1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 第二新卒向け志望動機の書き方!効果的なアピール方法を例文つきで解説

第二新卒向け志望動機の書き方!効果的なアピール方法を例文つきで解説

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・第二新卒の志望動機に重要なのは説得力と早期離職を前向きに捉える姿勢
    ・志望動機には前職の不満を書かず、転職後の活躍をイメージさせる内容にする
    ・例文を参考に転職理由と自分の強みを盛り込んだ志望動機を考えよう
    ・企業側が第二新卒に求める「ポテンシャル」をアピールした志望動機を書こう

第二新卒向け志望動機の書き方!効果的なアピール方法を例文つきで解説の画像

企業の採用担当者の多くが重視する「志望動機」。特に第二新卒の方は「早期に退職したことがマイナスにならないか」「どのように前職での経験を伝えればよいか」と悩むことも多いはず。
このコラムでは、第二新卒者の志望動機の書き方を、例文を交えてご紹介します。企業側にマイナスイメージを感じさせないよう注意し、前向きな熱意や第二新卒ならではの強みをアピールしていきましょう。


監修者:佐藤真也

キャリアコンサルタント

やりたいことやできることを一緒に考えて、ライフスタイルやご希望にマッチする仕事探しをお手伝いします!


第二新卒の志望動機のポイント

第二新卒に限らず、志望動機には説得力が必要不可欠。数ある企業の中からその企業を選び、働きたいと思った理由を採用担当者に明確に伝えることが重要です。以下のポイントを押さえて志望動機を書いてみましょう。


他社ではなく応募企業を選んだ理由を伝える

志望動機の軸ともいえるポイントです。とはいえ「独自の商品やサービスに惹かれました」「社風に魅力を感じました」など、単に企業の良い点を挙げるだけでは「志望動機」にはなりません。会社情報を見れば誰でも分かることを話しているだけ、と判断されてしまう可能性があります。
採用担当者が見極めたいのは、応募者が自社にマッチした人間かどうかということ。企業の魅力に、自分が転職により実現したいビジョンや活かせる強みを結びつけると、よりオリジナリティが出て説得力が高まるでしょう。


事前に企業研究をする

志望企業のWebページや求人サイト、ニュースリリースなどに目を通してできるだけ多くの情報を集めてみましょう。企業を研究することにより、「自分の強みがどのように活かせるか」「転職後どのように活躍できるか」がイメージしやすくなり、先ほど述べた説得力のある志望動機の作成につながります。
学生向けの「新卒採用サイト」は分かりやすい会社概要のほか、先輩社員のインタビューなどが載っていることもあり、社内の雰囲気をうかがい知るのにおすすめです。


短期離職した反省を入れるのもあり

第二新卒ならではの不安といえば「前職を短期離職したことが不利にならないか」ということ。しかし、反省を活かす姿勢が伝われば前向きな印象を与えられることもあります。
企業側の「当社もすぐ辞めてしまうのではないか」という懸念を払拭するため、まずは改めて「なぜ転職しようと思ったか」を振り返ってみましょう。反省点を受け止め、「〇〇が合わなかったから、今は△△に気を付けている」「〇〇が出来なかったから、これから働く企業では△△したい」というように、改善したことや次のステップでの目標を伝えると前向きさをアピールできます。




第二新卒の志望動機で気をつけること

説得力のない志望動機や、企業にマイナスイメージを与えてしまう内容は避けるようにしましょう。以下のポイントに注意してみてください。


前職への不満を入れない

仕事を辞めるときの不満をそのまま批判的な表現で応募企業に伝えることは避けましょう。採用担当者が知りたいのは前職の退職理由ではなく、自社を志望した理由です。さらに「不満を持ったら自社もすぐに退職してしまうかも」と捉えられると、内定が遠のいてしまうことも。
どうすれば不満を解消できるか考えたうえで、転職を経てより前向きに働きたいというポジティブな姿勢を示すことをおすすめします。


顧客視点で終わらせない

志望企業の商品やサービスに対し「便利だと思った」「いつも使っていて馴染みがある」というように、顧客目線で感想を述べただけの志望動機を作成することも避けましょう。企業が応募者に求めているのはあくまでも「この会社で働きたいと思った理由」であり、商材のレビューではありません。
なお、志望企業の商材を実際に利用したり研究したりするのはとても良いことです。商材の良さに触れる場合は、なぜそう思ったかを具体的に伝えるようにしましょう。さらに「自分の力を活かしてこのように改善したい」と提案することまでできると、しっかり企業研究ができており、戦力になりうる人材であると評価される可能性が高まります。


曖昧な表現は避ける

志望動機の説得力を高めるには、具体性がポイントとなります。たとえば「御社の〇〇という理念に共感しました」「入社後はとにかく頑張ります」というような表現。一見なんの問題もなく、よくありがちなものに思えますが、企業側からすると漠然としており具体性に欠けると判断される恐れもあります。この例の場合、自分の経験や考えに基づいて共感した理由を述べたり、どのように働きどのように成長したいかを明確にして意欲を示したりすると、オリジナリティと説得力が増した志望動機になるでしょう。
また、自己PRの際に「さまざまな工夫を凝らした」「色々なお客様と接した」といった言葉も使いがちですが、可能であれば「さまざま」「色々」の一言にはまとめず具体的なエピソードを述べるのがおすすめ。相手も状況をイメージしやすくなり、よりアピールポイントが伝わるでしょう。


「学ばせてください」は避ける

「学ばせていただく」という姿勢は、志望動機にはあまり適しません。自分が成長できる環境を求めて転職するのは良いことですが、「企業に成長させてもらおう」という人任せに聞こえる表現をしてしまうと、自主性がないと判断されてしまう可能性があります。「自分が学んできたことを役立てたい」「これまでの経験に縛られず、新しい知識も柔軟に取り入れたい」というように、自分の経験や知識を次の仕事にも活かす姿勢と転職後も積極的に学ぶ姿勢の両方がアピールできると、相手により良い印象を与えられるでしょう。


社会人になってからのエピソードを入れる

社会人経験が浅い第二新卒ですが、学生時代のエピソードのみを記載することは避けましょう。「少しでも社会人経験を積んだ」という第二新卒の強みが活かせず、新卒と同じような志望動機になってしまいます。
学生時代の経験が今の仕事にどう活かせたか、それを転職後はどのように発展させていくかまで語れるとより良いでしょう。



志望動機の例文

ここでは、志望動機作成のポイントや注意点を踏まえて例文をご紹介します。話の流れやまとめ方を参考にしてみてください。


同業種・同職種に転職する場合

現在、新卒で入社した企業で求人広告の営業を1年半続けています。新規顧客の開拓をする中で得たあきらめずに継続する力と、クライアントの要望を丁寧に聞き出し商材を分かりやすく提案するコミュニケーション力には自信があります。しかし現職の業務フロー上、広告掲載後のフォローに携われないことに割り切れなさを感じており、転職を決意しました。貴社では求人広告掲載から、その後のアフターフォローまで営業が一貫して行えると知り、関心を持ちました。前職での経験を活かして、今後はクライアントの採用成功まで責任を持って伴走し、また、広告効果を振り返る中で分析力を高めたいと思い貴社を志望しました。


<解説>
前職と同じ業種・職種に転職する場合、「前の企業では何が達成できなかったのか、転職後はそれを達成させることができるか」という点を明確にすることが大切です。応募企業について調べ、前職との違いや自分の経験がどう活かせるのかなどを具体的に示しましょう。


未経験業種に転職する場合

学生時代から、自分の文章で読み手の共感を生み出すことに楽しさを感じており、現在勤務している求人広告会社も「読者の共感を誘い、行動に結びつける広告を作りたい」と思い入社しました。営業職を3年間経験し、継続的に営業目標を達成できるようになった今、改めて「書くこと」を仕事にし、スキルを高めたいと考え貴社のライター職を志望しました。「読者目線で創作する」という貴社の理念は、私が前職で大切にしてきた想いと通じるものがあり、深く共感しています。取材の際などは、営業職で培ったフットワークの良さやコミュニケーション力を発揮します。


<解説>
未経験職種に転職する場合の志望動機は「なぜチャレンジしようと思ったか」という点を明確にするようにしましょう。また「未経験者」というハンディキャップをカバーできる経験や強みを提示することも忘れずに。企業側に自分を採用するメリットをアピールしましょう。


企業が第二新卒に期待すること

第二新卒であることは就職に不利だと捉える方もいるようですが、決してそのようなことはなく、むしろ積極的に第二新卒者の採用を進めている企業も少なくありません。
企業の評価基準を理解し、より相手の求めるものにリンクした志望動機を書いてみましょう。


そもそも第二新卒とは?

「第二新卒」の明確な定義は定められていませんが、一般的には「新卒で入社し1~3年社会人経験を積んだ求職者」を指します。「社会人経験を積んでいる」という点が新卒者との大きな違い。「短期間しか勤めていない」という捉え方をせず、社会に初めて出た新卒者にはない経験をアピールしましょう。


第二新卒の評価基準

企業側は第二新卒者を採用する際、以下の3点を重視します。これらを志望動機にアピールポイントととして盛り込み、自分が企業のニーズにマッチした人材であると伝えましょう。


ポテンシャル

そもそも、第二新卒者が短期間で会社を辞めてしまったことは企業側も理解しています。そのため、実績やスキルにははじめから大きな期待を寄せていないことがほとんど。
それ以上に重視しているのが今後の成長性、つまりポテンシャルです。これまでの人生や仕事の中で、どんな努力や工夫をしてきたのか、どういった強みを得たのかを聞き出し、自社で活躍してくれる可能性があるか見極めようとしています。


人柄

若手ならではのフレッシュさや熱意だけではなく、一般常識や社会人マナーも求められるのが第二新卒者。また、新卒者より即戦力になりやすいことなどを期待して採用する企業も多いようです。
前職での経験を柔軟に活かせる人や、退職理由を踏まえて成長する意欲を持っている人が歓迎されやすいでしょう。


基本的なビジネススキル

「新卒者ほど採用後の研修に時間やコストをかけなくてもよい」というのが、企業が第二新卒者を採用するメリットの一つです。最低限のビジネスマナーが身についているか、ある程度のパソコン操作ができるかといった点が評価の対象になることが多々あります。


より質の高い志望動機を作りたい、作った志望動機を添削してほしいという方は、ぜひハタラクティブにご相談ください。
ハタラクティブは若年層に特化した就職エージェントで、第二新卒者の方にもおすすめ。応募書類の添削や企業ごとの面接対策などすべてのサービスを無料で提供していますので、志望動機の書き方に自信のない方もご安心ください。
経験豊富なプロのアドバイスを受けて、転職を成功させましょう。

これまでに就職したことはありますか? 必須 ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

経歴に自信がなくても大丈夫!

マンツーマンの面談を通してあなたにぴったりな仕事を見つけましょう!

▼ ご相談はこちらから ▼

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

おすすめ記事

  • image

    第二新卒の志望動機の書き方は?事務や未経験業種の例文を掲載

  • image

    志望動機の書き方は就活の要!第二新卒の転職・就職未経験でのPRのコツ

  • image

    志望動機の例文まとめ!転職開始前にチェック

  • image

    志望動機が書けない理由は?新卒や転職者のためのコツを例文つきで解説!

  • image

    転職の志望動機を例文付きで紹介!未経験でもアピールするコツは?

  • image

    例文あり!志望の動機、どう答える?

  • image

    志望動機を伝えるコツは?新卒の場合は何を言えば良い?

  • image

    第二新卒転職のコツ!志望動機と退職理由の伝え方

  • image

    何をアピールする?第二新卒の自己PRの書き方と例文

  • image

    志望動機の作り方決定版!例文から作成のコツを掴もう

  • image

    転職のポイント!採用担当者の心に響く志望動機とは?

  • image

    志望動機の考え方と作り方が知りたい!面接での効果的な答え方も紹介します

  • image

    未経験職種に応募する!志望動機の書き方と面接対策

  • image

    志望理由の作り方を解説!押さえるべきポイントと例文

  • image

    フリーターから正社員へ!志望動機の例文をご紹介

  • image

    SEの志望動機はどう書いたらいい?

  • image

    企業に好印象を与えるにはどうする?志望動機の作成例

  • image

    自己PRを例文付きで解説!就活で受ける書き方とは?

ページトップへ

本日面談できます!登録はこちら

これまでに就職したことはありますか?

 

より良いサービスを提供するため
アンケート回答にご協力ください

Q1. 現在の就業状況を教えてください

Q2. 年齢を教えてください

※未回答の設問があります

ご回答ありがとうございます!

いただいた情報は今後のサービス改善のために
活用させていただきます。

閉じる