転職のきっかけと決断するタイミングとは

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 転職のきっかけと決断するタイミングとは

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・転職を考えたきっかけは、労働条件の悪さ、人間関係のトラブル、キャリアアップできない環境などが多い
    ・転職するのに迷ったら、まずは仕事に対する喜びがあるかを考えてみよう
    ・ノルマや課題が負担になっている時も転職を検討するタイミングかも
    ・転職活動を始めるのは、現職を続ける時は離職期間が短く、経済面で安心できる、社宅や寮の場合、引っ越しが楽というメリットがある
    ・デメリットとして、転職準備の時間が取りづらいことが考えられる
    ・退職後に転職をするメリットは、時間をかけて転職準備ができる、しっかり自分を見つめ直せる、資格取得に集中できること
    ・一方で、ブランク次第では、転職活動がさらに長引いてしまう可能性も
    ・転職活動をするならスケジュール調整の代行をしているハタラクティブを利用しよう

転職を考え始めた方の中には、転職活動を開始する時期や現職を離れるタイミングなどについて悩む方も多いでしょう。
転職活動を成功させるためにも、自分にとって最良のタイミングを見計らいながら、転職活動を進めていきたいところです。

今回は、転職を決断するきっかけとタイミングについてお話していきます。 

◆転職を考えるきっかけは?

転職のきっかけは、人によってさまざま。

中でも代表的なものをあげると「給料や労働時間などの待遇」、「職場の人間関係」、「キャリアアップ」などがあります。

給料や労働時間などの待遇は、働く上でのモチベーションに影響を与えることもあるでしょう。 
仕事量に合わない給料体系の問題や、労働時間が過度に多いと、転職を考える方も多いようです。


続いて、転職を考えるきっかけとして多いのが職場の人間関係の問題です。 
仕事内容や待遇に満足している場合であっても、職場の人間関係が良好でないと自分の能力を発揮しきれないということもあり、新たな環境で仕事を始めたいと考える方もいます。

続いて、転職を考えるきっかけとして多いのが将来の自分の仕事環境を考え、キャリアアップを図りたいというものです。 
現在の職場で仕事を続けていくことが、自分のキャリアに良い影響を与えるのか否かを考えた末、転職を決断する方もいるようです。


◆仕事を続けるか転職をするかの分かれ道

転職を考える方の中には、「このまま今の仕事を続けるか、転職をするか迷う」という方も少なくありません。
現職を続けるか否かを迷った際には、「仕事をすることに喜びを感じるかどうか」を考えることも1つの方法です。

職場の人間関係がうまくいかない場合や、仕事がきついと感じていても、働く上で少しでも「やりがい」を感じる瞬間がある場合は、仕事を続けてみるのも良いでしょう。

しかし、仕事をしていてもまったくやりがいを感じなくなってしまったり、仕事を通して成長する自分の姿を思い描けなくなってしまったりした場合は、転職を考えるきっかけかも知れません。

また、自分が望んで飛び込んだ業界であっても、会社から与えられたノルマや基準をクリアできなければ、モチベーションが低下しやすいことも事実です。

入社してから数年経っても与えられた基準やノルマをクリアできない場合は、転職を検討するタイミングであるといえます。

転職をきっかけに、自分に合った仕事を選び、新しい業種で活躍することも選択肢の1つとして考えてみてはいかがでしょうか。


◆転職活動を始めるタイミングは?

転職することを決断しても、いつから転職活動を始めれば良いのか迷うという方もいます。

特に、現職を続けながら転職活動を進めるのか、会社を退職した後に転職活動を開始するのかは、多くの方が悩むポイント。


現職を続けながら転職活動を進める場合、離職期間が短く経済的な負担が少ないことや、社宅や寮に住む方の場合、計画的に引っ越しの手続きをしやすいというメリットがあります。

 

一方で、転職するために必要な情報収集や準備にという十分な時間を取りづらいデメリットもあります。 

現職を辞めてから転職活動を進める場合のメリットは、じっくりと時間をかけて転職準備を行えることや自分を見つめなおす時間を取りやすいことなどがあげられます。
転職希望先で有利に働く資格の取得や技術習得などに時間を取ることができるため、プログラマーやエンジニアなど技術職、働く上で資格の取得が必要な職種へ転職される方の中には、先に離職してから準備を始める方も。 

しかし、離職してから転職活動がうまく進まない場合は、ブランクがあいてしまうこともあり、転職が不利になるケースも考えられます。
この場合は、金銭面での負担が大きくなりやすいというリスクもあるため、転職までの計画をしっかりと考えておくことが重要です。 

 

 

◆正社員を続けながらの転職活動はハタラクティブの活用がおすすめ

転職について不安がある方は、転職エージェントに相談することも1つの方法です。

 

特に、正社員として働き続けながら転職活動をする場合は、現職の仕事との兼ね合いやスキル取得のための勉強などでスケジュール調整が大変だったという意見が多くあります。


ハタラクティブは、高卒、既卒、第二新卒などの若年層に向けた就職・転職支援をするサービスを提供している転職エージェント。

正社員の方も転職活動を負担に感じることがないよう、面接日などのスケジュール調整を就活アドバイザーが代行しています。

 

「退職するきっかけが、ネガティブな理由で志望動機を書くのに自信がない」という方もご相談ください。

志望動機の書き方・面接時のアピール方法以外にも、履歴書や職務経歴書の添削、個性や適性を活かした面接対策なども行っています。

 

求人のご紹介は、求職者の希望条件と、カウンセリングによって導き出した個人の特性・適性をもとにマッチング。

実績豊富な専任の就活アドバイザーが、あなたの転職活動をサポートしますので、ぜひお気軽にお問い合わせください。



関連キーワード

職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、多くの方が就職に成功されています。

おすすめ記事

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ハタラクティブとは

面接対策会

先輩インタビュー

お悩み相談室

フリーター就職のコツまるわかりガイド

生活のぷちコラム

お悩み相談室

フリーターの就職支援
サービス紹介

ページトップへ