週5のバイトと正社員になるのはどっちが良い?給与や待遇面の違いを解説!

週5日のバイト勤務と正社員勤務って正直そんなに変わらないんじゃない?

フリーターで週5日アルバイト勤務していれば、正社員と収入はあまり変わらないと思うのですが、何か違いはありますか?

正社員とフリーターでは、年収に大きな差があるだけではなく、待遇面にも違いがあります。

就活アドバイザーに詳しく聞いてみました!

週5のバイトと正社員になるのはどっちが良い?給与や待遇面の違いを解説!

週5のバイトと正社員は大差がないのでは?と考えている方もいるでしょう。
週5のバイトと正社員では、働き方や待遇面、年収などに大きな違いがあります。フリーターと正社員、どちらにしても自分のライフスタイルに合った働き方を選ぶことが大事です。
このコラムでは、週5のバイトと正社員の違いを就活アドバイザーに聞いてみました。どのような働き方を選べば良いか悩んでいる方は、ぜひ参考にしてみてください。

週5でバイトをした場合の給料

週5でバイトをした場合の給料は、毎日何時間勤務するかによっても変わってきますが、仮に1日の勤務時間が8時間、1ヶ月の勤務日数が5日×4週で20日とすると、8000円×20日で、時給1,000円の場合は月収が16万円です。
週5で毎日8時間勤務すれば、社会保険料や税金なども支払うことになるため、手取りは16万円よりもさらに低くなってしまいます。

厚生労働省が発表している「令和2年賃金構造基本統計調査結果の概況」によれば、非正規雇用の平均月収は21万4800円ですが、ここでいう「非正規雇用」の中には契約社員や派遣社員も含まれています。アルバイトの場合は契約社員や派遣社員に比べて給与が低い傾向があるため、データほどの収入は得られないと予測できるでしょう。
アルバイトの月収の相場を知りたい方は「バイトの平均月収相場は?正社員との比較や収入アップのコツも解説」のコラムが参考になります。
また、「時給1000円で生活できる?必要年収や仕事選びのコツ」のコラムも、今後の生活を考えるうえで知っておきたい情報が載っています。

参照元
厚生労働省
令和2年賃金構造基本統計調査 結果の概況

週5日フリーターとして働いた場合の年収

冒頭で触れたように、時給にもよるものの、週5日アルバイトをしても月収は16万円程度。詳しく確認してみましょう。

【時給1,000円のバイトをしている場合】
・日給:8,000円
・月収:16万円
・年収:192万円

この月収から社会保険料や税金、国民年金などを支払わなければならないので、実際の手取りはこれよりも少なくなります。税金については「フリーターが払う税金はいくら?年金や保険料の払い方についても解説」でご確認ください。
時給だけで考えると1,000円ももらえれば十分な気がしますが、年収200万円ほどとなると長期的に生活を維持するのは難しい可能性があるでしょう。

バイトを週5から減らしたいと思ったら?

バイトを週5から減らしたいと思ったら、まずは最低限どれくらいの収入が必要なのか見極めましょう。月に掛かるおおよその生活費を把握し、それを踏まえたうえでどれくらい稼げば良いか考えることが大事です。
一人暮らしに掛かる生活費については「一人暮らしの生活費をシミュレーションしよう!家賃の決め方や節約術も紹介」のコラムで詳しくご紹介しているので、あわせて参考にしてみてください。

週5勤務のバイトと正社員の違い

週5勤務のバイトと正社員では、給与や働き方、待遇といった面で大きく差があります。それぞれの特徴を把握し、自分にとってどの働き方が合っているか確認してみましょう。

給与の違い

正社員の給料は、勤続年数に応じて定期昇給があるのが一般的。また、定期昇給だけでなく成果やスキルに応じて昇給することもあるでしょう。さらに、ボーナスや退職金といった制度は正社員のみを対象とするのが一般的です。
それに対し、アルバイトの時給は上がりにくく、昇給があったとしても10~100円程度のアップとやや少なめ。実際に国税庁の「令和元年分 民間給与実態統計調査 -調査結果報告-」によると、正社員の平均年収が503万円であるのに対し、非正規雇用の平均年収は175万円です。正社員とバイトを含む非正規雇用の平均年収は、約328万円の差があります。ボーナスや退職金制度をアルバイトまで導入する企業は少なく、給与差が大きく開く要因となっています。

参照元
国税庁
民間給与実態統計調査

正社員の月収は?
厚生労働省の「賃金構造基本統計調査結果の概要(6) 雇用形態別にみた賃金」によると、正社員の平均月収は32万4,200円(年齢42.2歳、勤続年数12.5年)です。ただし、こちらはあくまでも平均のデータなので、すべての業界や職種に該当するとは限りません。

参照元
厚生労働省
賃金構造基本統計調査結果の概要

働き方の違い

正社員は、雇用期間の定めがなく、よほどのことがない限り解雇になる可能性はないので、長期にわたって安定して働けるのが魅力です。
週5日・8時間労働が基本で、必要に応じて残業が生じることも。ただし、より責任ある仕事を任せてもらえるのも正社員ならでは。スキルアップなど、将来を見据えたキャリア形成も可能です。
一方でバイトは非正規雇用。企業の経営状況などによっては最初に解雇されやすい働き方です。仕事も、基本的にはスキルを必要としない「誰でも出来る仕事」を行うのが特徴。スキルアップの機会がないため、どれだけ長く働いても相応のスキルやキャリアを手に入れにくいでしょう。
なお、アルバイトの働き方はシフト制が基本。勤務日数や時間は自分で決めることができます。

待遇面の違い

正社員は福利厚生を利用できます。福利厚生の内容は企業によって異なるものの、住宅手当や資格手当、施設の割引利用、資格支援制度などが代表的。詳しくは「私生活も充実する?福利厚生とは」をご覧ください。
非正規雇用者まで福利厚生の対象とする企業もありますが、正社員と同等の福利厚生を受けられることはないようです。正社員向けの福利厚生は手当や資産形成、生活の充実を主としているのに対し、非正規雇用者向けの福利厚生は「自社商品の割引購入」「会社施設の利用」など一時的なものが多いといえるでしょう。

週5勤務のバイトと正社員のどちらが良い?

正社員として働いた方が良いとは言い切れません。それは、バイトにしても正社員にしても、それぞれメリットやデメリットがあるためです。
バイトであれば働く日数や時間などを自分で決められるので、プライベートを大事にしながら働けるでしょう。正社員であれば、安定した収入を得ながら、長期的に働けるメリットがあります
たとえば芸能の世界を目指す人は、急なオーディションや仕事依頼が予想できるので正社員よりアルバイトのほうが向いているでしょう。また、弁護士や公認会計士などの資格を取りたい方も、勉強時間の確保や資格取得後の就職を見据えてアルバイト生活を選ぶことが考えられます。
バイトと正社員、それぞれメリットやデメリットを把握したうえで、自分のライフスタイルに合った働き方を選ぶことが大事です。

週5勤務のバイトがきついなら正社員がおすすめ!

週5勤務のバイトがきついと感じる人は、正社員になるのがおすすめです。週5日のフルタイムで働くのは同じでも、正社員のほうが給与が高く、福利厚生やボーナスといった手当が期待できるからです。また、自分のスキル次第では、週4勤務や時短勤務など、柔軟な働き方が可能になる場合もあります。

バイトは週5から勤務日数や時間を減らすと給料が減る

週5勤務のバイトの場合、勤務日数や時間を減らすことで給料が減ります。一方で、正社員は基本的に月給制なので、毎月安定した収入を得ることが可能です。会社によっては、正社員になればボーナスが支給される場合もあるので、生活面も安定するでしょう。

正社員は若いうちに目指すのがベター

週5勤務のバイトが正社員を目指すなら、若いうちに就活を始めましょう。その理由としては、フリーター期間が長引くほど正社員への就職率が低下するからです。
労働政策研究・研修機構(JILPT)の「労働政策研究報告書No. 199「大都市の若者の就業行動と意識の分化―「第4回 若者のワークスタイル調査」から―」によると、フリーター期間が1年を超えると正社員になれる割合が減っていくという結果が出ています。正社員を目指すのであれば、すぐに行動することが大事といえるでしょう。

フリーター継続期間と正社員になれた割合の画像

引用:「労働政策研究報告書No. 199「大都市の若者の就業行動と意識の分化―「第4回 若者のワークスタイル調査」から―(128p)

参照元
労働政策研究・研修機構(JILPT)
労働政策研究報告書No. 199「大都市の若者の就業行動と意識の分化―「第4回 若者のワークスタイル調査」から―

正社員を目指すのなら正社員登用制度を利用するのがおすすめ

正社員登用制度を導入している会社でバイトとして働き、制度を利用して就職するのも一つの手です。
この制度を利用することで、実際に働きながら職場の雰囲気や業務内容を知り、正社員を目指すべきか判断しやすいメリットがあります。登用制度の場合は、実績を重視してもらえる傾向があるので、学歴やスキルに自信がない人にとっても、大きなメリットであるといえるでしょう。
バイトから正社員になる方法については、「バイトから正社員になる方法とそれぞれの特徴」のコラムで詳しくご紹介しているので、あわせて参考にしてみてください。

正社員ならスキル次第で柔軟な働き方が可能

週5勤務のバイトと比べ、正社員なら同じ勤務時間でも収入や雇用を格段に安定させることができます。また、自分のスキル次第で柔軟に働くこともできるでしょう。
フリーターを続けても収入や雇用は不安定なまま。正社員になりスキルを磨くことで、週4勤務や時短勤務など自分の希望する働き方を叶える方法もあります。

「週5勤務ではなく週4勤務で働きたい」「バイトから正社員になり、安定した収入を得たい」と考えている方は、ハタラクティブにご相談ください。
ハタラクティブは、若年層を中心とした就職・転職支援サービスです。プロのアドバイザーがあなたの希望に合った求人をご紹介。応募書類の添削や面接対策なども行っているので、1人での就活に不安を感じている方も安心して利用できます。サービスの利用はすべて無料です。
「バイトと正社員、どちらの働き方が合っているのか分からない…」とお悩みの方も、まずはお気軽にご相談ください。

関連タグ

  • arrow