第二新卒におすすめの転職支援は?受けられるサポートや選び方もご紹介

第二新卒におすすめの転職支援は?受けられるサポートや選び方もご紹介の画像

この記事のまとめ

  • 第二新卒が転職支援を利用すると待遇交渉や選考対策といったサービスが受けられる
  • 第二新卒が転職支援を利用するメリットには未経験の業界に挑戦しやすくなるなどがある
  • 転職支援サービスを利用する際は経歴やスキルを詐称せず、まめに連絡を取るようにする
  • 第二新卒の選考では、社風と合っているかや基本的なビジネスマナーがあるかが見られる

第二新卒として転職活動を考えている人の中には、転職支援を検討している人もいるでしょう。転職支援サービスでは転職活動を全面的にサポートしてもらえるため、一人で行うより負担が少なく効率良く動けるのが特徴です。また、非公開求人の紹介や就活のプロによるアドバイスなど転職支援サービスならではの強みもあるため積極的に利用してみましょう。このコラムでは転職支援サービスの選び方や利用する際の注意点をご紹介します。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

第二新卒に転職支援サービスをおすすめする6つの理由

第二新卒に転職支援サービスをおすすめする理由には「仕事と転職活動の両立しやすさ」「希望条件や待遇を交渉してもらえる」といったものがあります。以下、それぞれ詳しく見ていきましょう。

1.仕事と転職活動を両立させやすい

転職支援サービスを利用すると、現職の仕事と転職活動を両立しやすいというメリットがあります。なぜなら、転職支援サービスでは専任の就活アドバイザーが転職にまつわることを全面的にバックアップしてくれるからです。そのため、現職で働き続けながら転職活動をしやすいといえるでしょう。

2.非公開求人に出会える可能性がある

転職支援サービスでは非公開求人を紹介してもらえるのもメリットの一つ。非公開求人とは一般の転職サイトなどには掲載されておらず、そのサービスを利用する人だけが応募できる求人のこと。条件の良い求人が多いうえ就活アドバイザーもその企業について詳しいことが多いので、狙い目であるといえるでしょう。

3.選考対策をしてもらえる

転職支援サービスの一環として就活アドバイザーによる選考対策が受けられるのも魅力です。就活アドバイザーは就活のプロであるうえ応募先企業の事情に詳しいので、一般的なマナーにくわえて企業の欲しい人材などの具体的なアドバイスを受けられるでしょう。

4.企業とのやり取りを代行してもらえる

就活アドバイザーによって応募先企業とのやり取りを代行してもらえるのも、転職支援サービスを利用する大きなメリットです。自分で転職活動を進めると応募先企業とのやり取りはすべて自分で行う必要があるため、スケジュール管理が大変なことも。しかし、転職支援サービスを利用すると応募先企業の面接日や時間などの調整はアドバイザーを通じて行われます。よって、忙しい毎日でも選考対策に専念できるのが良い点です。

5.希望条件や待遇を交渉してもらえる

転職支援サービスを利用すると、自分自身ではしにくい希望条件や待遇の交渉もアドバイザーに行ってもらえるのが特徴です。就活アドバイザーは企業と応募者双方の事情を踏まえて、両者にとって良い雇用契約を結べるように働きかけてくれます。よって、当初想定していたよりも良い条件で就職できるチャンスがあるでしょう。

6.担当者が業界や企業のことに詳しい傾向がある

企業によって異なりますが、企業と応募者両方の対応をしている就活アドバイザーは担当している企業や業界の事情に詳しいことが多いです。よって、企業選びで有用なアドバイスをもらえたり事前に企業のことを知ることができたりと転職活動を有利に進めやすいでしょう。

民間企業の運営する転職支援サービスの転職エージェントについて詳しく知りたい方は「転職エージェントの効果的な使い方とは?登録から内定までを徹底解説」のコラムをご参照ください。

第二新卒が転職支援を受ける3つのメリット

第二新卒が転職支援を受けるメリットとしては、主に次の3つが挙げられます。以下、詳しく見ていきましょう。

1.ポテンシャル重視の求人を多く紹介してもらえる

第二新卒向けの転職支援サービスを選んだ場合にはポテンシャル重視の求人を多く紹介してもらえるため、より多くの求人を検討できる可能性があるでしょう。第二新卒の人材を求める企業は基本的にポテンシャルを重視した採用をするうえ、支援サービスもそのような案件を多く扱うからです。よって、求人の選択肢が増えるうえ希望の求人が見つかりやすいといったメリットがあるでしょう。

2.未経験の業界や職種に挑戦しやすくなる

転職支援サービスを通じて、未経験の業界や職種を紹介してもらいやすいのもメリットの一つ。自分で探す場合には業界や職種にそれほど詳しくないため、限られた知識で転職活動をすることになります。しかし、転職支援サービスではプロの就活アドバイザーが応募者の希望を聞いたうえで幅広い選択肢を提示してくれるため、未経験の業界や職種に挑戦できる機会を得やすいといえるでしょう。

3.経験のある業界や職種では強みの活かし方を教えてくれる

応募者が経験のある業界や職種で転職活動をする場合には、その強みの活かし方を教えてくれるのも良い点です。就活アドバイザーの視点から自分では気づかなかった強みの活かし方を指摘されることも多いため、転職活動での自己PRに大いに役立つでしょう。

第二新卒が転職支援サービスを選ぶ際の3つのポイント

第二新卒の人が転職支援サービスを選ぶ際には、就活アドバイザーの姿勢やそのサービスが自分に合っているかどうかなどを確認しながら選ぶと良いでしょう。以下、詳しく説明します。

1.就活アドバイザーが親身に相談に乗ってくれるか

就活アドバイザーの応募者に対する姿勢は重要なポイント。親身になってくれていると感じる就活アドバイザーは、応募者のことを考えて求人を勧めてくれるものだからです。一方で機械的な対応やとおり一辺倒であると感じられるような返答が続くようであれば、自分に合った求人を積極的に見つけようとはしてくれない可能性も。よって、就活アドバイザーの対応にはよく気を配っておきましょう。

2.業界や企業の動向を元に客観的なアドバイスをくれるか

就活アドバイザーが自分に合った求人を紹介してくれるかどうかは、業界や企業の動向を元にアドバイスをしているかどうかでも判断できます。もし、就活アドバイザーの意見に客観性がないと感じたり求人を勧める理由に根拠が乏しいと感じたりしたら、アドバイザーが勧めたい案件を紹介している可能性も。よって、アドバイザーが求人を勧める際の理由にも注意を払っておきましょう。

3.扱う業界や対象者が自分に合っているか

転職支援サービスを選ぶ際には、そのサービスの扱う業界や支援対象が自分と近いかどうかが重要。なぜなら、自分の希望や状況と離れたサービスを選んでも適している求人を紹介してもらえる可能性は低いからです。できるだけ自分の希望や状況に近いサービスを選ぶと、自分に合った求人を紹介してもらえる可能性が高まるでしょう。

転職エージェントの選び方については「転職エージェントの賢い使い方とは?サービス内容や選び方についても解説!」のコラムで詳しく解説しています。

第二新卒が転職支援サービスを利用する際の注意点

第二新卒が転職支援サービスを利用する際の注意点は次のとおりです。以下、それぞれ説明します。

アドバイザーとこまめな連絡を取る

転職支援サービスを利用する際には、アドバイザーとこまめに連絡を取るのをおすすめします。そうするとアドバイザーも応募者の就活の進み具合が把握できるからです。就活アドバイザーは選考が進んでいる場合には求人紹介を控えたり、反対になかなか進まない場合には求人を意欲的に見つけてきてくれたりします。よって、アドバイザーと頻繁に連絡を取るほうがよりきめ細やかなサービスが受けられるといえるでしょう。

経歴やスキルで嘘をつかない

就活アドバイザーに対して虚偽の経歴やスキルを申告しないのも大事な点。就活アドバイザーは申告内容に基づいて求人を探すため、経歴で嘘をつくと自分とマッチしない求人を紹介されてしまうことになるからです。また、入社後にバレた場合、解雇の対象になるだけでなく紹介した転職支援サービスにも大きな迷惑をかけることになります。そのため、自分の経歴やスキルは正直に申告しましょう。

複数のサービスから自分に合ったものを選ぶ

転職支援を選ぶ際には、できるだけ複数のサービスを比較検討すると良いでしょう。最初のサービスに決めてしまうと自分に合わなかった場合、そのまま転職支援を利用しなくなることが多いからです。転職支援サービスは企業によってそれぞれ特徴があるため、自分に合ったものを利用するのが大切。利用する際には複数のサービスに登録し、自分に合うかどうか検討しながら転職活動を進めましょう。

転職エージェントを利用する際の注意点については「転職エージェントとの面談時のマナーや注意点をご紹介!」のコラムも併せてご覧ください。

第二新卒向け転職エージェント・ハタラクティブの特徴

  • 第二新卒などの若年層に特化

    「スキルアップのための転職を成功させたい!」「次こそは本気でがんばりたいけど、採用してくれる企業はあるだろうか?」など期待と不安の入り混じる第二新卒の転職活動をハタラクティブは全面支援しています。社会人経験者という第二新卒ならではのメリットを生かせるお仕事を紹介すると共に、面接対策やなどもしっかりサポートいたします。

  • 就活アドバイザーがマンツーマンで対応

    ハタラクティブでは、ここだけの非公開求人を多数ご用意しています。第二新卒歓迎の求人の中から、能力や適性に合ったお仕事を厳選してご紹介。面接の対策などもしっかりサポートします。次こそは失敗したくない!転職を絶対に成功させたい!とお考えの第二新卒のみなさん、転職活動はハタラクティブにおまかせください。

  • 求人サイトにはない非公開求人多数

    ハタラクティブでは、ここだけにしかない非公開求人を多数ご用意しています。全国の企業の最新の求人情報にアクセスできる大チャンス!学歴不問の企業も多数あり、正社員就職を目指している中卒の方にぴったりの就職支援サービスです。ハタラクティブで、あなたの適性に合ったやりがいのある仕事を探してみませんか?

  • サービスはすべて無料!

    ハタラクティブの就職支援サービスはすべて無料!仕事探しから書類添削、面接対策まで無料でご利用頂けます。豊富な求人の中から、正社員就職を目指す第二新卒の方にぴったりのお仕事をご紹介します。
    求人サイトでは受けられない無料サポートを受けて、あなたが行きたい会社から内定をもらいましょう。

第二新卒として転職するメリットとデメリット

第二新卒としての転職には新しい仕事にチャレンジしやすいといったメリットの一方、忍耐力がないと受け取られてしまう可能性があるといったデメリットがあります。以下、それぞれ詳しく見ていきましょう。

第二新卒で転職するメリット

第二新卒で転職するメリットとしては、次の2つが挙げられます。

新しい仕事にチャレンジしやすい

第二新卒はまだまだ若手なので、方向転換が利きやすく新しい仕事にチャレンジしやすいのがメリットです。第二新卒の年齢だとポテンシャルを重視し、未経験で採用してくれる企業も多いでしょう。よって、新しい夢ができた場合に方向転換しやすいといえます。

新卒で入れなかったところに入れる可能性がある

新卒で選考に落ちてしまった企業があれば、第二新卒としてもう一度チャレンジできるのも良い点です。社会人としてしばらく働いたことで新卒のときと価値観が変わっていたり、業務についての理解が深まっていたりすることも。それを活かして、もう一度選考を受けてみると希望の企業に入社できる可能性があるでしょう。

第二新卒で転職するデメリット

一方、第二新卒で転職した場合、忍耐力のなさや経験の乏しさといったネガティブなイメージを持たれてしまう可能性もあります。以下、詳しく見ていきましょう。

忍耐力がないと思われる可能性がある

第二新卒の選考では、忍耐力のない人なのではないかという印象を抱かれてしまう可能性があるでしょう。第二新卒は新卒入社しておおむね3年以内に退職しているので、スキルや経験を十分身につけていないといえます。そのため、忍耐力がなく経験を十分に積むまで働き続けることができなかったのだろうと受け取られてしまうことも。第二新卒として転職する場合には、忍耐力がないと受け取られないよう応募書類の内容や面接の受け答えには配慮してください。

経験に乏しいため即戦力として見られない可能性がある

先述のように第二新卒は業務経験に乏しいため、即戦力としては見てもらえない可能性が高いです。そのため、一般の中途採用では比較的不利になりやすいといえます。よって、ポテンシャルを重視する企業の求人を視野に入れて転職活動を行うと良いでしょう。

第二新卒の転職活動の進め方

第二新卒の転職活動は、次のような順で進めると良いでしょう。以下、詳しく説明します。

本当に転職すべきかをよく検討する

行動するまえに、本当に転職するのかをよく考えるのも大事。今の職場での状況が変わって不満がなくなれば、転職しなくても良い可能性があるからです。
自分の行動で今の職場の不満を変えられないかどうか、今一度振り返ってみると良いでしょう。

自己分析をする

新卒のときとは違った結果になる可能性があるので、もう一度改めて自己分析するのがおすすめです。自分の好き嫌いや得意不得意を挙げていき、そこから業界や職種を絞り込んでいきます。

希望条件を明らかにする

次に、求人の希望条件を明らかにします。思いつくままに挙げていき、その中で優先順位をつけてください。多すぎると求人が見つかりにくいので、3つほどにとどめておくと良いでしょう。

転職活動のスケジューリングをする

転職活動することを決めたらいつまでに内定をもらいたいかを決め、逆算しながらスケジューリングをします。内定をもらいたい時期の3カ月前から動き始めるのが一般的。スケジューリングをすることで転職活動が長引くのを防ぎ、効率良く動くことができます。

第二新卒の転職活動でチェックされるポイント

第二新卒の転職活動でチェックされるポイントには、基本的なビジネスマナーや社風との相性、仕事への意欲といったものが挙げられるでしょう。以下、それぞれ解説します。

基本的なビジネスマナーが備わっているか

第二新卒の選考では基本的なビジネスマナーが備わっているかどうかが見られます。第二新卒を採用する目的の一つとして、教育コストの節約があるからです。よって、第二新卒には新卒に比べてビジネスマナーがある程度備わっていることが前提とされます。選考の前に面接のマナーやビジネスメールの書き方といった基本的な事柄をおさらいしておきましょう。

応募先企業の社風とマッチするか

応募先企業の社風とマッチするかどうかは第二新卒の採用で重要な点。第二新卒は将来を担う人材としての採用のため、長く働いてもらいたいという企業の思惑があるからです。よって、社風とマッチするかどうかは念入りに判断されます。事前に社風をよく確認したうえで、それに適した自己PRを心がけましょう。

仕事への意欲や熱意があるか

仕事への意欲や熱意も第二新卒に求められる要素の一つ。第二新卒は業務経験やスキルに比較的乏しいため、ポテンシャルで判断されるからです。企業は、応募者の態度や発言に仕事への意欲や熱意が見られるかどうかでポテンシャルを計ります。よって、面接で意欲的な態度を見せることが重要といえるでしょう。

第二新卒が転職成功するためのポイント

第二新卒が転職を成功させるためには、次のようなポイントを押さえておくと良いでしょう。以下、それぞれご紹介します。

在職中に転職活動を始める

転職活動は退職後ではなく在職中に始めるのがおすすめ。経済的に困窮するリスクを避けるためと転職の必要がなくなった場合に元の仕事を続けるためです。転職活動と業務の両立は大変ですが、後々のことを考えると在職中に活動を始めたほうが良いといえるでしょう。

前向きな退職理由を伝える

たとえネガティブな退職理由だったとしても、前向きな言葉で締めくくるのも大切。なぜなら、ネガティブな内容で終わると印象が悪いうえ、業務に前向きに取り組む印象を与えないためです。よって、ネガティブな内容であっても、次の職場ではどう改善したいかなど前向きな印象を与える言葉で締めくくりましょう

志望動機と転職理由に一貫性を持たせる

応募先企業の志望動機と転職理由に一貫性を持たせるのも大事な点といえます。志望動機と転職理由が一致していないと説得力に欠けるうえ、何のために転職したいのかが伝わらないからです。よって、志望動機の内容と転職理由は意識的につなげるようにしましょう。

面接での頻出質問を想定しておく

あらかじめ面接での頻出質問を想定しておくと、本番で焦らずに済みます。面接での回答を考える際には、思いつく限りの質問を想定してしておくのがおすすめです。そうすると、いざ質問されたときに余裕を持って答えられるでしょう。

転職後のキャリアプランを明確にする

転職後のキャリアプランを明確にするのも重要です。しっかりしたキャリアプランが立てられていると、主張の説得力が増すからです。選考を受ける前には、転職して不満を解消させるだけでなくその後どのように働いていきたいのかを考えておきましょう。転職後のキャリアプランも志望動機と同様、転職理由と一貫性を持たせるようにします。

第二新卒が転職で収入アップを狙うには

第二新卒が転職で収入アップを図るには、自分の市場価値を把握し応募書類の内容をできるだけブラッシュアップしておくのがポイントです。以下、それぞれ見ていきましょう。

自分の市場価値を把握する

収入アップを狙うには、自分は志望業界や職種でどのくらいの市場価値があるのかを意識しておくのが必要。自分の市場価値を正しく判断できなければ、どのような求人を狙えば良いか分からないからです。自分のスキルや経験を客観的に判断することで求人を探しやすくなるでしょう。

応募書類の内容をブラッシュアップしておく

応募書類の内容をこまめにブラッシュアップしておくのも収入アップを狙うのに大事なこと。応募先企業によって内容を変え、常にその応募先に対して一番アピールできる内容にしておきましょう。そのためには念入りな企業研究が必要なので、対策は時間をかけて行ってください。

第二新卒向け就職支援サービス「ハタラクティブのご利用の流れ

第二新卒向け就職支援サービス「ハタラクティブのご利用の流れの画像

ハタラクティブは、第二新卒の転職活動を応援する無料の転職支援サービスです。まずはお気軽にご登録ください。専門の就活アドバイザーがカウンセリングを行い、あなたの適性や能力に本当にマッチするお仕事をご紹介します。事前の面接対策や模擬面接、日程の調整などもすべてハタラクティブにお任せください。自信を持って本番に臨めるように、あなたの就職活動を徹底サポート。就職後まで長期的にフォローいたします。

第二新卒向けの転職支援に関するQ&A

第二新卒向けの転職支援について、よくある質問と回答をまとめました。

第二新卒に転職支援サービスは必要?

必須ではありませんが、転職支援サービスを利用すると転職活動がスムーズに進みやすいといえます。なぜなら、就活アドバイザーが自分に合った求人を紹介してくれたり応募先企業とのやり取りを代行してくれたりするからです。よって、仕事をしながらの忙しい転職活動に向いているといえるでしょう。「第二新卒は転職エージェントを使って転職するべき?おすすめの選び方を解説」のコラムもご一読ください。

第二新卒が転職支援サービスを選ぶ際のポイントは?

転職サービスを選ぶ際には「自分に合ったサービスかどうか」「就活アドバイザーが親身になってくれるか」といった点がポイントになるでしょう。運営企業によって特徴が異なるので、複数のサービスを実際に見てみて検討するのをおすすめします。第二新卒の転職相談については「第二新卒の転職相談はどこでできる?おすすめの場所やよくある悩みを紹介!」のコラムも併せてご覧ください。

第二新卒が転職支援サービスを使う際の注意点は?

転職支援サービスを使う際には「経歴やスキルで嘘をつかない」「就活アドバイザーとこまめに連絡を取る」といった注意点が挙げられます。就活アドバイザーに転職活動の進捗をその都度伝えることと経歴やスキルを正直に申告することで、より応募者に合った求人を紹介できるからです。また、嘘をついてしまうとその内容をもとに採用された場合、企業にも就活アドバイザーにも多大な迷惑をかけてしまううえ解雇される可能性もあるので避けましょう。

第二新卒向けの転職支援サービスを知りたい

第二新卒向けの転職支援サービスとしては、ポテンシャル重視の求人を多く持っているところが適しているといえるでしょう。20代向け転職エージェントのハタラクティブでは、第二新卒の方に向けてポテンシャルや人柄を重視した企業の求人をご紹介していますので、一度ご相談ください。

この記事に関連するタグ