気になる!第二新卒の採用事情

第二新卒にとって気になるのは、企業から第二新卒という人材をどう見られているかという事。
就職市場で最も有利な新卒、そして経験豊富な中途と違い、若手ではあるものの社会経験が少ない第二新卒は、アピールポイントを見失いがちです。

ここでは第二新卒が受け入れられるのはどのような企業なのかを調査してみました。
採用された後にどのような変化があるかも気になりますよね。
採用前と採用後の違いについてもご紹介します。

第二新卒の採用ニーズは?

新卒と中途の間に位置する第二新卒ですが、企業からの採用ニーズは高まってきています。
景気が回復しつつあり雇用状況が上向きになっている中、新卒は売り手市場となっています。

そして、新卒に次ぐ若手である第二新卒にも需要は広がっています。
第二新卒は年齢的に新卒に近いですが、一度は社会に出て仕事をした経験があるため、正社員への採用後も手取り足取りで指導する必要がなく、すぐに活躍できる人材として期待されています。

早いうちから即戦力となり得る第二新卒は、成長中の企業にとっては貴重な人材です。
ベンチャー企業や若手社員中心の企業が増えている中、ポテンシャルの高い第二新卒の採用ニーズはどんどん高まっているのです。

「新卒じゃないから就職はできない」「このまま中途半端なフリーター生活かな…」そんな不安を抱えている第二新卒にも、採用のチャンスはおおいにあります。
気になる求人があったら応募を考えてみましょう。

第二新卒の採用後の状況

晴れて正社員に採用された第二新卒には、どのような変化があるのでしょうか?

就職後の変化として、まずは給与があげられます。
中途を除き、第二新卒は人材のカテゴリでは新卒に近い若手のため、給与が大幅に変わる事はないかもしれません。

月給の他にも賞与やインセンティブなど月給以外のお金の変化を把握して、ライフスタイルを見直していく必要があります。
また異業種に採用された第二新卒は、仕事内容も大きく変わります。
第二新卒として、採用後の仕事では、新卒以上に素直な気持ちを持ちましょう。

ミスや指摘を受けた時、「前の会社ではこうだった」などと言い訳していては、転職した意味がありません。
今までの経験にあぐらをかかず、若手の人材として指摘を素直に受け入れながら成長していきましょう。

仕事は働き始めてからが本番です。採用後に「こんなはずじゃなかった…」と後悔しないように、中途半端な気持ちで求人に応募するのは避けましょう。

第二新卒の採用者が多い企業

第二新卒の採用はここ数年で上向きになっていますが、特にどういった業界・企業ニーズが高まっているのでしょうか。
新卒市場は大手企業が先手を取っているため、中小企業は自然と既卒や第二新卒に集まります。
つまり、中小企業からのニーズが高いのが第二新卒といえます。

立ち上がったばかりのベンチャー企業、また若手の社員が多い企業では、中途や第二新卒、フリーターのような、経験があり即戦力となる人材が求められます。
第二新卒は中途より若手であり、また新卒より社会経験があるものとして重宝されます。
教育や研修の手間をはぶいて早い段階で活躍してもらおうと期待する企業が多いようですね。

また近年は大手企業でも第二新卒枠を設け、ポテンシャルの高い人材を社員候補にしたいと考えているようです。
正社員に就職するなら、企業の募集要項や求人内容をしっかり確認し、自分が企業の採用ニーズにマッチしているかどうかを把握しておきましょう。

第二新卒から正社員を目指すには、転職市場の動向を見極めることが大切です。
就活に自信がない方、何をしたらいいのかわからないという方はハタラクティブの経験豊富なコンサルタントにお任せください。

数々の転職を成功させてきたノウハウを駆使して、希望にかなった求人が見つかるように全力サポートいたします。

おすすめ記事

これまでに就職したことはありますか? 必須 ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

次へすすむ

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ページトップへ