フリーターから一発逆転は可能?有効な資格はある?正社員になる方法を解説

フリーターから一発逆転は可能?有効な資格はある?正社員になる方法を解説の画像

この記事のまとめ

  • フリーターが逆転するには、できるだけ若い年齢で未経験OKの仕事を選ぶのがコツ
  • フリーターから逆転を狙うには自分の長所に着目したり幅広い職を検討したりすると良い
  • フリーターから一発逆転するには、必ずしも資格は必要ない
  • フリーターからの一発逆転には、就職支援サービスの活用が近道

今の生活に不安を覚えたり周囲の正社員と状況を比較したりして、フリーターから逆転したいと思う方もいるでしょう。フリーターから正社員になるには年齢による影響が大きいので、すぐに就活を始めるのがポイント。フリーターから正社員を目指す際には、広い視野を持って自分に合った仕事を探そうとする姿勢や、決して諦めないという前向きで強い意志が必要です。このコラムを参考に、正社員就職への一歩を踏み出しましょう。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

フリーターから逆転は可能?

フリーターから一発逆転ができるかどうかは、年齢による影響が大きいようです。以下、詳しく説明するとともに、良い就職をするために必要な要素も併せてご紹介します。

年齢が若ければ十分可能

結論からいうと、フリーターの状況から一発逆転を狙うのは可能です。しかし、比較的年齢が若いことが条件となるでしょう。なぜならスキルや経験を持たないフリーターは、一般的にポテンシャルを期待されての採用になるからです。よって、フリーター期間が長く年齢が高いとそのぶん採用されにくくなるといわれています。

フリーターから逆転できるのはいつまで?

フリーターから正社員になりやすいのは、一般的に20代までといわれています。30代になると経験やスキルが必要とされる中途採用の対象となるからです。よって、フリーターから逆転を考えているなら20代のうちに就活を始める必要があるでしょう。

フリーターのまま年齢を重ねるリスク

フリーターのまま年齢を重ねると、収入が増えなかったり社会的信用を得にくかったりというデメリットを大きく感じることになるでしょう。また、年齢とともにアルバイトで採用されづらくなり、正社員就職も難しくなっていきます。フリーターのままでいるリスクをまとめました。

収入が低いまま

年齢が若いうちは、働いたぶんだけ収入が得られることと、正社員の収入も多くないことから、フリーターとして働くほうが高収入になることも珍しくないでしょう。しかし、「フリーターと正社員の収入の違いはどれくらい?就職のためのコツも解説」のコラムで解説しているように、年齢を重ねるにつれて正社員との収入差は大きくなります。フリーターのままでは昇給も見込めないため、年齢を重ねても収入は低い状態が続くでしょう。

雇用が不安定

フリーターは非正規雇用です。会社が、あくまでも臨時的に採用する人員のため、経営状況や社会状況によっては仕事を失うことも。正社員のように終身雇用ではないため、仕事を失いやすい状況になりやすいでしょう。

社会的信用を得にくい

前述したように、フリーターは非正規雇用のため、いつ仕事を失うか分からないといえます。一般的に、社会的信用は収入や雇用の継続から判断されるため、収入も低く雇用が不安定なフリーターは社会的信用を得にくい傾向に。社会的信用が低いと、クレジットカードや各種ローン、賃貸契約の審査などに通りにくくなってしまいます。

正社員就職が難しくなる

フリーターに対して積極的な研修の機会を設ける企業は少ないため、フリーターを続けても正社員のようにスキルアップをするのは難しいのが実情です。さらに、正社員就職は年齢を重ねるほどハードルが高くなるため、フリーターを続けるほど年齢に見合ったスキルが身につかず、正社員就職は難しくなるでしょう。

フリーターが良い就職先を見つけるための3つのコツ

フリーターが良い就職先を見つけて逆転するには、若いうちに行動を起こすことが重要。また、育成制度があり職歴やスキルの少なさをカバーできるような企業を選ぶのもポイントです。

1.できれば20代のうちに活動する

正社員就職を考えたらすぐ、できれば20代のうちに就活を始めると良い就職先に出会える可能性が高まります。20代前半と後半で企業側の受ける印象が異なるため、数年経つだけでも就活に影響するもの。30代になると一般的には経験者が求められるため、フリーターなら20代のうちに就職活動をしたほうが検討できる求人も多いでしょう。

2.長期的な人材育成を考えている企業を選ぶ

フリーターから正社員になるなら、長期的な人材育成をする企業を選ぶのが大事。人材育成に力を入れている企業は未経験者を積極的に採用するからです。企業の採用活動では、育成コスト節約のため新卒を除いて即戦力の人材を求めるのが一般的な傾向。しかし、企業のなかには未来の戦力のため未経験者を育てようとする「投資」目的で採用を行うところもあります。そのような企業を選ぶと、採用される可能性が高まるでしょう。

3.未経験OKの仕事を選ぶ

未経験OKと書いてある求人はフリーターが採用されやすい仕事といえます。未経験OKということは仕事を一から教えてもらえる可能性が高く、経歴不問であることが多いからです。また、未経験OKで募集する企業は職歴やスキルが少ない人材の応募を想定して求人を出しているので、選考通過の可能性が高まるでしょう。

フリーターとは?一人暮らしは実現できる?正社員就職のポイントも解説」のコラムでは、フリーター生活の実態や正社員になるためのポイントを詳しくご紹介しています。併せてチェックしてみてください。

フリーターから逆転を狙うための3つの心がけ

フリーターから逆転を狙うには、次の3つの心がけが必要となるでしょう。以下、それぞれご紹介します。

1.すぐに就活を始める

フリーターから逆転したいと考えたらすぐに就活を始めるのが大事です。前項で説明したとおり、フリーターが正社員を目指すなら1日でも若いほうが有利。年齢を重ねると周りの社員との関係性や柔軟性、長期的な勤務といった面でデメリットが生じるからです。よって、少しでも若いほうがポテンシャルが高いと判断してもらいやすいといえます。少しでも早く就活を始めれば採用される可能性が高まるでしょう。

2.幅広い職を検討する

フリーターの就職活動では、意図的に視野を広げて多くの職を検討してみてください。なぜなら、フリーターから正社員への一発逆転は可能とはいえ、就職活動で比較的不利になりやすいためです。また、狭い範囲で求人を探していては思いがけない良い求人を見過ごしてしまう場合も。よって、自分がこれまで意識していなかった業界や職種も検討すると、良い求人を見つけられる可能性が高まるでしょう。

3.自分の良いところに着目する

就職活動の際には、できるだけ自分の長所に着目しましょう。自分の良いところに着目すると自信が湧いてきやすいからです。就職活動は企業に自分を売り込むものなので、企業に対して自分を採用するメリットを説明する必要があります。フリーターのなかには自信のなさや不安から尻込みしてしまう人もいますが、自分は必ず一発逆転できると信じて前向きに活動するのも大事です。
アルバイトから正社員として登用される可能性は?採用される人の特徴とは」のコラムでは、正社員登用される人の特徴や正社員を目指すきっかけなどを解説しています。こちらも参考にしてみてください。

4.自分の苦手なところを見直す

もし今までの就職活動がうまく行かないと感じているなら、自分の苦手なところを見直してみてください。まずは、選考で落ち続けている原因を突き止めて改善することが大切。自分一人では分からないなら、模擬面接や応募書類の添削を通じて他の人に意見をもらうと良いでしょう。

フリーターから一発逆転できる人の特徴

フリーターから一発逆転できる人は、向上心を持っているのが特徴です。以下、具体的にご紹介します。

積極的に仕事を覚えようとする人

率先して仕事を覚え、早く企業に貢献しようという積極性が感じられる人は評価されやすいようです。仕事の姿勢をアピールするには、自分が今までのフリーター経験でどう仕事と向き合ってきたかを振り返ってみると良いでしょう。今まで仕事を覚えようと頑張ってきた経験は、正社員の面接でも大いに役立ちます。

自分の付加価値を高めようとする人

スキルを身に付けるなど、自分の付加価値を高める意識のある人も選考で評価されます。なぜなら、企業がフリーターに求めるポテンシャルのなかで、やる気も重要な要素の一つだからです。資格の勉強など正社員として働くために学ぶ前向きな姿勢を、採用担当者は高く評価します。一般的にフリーターの仕事は経験不要でスキルが身に付きにくいところがありますが、現状維持のまま採用選考に望む姿勢は避けるべきでしょう。つまり、就職活動では自分の価値を高めて企業に貢献しようとする姿勢が問われるといえます。

フリーターからなかなか逆転できない人の特徴

一方、「主張に一貫性がない」「基本的なマナーが守れない」などの特徴を持つ人はフリーターからなかなか逆転できないようです。以下、それぞれ見ていきましょう。

主張に一貫性がない

選考を通過しない原因の一つは、書類選考と面接選考での主張の食い違いです。応募書類の内容と面接での話が違うと、採用担当者は違和感を覚えます。面接では緊張してついちぐはぐな内容を話してしまうこともあるでしょうが、主張が一貫しないと信頼できない印象を与えてしまうので注意しましょう。
この失敗の主な原因は、選考前の準備不足。選考前にはしっかり応募書類の内容を練ったうえで、面接での回答練習を重ねるようにしてください。

基本的なビジネスマナーを押さえていない

本番では主張の内容にくわえてビジネスマナーも問われます。ビジネスの場にふさわしい振る舞いができることは社会人の基本。よって、面接官は応募者のビジネスマナーを細かくチェックしています。面接で注意すべき点はおおむね決まっているので、選考前に必ずチェックしておきましょう。また、普段の様子が思わず出てしまうこともあるので、模擬面接で練習を重ねるのをおすすめします。

フリーターから一発逆転するのに資格は必要?

フリーターからの一発逆転に資格は必ずしも必要ないといえるでしょう。先述のようにフリーターは主にポテンシャルが評価されるため、資格が決め手となる場合は少ないからです。資格が採用の決め手となる可能性は低いため、資格がないことを気にして取得を目指すよりも、すぐに就活を始めたほうが良いといえます。ただし、資格が印象アップに働く可能性はあります。以下、詳しく見ていきましょう。

資格取得を通じてやる気のアピールは可能

資格は採用の決め手にならなくとも、まったく評価に繋がらないわけではありません。志望業界に関わるものや秘書検定のようなビジネスマナーなど、業務に関係しそうな資格なら、取得しようとする意志を通じてやる気をアピールできます。そのため、もし取りたい資格があるなら取り組んでみても良いでしょう。

採用の決め手ではないが印象アップにつながる

資格自体は採用の決め手とはならないものの、何もないよりは好印象を持ってもらえる可能性があるでしょう。応募者のやる気や仕事に対する前向きな姿勢を感じさせるからです。
資格取得には根気が必要なので、資格があると物ごとにコツコツと取り組む姿勢を想起させます。よって、努力家というポジティブなイメージを与えられるでしょう。
フリーターにおすすめの資格を職種別に解説!取得時の注意点や勉強法も紹介」では、フリーターの方におすすめの資格を多数ご紹介していますので、併せてご覧ください。

フリーターからの逆転に役立つ4つの資格

フリーターの就活で印象アップにつながりやすい主な資格は、以下の4つです。ただし、前項で説明したように資格の有無は採用に関係しない場合が多いので、応募必須資格以外は取得にこだわらないこと。資格取得に時間を費やすよりも、就職活動を進めたほうが良いこともあるので十分に検討しましょう。

1.宅建

宅建とは「宅地建物取引士」の略で、建物や土地といった不動産の賃借・売買をする際に必要な資格のこと。よって、不動産関係の仕事で評価されやすいです。宅建は直接業務に役立つ資格であるうえ、独学でも取得可能なのがメリット。ある程度の学習時間を要しますが、不動産業界を志望するなら検討してみても良いでしょう。

2.秘書検定

秘書検定は基本的なビジネスマナーを学べることから、幅広い層に人気があります。独学で対応可能なうえ、基本的なビジネスマナーがある証明にもなるのが取得のメリット。また、これから社会人として働く前向きな意志を感じさせるので、採用担当者に好感を抱かれる場合もあるでしょう。

3.TOEIC

TOEICは、接客業など英語を使う可能性がある仕事で評価されます。自由に話せるレベルに達するのは難しいですが、TOEIC受検は英語に対する興味や上達しようという向上心があると判断されるでしょう。コツコツ勉強を続けて、スコアアップを目指すのもおすすめです。

4.ITパスポート

ITパスポートは、情報技術に関する基本的な知識を習得していることを証明する資格です。ITパスポートの資格自体は業務に直接役立つものではありません。しかし、取得しておくと基本的な知識は一とおり押さえてあることと、やる気の証明になるでしょう。

フリーターから一発逆転!おすすめの就活方法

フリーターからの逆転を成功させるには、就職支援サービスの利用がおすすめです。以下、主な就職支援サービスについて詳しく説明します。

ハローワーク

ハローワークは全国にあり、管轄地域の求人を多く持っているのが特徴。そのため、地元や希望地域で就職したい人に向いています。また、無料の就職セミナーや職員によるカウンセリングを受けられるのがメリットです。

就職エージェント

就職エージェントは、民間企業が運営する就職支援サービスです。就職エージェントの特徴は、企業によって支援対象や扱う業界が異なること。よって、自分に合ったサービスを選べば、希望に近い求人に出会いやすいのがメリットです。また、ハローワーク同様に専任の就活アドバイザーによるカウンセリングを受けられますが、支援対象が限られているぶん一人当たりの担当人数が少なく、比較的じっくり向き合ってもらいやすいのも良い点でしょう。
自分に合った就職支援サービスを選んで、フリーターからの一発逆転を目指しましょう。

フリーターから一発逆転したいと思う方は、就職エージェントのハタラクティブをご利用ください。ハタラクティブでは20代フリーターの方に向け、人柄やポテンシャルを高く評価する企業の求人を積極的にご紹介しています。スキルや経験がないとお悩みの方や、自分に合った仕事が分からないという方もご安心ください。専属の就活アドバイザーがカウンセリングでじっくり向き合い、あなたに合ったお仕事選びのアドバイスをいたします。ご登録、ご利用はすべて無料。どうぞお気軽にお問い合わせください。

こんなときどうする?フリーターから逆転したい方に向けたお悩みQ&A

正社員の友人と差を感じ、フリーターから逆転したいと考えている方が抱く疑問や不安をFAQ形式で回答します。以下を参考にして今後もフリーターを続けるのか、正社員になるのかを考えてみてください。

フリーターを続けるとどうなりますか?

年齢を重ねるごとに生活が不安定になります。
コラム内でも触れたように、フリーターは自由で仕事を辞めやすいですが、これは雇用が不安定であることも意味しています。正社員に比べてスキルアップの機会も少ないため、年齢を重ねても給与は上がらないのが一般的。正社員との給与差について知りたい方は「フリーターの平均年収は?20代・30歳の年齢別に正社員の収入と比較!」のコラムの解説を参考にしてください。

高収入の仕事で人生逆転したい!

フリーターから挑戦するなら営業職や専門技術を持つ仕事がおすすめです。
一般的に挙げられる医師や弁護士といった専門性の高い資格を有するものだけでなく、営業職といった歩合制の仕事やプログラマーなど専門技術を要する仕事も高収入を狙えます。「高収入をねらえる正社員の求人とは?」のコラムではフリーターから挑戦しやすく高収入を狙える正社員の仕事の特徴を紹介していますので、ご参照ください。

やりたい仕事がなくても正社員になれますか?

就職はできたとしても、続かない可能性が高いでしょう。仕事に対する熱意や意欲が低いと、長期にわたって働き続けるのは難しいからです。せっかく就職した仕事を早期離職しないためにも「やりたい仕事がない人も就職できる!自分に合った職業の見つけ方」のコラムを参考に、やりたい仕事・続けられる仕事を考えてみてください。

関連タグ