新型コロナウイルス感染防止のため、一時的に
全支店のカウンセリングを一律「オンライン面談」にて実施いたします。
また一部企業との面接もオンラインにて可能です。

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. フリーターから就職しようと思ったきっかけ

フリーターから就職しようと思ったきっかけ

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・フリーターが就職する大きなきっかけは、将来への不安
  • ・安定した生活を送りたいという希望も、フリーターが就職を考えるきっかけになる
  • ・フリーター仲間の就職をきっかけに正社員を目指すパターンもある
  • ・アルバイトの仕事を極めるために正社員になるフリーターもいる
  • ・結婚や妊娠をきっかけに就職するフリーターも多い

正社員になるか迷っている方に向けて、フリーターが就職を決意するきっかけをまとめました。フリーターは雇用の不安定さから、将来に不安を感じて正社員を目指すことが多いようです。ほかにも、フリーター仲間の就職をきっかけに正社員を目指すパターンもあります。
フリーターを続けるリスクも解説するので、正社員になるか決断できないという方はぜひ内容をご覧ください。

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

オンライン面談実施中!【無料】就職相談はこちら

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです

ご相談はこちらから

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

将来への不安

フリーターはアルバイトで生計を立てているため、正社員として働いている人と比べて時間の融通が利きやすいのが特徴です。そのため、他に自分のやりたいことがあるから、資格の勉強などのために学校に通っているから、といった理由でフリーターとして働くことを選ぶ方も少なくありません。しかしながらフリーターとして働いていて、自分の将来に不安を感じることは多々あるでしょう。働いている勤務先の業績が悪くなったなどの事態が起こったときに、その影響を最も早く受けるのはフリーターだというのが現実です。

安定した生活を送りたい

フリーターの中には社会保険や雇用保険といった保険に加入していない、厚生年金も支払っていない方も多く、これでは万が一失業してしまったときの補償面に不安が残ります。また、老後の生活も保障されていません。正社員として働くことにより、条件を満たせば会社が社会保険などの各種手続きや一部保険料の負担をしてくれますし、雇用もある程度守られるので生活や将来に関する不安が軽減されます。フリーターの場合、働いた分だけ時給や日給で給与をもらっていますが、もしも病気やケガ、都合などにより仕事ができなければ給与はもらえません。正社員になれば病気や介護、出産などの理由で休む際は休業制度が使えますし、有給休暇も取得できます。

フリーター仲間の就職

今まで自分と同じようにフリーターとして働いていた友人や知り合いが就職を決めたとしたら、少なからず焦る気持ちが出てくる人もいるでしょう。年齢が近いなど自分と境遇が似ている人が、同じようにフリーターをしていると何となく安心感が得られるのです。しかし同じ境遇だった人が就職を決めて、そして忙しいなりにも充実した毎日を送っているのを見ると、自分もこのままではいけないと思い就職することを考えるようになる人もいます。

今の仕事を極めたい

フリーターの人の中には、今自分が働いている場所で就職したいと思っている人もいることでしょう。はじめはなんとなくで働き始めた場所でも、仕事をしていくにつれ、「自分にあっているかも!」と思うこともあります。また、「もっとこの仕事を知りたい!」と思うことも。フリーターのままだと、上司から任される仕事にも限りがあります。フリーターから社員登用制度を利用して正社員になる人もいるので、自分が働いている仕事先に社員へ昇格できる制度がある方は、利用してみてはいかがでしょうか。もし昇格できる制度がない場合は、同じ職種で制度が整っている別の場所へ転職するというのもひとつの手段です。

結婚、妊娠がきっかけにフリーターから正社員に

結婚を視野に入れて就職しようと決意するケースも意外と多くあります。やはり世帯を持つと、住居費や食費、ゆくゆくは養育費など、生活に必要な出費が増えていきます。できるだけ、安定した収入と勤務環境を手に入れておきたいですよね。人生の大きなイベントである結婚や妊娠に備え、今から就職の準備をしておくのもいいでしょう。

フリーターから就職しようか迷っている…そんな悩みに答えるQ&A

就職するべきか悩むフリーターに向けて、正社員就職について考えるQ&Aをまとめました。

 

ずっとフリーターでも大丈夫ですか?

将来を考えると、フリーターを続けるのは危険です。なぜなら、フリーターの置かれる状況は年をとるにつれて厳しくなるから。年々応募できる求人が減り、体力的に今までと同じ時間働けなくなる可能性があります。実家で生活している人は、親に何かあると生活が成り立たなくなるでしょう。
フリーターのデメリットは、「フリーターを続けることで生じる問題点」でご確認ください。

フリーターと正社員は何が違いますか?

収入面で大きな違いがあります。正社員はフリーターより給与水準が高く、企業によってはボーナスや退職金があるでしょう。加えて、正社員は大幅な昇給も期待できます。また、住宅手当や家族手当などの福利厚生も、アルバイトと比べて手厚いのが特徴です。
フリーターと正社員の驚くべき差!今から就職するには?」では、フリーターと正社員の詳しい違いを解説しています。

面接では何に気をつければ良いですか?

身だしなみや話し方といった基本的な振る舞いに気をつけましょう。面接前には、スーツにシワがないか、髪型に乱れがないかをチェック。面接中ははきはきと明るく話し、敬語の使い方に気をつけてください。猫背だと自信のない印象になるので、姿勢を正すのも忘れずに。
面接のマナーは、「面接でのマナー!減点を避けるための基本ポイント」で確認できます。

面接ではどんなことを聞かれますか?

志望動機や自己PRを求められます。フリーターの場合、「なぜフリーターをしていたのか」「なぜ正社員になろうと思ったのか」も聞かれやすい質問です。今までにどんなアルバイトを経験し、そこから何を学んだのかを問われることもあるでしょう。
面接のよくある質問は、「面接で聞かれる質問にはこう答える!就職に役立つ例文集」で紹介しています。

どうやって面接準備をすれば良いですか?

よくある質問の回答をあらかじめ考え、回答できるようにしましょう。面接で緊張する人は、家族や友人に面接官役を頼み、模擬面接をするのがおすすめ。頼める人がいないなら、就職エージェントで選考対策をしてもらいましょう。
フリーターの就職を支援するハタラクティブでは、企業ごとの選考対策を実施しています。

フリーターから正社員への転職を目指すなら、就職支援サービスのハタラクティブがおすすめです。ハタラクティブではフリーターや第二新卒といった若年層に特化したの就職支援を行っています。担当の就活アドバイザーが、応募書類の書き方から面接のコツまで詳しくサポート。まずはお気軽にご相談ください。

logo

では

プロの就活アドバイザーがあなたを
マンツーマンでサポートします

フリーター専門エージェント認知度No.1

カウンセリング実績11万人以上

内定率80.4%

logo

では

プロの就活アドバイザーがあなたを
マンツーマンでサポートします

フリーター専門エージェント認知度No.1

カウンセリング実績11万人以上

内定率80.4%

▼ ご相談はこちらから ▼

では

  • 最短2週間で内定!

    ハタラクティブご利用者はカウンセリングから
    平均2~3週間以内で内定を獲得

    ▼ ご相談はこちらから ▼

    登録はこちらから

    これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

    • はい

    • いいえ

    おすすめ記事

    RECOMMEND

    ハタラクティブ 人気の記事一覧

    適職診断
    twitter
    • arrow
    • youtubeIcn

    © 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

    floatingEF__appeal

    簡単30秒!登録はこちらから

    これまでに就職したことはありますか?

    floatingEF_img-pc
    floatingEF_img
    ページトップへ
    floatingEF__appeal

    簡単30秒!登録はこちらから

    これまでに就職したことはありますか?

    floatingEF_img-pc
    floatingEF_img
    ページトップへ