なぜか最終面接で落ちることが多いとき

なぜか最終面接で落ちることが多いときの画像

◆最終面接までの道のりは長い

最終面接で落ちると就職、転職活動はふりだしに戻ります。
採用にたどり着くまでには、改めて新しい求人に応募、経歴書などの書類を提出し、求人先企業の書類選考を通過しなければなりません。ここまででもある程度の時間を必要とします。

さらに書類選考に通過しなければ、その次のステップである試験や面接に行くことはできません。もし面接の段階までいったとしても、最後に最終面接が待っています。

このように、最終面接までには労力がかかるものです。
しかし、ようやく最終面接を受けて、あとは採用を待つだけのところまできても、また最終面接で落ちる可能性もあります。いつまでに就職、転職したいと期限を設定しておかないと、気付いたら半年くらいはこのような活動の繰り返しで時間が経過してしまうことになります。

そのため、特に現在アルバイトの仕事をしていて就職活動に時間がとれないときなどは、時間効率を考えながら活動をしなければならないでしょう。
自分で就職、転職活動を行うのに限界を感じているときには、就職活動支援を利用してみてはいかがでしょうか。

◆最終面接で落ちる理由は

最終面接に落ちることが多いときには、なぜいつも最後で落ちるのだろう、と考えるのではないでしょうか。
自分に何か問題があるのかと不安になっても不思議ではありません。自分で最終面接をあらためて振り返り、自己分析をすることもあるでしょう。

その際、信頼できる人に相談したい、客観的に最終面接に関するアドバイスをもらえないだろうかと思いませんか。
就職活動支援はこのような状況にも対応しています。就職活動支援の就活アドバイザーは、応募先の企業が採用したい人の傾向を把握していることがあります。
そのため、それぞれの企業に基づいた面接対策はもちろん、就職、転職を成功させるために親身にアドバイスをしてくれます。対面で模擬面接対策を行うことで、より実践にあわせた準備ができるでしょう。
遠方に住んでいたり、忙しかったりする場合でもメールや電話で対応してもらえます。
これらのサービスは全て無料です。就活アドバイザーによるアドバイスと面接対策で最終面接を成功に導きましょう。

◆最終面接で落ちることは誰にでも起こり得る

最終面接に落ちることで、時には就職、転職活動に自信がなくなってしまうこともあるでしょう。
しかし、一方で書類選考や面接は通過していますので、採用する企業にとっては、採用したい人材であったという事実もあります。

また、応募した求人の仕事ができる人材であったと評価されたということでもあります。
最終面接で落ちるということは、最終的に採用された人との差はごく僅かの違いです。 ほとんどの応募者は書類選考の時点で不採用になっていますので、自信をもちましょう。

それでも最終面接で落ちると、特に就職が初めての人であれば、それまでに費やした時間と労力が無駄だったと考えがちです。ですが、最終面接で落ちることは誰にでもあることなのでむしろ最終面接まで残った、とポジティブに捉えてもよいのではないでしょうか。

▼ ご相談はこちらから ▼

登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

みんなの就職エピソード

  • 周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月
    周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月

    就職前

    スポーツジム フロントスタッフ アルバイト

    就職後

    住宅機器等の製造・販売会社 営業

    詳細見る
  • “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職
    “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職

    就職前

    ホストクラブ ホスト

    就職後

    通信回線販売取次店 営業

    詳細見る

体験談 一覧

関連記事

  • arrow
  • youtubeIcn

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

特集

COLLECTION