フリーターから一般職の正社員になるには?おすすめの職種や仕事内容を紹介

フリーターから一般職の正社員になるには?おすすめの職種や仕事内容を紹介の画像

この記事のまとめ

  • 一般職の定義は企業により異なるが、一般的に他職種の補助や定型業務を行う社員を指す
  • 一般職として扱われる職種には、「一般事務」「生産管理」「秘書」などがある
  • 一般職と総合職は、業務内容や会社での立場に違いがある
  • 一般職として求められる資質は「サポート力」「行動力」「気配り」など
  • フリーターから一般職として就職しやすい職種に「生産管理」が挙げられる

「フリーターから一般職の正社員として就職したい」と考えている方もいるでしょう。一般職とは、主に他職種の補助や定型的な業務を担当する社員を指す言葉で、一般事務や秘書、生産管理など、幅広い職種が対象となります。では、フリーターから一般職の正社員として就職するためには、何をしておけば良いのでしょうか。このコラムでは、一般職の仕事内容やフリーターから一般職を目指すのにおすすめの職種などを紹介しています。

こんなお悩みありませんか?
例えば
  • 向いてる仕事なんてあるのかな?
  • 避けたいことはあるけれど、
  • やりたいことが分からない・・・
私たちは「やりたいこと」から一緒に探します!
ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

\もう学歴・経歴に困らない!/

自分に向いている仕事を
簡単に診断してみましょう

性格でわかる
私の適職診断

さっそく診断START

一般職の仕事内容とは

企業によって異なりますが、一般職とは、主に一般事務や営業事務、秘書、経理事務、生産管理などの職種を対象とした言葉です。企業によって仕事を「一般職」と「総合職」に分けていることがありますが、「一般職」「総合職」というのは採用の便宜上の名前であり、職種名ではありません。「一般職」や「総合職」というカテゴリーの中にさまざまな職種が存在する、というイメージです。そのため、仕事内容も職種により異なります。まず、一般職の仕事内容を分かりやすくするためにも、2つの違いを比べてみましょう。

一般職と総合職の違い

まず「総合職」とは、総合的な判断を必要とする業務が多く、企業運営の主要となる正社員のことをいいます。一方で「一般職」は、主に総合職の補助的・定型的な業務をする正社員のことです。 総合職のサポート的な役割が多いため、決まった手順でマニュアル化された仕事をこなすことが多いのが一般職という認識を持つと良いでしょう。一般職と総合職の違いについてさらに詳しく知りたい方は「総合職とは?一般職との違いやキャリア選択のコツを解説!」でも紹介しているので、あわせてチェックしてみてください。

フリーターから総合職への就職は目指せる?

一般職と同様、総合職にも営業や人事、品質管理、設計など、さまざまな職種があります。総合職の中でも営業職は求人募集が多いため、フリーターから目指しやすいといえるでしょう。また、総合職は将来的に管理職になる可能性が高く、入社後にさまざまな職種を経験できる可能性があります。経験を積むなかで、より適性にあった職場に配属されるというケースも考えられるでしょう。「フリーターで総合職の正社員になれる?」では、総合職に求められる資質やフリーターから総合職を目指すのにおすすめの職種などを紹介しているので、あわせて参考にしてみてください。
未経験OK多数!求人を見てみる

一般職に必要な資質とは

では、一般職にはどのような資質が求められるのでしょうか。以下では、一般職に必要とされる資質を解説していきます。

基本を大切にする姿勢

前項で述べたように、一般職の仕事は総合職のサポート業務が中心です。補助をするということは、安心して仕事を任せられる存在であることが何より大切になってきます。当たり前のことですが、「頼まれた仕事は責任を持ってやり遂げる」「期限を守る」などの基本的なことをきちんとできる姿勢が重要です。

行動力や気配りなどのサポート力

相手が何を考えているのかを常に考え、先回りして行動できたり、気配りできたりすると、一般職として重宝されるでしょう。一般職には、一から十まで説明をしなくても、自分に何ができるかを考え、サポートをする力が求められます。さらに、同時にさまざまな業務を任せられることもあるので、1つのことに打ち込むより、優先順位を考えて要領よく仕事をこなせるタイプに適性があるといえるでしょう。

フリーターから一般職になるには

一般職は、新卒者採用が多いのが現状です。しかし、フリーターの方に全くチャンスがないわけではありません。一般職の中でも生産管理は未経験を対象としている求人も少なくないため、おすすめの職種の一つです。また、一般職は業種の幅も広いため、自分の好きなジャンルで企業を探してみるのも良いでしょう。

フリーターから事務系の一般職を目指すなら資格取得もおすすめ

フリーターから事務系の一般職を目指すなら、バイトをしている期間に仕事に関連する資格を取得するのもおすすめです。入社したい企業で役に立ちそうな資格を調べてみましょう。「就職に有利な資格とは?種類やアピール方法を紹介」では、就職に有利になりやすい資格や選び方などを紹介しているので、あわせて参考にしてみてください。

フリーターから正社員を目指すなら、就職支援サービスのハタラクティブにお任せください。
ハタラクティブなら、受けたい企業の特性を掴んだ面接対策や就職に有利になりそうな資格についてのアドバイスを実施。専任のキャリアアドバイザーが、フリーターや未経験の方も対象とした求人をご案内させていただきます。サービスはすべて無料です。フリーター期間が長くなる前に、お気軽にご相談ください。

この記事に関連するタグ