フリーターは将来が不安って本当?生活していくための対処法を解説!

フリーターは将来が不安って本当?生活していくための対処法を解説!の画像

この記事のまとめ

  • フリーターの収入では、将来安定した生活費を確保し続けるのは難しい
  • フリーター生活のメリットはプライベートや仕事での自由度が高いこと
  • フリーター生活のデメリットは収入や雇用が安定せず、将来が不安定なこと
  • 将来に不安を感じたら、早い段階でフリーターから正社員への就職を目指そう

「フリーター生活で将来過ごしていけるか不安」と感じている方もいるでしょう。実際、フリーターの収入では、安定した生活費を確保し続けるのは難しい状況です。

このコラムでは、フリーターを続ける場合のメリットとデメリットと、生活がきつくなった場合の対処法について解説しています。フリーター生活を続けることに不安を感じている方は、参考にしてください。

こんなお悩みありませんか?
例えば
  • 向いてる仕事なんてあるのかな?
  • 避けたいことはあるけれど、
  • やりたいことが分からない・・・
私たちは「やりたいこと」から一緒に探します!
ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

\もう学歴・経歴に困らない!/

自分に向いている仕事を
簡単に診断してみましょう

性格でわかる
私の適職診断

さっそく診断START

フリーターとは?

フリーターとは、非正規雇用で働いているフリーアルバイターの略称のことをいいます。フリーターの定義は、年齢が15歳〜34歳で(学生と主婦を除く)、パート、アルバイト(派遣等を含む)および働く意思のある無職の人です。

参照元
総務省統計局
フリーターの人数

フリーターとニートの違い

フリーターとニートの大きな違いは、「働いているか・働いていないか」といえます。

前述したように、フリーターは「非正規で働いているパートかアルバイター」もしくは、「働く意思のある無職の人」です。1ヶ月のなかで働く期間が短かったとしても、働いた日が1日でもあればニートではなく、フリーターに分類されます。

一方ニートは、「一切働いていない」「働く意思がない」人たちのことを指します。

フリーターとアルバイトの違い

フリーターは、非正規雇用のフリーアルバイターの略称なので、「アルバイト」と同じ意味を持ちます。
「フリーアルバイター」の「フリー」とは、学生や社会人などの肩書がない人のことを指し、法律上ではフリーターもアルバイトもパートタイム労働者に該当します。
また、アルバイトは正社員よりも労働時間が短い傾向があり、企業と正規雇用契約を結びません。そのほか、契約時間や契約期間が定められていることが特徴です。

未経験OK多数!求人を見てみる

フリーターの将来が不安な6つの理由

フリーター生活を続けるデメリットは、収入面や雇用面の不安定さです。以下で6つのデメリットを詳しく解説していますので、メリットとあわせて理解しておきましょう。

1.収入が上がらない傾向がある

フリーターは昇給や賞与の対象とならない場合が多く、収入アップが期待しづらいというデメリットがあります。フリーターに対して昇給や賞与を支給する会社があっても、正社員より金額が少なめといえるでしょう。また、フリーターは昇進の機会がない可能性が多いため、長年働き続けても給料はほぼ横ばいです。

一方、正社員の場合は能力や就業年数によって昇給や昇進が図れるため、年齢を重ねることで収入が上がる傾向にあります。正社員とフリーターの収入差は、年齢とともに大きくなるでしょう。

日本の会社は年功序列制度が多い

近年日本でも、仕事の成果に合った報酬が出る「成果主義」の会社は増えてきていますが、現状は「年功序列制度」で給与を上げる会社が多い傾向にあります。

年齢や勤続年数によって給与が上がるのは、長く働き続ける人にとってありがたいことです。フリーターで長く働き続けるより、正社員で長く働いたほうがもらえる収入額が年々上がっていくメリットがあります。

2.生活や健康の変化が収入に影響する

フリーターの場合、怪我や病気、体力の衰えなどが原因で収入が減るというデメリットもあります。正社員であれば、怪我や病気をしても一時的に休職するという選択肢がありますが、時給制・日給制が多いフリーターの場合は、仕事を休めばその分収入は減少するでしょう。

また、年齢が上がっても同じ働き方ができるとは限りません。長時間働ける若いうちは、正社員より多くの収入を得ているフリーターもいるでしょう。しかし、年齢を重ねると体力の衰えにより労働時間が減ったり、条件に合う求人が見つからなかったりして、収入が得られないなどの問題が起きる可能性があります。

3.結婚できない可能性がある

将来、結婚を考えているフリーターの方もいるでしょう。

しかし、フリーターの中には結婚生活を送るための資金が足りず、結婚を実現できないこともあり得ます。将来結婚を考えている場合は、幸せな結婚生活を実現するためにも貯金をしなければなりません。また、その後家族が増えることを考えると、さらに必要な資金が増えます。

ある程度の収入がないと結婚が難しくなる可能性もあるので、将来を見据えて正社員になることを視野に入れておいたほうが良いでしょう。

4.社会的な信用が得にくい

安定した収入が見込めないフリーターは社会的な信用度が低く、賃貸やクレジットカードの契約、家や車を購入する際のローンなどの審査が通りにくいというデメリットがあります。また、生活への不安から結婚を躊躇したり、相手の親に反対されたりという事例もあるようです。

収入の不安定さから生活するうえで必要な手続きを行えず、思い描いていた将来像を実現できなくなる可能性があります。

5.将来就活をするときに応募できる求人が減る

年齢が上がるほど、応募できる正社員の求人の数は減っていきます。求人に年齢制限を設けることは法律で禁止されているとはいえ、柔軟性やポテンシャルを備えた若い人材を求める企業が多いため、若い人材のほうが採用されやすいのが現状です。

また、年齢が上がると正社員就職のハードルも上がります。30代、40代の人材に企業が期待するのは、これまでの経験を活かすことや即戦力になることです。専門的なスキルの取得が難しいフリーターは企業の期待に沿えない可能性が高く、選考で不利になってしまいます。

6.受け取れる年金が少ない

生涯フリーターでいた場合、受け取れる年金額が少ない可能性があります。日本の年金には、「国民年金」という誰もが加入しなければならない年金があり、フリーターの方も通常は国民年金に加入しているのです。そのため、年金保険料を毎月支払っていれば、将来年金を受け取れます。

しかし、将来受け取れる国民年金は決して多くはないのが現状です。万が一、国民年金が支払えていなかったり保険料を滞納していたりすると、将来受け取れる国民年金の金額がさらに少なくなってしまう可能性があるので注意しましょう。

フリーターと正社員がもらえる年金の違い

将来年金だけで暮らしていくときに、国民年金だけでは生活することが難しいのが現状です。一方、正社員は国民年金と厚生年金の両方を受け取れるので、ある程度暮らしていける額はもらえるでしょう。そこが、フリーターと正社員の年金の大きな違いといえます。

フリーター生活を続けることに不安を感じた方は、「フリーターの将来は不安?男女で違いはある?正社員になるためのコツを紹介」も参考にしてください。正社員のメリットやデメリット、就職のコツについて解説しています。

フリーターと正社員の生活の違い

フリーターと正社員の生活を比較すると、正社員は年齢を重ねると収入やキャリアが向上する一方、フリーター生活を続けると収入も増えずキャリアも積めないという違いがあります。

それぞれの違いを理解して、将来の選択肢を考える際に役立てましょう。

正社員は収入・キャリアの向上を図りやすい

正社員は収入やキャリアの向上を図る機会に恵まれており、勤務年数や実績が評価に結びつきます。毎年定期的に昇給を行う企業が多いため、正社員として働き続ければ給料は上昇していくといえるでしょう。

さらに、業績が順調な会社であれば、年に数回のボーナス支給や、昇格した際の役職手当の支給などによる収入の向上が見込まれます。正社員になって収入が安定することで、結婚やマイホームの購入など、その後のライフプランも立てやすくなるでしょう。

正社員には福利厚生がある

正社員には、「福利厚生」という暮らしに役立つサービスがあります。福利厚生は、企業が従業員に対して提供するものです。

具体的には、「家賃補助」「資格取得の支援」「健康保険」などがあり、企業に勤める従業員だけでなく、その家族のためのサービスにもなります。また、近年では福利厚生が充実した企業も増えており、従業員にとって働きやすい環境が整ってきているようです。

フリーターは収入やキャリアの向上が図りにくい

フリーターは年齢を重ねても、収入の増加やキャリアの向上が難しい傾向があります。昇給の機会に恵まれている正社員と違い、フリーターは給料の上昇があったとしても時給が多少上がる程度で、大幅な収入アップは見込めません。
また、フリーターは正社員のような昇格の機会が少なく、キャリアを積むのが困難な傾向です。

貯金が溜まりにくい

収入やキャリアが上がる見込みがなければ貯金も難しくなり、将来的に生活がきつくなる可能性があります。

正社員に比べ1ヶ月の収入が少なく、必要最低限の費用を払って暮らしたとしても、貯金をする余裕がある人はそこまで多くはないでしょう。また、フリーターはほとんどが時給制のため、万が一体調を崩してしまい出勤する回数が少なくなると、その分収入が減ってしまいます。

このように収入が不安定なことから、毎月決まった額を貯金するのは正社員と比べて難しいでしょう。

フリーターのリスクについてさらに知りたい方は、「フリーターとは?一人暮らしは実現できる?正社員就職のポイントも解説」を参考にしてください。フリーターと比較した正社員のメリットも詳しく解説しています。

フリーターの生活がきついと感じるときの対処法

フリーター生活がきついと感じた場合の対処法としては、生活保護の利用を検討したり、20代のうちであれば正社員を目指すなどの方法があります。

生活が大変になる前に、具体的な対処法を知っておきましょう。

あまりにきついときは生活保護を検討する

生活保護は、困窮度に応じて生活を支援する制度のことです。対象者の条件には、以下の4つが設定されています。

・すぐに活用できる資産を持っていない人
・親族からの援助が受けられない人
・正当な理由があって働けない人
・生活保護以外で利用できる公的制度がない人

ただし、フリーター生活が厳しくなったからといって、申請すれば必ず利用できるわけではありません。生活保護は「仕事をしなくても収入を得られる魅力的な制度」と思う方もいるかもしれませんが、本来は、生活を支援することで自立を促すための制度です。

本当に困窮した場合は頼るべきですが、自分の力で生活する努力は怠らないようにしましょう。

できるだけ早く正社員を目指す

若いうちであれば、正社員を目指すのがおすすめです。フリーターから正社員への就職は難しいと思われがちですが、若いうちであれば採用されるチャンスは十分にあります。正社員になるべきか迷っている方は、できるだけ早いうちに行動に移しましょう。

フリーターから正社員を目指す場合は、「フリーターから正社員になるには?就職活動の基本や受かりやすい求人を紹介」のコラムもぜひ参考にしてください。

若いほどポテンシャル採用のチャンスがある

正社員採用では、年齢が上がると経験やスキルが重視されますが、20代のうちであればポテンシャル採用のチャンスがあります。企業側が若い人材に求めるのは、スキルや経験よりも、意欲や将来の伸びしろといった点だからです。

若手の人材が不足している企業では、20代の未経験者を歓迎する傾向があります。なかには、教育のしやすさから、あえて経験の浅い若手を採用する企業もあるようです。

フリーター経験を活かして仕事への意欲や熱意をアピールすることで、未経験の分野でも採用につながります。フリーターから正社員を目指す場合、若いうちに挑戦するほうが有利です。

「フリーター生活を続けるのは将来が心配」「就職活動に不安がある」とお悩みの方はハタラクティブにご相談ください。ハタラクティブは、フリーターや第二新卒などの若年層を対象に、就職・転職支援を行うエージェントです。

専任のアドバイザーがカウンセリングで適性を把握し、あなたに合う仕事をご紹介いたします。ほかにも、ハタラクティブでは応募書類へのアドバイスや面接対策といったサポートをマンツーマンで実施しています。求職活動でお悩みの方は、お気軽にご相談ください。

フリーターによくあるお悩みQ&A

フリーターを続けることに不安や疑問を感じている方や将来が心配な方によくあるお悩みに、Q&A方式で回答します。

実家暮らしなら将来もずっとフリーター生活ができますか?

親族の資産も関わるため、「人による」のが実情です。
しかし、現実的に考えると、年老いてからもフリーターとして生活していくことは難しいでしょう。今は実家暮らしでゆとりがあっても、親も定年を迎えるときがきます。
その後、介護が必要になる可能性もあるでしょう。収入がなくなったうえ介護も必要となると、たとえ実家暮らしであっても生活を維持するのが大変になることが考えられます。もし、就職活動をお考えならハタラクティブへご相談ください。

フリーターから正社員になるメリットは?

充実した福利厚生を利用して、スキルアップやリフレッシュが図れます。教育制度やキャリアプランが整っている会社では、昇給や昇進はもちろん、キャリアチェンジも期待できるでしょう。安定性があるうえ、退職時には退職金が支給され、その後の生活でも安心感を得られます。
また、社会的な信用度も高く、ローンなどの審査も通りやすいです。
詳しくは「正社員のメリットとデメリットを解説!非正規社員とのちがいは?」をご確認ください。

フリーターから正社員になるデメリットを教えてください

非正規社員と比べて給与に見合った成果を期待されるため、業務量の多さや責任の重さが増します。また、仕事を引き継ぐのが難しい場合は、長期休暇が取りづらいこともあるでしょう。
会社の方針や事業内容によっては部署異動や転勤が伴うこともあり、働き方の自由度は低いといえます。
アルバイトと正社員の違いとは?メリット・デメリットや面接対策などを解説」でも詳しく解説しているので、参考にしてみてください。

フリーターから脱却するには何をすべきですか?

生活リズムが崩れている場合は、まず生活を整えることから始めましょう。毎日できるだけ同じスケジュールで過ごしてみてください。
そのあとに、自己分析や業界・企業研究を行い、興味のある分野・業種を絞っていきます。気になる業種が決まったら、自分に合いそうな求人を探しましょう。
フリーターを脱却したい!正社員になるための方法と今すぐやるべきこと3つ」でも正社員になる方法を紹介しているので、ぜひご覧ください。

この記事に関連するタグ