新型コロナウィルス対策について

新型コロナウイルス感染防止のため、一時的に
全支店のカウンセリングを一律「オンライン面談」にて実施いたします。また一部企業との面接もオンラインにて可能です。

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

 
  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. フリーターから正社員になれる人なれない人

フリーターから正社員になれる人なれない人

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・目的を持ってフリーター生活を送っている人は、就職に成功しやすい

    ・将来の夢を追ってフリーターをしている人は、時間的な区切りを設けることが大切

    ・ネガティブ思考に陥らず、前向きに就活に取り組む姿勢を持とう

    ・正社員になれるかどうかの分かれ目は、「正社員なりたい」という気持ちがあるかどうか

そろそろ就職を…と考えているフリーターの方、就職できる人・できない人の違いがどこにあるのか気になりませんか?

今回は就職できない人には何が足りないのか、就職できる人はどんな意識で就活を進めているのか、について3つのポイントをまとめました。

就職活動を始める前の準備運動として当コラムを役立てていただければと思います。 

◆目的意識を持って行動しているか

フリーターから正社員になれる人と、なれない人にはどのような違いがあるのでしょうか?

まず1つ目のポイントは、意識の差。同じフリーター生活を送っている中でも、ただ漫然と過ごしているのか、あるいは目的を持ってフリーター生活をしているかという違いです。

目的の有無はその後の将来を大きく左右する要因といえるでしょう

目的を持ち、そのために日々努力をしていれば、目標の達成に近づきます。もしその目標に届かなかったとしても、一生懸命努力してきたという経歴は他の道に進むときに役立つものとなるでしょう。

正社員になろう!と考えたときにも、漠然と楽だからフリーターを続けていた…という人よりも、夢に向かって努力してきた人のほうが明確に自分をアピールすることができます。

また、努力を続けることで自分の適性を理解しやすくなることもメリットの一つです。

自分の得意なことや売り込めるポイントが理解できれば、就職活動を始めたときの仕事選びや自己分析にも大いに役に立つでしょう。

◆時間的な区切りをつけているか

フリーターとして働いている方の中には、夢を追いかけているという方も多いでしょう。

区切りなく夢を追い続けていると、まだ若いから…と油断しているうちに気が付いたら年齢だけを重ねていた…という状態に陥ってしまう可能性も。

どんなに真剣に追いかけていても、成果に結びつかないのであれば時間的な区切りをつけるのも大切なことです。 

「20代の間に○○の成果がでなかったら正社員を目指そう」「好きなことを続けるのは○歳までにしよう」など、期間を決めて夢を追う…というのも生きる上では必要な選択かもしれません。

未経験者を歓迎する求人は多く存在していますが、大抵は20代などの若い人材を育てたい…という企業の求人がほとんど。チャンスが大きいうちに方向転換するというのも選択肢のひとつなのではないでしょうか

◆ものごとをポジティブに考えられるか

なかなか正社員になれない方の中には、ものごとをネガティブに考えすぎてしまう方が多いようです。

正社員になれる人は、前向きな意識を持って就職活動を続けられますが、なれない人は面接官の言葉をネガティブに受け取ったり、ちょっとした失敗や不採用にひどく落ち込んだりしてすぐに就職活動をやめてしまいます。

就職活動に失敗はつきもの。どんなに優秀な人でも、企業が求めている人材像に合わなければ不採用になることはあるのです。

また、「どうせ自分が正社員になれるわけがない」「自分の経歴じゃ無理に決まっている」と就職活動を始める前から諦めてしまう人も。世の中には未経験者を歓迎する求人や、アルバイトの経験を活かせる仕事もあります。

一人でネガティブ志向に陥らず、前向きに就活を行うのが就職を成功させるポイントといえるでしょう。

◆就職して正社員になりたいと思っているか

最終的にフリーターのままで終わる人と、正社員になれる人とを隔てているのは「正社員になりたい!」という意欲。

熱意を持って取り組んでいれば、それを見てくれている人はいるものです。 

また、失敗しても諦めない気持ちも大切。数回の失敗で「自分には向いていないから…」と就職活動を諦めてしまってはもったいないものです。

就職活動は根気と継続が大事。一社の面接がダメだったからといって諦めることなく、就活を続けなければ正社員になることは難しいでしょう。

しかし、ずっとフリーターとして働いてきたので就活経験がない、自分一人では心細い、という方も中にはいるでしょう。現在はそんな人をサポートしてくれる就職支援サービスが多くあるので、そういったものを利用するのもおすすめです。 

今回は就職できる人・できない人の意識の違いについてご紹介しました。就職活動前に参考にしていただければと思います。 

就職支援サービスのハタラクティブはフリーター向けの求人に強いのが特徴です。あなたの条件に合わせた求人の紹介を行う他、履歴書の書き方、面接対策まで専任のキャリアアドバイザーが就活を全面的にサポート。 

就職を考えている方、就職活動にお悩みの方は一度お問い合わせください。

関連キーワード

では

プロの就活アドバイザーがあなたを
マンツーマンでサポートします

フリーター専門エージェント認知度No.1

カウンセリング実績11万人以上

内定率80.4%

正社員経験がなくても大丈夫!

未経験OKの求人も多くあるため、あなたにぴったりな仕事が見つかります!

では

  • 最短2週間で内定!

    ハタラクティブご利用者はカウンセリングから
    平均2~3週間以内で内定を獲得

  • 経歴が不安でも大丈夫!

    未経験でも正社員での就職・転職を
    プロがしっかりとサポート!

  • あなたに合った仕事がわかる!

    あなたの性格や得意にあわせて
    厳選した求人をご紹介

▼ ご相談はこちらから ▼

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

おすすめ記事

簡単30秒!登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?

簡単30秒!登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?

ページトップへ