転職の最終面接でよくある質問と合格するためのポイントを解説!

転職の最終面接でよくある質問と合格するためのポイントを解説!の画像

【このページのまとめ】

  • ・転職の最終面接での質問は転職活動の最重要事項のひとつ
  • ・転職の最終面接でよくある質問は「志望動機」「転職の活動状況」「退職理由」の3つ
  • ・転職の最終面接では、逆質問も採用決定を左右する大事なポイントになる
  • ・転職の最終面接前には、質問対策以外にも提出書類を見直すことが大事

「転職の最終面接ではどんな質問をされるの?」「転職の最終面接での質問にどう答えれば正解なの?」などの疑問を抱えながら転職活動を続けている方も多いと思います。
最終面接では「志望動機」「転職の活動状況」「退職理由」といった質問が定番。また、逆質問の時間が設けられることも多いので事前に対策しておきましょう。
このコラムでは、転職の最終面接で良くある質問と、合格するためのポイントを詳しく解説します。最終面接を突破したい方は、ぜひご覧ください。

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

オンライン面談実施中!【無料】就職相談はこちら

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです

ご相談はこちらから

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

転職の最終面接でよくある3つの質問

転職の最終面接ではさまざまなことを尋ねられますが、その中でも「志望動機」「転職活動状況」「退職理由」は頻出する質問です。

1.志望動機・自己PR

最終面接でも、志望動機と自己PRを改めて聞かれることがあります。
その企業で本当に働きたいかどうかの確認と、企業への理解度の確認が目的です。一次、二次面接の時よりも内容を深く聞かれることがあるので、きちんと整理しておきましょう。

2.転職の活動状況

最終面接の後には内定を出すことになるため、入社してもらえるかどうかを確認するために転職の活動状況を聞かれるケースが多いです。
この場合、第一志望であることを伝えると内定をもらえる可能性を高められますが、他社の選考状況に関しては嘘をつかずに正直に伝えてください。

3.退職理由

転職の最終面接では、前の会社をどうして辞めたかを深く聞かれる可能性が高いです。
採用する側は、前の会社でトラブルを起こしていないかを確認したいため、「この人を採用すると危険だ」「入社後問題を起こすのでは?」などと思われない、面接官を納得させられる回答を用意しておきましょう。

内定を勝ち取るための最終面接対策について詳しく知りたい方には、最終面接でのポイントなどが書かれているコラム「内定まであと一歩!最終面接の質問と回答のポイント」を参考にしてみることをおすすめします。

転職の最終面接と一次・二次面接との違い

最終面接と一次・二次面接の大きな違いは、面接官の立場と企業がチェックする項目です。
一般的に、一次面接では人事担当や採用担当者、若手社員が面接官。ビジネスマナーや採用条件との合致といった基本を確認します。
二次面接では現場の責任者が面接官となり、より実務的な観点から面接が行われます。最終面接は採用の裁量権を持つ人事部長や社長などの役員が面接官。志望動機や将来のビジョンを深堀りし、企業理念と合うか、ミスマッチが起きないかを確認しています。

転職の最終面接では常にアピールすることが大事

転職の最終面接では、自分が会社と仕事とマッチングしていることを常にアピールすることが大事になります。どんなに多くの知識やスキルや資格を持ち合わせていても、企業が掲げる理念や求めることとミスマッチしていれば採用される可能性は低いでしょう。
一次面接や二次面接のときと同じ質問をされても、そのときと同じ回答ではなく、最終的な採用の決定を行う社長や役員に共感してもらえるようにアピールしなくてはいけません。
また、最終面接では社長や役員にも通用するビジネスマナーが求められます。礼儀をしっかりとわきまえて「どうしても入社したい」という意欲を強く伝えましょう。

最終面接の所要時間はどのくらい?

転職の最終面接の所要時間は企業や面接内容によって異なります。
たとえば、最終面接は社長や役員との顔合わせの場で、応募者の意欲の確認が目的なら、所要時間は10~20分程度で終わるでしょう。しかし、志望意欲の強さの他に、社風や企業理念などとの相性の良さや人柄、ビジネスマナーなどをトータル的判断するのが目的なら、面接が1時間程度におよぶこともあります。

最終面接の突破率は決して高くない
最終面接まで進めば、高い確率で内定がでると考えている方も多いようですが、採用確率も企業によって大きく異なっているのが現実です。最終面接に進んだ大多数を採用する企業もありますが、通過率が50%に大きく満たない企業も少なくありません。
最終面接に進んだからと、対策をおろそかにすれば内定は遠のくでしょう。

転職の最終面接で聞かれやすい質問8選

冒頭で紹介した「志望動機」「転職の活動状況」「退職理由」以外にも、最終面接では「長所・短所」「スキル・資格」「キャリアプラン」「働き方」「最近興味のあるニュース」「待遇・条件面」などが質問されやすい項目です。回答例をまとめたので、参考としてしっかりと対策しておきましょう。

1.志望動機の回答例

「前職でも営業職に就いておりまして、これまでの経験とスキルを活かして新たな分野で営業職に挑戦してみたいと思い志望いたしました。全てのお客様に対して親身な営業活動を常に心がけ、御社に採用されましたら営業実績トップを目指したいと思っております。」

志望動機の質問に対する回答は、前職で培ってきた経験やスキルを活かして、何をして何ができるかを具体的に伝えることがポイントです。未経験の分野に転職する場合は、興味をもった理由を伝えて、これまでの経験などを活かせることをアピールしましょう。

2.転職の活動状況の回答例

「面接を受けている企業が2社あって、2社ともこれから最終面接を受ける予定ですが、御社に採用された場合はぜひお世話になりたいと思っています。」

面接官が転職の活動状況を尋ねるのは、採用した際に本当に入社するかを知りたいからです。
複数の企業の面接を受けている場合は、選考状況を正直に伝えたうえで、「御社が第一志望です」などと伝え、応募先企業で働きたいことをアピールすることがポイントになります。

3.退職理由の回答例

「前職で仕事や人間関係などには全く不満はありませんでしたが、自分の資格やスキルを活かせる仕事がしたくて、キャリアップを目指して退職を決意しました。」

退職理由は、できる限りポジティブな内容にすることがポイントです。前の会社に対して不満があった場合でも、前向きな理由に言い換えましょう。

4.長所・短所の回答例

「私の長所は粘り強いところで、短所は優柔不断で決断が遅くなってしまうことです。粘り強さは仕事に活かせる武器だと思いますが、優柔不断で判断が遅れることはマイナスになると思いますので、それをカバーするために事前の情報収集はこれまで同様に徹底していく所存です。」

自分の長所は仕事に活かせるような内容でそのまま伝えて、短所は長所にも変えられる内容にアレンジして伝えることがポイントです。

5.スキル・資格の回答例

「簿記2級の資格を所有しており、前職でも営業にその資格を活かしてコスト面やクライアントの財政状況に合わせた提案を行いました。その結果、5年間で2度営業ナンバーワンとして表彰された経験があります。」

資格がない場合でも、これまで培ってきた経験や知識やスキルなどをアピールするため、成功体験を含めてどのように仕事に役立てられるかを具体的に伝えることがポイントです。

6.キャリアプランの回答例

「御社が進めている海外進出プロジェクトに、自分の語学力を活かして重要な役割を担える人材になりたいと考えています。そのために、御社のサービスの理解をより深め、引き続き語学の勉強に力を入れていこうと思っています。」

キャリアプランについて尋ねるのは、将来の目標と企業との相性を確認する目的があります。
応募先で実際にできることを伝えて、努力を惜しまないことをアピールするのがポイントです。

7.働き方の回答例

「前職で培った経理経験を活かして、まずは与えられた仕事をしっかり遂行したいと考えています。経験を積んだ後には財務の仕事への挑戦を希望します。」

働き方へ対する質問は、仕事にどのくらいのモチベーションがあるか確認しています。
自分がしたいことを正直に伝ええるだけでなく、応募先の企業にとってメリットがあることを伝えるのがポイントです。

8.待遇・条件面の回答例

「前職でも月末が繁忙期でしたので、特定の時期に業務が偏るのは問題ありません。」

残業以外にも、最終面接では入社後のミスマッチを防ぐために業務上労働者にとってネガティブなことも質問するケースが多くなります。
どうしても条件が合わない場合は、その場で解決策がないか尋ねてみて、早期退職につながらないように気をつけましょう。

どうすれば最終面接を突破できるか知りたい方には、最終面接での心得などを紹介しているコラム「最終面接対策!準備や心得を徹底解析」をご覧になることをおすすめします。

転職の最終面接では逆質問も大切

転職の最終面接では、全ての質問が終わった後で「最後に何か質問はありますか?」と、いわゆる逆質問をされることがあります。逆質問は、最後に言い足りなかったことを伝えられる自己アピールの大きなチャンス。
「特にありません」と答えてしまうと、やる気や意欲のない人材と捉われて、採用に不利に働く可能性が高くなります。
また、最終面接では社長や役員が面接官を務めるケースが多いため、経営者だからこそ答えられる質問を用意しましょう。会社の方針や今後の動向など、会社組織に関することを尋ねることがポイントとなります。以下の例を参考にして、逆質問を考えてみましょう。

・企業が急成長した理由
・会社経営で社長が最も大切にしていること
・社長や役員の立場から見た企業の魅力や改善点
・経営陣が社員に求めること
・掲げている経営理念の内容や理由について
・経営戦略や目標
・新規事業の取り組みについて

最終面接の逆質問でどうすれば好印象を与えることができるか知りたい方は、「最終面接の逆質問で好印象を与えるには」「転職に効く逆質問の例文集!1次・2次・最終面接で何を聞けば良い?」をご確認ください。

転職の最終面接前に行うべき質問対策以外の3つの準備

転職の最終面接に合格するためには、質問対策だけでなく提出書類の見直しや志望動機の深堀り、業界情報の確認なども行いましょう。

1.職務経歴書や履歴書を見直す

最終面接に臨む前には、企業に提出した応募書類を見直しましょう。
改めてこれまで自分が応募企業に提出した書類を確認して、その内容と矛盾ない回答ができるように準備する必要があります。

2.企業研究や志望動機を深堀りする

最終面接の前には、企業研究や志望動機はこれまでの面接で述べた内容では不十分。最終面接では企業の社長や役員クラスが面接官となり、より深い質問をされる可能性が非常に高いため、しっかりと答えられる準備が必要です。

3.企業や業界の最新情報をチェックする

最終面接前には、企業の最新情報もチェックしておきましょう。
すでにある程度の企業研究をしていても、一次面接や二次面接と最終面接の間に時間が空いてしまうケースは多いです。
応募企業や業界の情報はどんどん更新されていき、それに関する質問をされないとは限りません。また、最終面接には社長や役員が登場する可能性が高いため、役員陣の情報も確認しておくことをおすすめします。

転職の最終面接に備えてどのような準備をすれば良いか知りたい方は、その対策などについて書かれているコラム「いよいよ最終面接。転職の場合はどんな準備が必要?」をチェックしてみてください。

転職の最終面接に落ちる人の3つの特徴

転職の最終面接に落ちる人は、これまでの面接内容と最終面接で矛盾があったり、入社意欲が低いと判断されたりといった特徴が見られます。最終面接が通らない場合は、当てはまる項目がないか確認してみましょう。

1.これまでの面接と最終面接の回答が矛盾している

一次面接や二次面接で答えた内容と最終面接でした回答が矛盾していると、「この人は信用できない」と思われ、採用される確率を下げてしまいます。
最終面接ではじめて社長や役員が登場して面接官を担当しても、全ての面接内容は企業内で共有されています。したがって、面接で伝える内容には一貫性がなくてはいけません。

2.入社したい意欲が伝わらない

入社したいという想いが面接官に伝わらないと、最終面接にも行けない可能性が高いです。
「御社が第一志望です」と面接でアピールしても、面接中の態度や回答内容によっては意欲が低いと評価される可能性も。入社意欲を伝わりやすくするには、企業研究をしっかり行い、自分がこれから行う仕事で会社にとって役立つ存在になれることをアピールすることが大切です。話し方や声の大きさ、姿勢などにも注意しましょう。

3.企業と価値観が合わない

企業が求める人材、自分が望む仕事内容、企業理念などいろいろな点がミスマッチしていれば、当然ですが面接に落ちやすくなります。
どうしても入社したいのであれば、企業研究を徹底的に行い、どのような人材を求めているかをしっかり把握してから面接に臨みましょう。

なぜかいつも最終面接で落ちてしまうという方は、その理由について詳しく紹介しているコラム「なぜか最終面接で落ちることが多いとき」をチェックしてみてください。

転職の最終面接の後にやるべきこと

転職の最終面接が終わったら、できるだけ早めにお礼のメールを送りましょう。
面接を受けた当日、遅くても翌日にはメールを送信してください。なぜなら、自分の記憶が面接官の頭の中にあるうちの方が、より強くアピールができるからです。
ここで注意したいのは、メールはあくまでも「お礼」を目的に送信するということ。決して面接で伝えきれなかった自己アピールが目的ではありません。忙しい時間を割いて面接を設けてくれたことに対する感謝や、直接話を聞いて意欲が高まったことなどを伝えましょう。最終面接が苦手で内定に至らないと悩んでいるなら、転職エージェントのハタラクティブにご相談ください。経験豊富なキャリアドバイザーが求職者一人ひとりの要望を丁寧にヒアリング。ご希望や要望に合わせた求人をご紹介するほか、自分では気づけない特性や適性から判断したおすすめ企業もご案内いたします。
応募書類の作成方法やビジネスメールの書き方といった、転職の基本についてもしっかりとサポート。相談も含めた全てのサービスを完全無料で利用できるので、まずはお気軽にお問い合わせください。

▼ ご相談はこちらから ▼

登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

みんなの就職エピソード

  • 周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月
    周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月

    就職前

    スポーツジム フロントスタッフ アルバイト

    就職後

    住宅機器等の製造・販売会社 営業

    詳細見る

  • “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職
    “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職

    就職前

    ホストクラブ ホスト

    就職後

    通信回線販売取次店 営業

    詳細見る

体験談 一覧

関連記事

  • arrow
  • youtubeIcn

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

特集

COLLECTION