を選ぶことが重要です。



1.成長企業を選ぶ


成長企業とは企業規模が大きいということではなく、利益や事業規模が拡大し続けている高い成長性がある企業のことを指します。中小企業やベンチャー企業の中でも特に高い成長性を示している企業が成長企業だといえるでしょう。

成長企業は組織全体として目的意識が高い傾向にあるため、しっかりと目的意識を持って仕事に取り組みたい人におすすめの企業です。



2.零細企業は避ける


中小企業のなかでも、特に小規模とされる零細企業は避けた方が良いでしょう。零細企業は給与も上がりにくいだけでなく、仕事に使用するための経費すら限られてくる可能性があります。

資本的体力が見込める企業であれば、業務を遂行するために必要な経費が当然利用できるため、自分自身の成長のためにも良い環境が整いやすいといえるでしょう。



3.優良企業を選ぶ


自分の希望する働き方を実現したいのであれば、優良企業を選ぶことが大切です。しかし、経営の安定した大企業だからといって、優良企業であるとは限りません。

優良企業であるかどうかを見極めるには、「労働環境」「給与」「将来性」「福利厚生」をおさえておくことがポイントです。



労働環境の場合

優良企業は従業員の業務時間がしっかり管理されており、残業時間も短めである場合が多いようです。また、社内の雰囲気が明るく活気づいているような企業は優良企業である可能性が高いでしょう。一方で、生き生きと働いている人が少ない会社は、社員が不満を感じやすい労働環境になっている可能性があります。



給与の場合

優良企業はきちんと仕事内容に見合った給与体系になっています。基本給は最低賃金以上を支給しなくてはいけませんが、中には違法な給与額を設定している会社も存在します。また、最低賃金以上の金額が設定されていても、業務内容とは見合っていないケースもあります。このような会社は労働環境が悪い可能性があるため、注意が必要です。



将来性の有無

年々社員数が増加しており、企業規模が成長しているような将来性の高い会社は、優良企業である可能性が高いようです。また、業績が好調な会社であれば大きなオフィスへの移転を繰り返していることもあります。勢いのある会社の一員になることで、自分のスキルアップにもつながるでしょう。



福利厚生の場合

優良企業では充実した福利厚生を用意していることが多いようです。福利厚生には、雇用保険や健康保険などの法律で定められているもののほかに、企業が任意で従業員に提供できる住宅手当や育児支援などの法定外福利厚生があります。法律で強制されていなくても充実した福利厚生を用意している会社は、従業員を大切にする優良企業だといえるでしょう。

第二新卒の転職で優良企業を見極めるポイント10選

希望の働き方を実現するために、優良企業を見極めるポイントを解説します。経営が安定した企業や大企業が必ずしも優良企業というわけではありません。優良企業の特徴を知って、働きやすい会社を判断できるようにしましょう。



1.仕事内容に見合った給与体系か


応募先を選ぶ際は、給与体系に着目しましょう。基本給は最低賃金以上を支給しなくてはいけないものですが、なかには違法な給与額を設定している会社もあるようです。

また、最低賃金以上の金額が設定されていても、業務内容とは見合っていない場合も。実際に自分が働いていることを想像しながら、「仕事に見合った給与かどうか」を考えてみましょう。



2.残業がどのくらいあるのか


優良企業では、従業員の業務時間がしっかり管理されていて、残業時間も短めであることがほとんど。残業代が別途支給されたとしても、あまりに時間外業務が多い場合は注意したほうが良いでしょう。みなし残業制を取り入れている会社の場合は、実際の残業時間についても確認したほうが安心です。



3.福利厚生が充実しているか


優良企業では充実した福利厚生を用意していることが多いようです。中には斬新な制度を独自に作っている会社も。便利な福利厚生を用意している会社は、従業員を大切にする良い企業といえるでしょう。



4.有給取得率が高いか


優良企業を見極める際は、有給取得率の高さも注目すべきポイント。優良企業では有給取得率が高い傾向にあり、なかには100%に近い結果を出している会社もあるほどです。「有給を消化させてくれない」と悩むことのないよう、応募先を考える時点で見極められるようにしましょう。



5.社内の雰囲気が良いか


チーム主義や個人主義など会社の色はそれぞれですが、「社内が暗い」「必要以上にピリついている」というような雰囲気の会社は避けたほう無難です。

活気づいていて、明るい雰囲気がある会社は優良企業である可能性も高め。気になる会社があれば、社内見学は可能かどうか聞いてみても良いでしょう。



6.社員が生き生きと働いているか


社員の様子も気をつけて見ておくのがおすすめ。やる気がなさそうにだらけていたり、嫌そうに働いていたりする人がいる場合は要注意。生き生きと働いている人が少ない会社は、社員が不満を感じやすい労働環境である可能性があります。

やる気に満ち溢れていて、社員が自信を持って働いていることが分かるような会社を選ぶのが理想です。



7.どのくらいの離職率なのか


離職率が高い会社は、社員が働き続けたいと思わない環境の可能性があります。優良企業は従業員を大切に考えていることが多いですが、労働環境が悪い企業は「ついて来られないなら辞めれば良い」という考え方の会社も存在するようです。

勤め続けたいと感じる会社を選べるよう、離職率は見逃さないようにしましょう。



8.従業員数や業績が右肩上がりか


年々社員数が増加していて、企業規模が成長しているような会社は優良企業である可能性が高め。業績が好調な会社は、大きなオフィスへの移転を繰り返していることもあります。勢いのある会社の一員になることで、自分のスキルアップにもつながるでしょう。



9.評価・表彰制度があるか


前述のとおり、優良企業は社員のことを大切に考えているため、仕事に対して正当な評価をしてくれます。社員の評価制度が充実している会社は優良企業である可能性が高いでしょう。業績を残した社員の表彰を行っている会社もあります。

評価をしてもらえることで、モチベーションが下がることなく働き続けられるのもポイントです。



10.採用人数が多すぎないか


そこまで規模が大きくない会社であるにも関わらず、採用人数が多い会社も要注意。すぐに退職することを考慮して、多くの人を採用している可能性があります。あらかじめ多くの人を採用しなければならないほど退職者が多い会社は、応募の時点で避けたほうが良いでしょう。

第二新卒の転職におすすめの業界6選

ここでは、第二新卒の転職におすすめの企業がある具体的な業界を紹介していきます。ぜひ参考にしてみてください。



1.IT業界


専門的なスキルを身につけたい第二新卒の方はIT業界がおすすめ。担当業務にもよりますが、プログラミングやWebマーケティングに関する知識などが身につきます。専門性を高められれば、ITコンサルタントやマネジメントなど、さまざまなキャリアを歩むことも可能。フリーランスとして独立する夢も叶いやすいでしょう。



2.コンサルティング業界


やりがいのある仕事をしたい人や、若いうちに経験を積みたいという第二新卒の方は、コンサルティング業界がおすすめ。コンサルティングとは、簡単にいうと企業が抱える悩みを解決する仕事です。経営面だけでなく、社内システムや人材管理などに関する知識も必要となります。

決して楽な業界ではありませんが、その分成果が評価されやすいのが特徴です。



3.機械業界


機械業界などの工業系の業界も第二新卒におすすめです。建設や家電、自動車など産業によっては「29歳まで応募可」となっていることも多いため、第二新卒でも応募しやすく、将来性も高いのが特徴です。

また、工業系の企業の中には、「社員全員が正規雇用で副業可」といった、従業員に対するユニークな施策を実施していることで有名な優良企業もあります。



4.製造業


未経験でもOKな求人が多い「メーカー」も第二新卒が応募しやすい業界の1つ。営業とは違い、ノルマを課せられることが少ないため、プレッシャーが苦手な人には特におすすめです。業務をこなしていく中で、将来役立つ専門的な知識や技術も身につけられます。



5.インフラ業界


安定性を重視して第二新卒から転職する場合は、インフラ業界を志望するのも良いでしょう。インフラ業界とは鉄道・ガス・水道など、生活に欠かせないサービスを提供する会社。倒産などの心配が少なく、福利厚生が整っていることも多いのが特徴。働きやすさを求めて転職する人に人気の業界です。



6.金融業界


社会貢献や政治経済に興味がある第二新卒の方は銀行など、金融業界への転職を考えてみるのもおすすめ。銀行は営業時間がきっちり決まっているので、ワークライフバランスが保ちやすいといわれている業界です。知名度の高い会社に勤務することがモチベーションにつながる人にも向いているでしょう。

第二新卒の転職におすすめの職種4選

第二新卒の転職活動では、業界以外に職種から転職先を考えるという方法もあります。職種によってキャリアパスや習得できる知識もさまざまです。そのため、自分にとって理想の働き方が実現できる職種を選ぶことが大切です。

ここでは第二新卒の転職におすすめの職種を紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。



1.エンジニア


プログラマーなどのエンジニア職の場合、プログラミングスキルなどの専門的なスキルを持っていれば第二新卒でも採用されやすい傾向にあります。また、大手企業でプログラマーとして採用されれば、スキルを磨くことによってシステムエンジニアやプロジェクトリーダーへとキャリアアップしていくことも可能です。



2.営業職


営業職は業界未経験でも採用を行っていることが多い職種です。また、実力主義の会社が多いので、成果を出せばインセンティブをもらえることもあります。キャリアアップを強く望んでいる方や数字を追う働き方が合っているという方は、第二新卒からでもモチベーションを高く保ちながら働けるでしょう。



3.公務員


若いうちであれば、試験に合格することで公務員への転職も可能です。公務員は勤続年数によって給与が決まることが多いとされているので、第二新卒からの転職で安定した生活を送りたいという人におすすめ。条件や制限などは自治体によって異なります。転職先を考える際に、近くの自治体について調べてみても良いでしょう。



4.前職と同じ職種


同じ職種への転職であれば、経験を活かしながら働けます。仕事内容は合っていたと感じる人は、もう1度同じ職種にチャレンジしてみても良いでしょう。

ただし、短期間で同じ職種への転職を志望すると「人間関係や待遇に不満を持ちやすいのでは?」と疑問に思われやすいので、面接対策を充分にする必要があります。

第二新卒が転職活動をするときの注意点

転職を考える上で、第二新卒ならではの注意点を解説します。転職を決断した第二新卒の方はもちろん、迷っている方も参考にしてみてください。



大手企業が優良企業とは限らない


先に紹介したとおり、大手企業にはメリットだけでなくデメリットも存在しており、大手企業であるからといってすべてが優良企業というわけではありません。大手企業のネームバリューのみを見て転職活動をしてしまうと、企業とのミスマッチも起こりやすくなります。

企業選びは、「自分の理想が叶えられる会社はどのような企業なのか」を念頭に置いて行うことが大切です。



勢いのみで転職しない


第二新卒の人は勢いで転職しないよう注意が必要です。入社前に想像していた理想の働き方とのギャップが大きいほど、つい「もう嫌だ!辞めよう!」と感情に任せて転職を決断しがち。

勢いで転職を決断すると、企業選びもおろそかになり、同じ失敗を繰り返す恐れがあります。「企業を見る目が養われた」と考え、転職活動は計画的に行いましょう。



年収が高い企業の倍率は高い


できるだけ高い報酬を得られる企業を選びたいと考えている方は多いでしょう。しかし、年収が高い業界や企業は人気があるため、それだけ倍率が高い傾向があります。また、倍率が高いということは採用される難易度も高いということになるため、年収の高い企業ばかりを目標に転職活動を行っていると苦労する可能性が高いようです。

転職の失敗例については、「転職のありがち失敗例と成功する人のポイントとは」の記事でも紹介しています。こちらもあわせて参考にしてみてください。

第二新卒が転職を成功させるための4つのコツ

ここでは、第二新卒からの転職活動を成功へ導くためのコツを紹介します。第二新卒は新卒よりも採用のハードルが高いこともしばしば。事前準備をしっかり行い、万全の状態で転職活動に臨みましょう。



1.業界や企業の研究を入念に行う


「思っていた会社と違った」ということを繰り返さないよう、企業研究を念入りに行うことが大切です。企業研究を念入りに行うことで、面接での志望理由も答えやすくなります。「競合他社ではダメな理由」をしっかり説明できるくらいまで調べましょう。



2.自身で工夫して働ける環境を選ぶ


入社後にスキルアップしていくためには、自分自身で工夫しながら働ける環境を選ぶことが重要です。同じようなルーティンワークばかり行っていてもスキルは身につきません。同じ業界の会社であっても、自分で創意工夫ができるような知的労働が行える会社を選ぶようにしましょう。



3.資格取得・スキルを磨く


転職活動中も入社してからもスキルを磨き続けましょう。近年では、総合職型の人材よりも特定のスキルに特化した人材が求められる傾向があります。そのため、特定のスキルを磨き続ければそれだけ自分の市場価値を高められます。高いスキルを身につけることで、キャリアアップのための転職もしやすくなるでしょう。

また、資格を持っている人が有利になる業界や職種の場合は、あらかじめ取得しておくのがおすすめです。資格は知識レベルの証明になるので、即戦力として積極的にアピールできますし、説得力も増します。



4.転職エージェントを利用する


より確実に転職を成功させたい人は、転職エージェントを利用するのも1つの方法です。転職エージェントでは、非公開求人を扱っているだけでなく、履歴書の添削や面接対策も行っています。「また失敗したらどうしよう」と心配な人は、就活のプロと一緒に転職活動を進めるのがおすすめです。

関連タグ