フリーター期間にやるべきこととは?就職を叶えるための行動を解説

フリーター期間にやるべきこととは?就職を叶えるための行動を解説の画像

この記事のまとめ

  • フリーターがやるべきことには「社員登用を狙う」「選考対策を進める」などがある
  • フリーターの就職に役立つ資格には簿記検定やMOS、宅建などが挙げられる
  • 就職に向けてやるべきことには「学ぶ姿勢を身につける」「就活中心の生活」などがある
  • フリーターの仕事探しでやるべきことには求人倍率や給与額の表記のチェックなどがある

正社員就職に向けて、フリーター期間中にやるべきことは何か知りたいという方もいるでしょう。フリーター期間中には多くの企業で経験を積んだり、自由時間が比較的多いのを利用して資格の勉強や選考対策にじっくり取り組んだりと多くの過ごし方があります。本気で正社員になりたいと思う方はこのコラムを参考に就活を生活の主軸に置きつつ、自分はどんな過ごし方をするべきか真剣に考えてみてはいかがでしょうか。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

フリーターが就職を考えるべき4つのきっかけ

フリーター生活を続けている人が改めて就職を考えるきっかけになるのは、以下の4つの場合のようです。以下、それぞれ解説します。

1.今のアルバイトをなんとなく続けている

夢のためなど目的意識を持たず、なんとなく続けてしまっている場合は、就職を考えるべきでしょう。特にアルバイトをしている理由がないのであれば、非正規で働くことのデメリットが大きいからです。社会人経験のない人が正社員になるにはできるだけ年齢が若いほうが有利なので、できるだけ早く就活を始めたほうが良いでしょう。

2.スキルが身につかないアルバイトをしている

今のアルバイトを続けても特に何のスキルも身につかないのであれば、すぐに就活を始めるのが得策といえます。専門的なスキルが身につくアルバイトであれば、関連する業務で経験として評価される場合もあるでしょう。しかし、スキルが身につかなければ空白期間同様とみなされてしまうので、少しでも早いうちに就活を始めるべきでしょう。

3.就職活動に興味が湧かない

就職活動に興味が湧かないのでフリーターをやっているという人は、就職に関する考え方を見直したほうが良いでしょう。興味が湧かないのは、言い換えるといつでも就職できると思っているともいえます。しかし、就職は年齢を重ねるごとに難しくなっていくうえ、職歴としてみなされない空白期間が増えていくばかりです。今後の生活のためにも、就職活動に対する認識を今一度振り返ってみるのをおすすめします。

4.娯楽ばかりに時間を使っている

娯楽が楽しくて正社員にならずにいる人は、今後もそのような生活を続けられるのかどうかを考えてみましょう。年齢が若いうちは、生活費が足りなくなればアルバイトのシフトを増やして何とかなったという人も、年齢を重ねると思うように働けなくなったり採用されなかったりと職を得るのも厳しい状況になります。目の前の楽しみばかりに心を奪われずに今後の生活について真剣に考えれば、改めて就職を検討するようになるでしょう。

フリーターや既卒から正社員を目指す!就職するタイミングとは?」のコラムでは、フリーターの方が就職活動を始めるタイミングについてご紹介していますので、併せてご覧ください。

金銭的理由も正社員就職のきっかけになる
アルバイトは特別なスキルがなくても出来る仕事を任されます。そのため給与は低い傾向で、昇給やボーナスもないか、あっても少額なのが一般的。友人と収入の話になったり、将来の収入を考えたりしたときに、フリーターから正社員就職を考える方も多いのではないでしょうか。

フリーター期間中の5つのやるべきこと

正社員就職を目指す人がフリーター期間中にやるべきことには、その自由な時間を有意義に活用したり多くの企業で経験を積んだりすることが挙げられるでしょう。以下、5つのやるべきことをご紹介します。

1.アルバイトから正社員登用をねらう

まずは正社員登用のあるアルバイトを始めるのも一つの手。同じアルバイトという立場なら、正社員登用を前向きに検討しているところのほうが経験として見てくれるからです。また、その職場での勤務を通じて正社員になるための準備を進められるので、無駄がないといえるでしょう。正社員登用は狭き門であることが多いですが、やる気があればチャレンジしてみるのがおすすめです。

2.多くの企業で経験を積む

アルバイトという立場を活かして、多くの企業で働いてみるのも良いでしょう。多種多様な企業での経験を通じて自分の長所や短所、向いている仕事などが分かってくるからです。一つのアルバイトでしか働いたことがないよりは、求人を選ぶ際に視野を広く持てるでしょう。

3.就職に役立つ資格を取得する

時間に自由が利くフリーターという立場を活かし、資格取得を目指すのもおすすめです。
ビジネスマナーを学んだり、興味のある業界の専門資格に挑戦したりするのも良いでしょう。また、就活時までに取得できなくても「勉強中」であれば、正社員就職に前向きな印象を与えます。

4.選考対策を進める

フリーター期間中に、選考書類の作成や面接練習などの選考対策を進めるのも良いでしょう。就活を始めるといくつも企業を受けるので、一つひとつの選考対策に十分な時間を割くのが難しくなります。できるだけ共通する内容は事前に練り上げておくなど、じっくり選考対策に取り組むのをおすすめします。

5.自由な時間を有意義に活用する

自由な時間が比較的多いのはフリーターのメリットの一つなので、時間を自分の好きなことに費やすのも手。正社員になるとフルタイムで責任の重い仕事を任されるので、自分の好きなことをする時間がなくなる人も多いです。正社員になるまえに好きなことを思いっきりするのは、豊かな経験に繋がるでしょう。

フリーターの就職に役立つ8つの資格

フリーターが就職する際に持っていると評価を得やすい資格は、秘書検検定や簿記をはじめとする以下の8つです。以下、それぞれ見ていきましょう。

1.秘書技能検定

秘書技能検定は秘書として働くにあたって必要な知識を問うものですが、ビジネスマナーを効率的に学べるので人気の高い資格です。秘書技能検定には1級・準1級・2級・3級とあり、3級で職場内のコミュニケーションや電話対応といった基本的なビジネスマナーを学べます。まずは3級取得を目指してみると良いでしょう。

2.簿記検定

簿記検定は財務諸表の見方や基本的な経理管理の知識などが身につくため、入社後の業務に活かせる資格です。3級レベルだと取得する人も多いためそれ自体を就職に役立てることは難しいですが、基本的な知識があることをアピールできます。秘書技能検定のように社会人としての基礎があることを示すのに役立つでしょう。

3.TOEIC

TOEICは英語力を証明できる資格で、取得しておくと観光業など海外の人を相手にする仕事で評価されやすいです。TOEICで評価されるスコアは一般的に500点以上とされているため、まずは500点を超えることを狙ってみると良いでしょう。

4.MOS

MOSは「マイクロソフトオフィススペシャリスト」といい、マイクロソフト社のワードやエクセル、アクセスなどのソフトを使いこなせることを証明する資格です。これらのソフトは企業で使われることが多いため、資格を取得していると操作が問題なく行えるとして肯定的な評価を得られるといえるでしょう。

5.宅建

宅建は「宅地建物取引士」といい、不動産の売買や賃貸借契約を顧客と締結する際に必要な資格です。よって、不動産関連の求人を受けるのであれば取得すると高く評価される資格といえます。出題範囲が広く法律を学ぶ必要があるため勉強期間が必要ですが、独学でも取得できるのでおすすめです。

6.Webクリエイター能力認定試験

Webクリエイター能力認定試験とはWebサイト制作に必要な知識や技術を問う試験で、IT企業で評価されやすい資格です。HTMLといった言語に関する基礎知識や簡単なWebサイトを作成できる能力を計る試験なので、実践向きの資格といえます。WebデザイナーなどIT関連の求人に未経験から応募する場合には、取得しておくのがおすすめです。

7.ITパスポート

ITパスポートは、情報技術に関する基本的な知識があることを証明する資格です。幅広い分野から出題されるので、この資格の勉強をしておくとIT関連の仕事をする際に必要な基本知識を押さえられます。Webクリエイター能力認定試験と違って実践向きの資格ではないため直接業務に役立つわけではありませんが、未経験者がIT業界を目指すのであれば勉強しておくと良いでしょう。

8.Oracle認定Javaプログラマ

Oracle認定Javaプログラマとは、Oracle社が開発したJavaというプログラミング言語およびソフトウェアを使いこなせることを証明する資格です。Javaはプログラミングにおいて非常によく使われるので、取得しておくとIT企業で高く評価されるでしょう。独学で習得するのも可能なので、未経験からプログラマーになりたい人におすすめの資格です。

フリーターに役立つ資格について興味のある方は「フリーターにおすすめの資格を職種別に解説!取得時の注意点や勉強法も紹介」のコラムも併せて参考にしてみてください。

フリーターが就職しやすい5つの仕事

フリーターから就職しやすい主な仕事には、営業職など以下の5つが挙げられます。人手不足や特別なスキル・経験を問わない仕事が主。以下、それぞれ詳しく見ていきましょう。

1.営業職

営業職は幅広い業界で募集があるうえ、実力主義で学歴を問わない傾向があります。また、未経験者も積極的に採用しているのが特徴です。営業職に必要なスキルはコミュニケーション能力や分析力、プレゼン能力ですが、これらは働いているうちに身につけることも可能。給料に関しても歩合制を取っている場合が多いので学歴による差は比較的少なく、頑張りしだいで高収入を目指せるのがメリットといえるでしょう。

2.事務職

事務職は一般的に人気があるため狭き門ですが、未経験者の採用が多い仕事です。また、一般事務であれば学歴もさほど重視されない傾向にあります。「未経験者可」という求人でも経験者の応募が多いので、フリーターの応募ではできることを積極的にアピールする姿勢が問われるでしょう。先ほどご紹介した資格を取得し、実務に必要なスキルを持っているのを証明するのも一つの手です。

3.介護業界

介護業界は人手不足であり、未経験者も積極的に採用しているのが特徴。働きながら実務経験を積み、資格取得を目指すのが一般的です。介護業界は経験者のニーズが大きいので転職しやすいうえ、資格を取得してキャリアアップしながら長く働き続けられるのがメリットといえるでしょう。

4.建築業界

建築業界も人手不足から、未経験者の採用に積極的なようです。仕事を通じて実務経験を積み、施工管理の資格取得を目指すのが一般的でしょう。また、経験豊富な人材は重宝されるので、若いうちに働き始めて実務経験を積みながらキャリアアップしていくのがおすすめです。

5.IT業界

IT業界では業務量の多さから人材が足りず、未経験者を採用して自社で育成しようとする企業が多いのが特徴です。しかし、まったくITの知識がない状態では難しいため未経験であれば自分で事前にある程度の技術を独学で学んでおくのをおすすめします。先ほどご紹介したWebクリエイター能力認定試験やITパスポート、Oracle認定Javaプログラマなど自分の希望する仕事に合った資格を選んで勉強すると良いでしょう。

フリーターから就職しやすい業界については、「フリーターから活躍できる業種・職種一覧」のコラムが参考になるでしょう。

フリーターが就職するための4つの心構え

フリーターが就職するためには、以下の4つの心構えが必要です。以下、それぞれ詳しく解説します。

1.自分のやりたいことやできることを見つける

まず、自分が本当にやりたいことは何かを考えてみましょう。自己分析をして好きなことや得意なことを見つけ、そこから考えるのがおすすめです。やりたいことが分からないままフリーターを続けている人は応募する求人を決める前に、自分がしたい仕事を探してみてください。

2.学ぶ姿勢を身につける

フリーターの人は与えられた仕事を漫然とこなすだけでなく、普段の業務でも自分から学ぼうとする意識を持ちましょう。業務で分からないことやできないことに関しては、人に聞くだけでなく他人の業務を観察したり自分で調べたりと自発的に動くのが大切です。普段から仕事の質を上げるにはどうしたら良いのか考えることで、自然と学ぶ姿勢が身につくでしょう。

3.就活を生活の主軸に置く

フリーターの人が正社員になりたいと思うのであれば、生活のなかで就活を主軸に置きましょう。これまで真剣に取り組まなかった人は、自分のなかで就活の優先順位を第一にする考え方が必要です。とにかく正社員になるというのを目標に、企業の面接スケジュールの調整や選考対策にできるだけ時間を割いてください。

4.フリーター期間について前向きな説明を考える

フリーター期間については必ず聞かれるので、採用担当者に前向きな印象を与えるような回答を考えておくのが大事です。なんとなくフリーターをしてきたなど、空白期間について前向きに説明できない人もいるでしょうが、採用担当者が知りたいのは「正社員として働く覚悟があるか」です。今までの経験を踏まえてどう考えるようになったのか、これからどうしたいのかを説明すれば、前向きな印象を与えられるでしょう。

フリーターが仕事を探す際の4つの注意点

フリーターの人が仕事を探す際の注意点は、以下の4つです。求人を見るときには、内容や印象を鵜呑みにしないことが大切といえるでしょう。以下、4つの注意点について解説します。

1.企業のWebサイトや口コミをチェックする

求人だけでなく、その企業のWebサイトや口コミは必ずチェックしましょう。口コミでは「求人と書いてあることが違う」「職場の雰囲気が悪い」など求人からは見えない情報を得られるからです。また、どんな企業なのかを知るには求人だけでは情報が足りないので、企業のWebサイトは必ず見てください。求人に書かれた業務内容の理解や、企業研究に役立ちます。

2.給与額の表記をよく見る

求人の給与額をチェックする際には、表記をよく見ましょう。求人に書かれた給与額には、多く見えるような書き方をしているものも少なくありません。求人では給与が多い印象だったのに、入社したら実態は違ったということも。書かれている給与額の内訳や単位に気をつけ、実際にいくらもらえそうかを正確に把握するようにしてください。

3.雇用条件や待遇をよく検討する

雇用条件や待遇は、本当に自分が納得いきそうかどうかをよく考えましょう。よく考えずに決めた人のなかには、早く仕事を決めたいという気持ちから雇用条件や待遇に目をつぶってしまい、実際働き始めてからそれらが大きな負担になったという例も。自分がずっと働き続けることを考えて、くれぐれも慎重に判断してください。

4.疑問があったら企業に質問する

求人を見ていて疑問点があれば、企業に質問するのがおすすめ。よく分からないまま応募すると、選考が進んでから自分の希望と違うのに気づいたということもあるからです。求人を見た時点で分からないことがあれば選考前に企業に連絡するようにしておくと、勘違いや時間の無駄がなくなります。

フリーターが仕事を見つける際の4つの探し方

フリーターが求人を探す際には、希望条件から探したり求人倍率から検討したりといくつかの方法があります。以下、それぞれ見ていきましょう。

希望条件から探す

実際に働くうえで譲れない条件から探すのも一つの手です。勤務地や給与、業務内容など人によってこだわるポイントは違うので、自分にとって大事な条件をあらかじめいくつか挙げておきましょう。ただし、あまりこだわりすぎると求人が見つかりにくくなるので、どうしても譲れない条件以外はある程度譲歩するのをおすすめします。

自分の長所から探す

自分にできることや得意なことから探すと、自分に合った仕事が見つかりやすいといえるでしょう。また、得意なことであれば仕事が苦痛になりにくいので続けやすいのも特徴です。

「未経験歓迎」などの求人から探す

「未経験歓迎」「フリーター積極採用」など、門戸が広いことをアピールしている求人から探すのも良い方法です。経験者と比べたときのハンデが少ないので、比較的採用されやすいといえるでしょう。ただし、「正社員として働く覚悟ができているか」は必ずチェックされるので、フリーター期間に関することはしっかり説明できるようにしておいてください。

求人倍率をチェックして探す

求人倍率をチェックして、低めの倍率の求人に応募するのも良いでしょう。倍率が高いと経験者が優先される可能性が高いですが、倍率が低ければ低いほど採用担当者に「応募者全員を積極的に検討しよう」という意識が働くからです。ただし、求人倍率が低いのは人気がないということなので、自分にとって働き続けられる仕事かどうか応募前によく検討しましょう。

フリーターの就職活動の3つの進め方

フリーターの就職活動の主な進め方は、「就職サイトの利用」「ハローワークの利用」がメインとなるでしょう。しかし、はじめての就活だったり正社員就職に対して積極的になれなかったりするなら、「エージェントの利用」がおすすめ。それぞれ、詳しく解説します。

就職サイトを活用する

就職サイトは求人数が多くいつでも求人を探せるうえ、何件でも同時に応募できるのがメリットです。一方、求人数が非常に多いため自分の目当てのものを探すのが大変、応募先企業とのやり取りや面接日程の調整などすべて一人でしなければならないといった点がデメリットといえるでしょう。すでにある程度方向性が決まっており、マイペースに就職活動をしたい人に向いています。

ハローワークを活用する

ハローワークは求人数が多いうえに管轄地域の求人に強いため、働きたい場所が決まっている人におすすめです。他にも無料の就職セミナーが受けられたり就活について職員に相談できたりするのもメリットといえます。デメリットとしては、支援対象者が幅広いため自分に合った求人を探すのが大変だったり、職員が忙しくあまり頻繁にサポートを受けられなかったりする点が挙げられるでしょう。

就職エージェントを活用する

就職エージェントは民間企業の運営する就職支援サービスで、運営企業によって扱う業界や支援対象者が異なるのが特徴です。専任の就活アドバイザーがカウンセリングで応募者の希望や悩みを聞いたうえで、その人に合った求人を紹介してくれます。メリットとしては支援対象者が限られるため比較的じっくり話を聞いてもらいやすい、企業とのやり取りや選考対策など就活に関わることを全面的にバックアップしてもらえるという点が挙げられます。一方、デメリットを挙げるなら就活アドバイザーを通じて求人に応募するため、紹介された求人にしか応募できない点。しかし、就活アドバイザーが紹介するのは求人のなかでも応募者が内定を得られる可能性が高いものなので、自分で選ぶよりも採用が決まる可能性が高まるといえるでしょう。
悩んでいるフリーターの人は、自分に合った就活方法を選んで正社員就職へ一歩踏み出してみてはいかがでしょうか。

正社員就職を目指すフリーターの方は、就職エージェントのハタラクティブにご相談ください。ハタラクティブでは20代のスキルや経験に不安のある方に向け、ポテンシャルや人柄を重視する企業の求人をご紹介。専任の就活アドバイザーが就活を全面的にサポートするので、自信のない方も安心してご利用いただけます。ハタラクティブのご登録、ご利用はすべて無料。どうぞお気軽にお問い合わせください。

フリーター期間にやるべきことに関するQ&A

ここでは、フリーター期間にやるべきことについてよくある質問と回答をまとめました。

正社員就職を叶えるためフリーターがやるべきことは?

アルバイトから正社員登用を狙ったり、フリーターという立場を利用して多くの企業で経験を積んだりすると良いでしょう。また、自由時間を使って資格の勉強をしたり、好きなことに取り組んだりするのもおすすめです。フリーターから正社員を目指す方は「フリーター卒業するために必要なこと」のコラムも併せて参考にしてみると良いでしょう。

フリーターの資格取得は就活に役立つ?

資格を取得すると、直接業務に役立つものでなくても就活で評価される可能性はあります。ポイントは、積極的に物事に取り組む姿勢や社会人として働く準備ができている点をアピールすること。興味があれば、自由時間を利用して資格に関する勉強をしてみると良いでしょう。フリーターの資格取得については「フリーターから一発逆転は可能?有効な資格はある?正社員になる方法を解説」のコラムの「フリーターからの逆転に役立つ4つの資格」の項目も併せてご覧ください。

正社員になりたいフリーターが心がけることは?

就活を生活の主軸に置くことや学ぶ姿勢を身につけることなどが挙げられるでしょう。正社員になるのを一番の目的にして生活スケジュールを組み立てることと、自分の仕事の質を上げるためにはどうしたら良いかを考えながら動くようにするのが大事です。フリーターの方が就職するための心構えについては「フリーターから正社員になるための3つの考え方」のコラムが参考になるでしょう。

フリーターから正社員になりたいけどうまく行かない…

正社員になりたくても就活がうまくいかないという方には、就職エージェントの利用がおすすめ。就職エージェントでは経験豊富な就活アドバイザーが就活を全面的にサポートしてくれるからです。ハタラクティブでは20代フリーターの方に向け、ポテンシャルや人柄を重視する企業の求人をご紹介していますので、一度ご相談ください。

関連タグ