フリーターから就職できた人の共通点

公開日:

最終更新日:

■自分自身を見つめ直すことができたから

当たり前の話かもしれませんが、自分の過去を変えることはできません。また、自分を取り巻く環境を変えることも難しいかもしれません。
しかし、自分自身と自分の未来は変えることは十分可能です。そのためには、自分自身をしっかり見直すことから始めましょう。

フリーターから正社員として就職できた人の経歴は、実にさまざまです。
高校を中退してバイトを始めてフリーターになった人や、高校や専門学校などを卒業してからフリーター生活が続いている人も少なくありません。また、大学受験が叶わないまま、フリーターになった人もいるかもしれませんね。
そのような道を選んだ事情は個々によって異なりますが、フリーター生活に慣れてしまい、就活のきっかけをつくれなかった人もいるようです。

もちろん、フリーターの人たちは、その現状に納得しているわけではないようです。
収入面での不安はもちろんのこと、いつまで雇ってもらえるかも心配になりますよね。特に、交際している人がいて結婚を意識するようになると、自分だけの問題ではなくなってきます。
さらに、仕事とプライベートの両立も大切ですが、友だちの休みとが合わないと不自由さを感じるかもしれませんね。
このように、フリーターにはいろいろな課題がありますが、フリーターを脱して就職して正社員になった人たちは、そういった自分自身の課題を客観的に見直せたという共通点があるようです。

■自分がその仕事で何を達成したいのかが明確に伝えられたから

正社員になるためには就職活動を行う必要がでてきます。 そのためには、履歴書や職務経歴書などの応募書類を作成することになります。
フリーターの立場で就職活動する際は、応募書類の作成が大きな障壁になるかもしれません。それを乗り越えるためには、自分がその仕事で何を達成したいのかを明確にすることが大切です。
また、それを応募書類に記載することや、面接時にアピールすることが大きなポイントになってきます。
履歴書には、自分が達成したいることを具体的に記載できるようにしましょう。

仕事で役立つ資格試験にチャレンジするのもいいですね。就職したらその企業に自分が貢献できそうなことや、目標とすることについて具体的にアピールすることも大切です。

■適切なサポートが受けられたから

就職活動を行うときは、企業に応募書類を送ることから始まります。今は、インターネットから履歴書を送ることができる企業も増えていますが、改めて履歴書の提出を求められる場合もでてきます。
履歴書などの書類は、面接に進めるかどうかの大きな判断材料になることを知っておきましょう。

書類審査に通るためには、応募する企業に合った書類を作成することが大切です。そのためには、企業の採用担当者の目に留まることを意識しましょう。
また、それ以前に自分の性格や特性に合った仕事探しをすることが大切になってきます。
フリーターから正社員になった人の中には、就職支援サイトに登録して就職活動を行った人も少なくありません。就職サポートサイトに登録すると、自分が持つ長所や適性を客観的に分析してもらうことができます。
また、就職活動全般を通じて適切なサポートが受けられることも大きな強みです。
中には、就職活動未経験のフリーターなど、若い世代をサポートするところもありますので、これを機会に利用を検討してはいかがでしょうか。


フリーターから就職を目指すなら、ぜひ「ハタラクティブ」へ。ハタラクティブのサイトには、フリーターから正社員になった人の体験談もや、就職活動を成功させるためのヒントになるお役立ちコラムも多数掲載されています。
フリーターならではのお悩みは専任のキャリアアドバイザーにご相談ください。一人ひとりの課題を解決しつつ、就職までの道のりをしっかりサポートさせていただきます。

職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、多くの方が就職に成功されています。

おすすめ記事

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ハタラクティブとは

面接対策会

先輩インタビュー

お悩み相談室

フリーター就職のコツまるわかりガイド

生活のぷちコラム

お悩み相談室

フリーターの就職支援
サービス紹介

ページトップへ