第二新卒の志望動機の書き方は?転職を成功させる作成のコツや例文を紹介!

第二新卒の志望動機の書き方は?転職を成功させる作成のコツや例文を紹介!の画像

【このページのまとめ】

  • ・第二新卒の志望動機では、企業ニーズを理解したうえで自分の採用メリットを伝えよう
  • ・第二新卒が志望動機でアピールできる強みは、成長意欲や社会人としての経験など
  • ・第二新卒の志望動機は、転職理由と一貫性を持たせるのがポイント
  • ・第二新卒の志望動機で、前職への不満を述べるのは避けたほうが良い
  • ・第二新卒の志望動機では、自分と応募先企業との接点を示すことが大切

第二新卒での転職で志望動機の書き方が分からない人もいるのではないでしょうか。第二新卒の志望動機は、転職理由と関連づけることが大切です。また、応募先企業のニーズに沿った自身の採用メリットを示す必要もあるでしょう。このコラムでは、第二新卒の志望動機の書き方や押さえておくべきポイント、志望動機の例文をご紹介します。第二新卒の志望動機を作成するコツを掴み、選考突破を目指しましょう。

ハタラクティブは20代の
フリーター・既卒・第二新卒

特化した
就職支援サービスです

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです

ご相談はこちらから

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

第二新卒者は企業ニーズを理解して志望動機を考えよう

第二新卒は新卒より社会人経験があるため、基本的なビジネスマナーにくわえ、同業界への転職であれば、業界の基礎知識は習得しているものと応募先企業に捉えられるでしょう。そのため、新卒より教育コストが掛からない人材として、早期で戦力になることを求められる傾向にあります。志望動機を考える際は、そういった企業ニーズを踏まえたうえで、自身の採用メリットを示せる内容に仕上げましょう。
第二新卒の強みやアピールポイントを詳しく知りたい人は、「第二新卒の強みをアピールしよう!好印象な転職理由とは」を参考にしてください。

「第二新卒」には明確な定義がない
「第二新卒」という言葉には、明確な定義がありません。社会人経験がある新卒採用から3年以内の求職者を指す場合が多いですが、企業によっては「第二新卒」の範囲が異なるため注意しましょう。

第二新卒の志望動機を作成する前の4つの下準備

まずは、志望動機を作成する前に必要な準備をご紹介します。

1.志望動機を書く意味を理解する

第二新卒の転職活動に際して、志望動機がどのような意味を持っているのかを確認しましょう。志望動機は自己PRと並んで選考で重視される項目の一つです。多くの企業が、入社後のミスマッチを防ぐために志望動機を問います。企業が志望動機を通して評価するのは、応募者のスキルや価値観、入社意欲、自社への理解度などです。志望動機は履歴書や面接で欠かせない質問のため、事前の準備や内容の熟考が必須といえます

2.これまでの仕事を振り返る

志望動機には自分の強みを盛り込むと効果的です。そのためには、これまでの仕事を振り返って応募企業で活かせるスキルを洗い出しましょう。社会人経験がある第二新卒は、基本的なビジネススキルやパソコンスキルをアピールすることも可能です。また、仕事に取り組むときに意識している自分なりの工夫も評価されやすいでしょう。第二新卒で大きな実績がある人は少ないため、採用担当者が「これから成長しそうな人材だ」とポテンシャルを感じられる要素を探すのがポイントです。

3.企業研究をする

第二新卒者が企業で活かせる強みをアピールするには、そもそも企業の事業内容や求められる人物像を知る必要があります。そのため、志望動機を考える際は企業研究が必須。企業のWebサイトや採用情報を必ず確認してください。
業界の中での企業の立ち位置を知るには、新聞や書籍、インターネットを使って業界の動向を知るのも有効です。さらに、同業他社を調べることでも、応募企業の特徴が理解できます。

4.応募企業と自分の接点を探す

仕事の振り返りと企業研究が終わったら、企業と自分の接点を探します。企業が求める人物像に当てはまる自身の強みや経験をピックアップしましょう。
第二新卒における履歴書の書き方を知りたい人は、「第二新卒の履歴書の書き方!職歴や志望動機の作成ポイントと用紙の選び方」をぜひご参考にしてください。

心に響く第二新卒の志望動機を作成する5つのポイント

第二新卒の転職活動で採用担当者から評価される志望動機を作成するには、相手に伝わりやすい基本構成や応募先企業の特色を踏まえた内容を意識するのがポイントです。下記を参考に、採用担当者の心に響く志望動機を考えましょう。

1.相手に伝わりやすい構成を意識する

第二新卒の志望動機を作成する際は、「志望理由→自分の強み→入社後のビジョン」の構成を意識するのがおすすめです。具体的には、冒頭で「応募先企業を選んだ理由」を明確に述べ、続けて「応募先企業で活かせるスキル」をアピールします。最後に「入社後の目標」を盛り込むと、過不足のない志望動機に仕上がるでしょう。

2.応募企業でなければならない理由を説明する

第二新卒の志望動機では、応募先企業ならではの特徴を取り上げたうえで、入社したい理由を述べましょう。同業他社にも当てはまる志望動機を述べるだけでは、採用担当者に入社意欲が伝わりません。

3.オリジナルな内容にする

志望動機は、最終的に自分の言葉でまとめ、オリジナリティが出るよう意識してください。ネットや書籍の例文を丸写ししたような志望動機だと、第二新卒の採用選考で評価を得にくい場合があります。このコラムでも志望動機の例文をご紹介しますが、例文はあくまで話の流れやまとめ方を参考にする程度に留めましょう。

4.第二新卒ならではの強みを感じさせる

志望動機では、第二新卒ならではの強みをアピールしましょう。先述したように、企業が第二新卒に求めているのは、成長意欲や社会人としての経験、仕事に対する適性です。現時点でのスキルに自信がなくても、入社後の具体的なキャリアビジョンや、目標に向けてどう行動するかを説明し、自身のポテンシャルを伝えてください。

5.文章量に気をつける

応募書類に志望動機を記載するときは、文章量への配慮も必要です。履歴書に書く志望動機は、200文字程度を目安にすると良いでしょう。志望動機はスキルや熱意を伝える重要な項目ですが、熱が入りすぎて長文になり過ぎるのは逆効果となり、採用担当者に「話をまとめる能力がない」と思われる恐れがあります。

第二新卒の志望動機を作成する際の4つの注意点

第二新卒者が採用担当者から評価される志望動機を作成するには、「ネガティブな発言は避ける」「転職理由との整合性を保つ」などに注意が必要です。志望動機を作るうえで避けるべきポイントを以下で確認しておきましょう。

1.前職への不満を言わない

採用選考で前職への愚痴や不満を言わないのは、第二新卒の転職活動における基本です。ネガティブな発言をすると、採用担当者に「うちに入社しても不満があればすぐ辞めてしまうのでは?」と思われる恐れがあります。また、「一緒に働きたい人材」といった前向きなイメージにも繋がりにくいでしょう。志望動機は、「これからどうしていきたいか」に焦点を当てて作成してください。

2.転職理由と一貫性を持たせる

「××分野の仕事がしたくて転職を決意した。応募先なら△△職で自分のやりたいことができる」という風に、転職理由と志望動機には一貫性を持たせましょう。転職理由と志望動機が矛盾していると、「本当の転職理由は別にあるのでは?」「条件だけで応募してきたのでは?」と思われてしまう可能性があるからです。 職場への不満が転職を決めた理由になることも多いですが、不満は「これから何を実現したいのか」を考えるヒントにもなり得ます。「仕事への不満」を「働くうえでの希望」に言い換えた具体例を以下に挙げました。

・仕事がつまらない→自分に合った職場で活躍したい
・残業が多い→スキルアップの時間を確保し成長したい
・給与が低い→正当な評価を得てやりがいを持って働きたい
・人間関係が悪い→周囲と良い関係を築きながら働きたい

上記を参考に、転職理由の裏側にある自身の望む働き方について考えてみましょう。

3.ファン視点での内容に終始しない

志望動機で「企業の商品・サービスが好きだから」といった内容ばかり伝えるのは、顧客視点に終始しており働く側の視点に欠けるため、控えたほうが無難です。もちろん、ファンとして応募先企業を好きな気持ちはあって良いもの。ただし、第二新卒の志望動機では、「社員として自分がどのように貢献できるか」を伝えることが重要といえます。「商品やサービスを提供する側の視点」を盛り込んだ志望動機を作るよう意識しましょう。

4.応募先企業との具体的な接点を述べる

志望動機には自分の価値観や経験、経験から得たスキルなどの情報を盛り込み、自分と応募先企業との接点を示してください。「企業理念に共感しました」といった曖昧な内容は、採用担当者の納得感を得づらいため避けましょう。第二新卒の志望動機で「企業理念に共感した」と伝えたい場合は、そう感じた理由を具体的に説明する必要があります。過去の経験や自分の強みを振り返り、理念に共感する背景を説明しましょう。

第二新卒の志望動機は履歴書と職務経歴書で変える?

履歴書と職務経歴書の両方に志望動機を記載する際は、内容に一貫性を持たせながら書き分ける必要があります。第二新卒の転職活動では履歴書と職務経歴書の提出が求められる場合が多いもの。以下で、それぞれにおける志望動機の書き方を把握しておきましょう。

職務経歴書には志望動機を書くのがおすすめ

第二新卒の転職活動では、職務経歴書にも志望動機を記載するのがおすすめです。そもそも、職務経歴書のフォーマットは自由。職歴を伝えることが目的の書類なので、志望動機が必須というわけではありません。ただ、詳細な職歴のあとに志望動機を加えることで、「今までの経験を応募先でどう活かせるか」をよりアピールできるでしょう。また、フォーマットが決まっていない職務経歴書では、履歴書より具体的な志望動機を記述できるメリットもあります。

履歴書と内容を一貫させる

履歴書と職務経歴書の両方に志望動機を書くときは、内容に一貫性を持たせるのがポイントです。全く違う視点からの志望動機を述べると、「本当の志望動機が分からない」「話が矛盾している」と思われる可能性があります。履歴書と職務経歴書の志望動機は書き方を変える必要はあるものの、内容的には一貫性を持たせるのが原則といえるでしょう。

職務経歴書の志望動機はより具体的に書く

履歴書には要点を絞った簡潔な志望動機を書き、職務経歴書にはより具体的な志望動機を書く、という風に書き分けると良いでしょう。書き分けが難しい場合は、まず職務経歴書の志望動機を作成し、それを要約したものを履歴書の志望動機にする方法がおすすめです。
職務経歴書の書き方を知りたい第二新卒の方は、「職務経歴書を簡単に作成するための方法を解説!転職を有利に進めよう」もご参考にしてください。

第二新卒で転職する人向け!志望動機の例文

最後に、第二新卒の志望動機の例文をご紹介します。以下の例文を参考に、自分なりの志望動機を作成しましょう。

第二新卒で事務職を目指す場合

「医療機器の提供により海外の医療に貢献している貴社では、優秀な社員の方が活躍されていると考え、そうした方とチームとなって働ける環境に魅力を感じました。現在の会社では、ExcelやWordを使った資料作成や売上管理をしているため、パソコンスキルには自信があります。また、誰に対しても笑顔で対応することを心掛けており、職場の雰囲気を明るくするのも特技の一つです。1日も早く貴社(御社)での業務を覚え、これらの強みを活かして事務職としてチームに貢献していきたいです。」

第二新卒で未経験業種を目指す場合

「前職では、営業職として勤務していました。人と話すのが好きで営業職を選びましたが、今後は以前から憧れていたアパレル業界で自分の力を試したいと思っております。アパレルショップの中でも、貴社(御社)の店舗は日ごろからよく利用しており、いつも店員の方が的確なアドバイスをしてくださるのが印象的でした。営業職で培った相手を観察して要望を汲み取る観察力を活かし、販売職としてお客様目線の提案をしていきたいです。」

志望動機の書き方に悩んでいる第二新卒の方は、若年層の就職支援に特化した就職・転職エージェントのハタラクティブにご相談ください。
ハタラクティブでは専任の就活アドバイザーがカウンセリングを行い、一人ひとりに合った求人をご提案。応募する企業が決まったあとは、書類の添削や面接対策で内定までをバックアップいたします。第二新卒の転職活動ならではのアドバイスもお伝えしますので、初めての転職が不安な方も安心です。サービスはすべて無料で受けられます。転職活動のやり方にお悩みの方は、ぜひお気軽にハタラクティブへお問い合わせください!

第二新卒の志望動機に関するQ&A

ここでは、第二新卒の志望動機に関するお悩みにQ&A形式でお答えしていきます。

第二新卒の志望動機を作成するときのポイントは?

第二新卒の転職活動で志望動機を作成する際は、「応募先企業だからこその志望理由」を述べることが大切です。どの企業でも通用するような志望動機だと、採用担当者に自身の入社意欲を伝えられません。あらかじめ企業研究を徹底的に行い、応募先企業でどのように自分の強みを活かせるかを考えましょう。それらを踏まえたうえで志望動機を作成すれば、内容の説得力が増します。詳しくは、「第二新卒向け志望動機の書き方!効果的なアピール方法を例文つきで解説」もご参考にしてください。

第二新卒というだけで就活に不利になりますか?

第二新卒の募集を行っている企業では、基本的に第二新卒というだけで不利になることはないでしょう。また、第二新卒であれば、将来性に期待して若い人材を積極性に採用する企業の需要も見込めます。ただし、第二新卒の募集を行っていない企業もあるため、人によっては応募先の選択肢が限定された際に不利だと感じる場合があるでしょう。

第二新卒からでも大手に就職できますか?

転職活動のやり方次第では、第二新卒からでも大手企業への就職は可能です。現在は多様な企業が第二新卒枠を設けており、「第二新卒だから大手への道が完全になくなったのでは?」と心配し過ぎる必要はありません。自分が志望する企業への転職を叶えるためにも、仕事で活かせる自分のスキルを洗い出し、志望動機で効果的にアピールしましょう。第二新卒の志望動機については、「志望動機の書き方は就活の要!第二新卒の転職・就職未経験でのPRのコツ」もぜひご参照ください。

第二新卒としての強みが見つかりません…

第二新卒の強みは、新卒と違って社会人経験がある点です。そのため、企業は第二新卒者に基本的なビジネスマナーがあることを期待しています。そのほか第二新卒が持つ強みについては、「第二新卒が転職で失敗する原因・パターンは?成功するためのコツを知ろう」でも紹介しているので、ぜひチェックしてみてください。
ハタラクティブでは、就活アドバイザーがマンツーマンで丁寧なヒアリングを行い、あなたの強みを探すお手伝いをしています。一人での転職活動に悩んでいる方は、ぜひ一度ハタラクティブをご活用ください。

後藤祐介

監修者:後藤祐介

就活アドバイザー

一人ひとりの経験、スキル、能力などの違いを理解した上でサポートすることを心がけています!

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

RECOMMEND

おすすめ記事

みんなの就職エピソード

  • 働くことに疲れてフリーターに。医薬品への興味からドラッグストアで再び正社員の道へ
    働くことに疲れてフリーターに。医薬品への興味からドラッグストアで再び正社員の道へ

    就職前

    販売職(アルバイト)

    就職後

    販売職(正社員)

    詳細を見る
  • エンジニアとして就職!社会人未経験から内定までの道のりとは
    エンジニアとして就職!社会人未経験から内定までの道のりとは

    就職前

    飲食店 アルバイト

    就職後

    ネットワークエンジニア

    詳細を見る
  • 施工管理技士の経験を活かし、建設現場のプロフェッショナルを目指す!
    施工管理技士の経験を活かし、建設現場のプロフェッショナルを目指す!

    就職前

    施工管理

    就職後

    施工管理

    詳細を見る
  • 短大卒の22歳が手に入れた“憧れ”の「教育業界 事務」の仕事
    短大卒の22歳が手に入れた“憧れ”の「教育業界 事務」の仕事

    就職前

    支庁で事務補助(臨時職員)

    就職後

    学習塾チェーンの事務職(※紹介予定派遣)

    詳細を見る
  • エンジニアから念願の営業職に!転職の秘訣はLINEでの面接対策と「笑顔」?
    エンジニアから念願の営業職に!転職の秘訣はLINEでの面接対策と「笑顔」?

    就職前

    エンジニア

    就職後

    営業

    詳細を見る
  • 良好な職場環境で働いていた専門学校卒30歳。それでも転職を決意した理由とは?
    良好な職場環境で働いていた専門学校卒30歳。それでも転職を決意した理由とは?

    就職前

    営業

    就職後

    エンジニア

    詳細を見る
  • 先輩の後を追って入社するも失敗、ハタラクティブで社会人生活を再スタート
    先輩の後を追って入社するも失敗、ハタラクティブで社会人生活を再スタート

    就職前

    就活アドバイザー

    就職後

    営業職

    詳細を見る
  • 新卒内定を断ったのにやりたいことがない…キャリアを重視した21歳の就職成功談
    新卒内定を断ったのにやりたいことがない…キャリアを重視した21歳の就職成功談

    就職前

    無職

    就職後

    CADオペレーター

    詳細を見る
  • 「高卒が一番のネック」厳しいと思っていた希望職種の内定を得るまで
    「高卒が一番のネック」厳しいと思っていた希望職種の内定を得るまで

    就職前

    ラーメン屋(アルバイト)

    就職後

    エステティシャン

    詳細を見る
  • 大学院進学と就職を迷う日々…就職する決断ができた理由とは
    大学院進学と就職を迷う日々…就職する決断ができた理由とは

    就職前

    スポーツインストラクター、介護職(アルバイト)

    就職後

    営業職

    詳細を見る

第二新卒から正社員へ 体験談 一覧

関連記事

  • arrow
ハタラビットの部屋

Collection

特集

  • みんなの就職エピソード
  • よくある相談集
  • 失敗しない就活ノウハウ
  • 就職・転職のQ&A