1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 第二新卒の志望動機の書き方は?事務や未経験業種の例文を掲載

第二新卒の志望動機の書き方は?事務や未経験業種の例文を掲載

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・第二新卒の志望動機は、退職理由と一貫性を持たせるのがポイント
    ・企業のファン目線の志望動機は評価されない
    ・第二新卒は基本のビジネススキルもアピールできる
    ・第二新卒の志望動機では入社意欲や人柄を伝えよう
    ・職務経歴書ではより具体的な志望動機をアピールできる

第二新卒の志望動機の書き方は?事務や未経験業種の例文を掲載の画像

第二新卒の志望動機は、何を伝えると高評価につながるのでしょうか?
社会人経験が浅い第二新卒は、基本的なビジネススキルもアピールのポイントになります。他社ではなく応募企業を選んだ理由を伝え、自分のどんな強みが入社後に活かせるのがを伝えましょう。
コラムでは、志望動機を作成する際の注意点や必要な準備を解説。志望動機に盛り込む要素を把握すると、効果的なアピールにつながります!

監修者:佐藤真也

キャリアコンサルタント

やりたいことやできることを一緒に考えて、ライフスタイルやご希望にマッチする仕事探しをお手伝いします!


第二新卒の志望動機で気をつけること

評価される志望動機をつくるために、まず志望動機で避けるべきポイントを把握しましょう。

前職への不満を言わない

前職への愚痴や不満を言わないのは、転職活動における基本中の基本。ネガティブな発言をすると「一緒に働きたい」と思ってもらえません。また、「うちに入社しても不満があればすぐ辞めてしまうのでは?」と思われてしまいます。
志望動機は「これからどうしていきたいか」に焦点をあてて考えましょう。

退職理由と一貫性を持たせる

退職理由と志望動機が矛盾していると、「本当の退職理由は別にあるのでは?」「条件だけで応募してきたのでは?」と思われてしまいます。
「◯◯分野の仕事がしたくて退職した。応募先なら◯◯職で自分のやりたいことができる」という風に、退職理由と志望動機には一貫性を持たせましょう。
職場への不満が退職理由になることも多いですが、不満はこれから何を実現したいのかを考えるヒントになります。以下を参考に、退職理由の裏側にある希望を考えてみましょう。

仕事がつまらない→自分に合った職場で活躍したい
残業が多い→スキルアップの時間を確保し成長したい
給与が低い→正当な評価を得てやりがいを持って働きたい
人間関係が悪い→周囲と良い関係を築きながら働きたい

企業のファンになっている

「企業の商品・サービスが好きだから」という志望動機は、顧客視点に終始しており働く側の視点が欠けています。もちろん、ファンとして応募企業を好きな気持ちはあって良いものです。ただし、志望動機では、「社員として自分がどのように貢献できるか」を伝えることが重要。「商品やサービスを提供する側の視点」を盛り込んだ志望動機をつくりましょう。

内容が曖昧

「企業理念に共感しました」という曖昧な志望動機は面接官に響きません。志望動機には自分の価値観や経験、経験から得たスキルなどの情報を盛り込み、自分と企業との接点を伝えましょう。企業理念に共感したという場合は、そう思う理由を具体的に説明することが必要です。過去の経験や自分の強みを振り返り、理念に共感する背景を伝えましょう。

志望動機をつくる前の4つの準備

ここでは、志望動機をつくる前に必要な準備をお伝えします。

1.志望動機を書く意味を理解する

志望動機を書く前に、志望動機がどんな意味を持っているのかを確認しましょう。
志望動機は自己PRなどと並んで選考で重視される項目。多くの企業が、入社後のミスマッチを防ぐために志望動機を重視しています。
企業が志望動機を通して評価するのは、応募者のスキルや価値観、入社意欲、自社への理解度など。
多くの履歴書には志望動機欄がありますが、書類選考の通過率は志望動機にかかっているといっても過言ではありません。

2.これまでの仕事を振り返る

志望動機には自分の強みを盛り込むと効果的です。そのためには、これまでの仕事を振り返って応募企業で活かせるスキルを洗い出しましょう。
社会人経験が浅い第二新卒は、基本的なビジネススキルやパソコンスキルをアピールすることも可能です。また、仕事に取り組むときに意識している工夫なども評価されるでしょう。第二新卒で大きいな実績がある人は少ないので、「これから成長しそう」というポテンシャルを感じられる要素を探すのがポイントです。

3.企業研究をする

企業で活かせる強みをアピールするには、そもそも企業の事業内容や求められる人物像を知る必要があります。そのため、志望動機を考える際は企業研究が必須。企業のWebサイトや採用情報を必ず確認してください。
業界の中での企業の立ち位置を知るには、新聞や書籍、インターネットを使って業界の動向を知るのも有効。同業他社を調べることでも、応募企業の特徴が理解できます。

4.応募企業と自分の接点を探す

仕事の振り返りと企業研究が終わったら、企業と自分の接点を探します。企業が求める人物像に当てはまる強みや経験がないか考えましょう。

志望動機をつくるときのポイント

評価される志望動機をつくるには、以下の点を意識しましょう。

基本の構成を知る

「応募企業を選んだ理由」「応募企業で活かせるスキル」「入社後の目標」を盛り込むと過不足のない志望動機が仕上がります。

応募企業でなければならない理由を説明する

同業他社でも言える志望動機では入社意欲が伝わりません。応募企業ならではの特徴を取り上げたうえで、入社したい理由を述べましょう。

オリジナルな内容にする

ネットや書籍の例文を丸写ししたような志望動機は評価されません。このコラムでも志望動機の例文をご紹介しますが、例文はあくまで話の流れやまとめ方を参考にするものです。最終的には自分の言葉でまとめることを意識してください。

第二新卒ならではの強みを感じさせる

企業が第二新卒に求めているのは、成長意欲や社会人としてのバイタリティ、人柄です。現時点でのスキルに自信がなくても、入社後の具体的なキャリアビジョンや、目標に向けてどう行動するかを説明して、ポテンシャルを伝えましょう。

文章量に気をつける

応募書類に志望動機を記載するときは、文章量の配慮も必要です。志望動機はスキルや熱意を伝える重要な項目ですが、熱が入りすぎて長文になりすぎるのは逆効果。「話をまとめられない」と思われる恐れがあります。
履歴書に記載する志望動機の文字数の目安は、200文字程度。志望動機をしっかり伝えたいという人は、履歴書とは別に「志望動機書」を作成し、A4サイズ1枚に収まる程度の文字数でまとめましょう。

履歴書と職務経歴書で内容は変える?

転職活動では履歴書と職務経歴書の提出が求められますが、両者に記載する志望動機はどう書き分ければ良いのでしょうか?

職務経歴書には志望動機を書くのがおすすめ

そもそも、職務経歴書のフォーマットは自由。職歴を伝えることが目的の書類なので、志望動機が必須というわけではありません。
ただ、詳細な職歴の後に志望動機を加えることで、「今までの経験を応募先でどう活かせるか」をよりアピールすることが可能です。また、フォーマットが決まっていない職務経歴書では、履歴書より具体的な志望動機を記述できるメリットもあります。

履歴書と内容を一貫させる

履歴書と職務経歴書のどちらもに志望動機を書くときは、内容に一貫性を持たせるのがポイント。全く違う視点からの志望動機を述べると、「本当の志望動機が分からない」「話が矛盾している」と思われる可能性があります。
履歴書と職務経歴書の志望動機は書き方を変える必要はあるものの、内容的には一貫性を持たせるのが原則です。

職務経歴書の志望動機はより具体的に書く

履歴書には要点を絞った簡潔な志望動機を書き、職務経歴書にはより具体的な志望動機を書く、という風に書き分けると良いでしょう。
書き分けが難しい場合は、まず職務経歴書の志望動機を作成し、それを要約したものを履歴書の志望動機にすると簡単です。

志望動機の例文

最後に、第二新卒の志望動機の例文をご紹介します。話の流れやまとめ方を参考にしてください。

事務を目指す場合

医療機器の提供により海外の医療に貢献している貴社では、優秀な社員の方が活躍されていると考え、そうした方とチームとなって働ける環境に魅力を感じました。
現在の会社では、ExcelやWordを使った資料作成や売上管理をしており、パソコンスキルに自信があります。また、誰に対しても笑顔の対応を心がけており、職場の雰囲気を明るくするのも特技の1つです。1日も早く貴社での業務を覚え、これらの強みを生かして事務職としてチームに貢献していきたいです。

未経験業種を目指す場合

前職では、営業職として勤務していました。人と話すのが好きで営業職を選びましたが、今後は以前から憧れていたアパレル業界で自分の力を試したいと思っています。アパレルショップの中でも、貴社の店舗は日頃からよく利用しており、いつも店員の方が的確なアドバイスをしてくださるのが印象的でした。
営業職で培った相手を観察して要望を汲み取る観察力を活かし、販売職としてお客様目線の提案をしていきたいです。

志望動機の書き方が分からない方は、若年層の就職支援に特化したハタラクティブにご相談ください。
ハタラクティブでは専任のアドバイザーがカウンセリングを行い、その方に合った求人をご提案。応募企業が決まった後は、書類の添削や面接対策で内定までをバックアップいたします。
ハタラクティブは人物重視の求人を多数ご用意しており、第二新卒の転職実績も豊富です。第二新卒ならではのアドバイスもお伝えしますので、初めての転職が不安な方はお任せください!

関連キーワード

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

面談から平均3週間で内定獲得!

あなたに合う企業を厳選して紹介するので、短期間で内定獲得できます!

▼ ご相談はこちらから ▼

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

おすすめ記事

  • image

    第二新卒向け志望動機の書き方!効果的なアピール方法を例文つきで解説

  • image

    志望動機の書き方は就活の要!第二新卒の転職・就職未経験でのPRのコツ

  • image

    第二新卒転職のコツ!志望動機と退職理由の伝え方

  • image

    転職のための履歴書作成!第二新卒ならではの注意点

  • image

    第二新卒の履歴書は新卒と同じ?在職中の場合は?正しい選び方や書き方も

  • image

    第二新卒の強みをアピールしよう!好印象な転職理由とは

  • image

    第二新卒が面接の質問で聞かれることは?自己紹介や服装も解説!

  • image

    志望動機が書けない理由は?新卒や転職者のためのコツを例文つきで解説!

  • image

    志望動機の考え方と作り方が知りたい!面接での効果的な答え方も紹介します

  • image

    志望動機を伝えるコツは?新卒の場合は何を言えば良い?

  • image

    転職理由の例文をご紹介!やりがいやスキルアップなどポジティブな内容に

  • image

    未経験で医療事務を目指すためには?志望動機や面接対策も!例文あり

  • image

    転職の志望動機を例文付きで紹介!未経験でもアピールするコツは?

  • image

    第二新卒の面接は学生時代の経験をアピールしたほうが良い?

  • image

    第二新卒の退職理由はポジティブさが重要!面接を通過するためのコツを紹介

  • image

    志望動機はどうやって書けばいい?履歴書での重要性

  • image

    履歴書の志望動機がないときにはどうしたらいい?考え方のコツを紹介!

  • image

    転職のポイント!採用担当者の心に響く志望動機とは?

  • image

    履歴書の書き方とは?志望動機の基本をお教えします!

ページトップへ

本日面談できます!登録はこちら

これまでに就職したことはありますか?

 

より良いサービスを提供するため
アンケート回答にご協力ください

Q1. 現在の就業状況を教えてください

Q2. 年齢を教えてください

※未回答の設問があります

ご回答ありがとうございます!

いただいた情報は今後のサービス改善のために
活用させていただきます。

閉じる