1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 不合格フラグはある?最終面接に落ちた人の特徴まとめ

不合格フラグはある?最終面接に落ちた人の特徴まとめ

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・最終面接の合格率は約5割で、応募枠の人数が少ないほど合格率も低くなる
    ・代表的な不採用の理由は、企業研究不足やビジョンの違い、入社意欲の低さなど
    ・面接で具体的な入社スケジュールを聞かれたり部署の担当者に紹介されたりすると合格の確率が高いと言われている
    ・これまでの面接から得た情報で企業研究を深める、マナーを見直すなど、最終面接に向けてしっかりと対策しよう

「最終面接で落ちる人はいないと思っていたのに落ちた…」という経験をお持ちの方もいると思いますが、どのような人が不採用になるのでしょうか?
当コラムでは、最終面接の合否について解説しています。
「この質問をされたから合格フラグ!」など、面接中に合否を予想することはできるのか、最終面接を突破するために必要なことはあるのか…などをまとめているので、採用面接を控えている方は参考にしてみてください。

◆最終面接に落ちた!その理由は?

最終面接は、企業の採用決定権をもつ人(社長や役員)が、応募者が本当に自社にふさわしいかどうかを判断するために行われます。
就活においては「入社の意思確認や顔合わせの場」と認識し、落ちる可能性は少ないと捉えている人が多いようです。
しかし、実際は最終面接まで進んでも半分以上の人が不採用になると言われており、特に応募枠が1人などの少ない求人はその傾向が強め。
その他、スキルを重視する技術職より人柄重視の営業職のほうが落ちやすい、面接回数が少ないと最終面接までに合否を見極めることが難しいため落ちやすいなど、最終面接を突破できないケースはさまざまなようです。

落ちてしまう代表的な理由は以下のとおりとなっています。


・企業研究が足りない

最終面接で企業理念などを聞かれても答えられない、業界について詳しく知らないなど。
会社説明会やそれまでの面接で話題になったことに対して回答できないと不合格になりやすいようです。

・入社意欲が低い

高確率で「弊社が第一希望か」と聞かれますが、それに対して「ほかに合格すればそちらに行く」と言ってしまったり、志望動機に「大手企業だから」と答えてしまったりと、入社意欲が低いと受け取られてしまえば合格することは難しいでしょう。

・企業との価値観が合わない

企業には企業理念や社風、経営方針があります。
現場の声を大切にしている社風の企業に対して「本社から指示していきたい」とアピールするなど、企業の価値観に合わないと判断されると最終面接を突破できないこともあるようです。

◆合格、不合格のフラグはあるの?

「これを言われたら合格!」など、「◯◯したら絶対に合格、不合格」と判断できるフラグはあるのでしょうか?

【合格フラグ】

・所属部署の上長、担当者などに紹介された
・具体的な入社スケジュールや労働条件などについて詳しく話した

合格フラグの特徴として、入社に対して具体的な話や行動があることが挙げられます。
ほかにも、自社のメリットを面接官から説明されたり、「社風に合っている」と言われたりすることも合格フラグになるようです。

【不合格フラグ】

・面接終了時間が予定より著しく早い
・丁寧すぎる対応をされる
・趣味を聞かれる

最終面接をするのは役員などが多く、採用以外にも膨大な仕事を抱えています。
そのため、不合格の判断を下した場合は面接の時間が勿体ないという気持ちから、予定より早く切り上げるケースも。
同じ理由で、逆質問の時間をカットされるのも不合格フラグと認識されるようです。
また、面接を通して丁寧すぎる対応をされた場合も不採用の可能性が。
特に小売や不動産などは応募者が顧客になる可能性を考え、「不採用という悪印象を払拭したい」という思いから丁寧な対応をすることもあるようです。 
さらに、ほかに聞くことがないので趣味を聞かれるのも不合格フラグの可能性が。
趣味はそれまでの面接の段階で聞かれていることが多く、わざわざ最終面接で確認する内容ではないので、「時間つぶし」として質問されているかもしれません。

以上の内容はあくまでも一般的に言われていることです。
合格フラグは採用を見据えて行われていることなので信憑性が高い傾向にありますが、不合格フラグは「すぐに採用を決めたので面接時間が短くて済んだ」「従業員を大切にする社風なので丁寧な扱いを受けた」「趣味から人柄を見極めている」などのケースも。
一概には不合格といえない可能性もあるので、参考程度に捉えておきましょう。

◆次の面接で落ちないようにするために

最終面接を突破するまで転職は終わりません。
次の面接で落ちないようにするためにはどうしたら良いのでしょうか。

・企業研究を深く行う

最終面接まで進めば、これまでの面接の内容からより深い企業研究を行うことができます。
企業理念や社風を改めて見直し、志望動機などをブラッシュアップさせると企業に対する理解が深まり、合格に近づくでしょう。

・基本的なマナーを見直す

面接が進めば気が緩んで基本的なマナーが曖昧になることも。
スーツの着こなしや身だしなみ、入退室のマナーなどを改めて確認しておきましょう。

・企業のニーズに合ったアピールか精査する

先述した深い企業研究で求める人材や将来ビジョンが明確になったら、用意している自己PRや志望動機がそのニーズに合っているかを精査します。
転職活動を始めた頃より企業への理解が深まれば、ポイントを的確に捉えて採用に繋がる内容を作成することも可能でしょう。

最終面接になぜ落ちたのか分からない…
次の面接が迫ってるのに準備ができない…とお悩みの方は、転職エージェントを活用してみてください。
ハタラクティブでは、専任アドバイザーが最終面接でよくある質問と対策法をお伝えします。
模擬面接や書類添削サービスも行っているので、納得いくまで対策を行うことが可能!
最終面接を控えていて不安な方や、第三者からアドバイスを貰いたい方はぜひご利用ください。

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

経歴に自信がなくても大丈夫!

マンツーマンの面談を通してあなたにぴったりな仕事を見つけましょう!

▼ ご相談はこちらから ▼

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

ページトップへ

簡単30秒!登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?

 

より良いサービスを提供するため
アンケート回答にご協力ください

Q1. 現在の就業状況を教えてください

Q2. 年齢を教えてください

※未回答の設問があります

ご回答ありがとうございます!

いただいた情報は今後のサービス改善のために
活用させていただきます。

閉じる