その答え矛盾してない?最終面接でチェックされる内容

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. 第二新卒転職TOP
  4. >
  5. その答え矛盾してない?最終面接でチェックされる内容

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・面接の回答で矛盾しやすいのは、転職理由と志望動機や深掘り質問に対する答え、発言と行動がズレている、などが挙げられる
    ・一次二次面接では人柄や最低限のスキルを見られるが、最終面接では社風に合っているか、入社意欲が高いかなどを見られている
    ・第二新卒の就活では、これまでの経験をアピールするとともに、転職理由をポジティブに伝えることが重要となる
    ・最終面接にはよくある質問の傾向があるので、事前に把握して回答を用意しておこう

就活や転職活動の最終面接で「矛盾した回答をしてしまったかも」と不安になったことはありませんか?
一般的に最終面接は入社の意思確認の場といわれていますが、実際は一次・二次面接時より人間性に関わる内容の質問をされることもあり、不採用となる可能性は充分あります。

回答は矛盾が生じないよう、慎重に行ったほうが無難です。
回答に矛盾があるケースにはどんな例があるのでしょうか?その対処法や、最終面接時に注意するべきポイントとともに確認していきましょう。

◆よくある回答の矛盾例

面接で注意したいことの1つに、回答が矛盾しないことが挙げられます。

しかし、矛盾して回答してしまっているかどうかは、自分では気づきづらいもの。特に緊張しやすい面接の場ではつい大げさに伝えてしまったり、自分を良く見せようとしたりして、結果的に矛盾が生じてしまうケースもあります。

事前に矛盾しやすいケースを把握しておき、充分注意して発言できるよう意識しておきましょう。

 

【一次・二次面接と回答が違う】

最終面接は、役員面接ともいわれています。人事部などの採用担当者ではなく、社長や役員といった重役がメインで面接を行うことが多いようです。
そのため、「担当者が違うから、以前と違う発言をしても平気そう」「前回の面接で話した内容を忘れてしまった」など、一次・二次面接と別の内容で回答をしてしまう人も。
一次・二次面接で話した内容は、書類として面接官の手元にあるので、必ず前回までの回答と同じ内容になるようにしましょう。

 

【転職理由と志望動機で矛盾がある】

たとえば、転職理由で「もっと自分の○○を活かせる専門性の高い業務に携わり、スペシャリストを目指したいため」と回答していたのに、志望動機では「自分の強みである△△を、御社で行っている□□や□□など、幅広い業務で活かしたいと思っています」と答えるなど矛盾に気づかないこともあるようです。 
転職理由と志望動機は必ず一貫性をもたせましょう。

 

【深掘りされる質問にブレが生じてくる】

先に触れたように最終面接では一次・二次面接と同じ質問をされることがありますが、この時、前回より掘り下げた内容を聞かれて答えが矛盾していってしまうこともあります。 

たとえば、「御社で海外に通用する力を身につけたい」という内容の志望動機では、「なぜほかの海外シェアが高い企業ではなく、自社を選んだのか?」「自社で具体的にどんなことに取り組みたいのか?」「将来、海外で何をしたいのか?」「具体的には、海外事業のどんな部分に興味をもったのか?」「そのために、今は何に取り組んでいるのか?」といったことを掘り下げられるでしょう。


「なぜ?」と繰り返し聞かれるにつれて回答内容がブレる場合、自分でやりたいことや目的が定まっていないのかもしれません。
もう一度、自分のやりたいことやそれを求める理由などを見つめ直し、軸をしっかり定めておきましょう。

【発言と行動が一致していない】

自分の強みにコミュニケーション力やリーダーシップ、協調性などを挙げているのに、面接中ずっと元気がない、声が聞き取りづらい、姿勢が悪いなどの一面が見られると矛盾しているように感じられます。

自己認知できていない、自分の強みを理解していない、と判断されてしまうこともあるでしょう。

自分を客観的に見て、発言と行動が一致しているか確認してみてください。自分ではわかりづらい時は、友人など第三者に協力して見てもらいましょう。

 

また、○○に興味がある、○○の資格を取得したいと考えている、などを発言しているのに、具体的にどんな部分が気になっているのか?現在目標に向けてどのような取り組みをしているのか?という質問に答えられないことも要注意です。

◆最終面接では何が見られている?

そもそも、面接で矛盾が生じないようにするためには「面接をする目的や見ているポイント」を把握しておくことも重要です。これは、面接本来の意味を知ることで、自分がアピールすべきポイントを理解し、正確に発信できるようになるため。

それぞれの面接で見られているポイントを確認しておきましょう。

 

まず、一次二次面接では、スキルや経験、人間性など、企業にとって最低限必要な能力を持っているかを見極めています。

面接中は、コミュニケーション力やビジネスマナー、自分の強みと企業ニーズがマッチしていることなどを意識して取り組むと良いでしょう。

一方、最終面接では、社風や企業理念に合う人材か、会社へ貢献する意欲があるかなどの点を見られることが多いようです。
将来のビジョンやそれをする目的などを明確にし、応募企業と他社との差別化ができていることをアピールすれば、「事業のために取り組んでくれそう」と好印象を与えられるでしょう。

◆第二新卒の面接でのアピールポイントと注意点のおさらい

最終面接前に、正社員を経験した第二新卒ならではのアピール方法と注意点をおさらいしておきましょう。

 

【第二新卒のアピールポイント】

前職の実績をもとに、志望企業で活用できるスキルや経験を、就職したら貢献したいことに紐付けてアピールしましょう。

中途採用では、入職後に活かせるスキルや経験は大きな強みとなります。

【転職理由はポジティブに】

転職理由についての質問は要注意です。

「人間関係がイヤだった」「仕事がキツかった」と正直な理由を伝えてしまうと悪い印象を与えかねません。
嘘は良くありませんが、「これまでの○○などの経験を通して、△△の分野に興味を持ちました。御社でなら自分の□□(強み)を活かし~」とポジティブな転職理由に変換して伝えましょう。

このとき注意しておきたいのは、「入社してもまたやりたいことができ、すぐに辞めてしまうのではないか」と思われること。より具体的な将来のビジョンを示し、面接官の不安を払拭しましょう。

◆最終面接でよくある質問例

予期せぬ質問には戸惑ってしまい、動揺から回答もちぐはぐになってしまいがち。

面接の質問はほぼ決まっているような内容もあるので、よくある例を把握し、回答を準備しておくと良いでしょう。

 

【転職理由/志望動機/自己PRを教えてください】

これらは全く共通点がないように思われますが、実は就活の軸がブレていると回答に矛盾が出やすい質問です。

就活の軸を見直し、一貫性のある答えを素直な気持ちで伝えることをおすすめします。 

【将来のビジョンはありますか?】

将来この会社でどう活躍したいのか?数年後のキャリアビジョンはあるのか?などを聞かれます。この時、自分がやりたいことだけではなく、「自分が会社のためにできることは何か?」を念頭において発言しましょう。 

【就職活動の状況を教えてください】

入社の意思確認です。内定を出したら、どれくらいの人が辞退する可能性があるのか把握したいために質問されます。他社にも就活している方は、正直に話すのがベスト。
内定通知後、他社の採用結果を待ってもらえる場合もあります。 

【逆質問はありますか?】

逆質問は、入社に対しての意欲が問われる場面です。「特にありません」と答えると熱意がないと判断されやすいので、逆質問は必ず2~3個用意しておきましょう。
おすすめの質問例は「御社で一番大切と考えていることは何か」「御社の一番の魅力とは?」「今後の経営ビジョンは何か」など。その企業の魅力を知ることができるでしょう。 


ハタラクティブでは、最終面接対策などもしっかりサポート。

第二新卒の就職・転職活動だけでなく、高卒や既卒の強みを活かした就活アドバイスなども行っています。どんな業界の募集求人があるのか?など、お気軽にお問い合わせください。

関連キーワード

職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、多くの方が就職に成功されています。

おすすめ記事

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ページトップへ