フリーターと無職の違いについて

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・フリーターと無職の大きな違いは、「働いているかどうか」

    ・就職を考える際は、正社員登用制度を活用するのも1つの方法

フリーターと無職は、どのような違いがあるのでしょうか。それぞれの意味を知りたい方や、正社員としての就職を考えている方は、コラムの内容を参考にしてみてください。

【関連記事】
フリーター就活のコツまるわかりガイド

♦フリーターと無職の違い 

フリーターとは、正社員として就職せず、アルバイトで生活している人のこと。無職は、文字通り、職に就いていないことを指す言葉です。

 つまり、フリーターと無職の大きな違いは、「働いているかどうか」だといえます。 

 

無職の人であっても、働く意欲のある方は多くいるでしょう。事情があって会社を退職し、転職活動を進めているというケースが多いかもしれません。

また、フリーターの人の中にも、ほかにやりたいことがあってアルバイトで生活する人もいれば、会社を辞めた後一時的にフリーターとなり、正社員就職を目指す人もいるでしょう。

 

フリーターとして働く人の中には、「正社員を目指したいけれど就活は大変そう」「正社員としての就職に不安がある」と考える方がいるかもしれません。

 

その場合、今働いているアルバイト先で正社員登用を目指すのも1つの方法です。

アルバイトで働いていたとしても、リーダーなどを務め、重要な役割を担っている場合はチャンスがあるかもしれません。 

 

ほかにも、正社員登用制度のある会社に契約社員として入社し、正社員を目指す方法があります。

 正社員としての就職に不安のあるときは、上記の方法を検討してみると良いでしょう。

 

 

 

◆就職の相談はハタラクティブへ 

正社員での就職を検討しているフリーターの方の中には、「自分に向いている仕事がわからない」「希望している企業に就職できるか不安」という方がいるかもしれません。その場合、エージェントに相談してみてはいかがでしょうか。

 

ハタラクティブは、フリーターや高卒、既卒、第二新卒などの若年層を対象に就職・転職支援を行うサービスです。

 

当サービスは、経験豊富なアドバイザーがカウンセリングで適性を把握し、あなたに合う求人をご紹介。入社後のミスマッチが起こらないよう、企業風土やその会社で働くメリット・デメリットを事前にお伝えします。

 

ハタラクティブは、応募書類の添削や面接対策をマンツーマン体制で実施。就職・転職支援サービスのご利用はすべて無料のため、ぜひご相談ください。

  

 

職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、多くの方が就職に成功されています。

おすすめ記事

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ハタラクティブとは

面接対策会

先輩インタビュー

お悩み相談室

フリーター就職のコツまるわかりガイド

生活のぷちコラム

お悩み相談室

フリーターの就職支援
サービス紹介

ページトップへ