正社員になれない理由とは?フリーターから就職を成功させるコツをご紹介

正社員になれない理由とは?フリーターから就職を成功させるコツをご紹介の画像

この記事のまとめ

  • 正社員になれない人には受け身である、自分に自信がないといった特徴がある
  • 正社員になりやすい人は、自分の強みや弱みが明確になっていることが多い
  • 正社員になれない人は、スキルを身につけることや企業分析を行うことが大切
  • フリーターが正社員になりやすい業界は、営業職や販売業など
  • 正社員を目指すなら、求人サイトの利用や就職エージェントへの相談がおすすめ

就職活動はしているものの、なかなか正社員になれないと悩んでいる方は多いでしょう。未経験から正社員になるためには、企業分析を行ったり、スキルや知識を身につけたりすることが大切です。このコラムでは、正社員になれない理由や正社員になれない人に共通する特徴をご紹介します。フリーターから就職しやすい業界についてもまとめているので、ぜひご覧ください。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

フリーターから正社員になれない人の6つの特徴

フリーターから正社員になれない人には「受け身である」「スキルが不足している」「対策が不十分である」などの共通した特徴があります。以下で詳しく解説していくので、自分に当てはまる要素がないか確認してみましょう。

1.受け身である

正社員になれない人の特徴として、受け身であることが挙げられます。受け身な人の特徴としては、自分から考えて動くことが苦手な人が多いようです。指示に従って仕事をすることは大事ですが、正社員になると自分で考えて行動し、仕事を円滑に進めることが求められる可能性があるでしょう。仕事において指示待ちの状態になっていると「仕事を任せられるか不安」と思われる場合があり、正社員になりにくい可能性があります

2.社会人としてマナーが身についていない

社会人としてのマナーが身についていないことで、正社員になれない人もいるようです。正社員になると、外部と関わる機会が多くなり、その人の行動やマナーが企業の評判につながることも。社会人にふさわしい言葉遣いや行動ができていないと、「仕事を任せるのが不安」「会社に悪い影響を及ぼすのでは?」と感じる企業もあるので、社会人としてのマナーに欠けていることで内定獲得が難しくなる可能性もあります。

3.スキルが不足している

正社員になれない人は、スキルが不足している可能性があります。フリーターが応募することになる枠である中途採用枠においては、即戦力になることが前提となっていることが多いようです。そのため、社会人としての経験が浅いことや就職先に必要なスキルがないことで、不利になってしまうことが考えられます。

4.企業選びの視野が狭い

企業選びの視野が狭いことで、正社員になれない人もいます。「希望や理想が高過ぎる」「人気企業ばかり応募している」といった人はが当てはまるでしょう。特に、人気企業や大手企業は競争率が高いこともあり、応募者も多い傾向にあります。そのため、内定を獲得するのは難しく、正社員になれない状態が続くことも考えられるでしょう。

5.自分に自信がない

自分への自信のなさから、正社員になれない人もいます。「フリーター期間が長かった」「責任のある仕事を任せられるのが怖い」といったように自分に自信がない理由は人によってさまざま。自信のなさが不安につながり、「自分は正社員になれない」と思ってしまう人はいるようです

6.対策が不十分である

選考対策が不十分であることから、正社員になれない人もいるようです。書類選考や面接選考、最終選考など、就職活動においては、複数の選考を突破する必要があります。そのため、対策が万全ではないと、選考を通過するのは難しく、正社員になれないという状態に陥ってしまうでしょう。

選考対策に不安を感じている人は「就職活動における選考の意味を考えてみませんか?」のコラムをあわせてご覧ください。就職・転職活動における選考に意味について解説しているので、選考を通過するためのヒントを得られるはずです。

フリーターから正社員になりやすい人の特徴

フリーターから正社員になりやすい人は「自分の強みや弱みが明確になっている」「コミュニケーション能力がある」といった特徴が挙げられます。以下で詳しく解説していくので、確認していきましょう。

自分の強みや弱みが明確になっている

正社員になりやすい人は、自分の強みや弱みが明確になっていることが多いようです。自分をことを理解できている人は、強みを活かし、弱みを改善するための努力ができます。そのような姿勢は伸びしろが大きいことから、どんな仕事においても評価されやすく、正社員として採用してもらえる可能性も高まるといえるでしょう。

コミュニケーション能力がある

コミュニケーション能力がある人も、正社員になりやすい人に共通する特徴であるといえます。どんな仕事においても、コミュニケーション能力は求められる要素の一つ。スキルがあまり身についていなくても、コミュニケーション能力が高い人材が重宝されます。誰とでも円滑にコミュニケーションを取ることができる人は、正社員として採用してもらえる可能性があるでしょう。

正社員になりたくてもなれない場合もある

正社員になりたいと考えていても「職場に正社員登用制度がない」「登用制度はあるが条件が厳しい」といった理由により、正社員になれないという人もいるようです。正社員になりたいと思っていてもなれない場合の例について、以下に詳しく解説します。

正社員登用の制度がない

勤めている会社自体に正社員登用制度がなく、正社員になりたくてもなれない人がいます。アルバイトや派遣社員、契約社員などの非正規労働で勤務されている場合に、その企業で正社員として長く働きたいと感じることもあるでしょう。しかし、正社員登用制度がない職場であれば、そこで正社員になることは難しいといえます。

正社員登用制度はあるが条件が厳しい

正社員登用制度はあっても条件が厳しく、正社員になれないという人もいるようです。正社員登用では、一般的に一定の勤続期間を経て、面接や試験を受けて合格することで、正社員に登用されます。しかし、企業によっては「一定期間中に資格の取得が必須である」「仕事である程度の実績を出す必要がある」といったように条件が設けられていることも。このように条件が厳しい場合、正社員になりたいと思っていても実際に登用されるのは難しい可能性があります。

正社員になれないと感じる人向け!内定に近づく5つのポイント

正社員になりたくてもなれない人は「正社員になるためのスキルや知識を身につける」「紹介予定派遣を利用する」「未経験歓迎の求人に応募する」などの方法を試してみてください。以下にそれぞれの方法について解説してきます。

1.正社員になるためのスキルや知識を身につける

正社員になれないと悩んでいる人は、スキルや知識を身につけましょう。「フリーターから正社員になれない人の6つの特徴」でも解説したとおり、中途採用においては即戦力であるかが求められます。そのため、希望する就職先に必要なスキルや知識を得ることで、内定が近づく可能性も。即戦力として活躍するためにも、希望する就職先に求められるスキルは事前に確認しておきましょう。

2.企業分析をしっかり行う

正社員になりたい人は、企業研究をしっかりと行いましょう。応募を検討している企業の特徴や、どんな商品・サービスを展開しているのか、雇用条件などさまざまな観点から見ることが大事です。企業研究を行うことで、その企業の魅力的な部分や自分が入社して働くイメージがしやすくなります。企業への理解を深めれば、説得力のある志望動機を作成できることにもつながり、企業にもアピールしやすくなるでしょう。

3.紹介予定派遣を利用する

正社員になりたくてもなれない場合には、紹介予定派遣制度を利用する方法もあります。
紹介予定派遣とは、正社員になることを前提として、先に非正規雇用として職場を経験するという制度のこと。最大6ヶ月間、派遣社員として実際に仕事を経験することで、自分が働いていくイメージを持てるかどうかを判断する期間が設定されます。期間終了後に、企業と話し合いを行い、正社員として働くかどうかを決めるのです。
仕事を通して、自分が働くことのイメージを持てるため、ミスマッチを防ぐことにもつながります。

4.経験不問や未経験OKの求人に応募する

なかなか正社員になれない人は、経験不問や未経験OKの求人に応募するのも一つの手です。通常の中途採用枠では、ある程度のキャリアを積んだ人からも応募があるので、内定を獲得するのが厳しいことも。そのため、キャリアやスキルに自信がない場合には、応募する求人を経験不問や未経験OKに絞るのがおすすめです。経験不問や未経験OKとしている企業は、経験やスキルを重視しない傾向があるため、フリーターが正社員を目指しやすいといえます。

5.面接対策を整える

正社員になれないと悩んでいる人は、面接対策を整えましょう。家族や友人に協力してもらい、実際に模擬面接を行うのがおすすめ。実際に声に出して面接対策を行えば、本番の面接で緊張せずに話せるようになるはずです。
模擬面接を行う際には、自分の話し方や言葉遣いもチェックしてもらってください。自分の話し方の癖を確認してもらうことで、面接官が聞き取りやすく話せるようになるでしょう。

面接対策について詳しく知りたい人は「面接対策をしよう!面接官の印象を良くする対策方法」のコラムもご覧ください。面接官からの印象を良くする方法や面接で注意すべき点を解説しています。

未経験やフリーターが正社員になりやすい業界

未経験のフリーターが正社員になりやすい業界や業種は「営業職」「飲食・販売業」「エンジニア」などです。以下で詳しくご紹介するので、「なかなか正社員になれない…」とお悩みのフリーターは参考にしてみてください。

営業職

営業職は、未経験から正社員を目指せる職種の一つです。未経験のフリーターであっても、コミュニケーションスキルや提案力を活かして、活躍をすることが可能。また、営業は目に見える形で成績を出せるので、社内外での評価を上げることもできます。

飲食・販売業

飲食・販売職は、人員が一定数必要な職種なので、未経験歓迎の正社員求人も多くなっています。商品知識や接客スキルを身につけられるので、人と話すことが好きという人には向いているでしょう。また、商品を仕入れたりする際には、時代を読む力というものを身につけることも可能です。

エンジニア

エンジニアというと専門の勉強が必要ではないかと感じるでしょうが、実は未経験を多く採用している職種です。スキルは入社後に勉強もかねてつけていくことができます。また、今後も需要が高まる職種となるので、手に職という意味でもエンジニアは人気職種です。

介護職

介護職もこれから多くの人数が必要となる職種です。日本の平均寿命は今後数年で100歳となることが予想されています。その中で介護という職種は、多くの活躍が求められるようになるでしょう。資格がなくても正社員として働くことは可能であり、社内で資格取得への後押しをする制度もあるようです。

未経験のフリーターが正社員になりやすい職種について詳しく知りたい人は「未経験でもできる仕事とは?正社員になれる職種や就活のポイントを解説」のコラムもご覧ください。未経験でも正社員を目指せる仕事の特徴や、仕事を探す際の注意点も解説しています。

正社員になれない人におすすめの就活方法

正社員になれない人におすすめの就活方法は「求人サイトで調べる」「知人や友人に紹介してもらう」「就職・転職エージェントを活用する」などがあります。それぞれの就活方法について、以下で解説していくので確認していきましょう。

求人サイトで調べる

正社員になれない人は、求人サイトを利用するのがおすすめです。求人サイトでは、希望条件を絞って検索が可能なので、効率良く求人を探せます。求人サイトによっては、希望の条件を登録しておけば、その条件に合った求人が出た際にメールで知らせてくれることもあるようです。

求人誌を見る

なかなか正社員になれず悩んでいる人は、求人誌から求人を探すのも一つの方法です。求人誌は駅やコンビニ、書店などさまざまな場所に置いてあります。アルバイトやパートの求人が多いですが、正社員の求人が掲載されていることも。未経験OKの求人が多く掲載されていることもあり、正社員を目指すフリーターにもおすすめです。

ハローワークを利用する

正社員を目指すのであれば、ハローワークの利用も検討してみましょう。ハローワークには、中小企業の求人が多い傾向にあります。ただ、ハローワークに掲載されている求人の中には、ブラック企業が紛れていることも。気になる求人を見つけた際には、応募する前にインターネットで実際に働く社員の口コミを確認しておきましょう。、

知人や友人に紹介してもらう

正社員の仕事を見つける方法として、知人や友人に紹介してもらうのも有効的です。知人や友人が勤めている会社であれば、実際の職場の雰囲気や業務内容などを聞いたうえで、入社を決められます。事前に会社のイメージを掴んでおくことは、入社後のミスマッチを防ぐことにもつながるでしょう。知人や友人に会う機会があれば、勤め先が正社員募集をしていないか聞いてみてください。

就職・転職エージェントに相談する

正社員になれないと悩んでいる人は、就職・転職エージェントの活用がおすすめです。就職・転職エージェントでは、求人の紹介だけでなく、面接対策や応募書類の添削も実施。第三者目線でのアドバイスを受けることが可能なので、就職・転職活動を効率良く進められるでしょう。

就職・転職エージェントのハタラクティブでは、既卒や第二新卒、フリーターなどの若年層を中心に就職・転職活動を支援。プロのアドバイザーがヒアリングを行い、長所や適性を見出したうえで、あなたにぴったりの求人をご紹介します。未経験歓迎、学歴不問の求人を多数ご用意。マンツーマン体制で面接対策や応募書類の作成などのサポートも実施しているので、「なかなか正社員になれない」「面接が不安…」という方も安心です。
サービスの利用はすべて無料なので、正社員を目指したい方は、まずはお気軽にご相談ください。

正社員になれないと悩んでいる人によくある質問

ここでは、正社員になれないと悩んでいる人からのよくある質問に回答していきます。正社員になれないとお悩みの方、これから正社員を目指す方はぜひご覧ください。

フリーター歴が長いので正社員になるのが怖い

正社員になることが怖いと感じる場合、その原因を明らかにしましょう。「仕事の責任が大きいから」「人間関係が不安だから」など、正社員になることが怖いを感じる理由は人それぞれです。このような恐怖心から正社員になれない場合は、「就職が怖い理由とは?不安が和らぐ方法を知ろう!」のコラムも参考にしてみてください。

アルバイト経験しかなくても正社員になれますか?

アルバイトの経験しかなくても、正社員になることは可能です。「未経験歓迎」と記載がある求人なら、スキルや知識が問われることは基本的にありません。未経験から正社員にになりやすい仕事については、「未経験でもできる仕事とは?正社員になれる職種や就活のポイントを解説」のコラムでご紹介しています。

何歳までに正社員になれば良いですか?

フリーターから正社員を目指すのであれば、できるだけ早めに行動した方が良いです。特に20代前半であれば、実績や経験よりもポテンシャルを重視する企業が多いので、正社員週として就職ができる可能性が高まるでしょう。詳しくは「正社員になれるのは何歳まで?フリーターの最終期限やメリット・デメリット」のコラムもご覧ください。

20代の契約社員ですが将来が不安です

正社員を目指すことは十分可能なので、落ち着いて就職活動を行いましょう。働きながら効率良く就職活動を行うのであれば、就職・転職エージェントに相談するのがおすすめ。ハタラクティブでは、プロのアドバイザーが丁寧にカウンセリングを行い、求人の紹介から、面接対策や応募書類の書類添削などのサポートを実施しています。適切なアドバイスがもらえるので、1人でも就職活動が不安な方も安心して利用可能です。

この記事に関連するタグ