1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. 第二新卒転職TOP
  4. >
  5. 第二新卒の就活
  6. >
  7. 第二新卒でも優良企業に転職できる?おすすめ企業はどんな特徴がある会社か知っておこう

第二新卒でも優良企業に転職できる?おすすめ企業はどんな特徴がある会社か知っておこう

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

「第二新卒だから優良企業には入社できない」と思っている方はいませんか?第二新卒は社会人経験が浅いものの、実は就活市場においてニーズの高い存在です。このコラムでは、第二新卒の方におすすめの企業規模や職種はもちろん、優良企業を見極めるポイントも解説します。転職時の注意点を知り、希望企業への転職を成功させましょう。
【このページのまとめ】
・第二新卒は1から教育する必要がないため、就活市場においてのニーズが高い
・企業規模で転職先を決めることはせず、メリットとデメリットを考えて選ぶ
・第二新卒へのおすすめ企業は、IT関係・金融関係・メーカーなどがある
・おすすめ企業から選ぶのではなく、前職と同じ職種に転職をするのも1つの方法
・第二新卒がおすすめ企業へ入社するには、入念な企業研究がカギ

第二新卒でも優良企業に転職できる!

一般的に「第二新卒」は学校卒業後に就職し、3年以内に転職する人を指します。早期退職者であるため、「次の就職に不利になりそう」と悩む人もいるようですが、実際はさほどマイナスではありません。
1度社会に出た経験がある第二新卒は、新卒とは違って基本的なビジネスマナーが身についている場合がほとんど。新卒のようなフレッシュさがありつつも、教育にかける時間が削減できる第二新卒を積極的に採用する会社が増えているようです。
▼関連記事
第二新卒って誰のこと?転職に有利といわれる根拠とは?

第二新卒におすすめの企業規模は?

転職を視野に入れた際にまず考えるべき、企業規模について解説します。おすすめの企業規模は一概には言えず、希望の働き方によって選択肢が分かれます。まずは、大手と中小企業のメリット・デメリットを知っておきましょう。

大手企業のメリットとデメリット


大手企業と聞くと、メリットばかりのイメージがある人もいるでしょう。しかし、社員数が多いことで、人によってはデメリットだと感じやすい部分もあります。大手企業のメリットとデメリットは、以下のとおりです。
大手企業は教育体制が整っているのがメリット

大手企業は人数が多いことから、教育体制も整っていることがほとんど。基礎からしっかり学びたいという第二新卒の方は、大手企業への転職を視野に入れても良いでしょう。
大手企業は入社のハードルが高いと思われがちですが、多くの人を採用するために採用基準を多少緩くしていることも。第二新卒でも大手企業へ転職できる可能性は充分にあります。
大手企業では裁量が小さくなる可能性がある

大手企業では、大人数であるがゆえに個人の裁量が小さくなることがあります。中小企業ではキャリアに関係なく、主要プロジェクトを任されることもありますが、大手企業では難しいのが現実。「すぐに成果を出して評価されたい!」という実力主義の人はよく考えながら応募企業を選びましょう。

中小企業のメリットとデメリット


将来のキャリアプランや希望の働き方によっては、大手よりも中小企業のほうが向いている場合もあります。中小企業のメリットとデメリットは以下のとおりです。
結果を出せばすぐにキャリアアップの実現が可能

中小企業は規模がさほど大きくないことで、結果が出しやすいのがメリット。キャリアや評価を重視する人は、中小企業を選ぶと希望どおりの働き方が実現できる可能性があります。
中小企業では教育体制が整っていないことがある

人数が少ないことで教育制度が整っていなかったり、現場教育のみであったりすることがあります。「見て覚える」「業務をしながら覚える」という学び方が苦手な人は、応募先企業の教育体制を事前にチェックしておきましょう。
▼関連記事
会社規模は関係ない!大企業病にご用心

第二新卒におすすめの業界や職種

ここでは、第二新卒の方が転職をするのにおすすめの業界や職種をご紹介します。第二新卒は社会人経験が短いため、企業によっては採用を実施していないことも。自分のやりたいことと照らし合わせながら、第二新卒でも大いに活躍できる職場を探すことが大切です。

おすすめ業界


転職先を考える際はまずはどのような業界に興味があるのか考えてみましょう。第二新卒や未経験者の採用を行っていることが多い業界は以下のとおりです。
IT業界

専門的なスキルを身につけたい人はIT業界がおすすめ。担当業務にもよりますが、プログラミングやWebマーケティングに関する知識などが身につきます。専門性を高められれば、ITコンサルタントやマネジメントなど、さまざまなキャリアを歩むことも可能。フリーランスとして独立する夢も叶いやすいでしょう。
コンサルティング業界

やりがいのある仕事をしたい人や、若いうちに経験を積みたいという方はコンサルティング業界がおすすめ。コンサルティングとは、簡単にいうと企業が抱える悩みを解決する仕事です。経営面だけでなく、社内システムや人材管理などに関する知識も必要となります。
決して楽な業界ではありませんが、その分成果が評価されやすいのが特徴です。
製造業界

未経験でもOKな求人が多い「メーカー」も応募しやすい業界の1つ。営業とは違い、ノルマを課せられることが少ないため、プレッシャーが苦手な人には特におすすめです。業務をこなしていく中で、将来役立つ専門的な知識や技術も身につけられます。
インフラ業界

安定性を重視して転職する場合は、インフラ業界を志望するのも良いでしょう。インフラ業界とは鉄道・ガス・水道など、生活に欠かせないサービスを提供する会社。倒産などの心配が少なく、福利厚生が整っていることも多いのが特徴。働きやすさを求めて転職する人に人気の業界です。
金融業界

社会貢献や政治経済に興味がある人は銀行など、金融業界への転職を考えてみるのもおすすめ。銀行は営業時間がきっちり決まっているので、ワークライフバランスが保ちやすいといわれている業界です。知名度の高い会社に勤務することがモチベーションにつながる人にも向いているでしょう。

おすすめ職種


業界以外にも、職種から転職先を考える方法もあります。職種によって、キャリアパスや習得できる知識もさまざま。理想の働き方が実現できる職種を選ぶことが大切です。
営業職

営業職は業界未経験でも採用を行っていることが多い職種です。また、実力主義の会社が多いので、成果を出せばインセンティブをもらえることもあります。キャリアアップを強く望んでいる方や数字を追う働き方が合っているという方は、モチベーションを高く保ちながら働けるでしょう。
公務員

若いうちであれば、試験に合格することで公務員への転職も可能です。公務員は勤続年数によって給与が決まることが多いとされているので、安定した生活を送りたいという人におすすめ。条件や制限などは自治体によって異なります。転職先を考える際に、近くの自治体について調べてみても良いでしょう。
前職と同じ職種

同じ職種への転職であれば、経験を活かしながら働けます。仕事内容は合っていたと感じる人は、もう1度同じ職種にチャレンジしてみても良いでしょう。
ただし、短期間で同じ職種への転職を志望すると「人間関係や待遇に不満を持ちやすいのでは?」と疑問に思われやすいので、面接対策を充分にする必要があります。

優良企業を見極める10のポイント

希望の働き方を実現するために、優良企業を見極めるポイントを解説します。経営が安定した企業や大企業が必ずしも優良企業というわけではありません。優良企業の特徴を知って、働きやすい会社を判断できるようにしましょう。

1.仕事内容に見合った給与体系か


応募先を選ぶ際は、給与体系に着目しましょう。基本給は最低賃金以上を支給しなくてはいけないものですが、なかには違法な給与額を設定している会社もあるようです。
また、最低賃金以上の金額が設定されていても、業務内容とは見合っていない場合も。実際に自分が働いていることを想像しながら、「仕事に見合った給与かどうか」を考えてみましょう。

2.残業がどのくらいあるのか


優良企業では、従業員の業務時間がしっかり管理されていて、残業時間も短めであることがほとんど。残業代が別途支給されたとしても、あまりに時間外業務が多い場合は注意したほうが良いでしょう。みなし残業制を取り入れている会社の場合は、実際の残業時間についても確認したほうが安心です。

3.福利厚生が充実しているか


優良企業では充実した福利厚生を用意していることが多いです。中には斬新な制度を独自に作っている会社も。便利な福利厚生を用意している会社は、従業員を大切にする良い企業といえるでしょう。

4.有給取得率が高いか


優良企業を見極める際は、有給取得率の高さも注目すべきポイント。優良企業では有給取得率が高い傾向があり、なかには100%に近い結果を出している会社もあるほどです。「有給を消化させてくれない」と悩むことのないよう、応募先を考える時点で見極められるようにしましょう。

5.社内の雰囲気が良いか


チーム主義や個人主義など会社の色はそれぞれですが、「社内が暗い」「必要以上にピリついている」というような雰囲気の会社は避けたほう無難です。
活気づいていて、明るい雰囲気がある会社は優良企業である可能性も高め。気になる会社があれば、社内見学は可能かどうか聞いてみても良いでしょう。

6.社員が生き生きと働いているか


社員の様子も気をつけて見ておくのがおすすめ。やる気がなさそうにだらけていたり、嫌そうに働いていたりする人がいる場合は要注意。生き生きと働いている人が少ない会社は、社員が不満を感じやすい労働環境である可能性があります。
やる気に満ち溢れていて、社員が自信を持って働いていることが分かるような会社を選ぶのが理想です。

7.どのくらいの離職率なのか


離職率が高い会社は、社員が働き続けたいと思わない環境の可能性があります。優良企業は従業員を大切に考えていることが多いですが、ブラック企業はその逆です。「ついて来られないなら辞めれば良い」という考え方の会社も多いそう。
勤め続けたいと感じる会社を選べるよう、離職率は見逃さないようにしましょう。

8.従業員数や業績が右肩上がりか


年々社員数が増加していて、企業規模が成長しているような会社は優良企業である可能性が高め。業績が好調な会社は、大きなオフィスへの移転を繰り返していることもあります。勢いのある会社の一員になることで、自分のスキルアップにもつながるでしょう。

9.評価・表彰制度がある


前述のとおり、優良企業は社員のことを大切に考えているため、仕事に対して正当な評価をしてくれます。社員の評価制度が充実している会社は優良企業である可能性が高いでしょう。業績を残した社員の表彰を行っている会社もあります。
評価をしてもらえることで、モチベーションが下がることなく働き続けられるのもポイントです。

10.採用人数が多すぎないか


さほど規模が大きくない会社であるにも関わらず、採用人数が多い会社も要注意。すぐに退職することを考慮して、多くの人を採用している可能性があります。あらかじめ多くの人を採用しなければならないほど退職者が多い会社は、応募の時点で避けたほうが良いでしょう。

第二新卒が転職をするときの注意点

転職を考える上で、第二新卒ならではの注意点を解説します。転職を決断した第二新卒の方はもちろん、迷っている方も参考にしてみてください。

勢いのみで転職しない


第二新卒の人は勢いで転職しないよう注意が必要です。入社前に想像していた理想の働き方とのギャップが大きいほど、つい「もう嫌だ!辞めよう!」と感情に任せて転職を決断しがち。
勢いで転職を決断すると、企業選びもおろそかになり、同じ失敗を繰り返す恐れがあります。「企業を見る目が養われた」と考え、転職活動は計画的に行いましょう。

大手企業が必ず優良企業であるとは限らない


前述のとおり、大手企業=優良企業というわけではありません。ネームバリューのみで転職活動をすると、企業とのミスマッチも起こりやすくなります。「自分の理想が叶えられる会社はどのようなところなのか」を考えながら企業選びをすることが大切です。
▼関連記事
転職のありがち失敗例と成功する人のポイントとは

第二新卒でおすすめ企業に入社する方法

できるだけ志望度の高い会社に入社するための方法を解説します。第二新卒は新卒よりも採用のハードルが高いこともしばしば。事前準備をしっかり行い、万全の状態で転職活動に臨みましょう。

有利になる資格があれば取得しておく


資格を持っている人が有利になる業界や職種の場合は、あらかじめ取得しておいたほうが良いでしょう。資格は知識レベルの証明になるので、即戦力として積極的にアピールできますし、説得力も増します。

業界や企業の研究を入念に行う


「思っていた会社と違った」ということを繰り返さないよう、企業研究を念入りに行うことが大切です。企業研究を念入りに行うことで、面接での志望理由も答えやすくなります。「競合他社ではダメな理由」をしっかり説明できるくらいまで調べましょう。

転職エージェントを利用する


より確実に転職を成功させたい人は、転職エージェントを利用するのも1つの方法です。転職エージェントでは、非公開求人を扱っているだけでなく、履歴書の添削や面接対策も行っています。「また失敗したらどうしよう」と心配な人は、就活のプロと一緒に転職活動を進めるのがおすすめ。
ハタラクティブは、第二新卒や既卒など若年層を対象とした転職エージェントです。
第二新卒歓迎・未経験OKの求人も多数紹介可能。ハタラクティブで扱っている求人は、担当者が実際に企業を訪問している会社のものなので、社内の雰囲気なども具体的にお話できます。
「一人で転職活動を進めるのが不安」「どんな業界が合っているのか分からない」とお悩みの方は、ぜひ一度ご相談ください。

おすすめ記事

これまでに就職したことはありますか? 必須 ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

ページトップへ

簡単30秒!登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?

 

より良いサービスを提供するため
アンケート回答にご協力ください

Q1. 現在の就業状況を教えてください

Q2. 年齢を教えてください

※未回答の設問があります

ご回答ありがとうございます!

いただいた情報は今後のサービス改善のために
活用させていただきます。

閉じる