第二新卒者の就活、成功のコツ

第二新卒者が正社員就職を目指す場合、転職、就職活動で気をつけた方がよいのはどんなことでしょうか?ここでは「第二新卒の就活の特徴」「第二新卒者が面接を受ける時のコツ」「第二新卒におすすめな資格」「第二新卒向けの求人」「第二新卒者の履歴書の書き方」「正社員になったら」という6つの視点で、第二新卒からの就活を成功させるために押さえておきたいポイントをご紹介します。仕事探しから就職活動の方法など、第二新卒ならではのメリット、デメリットを理解した上で自分の強みを生かし、転職を成功させましょう。

「より良い条件で仕事をしたい」「人間関係の良い職場で働きたい」「希望する職種の求人を探している」など、転職を希望している第二新卒のみなさん。1度就職した経験がある、というのは就職活動において、とても有利に働きます。特に新卒採用を積極的に行っていない企業も視野に入れることができるので、就職活動の幅を広げることにもつなげられるでしょう。もしかしたら、すぐにやめてしまった経験はマイナスに捉えられてしまうのでは?と思う方もいると思いますが、そんなことはありません。もっともな理由だったり、自分がなぜそうしたのかをきちんと説明したりなどして、強みにつなげることができるはずです。また、新卒との違いを理解し、企業側が求める条件をどれだけクリアしているかを把握することが転職成功の秘訣です。そうやって、以前の会社では叶えられなかった、自分の希望する働き方を追求することも大切な考え方の1つといえるでしょう。第二新卒の仕事探しをサポートする転職エージェントを就職支援サービスを活用すれば、転職活動の強い味方とすることができます。転職エージェントのハタラクティブでは豊富な求人の中からあなたにぴったりのお仕事をご紹介しますので、ぜひお気軽にご相談ください。

第二新卒として就活を始める人は、どのようなきっかけで転職を決めるのでしょうか。これから見ていきましょう。そもそも第二新卒者とは、新卒としてどこかの企業に採用されて就職し、3年以内に辞めて転職活動をする人のことを言います。傾向としては、前の会社に対して不満を持っている人が多いです。「業務が思っていたよりもハードだった」「自分がやりたいことができなかった」「対人関係で上手くいかなかった」「雰囲気に馴染めなかった」などの理由が挙げられます。そういった不満を持つ人は、心機一転を図り、第二新卒として転職活動を始めます。会社に対して不満を持つだけではなく、他にやりたいことができた、など前向きな理由で辞める人もいるでしょう。新しいことにチャレンジしようとして第二新卒になった人は、エネルギッシュなやり方で転職活動を進めている傾向にあります。第二新卒に至るまでは紆余曲折ありますが、第二新卒になることのメリットはあるのでしょうか。今から第二新卒としてのメリットを見ていきましょう。第二新卒の場合は、新卒採用のフローとは異なり、内定まで近いことが多いです。新卒で行きたい企業に入れなかった人は、第二新卒の方が楽に採用される可能性があります。転職活動の仕方次第では、採用選考から内定に至るまでの期間が比較的短いので、時間を有効に使うことができるのも第二新卒のメリットです。また、第二新卒の場合は、若いうちにやり直せることも大きいです。キャリアアップを目指す方は早めに軌道修正できるため、自分の思い描いていた理想に近づけることができるでしょう。やり方がわからない人や自分の理想と現実のギャップが大きい人は転職エージェントのハタラクティブを利用すると良いでしょう。就活アドバイザーからの客観的なアドバイスを受けることができ、就活の仕方を真似できるので、現実的に就職活動を進められますよ。

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

年中無休 24時間対応

第二新卒が就活する際に大切なのが面接です。面接のやり方が上手くいけば、採用に繋げやすくなります。面接時の注意点として、仕事を変えた理由を明確に答えられるようにしておくことが挙げられます。第二新卒は、一般的に新卒で就職した後3年以内で転職する人のことを指します。そのため、面接時にどうして数年で会社をやめて転職活動を始めたのか、何がしたくて転職求人に応募したのかなどの質問がされやすいです。説明の仕方が良くなく仕事を変えた理由が曖昧だと、内定をもらって転職した後もすぐに辞められるのではないか、適当に就活をはじめただけなのではないかと疑問を持たれるかもしれません。そのような不信感を抱かせないためにも、仕事を変えた理由をはっきりと答えられるようにしておきましょう。また、第二新卒の場合は若くして経験社数が増えやすいので、本当にその企業の面接を受けるべきなのか、自問自答してみることが大切です。企業に採用されて経験社数が増えると、面接官に移り気な人という印象を与える可能性があり、今後の転職活動に響くことも。慎重に面接を受ける企業を選ぶようなやり方で、長く続けられそうな企業を見つけましょう。転職エージェントのハタラクティブでは、面接対策も行っているため、就活の仕方が不明な方や不安な方はご利用してみてはいかがでしょうか。
その他、当たり前のことですが、面接時の服装や言葉遣いなど基本的なマナーは抑えておきましょう。面接官は身だしなみがしっかりしているか、言葉遣いが丁寧かなどをチェックしています。まだ自分では甘いなと思っている方は、やり方や意識次第で改善できることなので、ここで意識を改めましょう。

第二新卒として就活を始める人はどのような考えで、始めようと思ったのでしょうか。また、どのようにして就職を成功させたのでしょうか。新卒で就職できない人の数が増えている中で、せっかく新卒で就職した会社を辞める必要があるのか疑問に思いますよね。これから第二新卒者の考えや就活の仕方、成功に至った秘訣を覗いてみましょう。

第二新卒者には、新卒で入った会社に対しての疑問を持つ人が多いです。「どうして新卒のときにこの会社に入ったのだろうか」「何故この業界で働こうと思ったのだろう」といった疑問を投げかけます。考えれば考えるだけ理由がわからなくなり、わからないままだとモチベーションが上がらず、やる気も出ないので会社を辞めたいと思うに至るようです。もちろん、入社前と入社後では、良い面でも悪い面でも少なからず企業に対してのギャップがあるでしょう。そうならないためにも、新卒での就職活動時は企業選びをしっかりすることが大切です。これでもかというくらい面接を受ける企業の情報を集め、情報を吟味するようにすると、ギャップは小さくなっていきます。また、自分の志望を明確にしておくことも必要です。志望が曖昧だと、「どうしてこの会社に入ったのか」「何故この業界にいるのか」といったことを引き起こします。自分がやりたいことは何か、自分がやりたいことは入社後に会社で実践できるのかなどをよく考えてから行動しましょう。

第二新卒者が会社を辞めたいと考えることついては把握できました。では、そこからの就活はいったいどうするのでしょうか。第二新卒の場合は、新卒ほど採用選考中の準備期間がありません。そのため、第二新卒としての転職を思い立ったら、すぐに準備するようにしましょう。第二新卒の就職活動時の面接では、必ずといっていいほど前(今)の会社の退職理由を聞かれます。聞かれた際に明確な回答ができるようにしましょう。ネガティブな理由よりはポジティブな理由の方が面接官に対しての印象が良いので、そのあたりも意識できると尚良いです。内定までの面接回数も1回~数回で終わることが多いので、1回1回の面接で力を出し切れるように、面接練習は怠らないよう気をつけてください。また、第二新卒のやり方として、就活をする際は、基本的に会社を辞める前に次の会社を探すのが良いでしょう。新卒の就職活動期間は比較的長いですが、第二新卒の場合は早くて2週間、平均すると1ヶ月ほどで採用選考が終わります。在職中に次の会社を探すのが得策です。もちろん会社を辞めてから第二新卒の求人を探す方法はありますが、あまりおすすめしません。なぜなら、就職活動期間は収入が安定して得られないため、在職中に転職活動を行うよりもリスクが大きいからです。収入が少ないがために生活ができなくなる可能性もありますね。もし、辞めた後に就職活動を行うのであれば、ハタラクティブのような転職エージェントを使うと良いでしょう。無料でサービスを行っているため、気軽に利用でき、採用に繋げられる可能性も高くなりますよ。

第二新卒の場合は、就職を成功させて新しい会社に入社した後も、気を抜いてはいけません。第二新卒は一度新卒で入った会社を退職しているため、転職先の企業でも早期に辞めるのではないかと思われがちです。転職先が前の会社よりも良い会社である保証はないので、もっと厳しくなる可能性も十分考えられます。転職先の会社で長期で働いていくというある程度の覚悟を持ちましょう。新卒時のような失敗はを犯さないという覚悟を持って業務に臨めば、きっと結果がついてきます。厳しさを乗り越えれば新卒時よりも、もう一段階成長できますよ。第二新卒で入る会社は厳しいところも多いですが、今を乗り越え将来的な成長に繋げられるように頑張りましょう。

ページトップへ