第二新卒のおすすめ企業や業界はある?大手へ転職は可能?成功のコツも解説

第二新卒のおすすめ企業や業界はある?大手へ転職は可能?成功のコツも解説の画像
「第二新卒におすすめの企業は?」と気になる人もいるでしょう。第二新卒におすすめの企業は、事業規模が年々拡大している成長企業や、優良企業と呼ばれる会社です。このコラムでは、第二新卒としての転職活動を成功させるコツをご紹介します。また、おすすめの企業の特徴や職種、優良企業を見極めるポイントなども解説。第二新卒から大手企業への転職に挑戦してみたい方も、ぜひ参考にしてみてください。

この記事のまとめ

  • 第二新卒におすすめな企業は、成長企業や優良企業など
  • 企業規模だけで転職先を決めず、自分に合った働き方やキャリアプランを考慮しよう
  • 第二新卒は大手企業だけでなく中小企業もチェックするのがおすすめ
  • 第二新卒へのおすすめ業界には、「IT業界」「インフラ業界」「メーカー」などがある
  • 第二新卒が希望の転職を成功させるには、入念な自己分析と企業研究がカギ

「第二新卒におすすめの企業は?」と気になる人もいるでしょう。第二新卒におすすめの企業は、事業規模が年々拡大している成長企業や、優良企業と呼ばれる会社です。このコラムでは、第二新卒としての転職活動を成功させるコツをご紹介します。また、おすすめの企業の特徴や職種、優良企業を見極めるポイントなども解説。第二新卒から大手企業への転職に挑戦してみたい方も、ぜひ参考にしてみてください。

こんなお悩みありませんか?
例えば
  • 向いてる仕事なんてあるのかな?
  • 避けたいことはあるけれど、
  • やりたいことが分からない・・・
私たちは「やりたいこと」から一緒に探します!
ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

\もう学歴・経歴に困らない!/

自分に向いている仕事を
簡単に診断してみましょう

性格でわかる
私の適職診断

第二新卒におすすめする企業選びの3つのポイント

第二新卒の方が転職先を決める際は、大手・中小企業などの企業規模にこだわらず、入社後に自分の働く姿をイメージして選ぶことが重要です。ここでは、第二新卒におすすめな企業の選び方を3つ紹介します。

1.成長企業を選ぶ

成長企業とは、利益や事業規模が拡大し続けていて高い成長性がある企業のことを指します。中小企業やベンチャー企業のなかでも、特に高い成長性を示している企業が成長企業だといえるでしょう。成長企業は、組織全体として目的意識が高い傾向にあるため、しっかりと目標を持って仕事に取り組みたい第二新卒の方におすすめです。

2.ブラック企業を避ける

「休日が極端に少ない」「残業代が支払われない」といった、いわゆる「ブラック企業」を選ばないよう注意しましょう。第二新卒からの転職でブラック企業を避けるためには、事前に十分な情報収集を行うことがポイントです。企業研究はもちろん、求人票や口コミなど、幅広い視野をもって情報を集めておきましょう。「ブラック企業の見極め方は?求人から分かることや面接で注意すべきポイント」のコラムでは、ブラック企業の特徴や見極め方について詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてください。

3.優良企業を選ぶ

自分の希望どおりの働き方を実現したい第二新卒の方は、優良企業を選ぶことが大切です。注意が必要なのは、数字面での経営が安定している大企業が、必ずしも優良企業であるとは限らないという点。優良企業であるかどうかを見極めるためには、給与や残業時間、福利厚生など社員の働きやすさにつながる要素をチェックしましょう。優良企業とはどんな会社のこと?」のコラムでも、優良企業の特徴について詳しく説明をしています。

隠れ優良企業もある

隠れ優良企業は求職者からの知名度が低いため、競争率がそれほど高くないのが特徴です。就活情報誌や転職サイトを利用して会社の評判のほか、給与や福利厚生、離職率などを調べ、隠れ優良企業を探してみましょう。企業の口コミサイトがあれば、参考程度に見るのもおすすめです。
未経験OK多数!求人を見てみる

第二新卒が優良企業を見極めるポイント7選

第二新卒からの転職で希望の働き方を実現するために、求人票から優良企業を見極めるポイントを解説します。前述のとおり、経営が安定した企業や大手企業が、必ずしも優良企業というわけではありません。優良企業の特徴を知って、働きやすい会社を見極めましょう。

1.給与体系

応募先を選ぶ際は、給与体系に着目しましょう。優良企業は、業務内容に見合った給与体系になっています。基本給は最低賃金以上を支給する義務がありますが、なかには違法な給与額を設定しているようなブラック企業もゼロとはいえません。また、最低賃金以上の金額が設定されていても、業務内容と見合っていないと感じる場合もあります。実際に働いている姿を想像しながら、「仕事に見合った給与かどうか」を考えてみましょう。

2.求人票の採用人数

従業員数に対して、採用人数が多過ぎる会社は要注意です。すぐに退職することを考慮して、多くの人を採用している可能性があります。大量の人数を採用しなければならないほど退職者が多い企業は、避けたほうが良いでしょう。

3.福利厚生

優良企業では、福利厚生が充実していることが多いようです。福利厚生は、雇用保険や健康保険など法律で定められているもののほかに、企業が任意で従業員に提供する住宅手当や育児支援などの法定外福利厚生があります。法定外の福利厚生を用意している会社は、従業員を大切にする優良企業である可能性が高いでしょう。

4.離職率

優良企業は、離職率が低い傾向にあります。離職率が高い会社は、社員が働き続けたいと思えない労働環境の可能性があるでしょう。離職率は、就活情報誌に記載されていたり、転職エージェントに相談するなかで教えてもらえたりすることもあります。応募する企業の離職率を知ることで、その企業の働きやすさを判断する材料の一つになるでしょう。

5.従業員数や業績

年々社員数が増加し、企業規模が拡大している会社は優良企業である可能性が高いようです。業績が好調な会社は、大きなオフィスへの移転を繰り返していることもあります。勢いのある会社の一員になることで、自分のスキルアップにもつながるでしょう。

6.評価・表彰制度

前述のとおり、優良企業は社員のことを大切にしているため、仕事に対して正当な評価をする傾向にあります。そのため、社員の評価制度が充実している会社は優良企業である可能性が高いでしょう。優良企業のなかには、業績を残した社員の表彰を行っている会社もあります。正当な評価をしてもらうことで、モチベーションを保ちながら働き続けられるでしょう。

7.職場環境

職場環境が整っていることは、社員が働き続けられる優良企業の特徴として挙げられます。職場環境の良さを確かめるには、残業時間や有給休暇取得率に着目してみましょう。労働基準法第36条で定められている残業時間の上限は、月45時間です。平均残業時間が45時間以上あると、長時間労働によって心身ともに支障をきたす恐れがあります。有給休暇については、取得率が約50%以下の場合、「休みが取りづらい」「忙しすぎる」といった職場環境の可能性もあるでしょう。
ほかにも、「社内が暗い」「必要以上に緊張感がある」などの雰囲気がある会社は、年功序列の文化が根付き、若手社員の裁量権が少ないことも考えられるため、注意が必要です。優良企業に就くためには、慎重に検討を進めていきましょう。

参照元
e-gov 法令検索
労働基準法

社員の様子もチェックしよう

面接で企業を訪れた際や社内見学の際は、社員の様子もチェックしましょう。生き生きと働いている人が少ない会社は、社員が不満を感じやすい労働環境である可能性があります。社内に活気があり、明るい雰囲気のなかで、社員が自信を持って働いていることが分かるような企業を選ぶのが理想です。

第二新卒から大手企業に転職できる?

結論からいうと、第二新卒から大手企業に転職することは可能です。一般的に「第二新卒」は、卒業後に就職し3年以内に転職する人のことで、一定の社会経験があります。そのため、第二新卒は新卒と比べて基本的なビジネスマナーが身についており、教育コストを削減できるという理由で採用する企業が増加傾向にあるようです。早期退職することで「転職時に不利になる?」と悩む人もいるようですが、第二新卒は転職市場での価値が高い存在といえます。
第二新卒についての詳しい解説は、「第二新卒とは?いつまでが対象?メリットと転職で気をつけること」のコラムもあわせてご覧ください。  

 

第二新卒は大手企業と中小企業どちらがおすすめ?

第二新卒の転職先に、大手企業と中小企業のどちらがおすすめなのかは人によって異なり、一概には言い切れません。希望する働き方やキャリアプランによって選択肢が分かれます。まずは、大手企業と中小企業のメリット・デメリットを把握しましょう。

大手企業のメリットとデメリット

大手企業と聞くと、メリットが多いイメージがある人もいるでしょう。しかし、従業員数が多いことや企業規模が大きいことで、人によってはデメリットに感じやすい部分もあります。第二新卒が大手企業へ転職するメリットとデメリットは、以下のとおりです。

大手企業は教育体制が整備されていることが多い

大手企業は従業員数が多いことから、時間をかけて新人教育をする傾向にあります。基礎からしっかり学びたい第二新卒の方は、大手企業への転職を視野に入れても良いでしょう。大手企業は入社のハードルが高いと思われがちですが、企業が求めているスキルや人物像をしっかりと把握すれば、第二新卒が就職できるチャンスは十分にあります。

大手企業では裁量が小さくなる可能性がある

大手企業は、従業員数が多く企業規模が大きいことが理由で、個人の裁量で動ける仕事が少ないと感じることがあるようです。中小企業では、キャリアに関係なく主要プロジェクトに携われる場合があります。その一方、大手企業では上司の許可を得るなど段階を踏まなければならないことが多くあり、実力を発揮する機会が少ないと感じる人も。「すぐに成果を出して評価されたい」という第二新卒の方は、本当に大手企業に就職したいのかをよく考えて応募企業を選びましょう。

中小企業のメリットとデメリット

将来的に希望の働き方やキャリアプランによっては、大手企業より中小企業の方がマッチしている場合があります。第二新卒が中小企業へ転職するメリットとデメリットは以下のとおりです。

中小企業はキャリアアップが実現しやすい

中小企業は大手企業と比べると企業規模が小さめなため、入社時期に関わらず幅広い仕事に取り組むことができ、結果を出す機会が多い点がメリットといえます。キャリアや柔軟な評価を重視する第二新卒の方は、中小企業を選ぶと希望どおりに働ける可能性が高いでしょう。

中小企業は教育体制が整備されていないことがある

中小企業は、従業員数が少ないことで研修場所や教育制度が整っていなかったり、現場教育のみであったりすることがあります。「見て覚える」「業務をしながら覚える」という学び方が苦手な第二新卒の方は、応募先企業の教育体制を事前にチェックしておきましょう。

企業規模による働きやすさについて詳しく知りたい方は、「大企業と中小企業の違いは?両者に就職するメリット・デメリットもご紹介」のコラムもぜひチェックしてみてください。

第二新卒の転職におすすめする6つの業界

ここでは、第二新卒の転職におすすめの業界を紹介します。興味のある職種が定まっていない場合は、業界から絞ってみると良いでしょう。

1.IT業界

専門的なスキルを身につけたい第二新卒の方は、IT業界がおすすめです。担当業務にもよりますが、プログラミングやWebマーケティングに関する知識などが身につきます。働きながら専門性を高められれば、大手IT企業へのキャリア転職やITコンサルタント、マネジメントなど、さまざまなキャリアパスを歩むことも可能です。また、将来的にフリーランスのプログラマーやエンジニアとして独立する夢も叶えやすいでしょう。

IT系に挑戦したい方向けの

求人一覧はこちらから

2.コンサルティング業界

やりがいのある仕事をしたい人や、若いうちに幅広いビジネススキルを身につけたい第二新卒の方は、コンサルティング業界がおすすめです。コンサルティングとは、一言でいうと企業が抱える悩みを解決する仕事。経営面だけでなく、社内システムや人材管理などに関する知識も必要となります。時期によっては多忙になりますが、その分やりがいがあり、成果を評価されやすいのが特徴です。

3.機械業界

機械業界も第二新卒におすすめできます。機械業界の仕事は、建設用重機やOA機械、医療機器などの製造です。組み立てや加工、検品などを行う職種は、黙々と作業をしたい方やものづくりが好きな方などに向いているでしょう。機械メーカーの技術開発や設計の仕事は、専門性のある知識を活かすことができます。取り扱う分野は幅広く、世の中の発展や産業を支えている仕事としてやりがいを感じられるでしょう。建設や家電、自動車など産業によっては「35歳まで応募可」と年齢を指定して募集することもあるため、第二新卒が応募しやすい点も特徴です。

4.製造業(メーカー)

未経験歓迎の求人が多い「メーカー」も、大手企業も含めて第二新卒が応募しやすい業界の一つといえます。メーカーでの仕事はノルマを課せられることが少ないため、一つひとつの仕事を丁寧にこなしたい第二新卒の方におすすめです。また、メーカーでは納期が定められている場合が多いため、スケジュール管理能力も身につきます。製造業に興味が湧いた第二新卒の方は、「製造業を目指す人必見!企業に響く志望動機の極意とは」もご覧ください。

製造業界の仕事が気になる方向けの

求人一覧はこちらから

5.インフラ業界

第二新卒から転職する場合は、安定性を重視してインフラ業界を目指すのも良いでしょう。インフラ業界とは、鉄道・ガス・水道など、生活に欠かせないサービスを提供する企業のことです。倒産の心配が少なく、福利厚生が整っている企業が多いことから、離職率が低い点も特徴。働きやすさを求めて転職する人に人気の業界です。

6.金融業界

社会貢献や政治経済に興味がある第二新卒の方は、銀行や証券会社など、金融業界への転職を考えるのもおすすめ。銀行は営業日時や業務時間が決まっているので、ワークライフバランスを保ちながら働きやすい職種です。また、高収入を得られるのも魅力の一つ。国税庁「民間給与実態統計調査(1. 平均給与)」によると、金融業界が含まれる「金融保険・不動産業」の平均年収は約558万であり、ほかの業界と比べて高い水準となっています。そのため、高収入がモチベーションにつながる人にも向いているでしょう。

参照元
国税庁
民間給与実態統計調査

第二新卒の転職におすすめする5つの職種

第二新卒の転職活動では、職種から応募先を考えるという方法もあります。職種によって、キャリアパスや習得できる知識はさまざまです。自分にとって理想の働き方が実現できる職種を選びましょう。

1.ITエンジニア

IT系のエンジニア職の場合、専門的なスキルの有無にかかわらず第二新卒が採用されやすい傾向にあります。プログラマーとして採用されれば、スキルを磨くことによって、システムエンジニアやプロジェクトリーダーへとキャリアアップすることも可能です。

2.営業職

営業職は業務に関する知識を入社後に学べるため、業界未経験から採用されやすい職種です。また、実力主義の会社が多いので、成果を出せばインセンティブをもらえることもあります。キャリアアップを望んでいる方や、数字を追う働き方が合っているという第二新卒の方は、モチベーションを保ちながら働けるでしょう。

営業職で頑張りたい方向けの

求人一覧はこちらから

3.公務員

第二新卒は、試験に合格することで公務員への転職も可能です。公務員は勤続年数によって給与が決まることが多いので、安定した生活を送りたい第二新卒の方におすすめ。条件や年齢制限などは自治体によって異なるため、事前に調べておきましょう。

4.事務職

基本的なビジネスマナーや柔軟性の高さに自信がある第二新卒の方は、事務職を目指すのもおすすめです。事務職は経歴やスキルなどが重視されないことが多いため、未経験から転職しやすいでしょう。また、MOSや日商簿記の資格を持っている方は、事務職への転職で有利になる可能性があります。

事務職で活躍したい方向けの

求人一覧はこちらから

5.前職と同じ職種

同じ職種への転職であれば、経験を活かしながら働けます。前職の仕事内容が自分に合っていると感じていた第二新卒の方は、もう一度同じ職種にチャレンジするのも良いでしょう。ただし、短期間で同じ職種への転職を志望すると、採用担当者から「人間関係や待遇に不満を持ちやすいのでは?」と懸念を抱かれる可能性もあります。そのため、面接で退職理由について聞かれたら前向きに答えられるようにしておきましょう。退職理由の答え方に関しては、「早期退職の理由を聞かれたら?面接での伝え方や回答例9つを紹介!」で詳しく解説しています。

第二新卒が転職活動をするときの注意点

転職を考えるうえで、第二新卒ならではの注意点を解説します。転職を決断した第二新卒の方はもちろん、迷っている方も参考にしてみてください。

大手企業=優良企業とは限らない

大手企業のメリットとデメリット」で触れたとおり、大手企業のすべてが優良企業というわけではありません。大手企業のネームバリューのみを見て転職活動をすると、企業とのミスマッチも起こりやすくなります。企業選びは、「自分の理想が叶うのはどのような企業か」を念頭に置いて行うことが大切です。

転職活動は計画的に進める

第二新卒の方は、勢いだけで転職するのは避けましょう。たとえば、「入社前に想像していた働き方とのギャップが大きかった」といった理由があると、焦って転職を決断してしまう場合があります。勢いで行動すると、転職活動に重要な自己分析や企業研究がおろそかになり、せっかく入社できても早期離職と転職活動を繰り返す恐れも。自分に合った転職先を見つけられるよう、事前準備をしっかり行ったうえで計画的に進めましょう。

年収が高い企業の倍率は高くなりやすい

年収の高い企業は、人気があり倍率が高くなる傾向にあります。倍率が高いと選考の難易度も上がるため、年収の高い企業に限定して転職活動を行っていると、なかなか転職先が決まらない可能性も出てくるでしょう。転職の失敗例については、「転職のありがち失敗例を紹介!後悔しない選択と成功のコツとは」のコラムでも紹介しています。転職活動前に読んでおくことで、ありがちな失敗を回避できるでしょう。

第二新卒が転職を成功させる6つのコツ

ここでは、第二新卒からの転職活動を成功へ導くためのコツを紹介します。事前準備をしっかり行い、万全の状態で転職活動に臨みましょう。

1.自己分析をする

自己分析とは、過去の経験を振り返って長所や短所、価値観などを知り、自分の「強み」を明らかにすることです。自己分析をすることで転職活動の軸がぶれにくくなったり、企業とのミスマッチを防げるなどのメリットがあります。自己分析に関しては、「自己分析とは?実施のメリットと就活・転職活動での必要性を解説」や「フリーターが自己分析するのは何のため?やり方が分からない方へのヒント集」で解説しているので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

「第二新卒ならでは」の選考対策が効果的

第二新卒として転職活動を始める場合、新卒とは異なる「第二新卒ならでは」の選考対策を行うことをおすすめします。採用担当者は、書類選考や面接時に第二新卒を基本的なビジネスマナーを身に付けている応募者として判断するので、読みやすい応募書類の作成や伝わりやすい話し方を心掛けましょう。前職の退職理由を聞かれたときは、ポジティブな言葉を使い端的に伝えてください。また、清潔感がある服装や髪型、姿勢など身だしなみにも気を配ることも重要です

2.業界や企業研究を入念に行う

転職活動をするなかで、「思っていた会社と違った」ということを繰り返さないよう、企業研究を念入りに行いましょう。企業研究を行うことで、面接で志望理由を答える際の説得力が増します。「その企業でなければならない理由」を説明できるよう、企業や業界について綿密に調べましょう。企業研究のやり方を詳しく知りたい人は、「企業研究は転職でも必ず行おう!情報の集め方と活用のポイント」のコラムを参考にしてみてください。

3.経験を積みスキルを磨く

第二新卒の人が転職する際、同じ職場や業界で3年程度の経験を積むことで転職活動時が有利になるでしょう。採用担当者が思う「入社してもまた早期退職してしまうのでは?」といったイメージを払拭し、「3年の実務経験者」という業務を一通り経験した人材と判断してもらえる可能性があります。また、転職活動中も入社してからも、スキルは磨き続けるのがおすすめ。高いスキルを身につけることで、キャリアアップを目的とした転職がしやすくなるでしょう。また、転職先で活かせる資格を持っていれば自身がもつ知識や技術の証明にもなるので、即戦力になれることをアピールできます。

4.応募書類は企業に合わせて作成する

応募書類は、企業に合わせて作成しましょう。たとえば、異業種に応募する場合は、その企業で求められるスキルに焦点を当てて経歴を記載するのがおすすめです。募集要件に合わせた内容にすることで、採用担当者の目を引く印象に残りやすい応募書類になるでしょう。職務経歴書の作成方法は、「第二新卒の職務経歴書はどう書く?アピールのコツ」でご紹介しています。

5.転職に適切な時期を考える

第二新卒の方が転職を成功させるには、適切な時期に行動を始めることも重要です。第二新卒が就職しやすい時期は、1~3月、4~6月といわれています。1~3月は新年度に合わせて転職をする人が多くなる時期であり、その穴埋めとして中途採用を行う企業が増えるようです。4~6月は新卒者が内定を辞退したり、入社後すぐに退職したりすることがあるため、足りない人材を確保する採用情報が出やすくなります。これらの時期に転職活動を始められるよう、求人情報をこまめにチェックし、企業研究や応募書類の作成、面接対策といった準備をしっかりと進めておきましょう。

6.転職エージェントを利用する

転職を成功させたい第二新卒の方は、転職エージェントを利用するのも一つの方法です。転職エージェントは、非公開求人を扱っているだけでなく、履歴書の添削や面接対策も行っています。「大手企業への転職は難しいかも…」「企業選びに失敗したらどうしよう」と不安を抱えている第二新卒の方は、プロと一緒に転職活動を進めるのがおすすめです。

「大手へ転職したい」「おすすめ企業をプロに直接聞きたい」という第二新卒の方は、若年層に特化した転職エージェントのハタラクティブをご利用ください。ハタラクティブは、求人紹介をはじめ、応募書類の作成や面接対策、入社後のアフターフォローなどを一貫して行います。また、チャットツールを通じて担当のアドバイザーとやりとりができるため、不安や疑問はすぐに解決することが可能です。サービスは無料で利用できるので、ぜひお気軽にご相談ください。

第二新卒へのおすすめ企業に関するQ&A

ここでは、第二新卒のおすすめ企業に関する質問にQ&A方式でご紹介します。「転職先企業の選び方が分からない」「求人票から優良企業を見極めたい」といったお悩みを抱える第二新卒の方は、ぜひ参考にしてください。

第二新卒におすすめな企業の選び方は?

成長企業や優良企業を選ぶのがおすすめです。隠れ優良企業もあるので、転職情報誌や転職サイトなどを利用して調べてみましょう。優良企業は、「残業時間が短め」「福利厚生が充実している」といった特徴があります。ほかにも優良企業の見極め方を知りたい第二新卒の方は、このコラムの「第二新卒が優良企業を見極めるポイント7選」をご参照ください。

第二新卒から大手企業に転職するのは無理?

無理ではありません。第二新卒が大手企業への転職に挑戦する際は、企業が求めるスキルや人物像についての理解を深めることが大切です。また、少子高齢化の影響により、第二新卒のような若い人材を積極的に採用する大手企業は増えています。「第二新卒で大手への転職を成功させるためのポイントをご紹介」では、大手企業を目指す第二新卒の方に向けて転職のポイントを解説しているので、ぜひご覧ください。

第二新卒から大手企業の総合職に転職できる?

転職のハードルは上がりますが、できないことはありません。第二新卒として大手企業の総合職へ転職が可能かは、個人の能力や前職での経験によって異なります。また、実力主義の企業では入社してすぐに総合職に就けなくても、徐々に能力を評価されて昇格できる場合もあります。第二新卒で大手企業の総合職に就くことを希望する人は、「第二新卒は総合職になれる?必要な要素やなるためのコツを解説!」を参考にしてみてください。

第二新卒で優良企業に転職するには?

求人票で、「給与」「残業時間」「福利厚生」などに着目しましょう。優良企業の場合、仕事内容に見合った給与が設定されており、残業時間は短めである場合が多いようです。また、福利厚生が充実している企業も優良企業といえるでしょう。「優良企業を見極める自信がない…」とお悩みの第二新卒の方は、転職エージェントのハタラクティブにご相談ください。プロのアドバイザーが面談を行い、求職者にぴったりの求人をご紹介します。

この記事に関連するタグ