面接で就職のきっかけを聞かれたら?興味をもった理由の回答例も紹介

面接で就職のきっかけを聞かれたら?興味をもった理由の回答例も紹介の画像

【このページのまとめ】

  • ・面接では「就職しようと思ったきっかけ」や「当社を知ったきっかけ」を聞かれる
  • ・就職のきっかけは、将来の安定性やライフスタイルの変化など
  • ・会社を知ったきっかけは、商品の利用や就職活動中の求人広告など
  • ・「当社を知ったきっかけ」を聞く目的は、価値観や理解度の確認
  • ・「当社を選んだきっかけ」の回答を考える際は、まずは自己分析を行うことが必要

面接で「就活を始めたきっかけは?」「当社を知ったきっかけは?」と聞かれて、うまく回答できなかった経験がある人も多いのではないでしょうか。これらの質問は志望動機とは異なり、この会社に就職しようと思った理由を聞かれています。質問に答えるには、自己分析をしっかり行い、就職することへの意識を高めたり、応募先企業への理解を深めたりすることが大切です。回答の例文も紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

就職をしようと思ったきっかけは?

面接では、就職をしようと思ったきかっけを聞かれることがあります。「きっかけ」は、志望動機や自己PRとは異なるため、素直に理由を伝えれば問題ありません。働く意欲や価値観を伝えられるようにしましょう。質問の意図や回答例については、「「なぜ働くのか」と面接官が質問する意味は?」も参考にしてください。

フリーターから就職しようと思ったきっかけ

フリーターの方が正社員を目指して就職活動を行う際は、「今就職しようと思ったきっかけは?」と問われるでしょう。より安定した将来を求めて、正社員を目指すフリーターは多いようです。やりたいことが見つかった場合や、結婚や妊娠といったライフステージの変化をきっかけに就職を意識することもあるでしょう。中には、フリーター仲間の就職が決まったことに刺激を受けて就職を決意する人もいます。

進学しないで就職しようと思ったきっかけ

中卒や高卒で就職を選ぶ方の場合、「進学せずに就職しようと思ったきっかけ」を聞かれるでしょう。家庭の経済的な事情で進学が難しい、働きたいという方もいれば、進学する理由が見いだせない人もいます。また、学業よりも働くほうが性に合っているから就職を選んだ人もいるでしょう。「成長したい」「スキルアップしたい」といったきっかけは、「進学してもできるのでは?」と追求される可能性もあります。なぜ働きたいと思ったのか、しっかりと自己分析を行いましょう。

面接で就職のきっかけを聞かれたとき

就職のきっかけを聞かれた場合の回答例を紹介します。下記以外に、大学新卒や転職の場合でも、きっかけを問われる可能性はあるでしょう。自分なりの回答を考える参考にしてください。

フリーターから就職する場合の例文

私が人事部で働きたいと思ったきっかけは、アルバイトでスタッフの管理や教育を担当し始めたことです。
大学卒業前に就職活動をしましたが、自分がやりたい仕事が分からず、就職先を決められないまま卒業してしまい、以後フリーターとしてアルバイトに取り組んできました。在学時から6年間、近所のファミリーレストランでホールをしています。4年目からはアルバイトスタッフのシフト管理や新人教育も担当しています。それまで、アルバイトは日々の生活費を稼ぐ手段としか考えていなかったのですが、ほかのスタッフの教育や管理をやるようになって、仕事にやりがいを感じるようになりました。この経験で、初めて自分のやりたいことが「人のサポートをすること」であると感じました。

高卒から就職する場合の例文

私が大学進学ではなく就職を選んだきっかけは、両親が営業するお店を子どものころから手伝っていたことです。
地元に大型ショッピングモールができた影響もあり、両親は営んでいた雑貨店を畳んでしまいました。しかし、同じような状況でも経営を続けている中小企業はたくさんいると思います。少しでも早く、そのような中小のお店や会社の支えになりたいと思い、地元の銀行で働きたいと思ったため、進学ではなく就職を選びました。

面接で「当社に興味を持ったきっかけは?」と聞かれたら

面接では、「当社を知ったきっかけ」を聞かれることもあります。その際は、実際に知ったきっかけを伝えれば良いでしょう。しかし、その回答の中には、あなた自身のその会社で働きたいという熱意や、その会社でなければならない理由もプラスして話すことが必要です。
給料が良い、福利厚生が良いと聞いたからなど、仕事内容ではなく待遇面を出すのは避けましょう。採用担当者が好感を持ってくれるような回答を考えることが大切です。

「当社を選んだきっかけ」と「志望動機」は別物

「選んだきっかけ」と志望動機は似ているように思われやすいですが、聞いている側の意図も回答も異なるものです。
志望動機は、入社後にやりたい仕事や、キャリアプランなどの将来像を含めたものが良いでしょう。現在自分が持っているスキルや経験と、将来それが活かせる会社がここであるという構成にすると、説得力があります。
一方、「会社を選んだきっかけ」では、自分の価値観や考え方をもとに、どうしてその会社に興味を持ったのかを述べましょう。両者を区別するポイントは、時間軸です。「きっかけ」では、過去に就職したいと感じたエピソードを述べましょう。志望動機では、過去を踏まえて現在や将来どうして行きたいかを述べると、差別化できます。
志望動機を詳しく理解したい方は、「志望動機はなぜ聞くの?会社側の意図と書き方を知ろう」を参照ください。

「当社を選んだきっかけ」を聞かれる4つのワケ

就職面接で「当社を選んだきっかけ」を聞かれる理由は、あなたがその会社で働く人達と同じ価値観を持ち、熱意がある魅力的な人材かどうかを確認するためです。回答するためには、企業研究が必須でしょう。

1.志望者の価値観を知るため

どれほど優秀で魅力的な人材でも、価値観や会社の社風と合わないような人は、就職しても入社後にすぐに退職してしまう可能性があります。数多くの企業の中から、その会社の選考を受けるにいたったきっかけを聞くことで、志望者と会社側の価値観が合っているかどうかを確認しているのです。

2.就職先への理解度をはかるため

「当社を選んだきっかけ」を聞くことで、志望者がどれだけその会社について理解しているかを確認している場合もあります。
そのため、その業種や企業研究をしっかり行うことが重要です。その会社についてよく知っている志望者の場合は、会社への理解や入社への熱意があると見なされ、好印象を与える可能性が高くなるでしょう。

3.志望の熱意を確かめるため

「当社を選んだきっかけ」を聞くことで、その会社に入社したい気持ちが本当かどうかを確認したいという意図もあるでしょう。何件も選考を並行して行う就職活動では、志望度が高くない会社を受けることも少なくありません。
採用担当者は、その会社への熱意が本当なのかどうかを、志望動機とは別の質問で見極めようとしているのです。熱意がある人ならば、入社後も目的を持って仕事に取り組んでくれると見なされます。

4.今後の採用活動の参考にするため

「当社を選んだきっかけ」の質問をする意図として、どうしてこの会社を知ったのかを採用担当者側がただ知りたいという可能性もあります。
就職活動の時期には、採用する会社側もインターネットや学校求人などの媒体を利用して選考を受ける人を集めるのが一般的です。そのため、どの媒体でこの会社を知ったのかを聞くことで、今後の採用活動の参考にしようと考えているのでしょう。

「当社を選んだきっかけ」を考え出す3つのポイント

面接で「当社を選んだきっかけ」を尋ねられたときに、すぐに自信を持って答えられるようにするためにも、事前に回答を考えておくと良いでしょう。この会社に就職したいという意思が伝わる内容を考えてください。

1.自己分析をして自分の望む条件や価値観を探す

先述のとおり、「当社を選んだきっかけ」のの質問をする意図は、価値観の確認です。そのため、あなた自身が社会人として就職するうえで大切にしたい価値観をはっきりさせておく必要があるでしょう。
すぐに答えが出ない場合は、自己分析をもう一度見直すことをおすすめします。自己分析を再確認することで、今後自分がどうしたいのか、どのような会社で働きたいのかを、再度考え直せるでしょう。これまでの自己分析に自信がない方は、「自己分析とは?就活や転職活動での必要性を解説!方法やメリットもご紹介」を参考に、改めて自己分析に取り組んでみてください。

2.自分の望む条件や価値観と会社の接点を探す

「当社を選んだきっかけ」に答えるには、自分の価値観と会社の価値観が合うことをアピールするのが効果的です。
自己分析をすると、自分の価値観や希望する働き方、就職先に求めることなどが見えてきます。次は、自分自身が働くうえで大切にしたいことや条件と、会社側の価値観や社風との間に接点がないか、探してみましょう。
接点を見つけ出せたら、その会社で今後どのように働きたいかもおのずと見え、熱意ある回答をつくれるはずです。

3.その会社でなければならない理由を探す

会社側としては、自社を第一志望に考えている人を採用したいと考えているでしょう。そのため、「当社を選んだきっかけ」という質問の回答から、この会社でなければならない理由が伝わると、とても好印象になります。
なぜこの会社に就職したいのか、ほかの会社との違いや、自分にとっての魅力などについても考えると良いでしょう。

「当社を選んだきっかけ」の回答例

「当社を選んだきっかけ」を問われた際の回答例を紹介します。面接ではいつもと違う雰囲気にのまれ、上手に話せなくなってしまう場合もあるでしょう。そのため、事前に話す内容を考えておくことをおすすめします。回答例を参考に、自分の言葉で分かりやすく伝えることが大切です。
人が話す文字数は、1分間でおよそ300字といわれています。また、エントリーシートや就職サイトの応募フォームに記載する場合は、文字数制限が設けられている場合もあるでしょう。例文には文字数も掲載しているので、分量の目安にしてください。

PREP法で分かりやすく
文章構成法であるPREP法を使うと、簡潔で聞いている人が納得してくれるような文章をつくれます。PREP法とは、結論(Point)、理由(Reason)、例(Example)、結論(Point)の頭文字を並べたものです。この順序を意識して文章を組み立てると、説得力のある文章になります。
「選んだきっかけ」への回答でも、まずは結論(P)そしてその理由(R)を述べましょう。次に、具体例(E)でその会社に興味を持った際のエピソードを交え、最後にもう一度結論(P)を述べると、理由と結論がはっきりと伝わるため、効果的です。

1.製品を愛用している場合

私が御社を知ったきっかけは、母に御社のスキンケア商品をすすめられたことです。もともと敏感肌の私は、にきびや肌荒れによく悩まされていました。高校生になったとき、母から御社の化粧水をすすめられ使ってみると肌に馴染み、敏感肌の私の肌にも相性がとても良いように感じました。そこから御社の商品のファンになり、今でも愛用しています。
御社は、ブランドイメージを守るために大々的な宣伝活動を行っていないと伺いました。過去の私も、母にすすめられるまでは御社のことを存じ上げず、もっと早く出会いたかったと思っております。御社に入社し御社のスキンケア商品を、私のような敏感肌の人で悩んでいる人に届けたいと思い志望しました。(300字)

2.個人的な思い入れがある場合

私が御社を知ったきっかけは、私自身が生徒として、御社が経営する語学学校に通っていたことです。初めて通う語学学校で戸惑うこともありましたが、スタッフさんや先生方はいつも優しく、私の学習をサポートしてくれました。
私は、御社の語学学校で英語を学んだおかげで、大学生のときには念願だった語学留学を果たすこともできました。そして私も、私と同じように夢を持ち語学を学びにくる人たちをサポートしたいと考えています。(200字)

3.CMなどで知った場合

御社を知ったきっかけは、テレビCMでした。旅行好きな家族のもとで育った私は、旅行によって家族の思い出を増やすのに役立つ仕事をしたいと考えていました。そんな中、毎年ゴールデンウィークや夏休み、冬休みの旅行シーズンになると放送されている、御社のテレビCMシリーズを拝見しました。CMでは、旅先で家族との思い出が増えていく様子が描かれており、まさに私が思い描いている理想像だと思いました。CMをきっかけに御社の旅行代理店を利用した際も、さまざまなプランを提案していただき、旅行の準備段階からとてもワクワクした気持ちになれたことは印象に残っています。
その後、御社のWebサイトやパンフレットを拝見し、御社が利益よりもお客さまに思い出を作ってもらうこと、特別な時間を過ごしてもらうことに力を入れている考え方に共感しました。私も御社の一員として、お客さまが旅先で特別な時間をつくるお手伝いをしたいと考えています。(400字)

4.知り合いの紹介で知った場合

御社を知ったきっかけは、大学のサークルの先輩から、御社の就活セミナーに参加した話を聞いたことでした。先輩から、「世界中で活躍できる会社である」との話を聞き、御社にとても興味を持ちました。
それをきっかけに、御社の企業説明会にも参加させて頂きました。グローバル展開への考え方や完全実力主義の社風が、長年サッカーで世界と戦うことを目指してきた自分と重なると感じ、御社で働いてみたいと考えるようになりました。(200字)

5.授業や教材などで知った場合

私が御社のことを知ったきっかけは、大学の講義でした。経営学の講義の中で御社の事業について教授から説明があり、経営の仕方にとても興味を持ちました。
御社の顧客とのコミュニケーションや、商品の販売方法を知り、感銘を受けました。私も御社で働き、御社独自の経験スタンスを体感してみたいという気持ちになりました。(150字)

6.就職活動で知った場合

私は、就職活動中の企業研究で御社のことを知りました。もともと、生活を支える食品を扱う業種にとても興味があり、食品関連の会社で働いてみたいと考えていました。
中でも、御社は「安心安全な食品を人々に提供する」という考え方を大切にしている点に共感しました。目に見えない安全を売ることは難しいですが、食育活動や産地の支援など、食品業界をトータルに扱っている事業展開は、魅力的でした。自分も尽力していきたいです。(200字)

なにかのきっかけで正社員として就職したいと考えている方は、ハタラクティブにご相談ください。ハタラクティブは、フリーターや第二新卒といった若年層に特化した就職支援を行ってる就職支援サービスです。担当の就活アドバイザーが、応募書類の書き方から面接のコツまで詳しくサポートします。書類の書き方や面接が不安な方も安心して就活を進められるでしょう。まずはお気軽にご相談ください。

就職面接できっかけを聞かれるの?就活初心者お悩みQ&A

初めての就活では、「面接で何を聞かれるのだろう?」「就職を目指したきっかけを聞かれたらどう答えよう?」と悩む人も多いでしょう。ここでは、就活初心者に向けて、面接に関してよくあるお悩みをQ&A方式で回答していきます。

面接では何に気をつければ良いですか?

身だしなみや話し方など基本的な振る舞いに気をつけましょう。面接前には、スーツにシワがないか、髪型に乱れがないかをチェック。面接中ははきはきと明るく話し、敬語の使い方に気をつけてください。猫背だと自信のない印象になるので、姿勢を正すのも忘れずに。
面接のマナーは、「面接でのマナー!減点を避けるための基本ポイント」で確認できます。

「会社を知ったきっかけ」と「志望動機」の違いは?

会社を知ったきっかけは、過去にどのような経緯で応募先企業を知ったのか、事実を伝えましょう。一方、志望動機では自分の経験や会社の特徴を踏まえて、将来どのように働いていきたいかを述べるのがポイントです。このコラムの「「当社を選んだきっかけ」と「志望動機」は別物」もご覧ください。

面接ではどんなことを聞かれますか?

志望動機や自己PRを求められます。フリーターの場合、「なぜフリーターをしていたのか」「正社員になろうと思ったきっかけ」も聞かれるでしょう。今までにどんなアルバイトを経験し、そこから何を学んだのかを問われることも。
面接のよくある質問は、「面接で聞かれる質問にはこう答える!就職に役立つ回答例」で紹介しています。

「就職のきっかけ」や「応募のきっかけ」にはどう答えれば良い?

「就職しようと思ったきっかけ」は、家庭の事情や、得意なことを極めたいなど、自分の価値観の変化が主でしょう。一方、応募のきっかけでは、その会社にどのような魅力を感じたのかがポイントです。応募のきっかけに対する答え方は、このコラムの「「当社を選んだきっかけ」の回答例」も一読ください。

どうやって面接準備をすれば良いですか?

よくある質問の回答をあらかじめ考え、回答できるようにしましょう。面接で緊張する人は、家族や友人に面接官役を頼み、模擬面接をするのがおすすめ。就職エージェントで選考対策をしてもらうのも手です。
​​​​​​​就職支援のハタラクティブでは、企業ごとの選考対策を実施しています。

▼ ご相談はこちらから ▼

登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

みんなの就職エピソード

  • 「高卒が一番のネック」厳しいと思っていた希望職種の内定を得るまで
    「高卒が一番のネック」厳しいと思っていた希望職種の内定を得るまで

    就職前

    ラーメン屋(アルバイト)

    就職後

    エステティシャン

    詳細見る
  • 大学院進学と就職を迷う日々…就職する決断ができた理由とは
    大学院進学と就職を迷う日々…就職する決断ができた理由とは

    就職前

    スポーツインストラクター、介護職(アルバイト)

    就職後

    営業職

    詳細見る
  • ダンスとバイト漬けの生活。気づいたら同い年の人たちがみんな働いていた
    ダンスとバイト漬けの生活。気づいたら同い年の人たちがみんな働いていた

    就職前

    飲食店(アルバイト)

    就職後

    ヘルスコーディネーター

    詳細見る
  • エンジニアとして就職!社会人未経験から内定までの道のりとは
    エンジニアとして就職!社会人未経験から内定までの道のりとは

    就職前

    飲食店 アルバイト

    就職後

    ネットワークエンジニア

    詳細見る
  • 警備アルバイトからエンジニアに就職。留年、内定辞退から就職を成功させた方法とは?
    警備アルバイトからエンジニアに就職。留年、内定辞退から就職を成功させた方法とは?

    就職前

    警備・イベント運営(アルバイト)

    就職後

    エンジニア

    詳細見る
  • “人と話すことが楽しい”。自分らしさを発揮できる清掃スタッフに
    “人と話すことが楽しい”。自分らしさを発揮できる清掃スタッフに

    就職前

    音楽教室スタッフ(アルバイト)

    就職後

    大手フランチャイズ企業の加盟店清掃職

    詳細見る
  • コンビニバイトの経験を活かし、カメラの道から保険会社営業に
    コンビニバイトの経験を活かし、カメラの道から保険会社営業に

    就職前

    大手コンビニエンスストア 店員(派遣社員)

    就職後

    大手保険会社 フォロー営業

    詳細見る
  • 大学院を中退。 新卒の就活失敗を乗り越え、念願の『製造系エンジニア』に
    大学院を中退。 新卒の就活失敗を乗り越え、念願の『製造系エンジニア』に

    就職前

    理系大学院生(中退)

    就職後

    製造系エンジニア

    詳細見る
  • 「やりたい仕事」が分からなかった僕が選んだのは、ITエンジニアの道
    「やりたい仕事」が分からなかった僕が選んだのは、ITエンジニアの道

    就職前

    販売(アルバイト)

    就職後

    ネットワークエンジニア

    詳細見る
  • 短大卒の22歳が手に入れた“憧れ”の「教育業界 事務」の仕事
    短大卒の22歳が手に入れた“憧れ”の「教育業界 事務」の仕事

    就職前

    支庁で事務補助(臨時職員)

    就職後

    学習塾チェーンの事務職(※紹介予定派遣)

    詳細見る

フリーターから正社員へ 体験談 一覧

関連記事

ハタラクティブ 人気の記事一覧

  • arrow
  • youtubeIcn

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

特集

COLLECTION