第二新卒から、理想のSEを目指すには

急速なWeb技術の進化により、いまや引く手数多のIT業界。
新卒のみならず、第二新卒にもエンジニアの需要は拡大しています。
そこで、正社員のSEとしてサービス開発に携わりたいと考える方も多いかと思います。

ここでは第二新卒がSEになるための方法や、SEで働く事の醍醐味をご紹介します。
「経験やキャリアがないから就職できるかどうか不安」という方も、自信を持って応募できるコツをお伝えしたいと思います。

【このページのまとめ】
・SE(システムエンジニア)は、IT業界を中心に活躍する開発業務を担う職種
・若い人材を募集していることが多く、未経験の第二新卒者でもSEになれるチャンスはある
・新しい技術や知識を身につけられる、プログラムを完成させるやりがいがある…などがSEとして働く醍醐味
・専門的な知識やスキルの他、体力や精神力、コミュニケーション能力なども重視される
・SEとして就職するには、未経験者や第二新卒を歓迎する求人を探し、自分の強みやエンジニアになるために努力しているということをアピールするとよい

SEの仕事内容と就職事情

第二新卒に人気の職業であるSE(システムエンジニア)は、システムの設計や開発、テストなど、開発全般業務を行う仕事です。クライアントの要求をヒアリングし、開発~稼動までを一貫して手がけます。
Web系の企業が数多く登場している現代で、SEは非常に重宝される存在。若い人材が活躍できる職種でもあるので、正社員の採用において、第二新卒を積極的に募集する企業は多いです。
第二新卒を採用する企業が多い理由としては、第二新卒にはキャリア経験が短くても基本的なビジネスマナーが身についていること、新卒人材の獲得が激化している中で、第二新卒は比較的採用しやすい層であることが挙げられます。
第二新卒としてSEに転職する場合、全く別の業種や職種から転職するパターンの他、もともと近い働き方をしていた人が別の企業に転職するというパターンもあるよう。「下請けの開発より、上流工程を経験したい」「今のSE経験をWeb業界で幅広く活かしたい」という理由で就活するエンジニアが多いようです。
SEなどが活躍するIT業界は人材の流動性が高いため、第二新卒でも正社員として就職できるチャンスは大きいと言えます。

SEとして働く醍醐味とは

第二新卒がSEとして働く醍醐味は、新しい技術に触れられることや、自分にスキルが身についていくこと。SEは、キャリアのある先輩や新卒の社員と一緒に開発をしながら、どんどん新しい知識を吸収できます。
新しい技術を自分のものとできれば、Web業界で新しい可能性が見えてくるのではないでしょうか?
また、プログラムが完成した達成感がやりがいに繋がるという人も多いでしょう。
システムを使ったユーザーから「使いやすい」「このシステムがあってよかった」などの評価も、エンジニアの大きな喜びと言えるのではないでしょうか。

実際にSEを経験した人から話を聞き、「第二新卒でもWeb業界で正社員の求人に挑戦したい!」と思うようになる人は多いようです。

SEに求められるスキル&適性

第二新卒のSEに求められるスキルや適性にはどのようなものがあるでしょうか?

まずはエンジニアとしての経験や知識です。
Web系資格なら、情報処理技術者の資格を取得できるよう学習すれば、基礎的な部分に関しては理解できるでしょう。

また、SEに求められるのが体力・精神力。納期前などの忙しい時期には、残業や休日出勤が続いてしまうということもあります。体力やメンタルに自信があれば、忙しい状況でも仕事をこなすことができるでしょう。

その他、コミュニケーション能力も重要です。SEは顧客と折衝しながらシステムを開発していくため、顧客のニーズを聞き出し、自分の意見を伝えられるコミュニケーション能力がなければ仕事を続けるのは難しいでしょう。

未経験業種・職種から転職を目指す第二新卒の場合、専門的な知識やスキルで勝負するのは難しいのが事実。その場合には、別の仕事で培ってきたコミュニケーション能力や、体力などをアピールポイントとしてみましょう。

SEへの就職を成功させるコツ

第二新卒が正社員のSEを目指すなら、第二新卒歓迎の求人を出している企業を探してみましょう。
第二新卒の最大の強みは、社会人経験を経ていること。ビジネスマナーや仕事をする上での基本など、社会人の基礎が身についていることを積極的にアピールするのがおすすめです。

また、全くの未経験から挑戦する場合は、関連する資格を取得したり、そのための勉強をしたりすることが大切。それまでにプログラミングに触れたことがなくても、自分で勉強していればやる気と熱意があることが伝わります。
逆に、「研修制度で勉強したい」というような受け身な態度は避けましょう。会社は学びの場ではなく、あくまで利益を求める場です。「学習したい」という態度では学生気分だと思われてしまう可能性もあるので、自分から積極的に学び、仕事に活かしたいという姿勢を貫くようにしましょう。

第二新卒がチャレンジしやすい求人を探すためには、内部情報に詳しい転職エージェントを活用するのも一つの手。自分で求人探しをするよりも、効率よく自分に合った求人を紹介してもらうことができます。自分の中でどんな仕事がしたいのかを明確にし、エージェントに相談してみると良いでしょう。


IT業界の中でも、SEは開発の上流工程で活躍できる人気の職種です。
またベンチャー企業が多く、自由な社風で働ける事が特徴です。

SEを目指してはいるものの、新卒をライバルに就活をするのは不安、という方はハタラクティブにご相談ください。
第二新卒の方がSEとして就職するためのコツをご紹介します。

おすすめ記事

▼ご相談はこちらから▼

  • 現在の状況とご希望条件をご選択ください
    • ステップ1
    • ステップ2
    • ステップ3
    現在のご状況必須

    離職中・フリーター
    (契約・派遣含む)

    正社員

    在学中
    (卒業予定)

    在学中
    (中退予定)

    在学中
    (中退を検討中)

    就職開始可能時期必須

    できるだけ早く

    1~2ヶ月先

    3ヶ月以上先

    まだ本当に活動するか決めていない

    最終学歴の卒業年必須

    ←戻る
    次へ

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ページトップへ