1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 第二新卒向けー模擬面接は必要?

第二新卒向けー模擬面接は必要?

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・模擬面接をすると、実際の面接で必要な自信が身につく

    ・第二新卒の面接では、経験を踏まえた回答を用意しよう

    ・模擬面接は、企業や面接官の視点を知るエージェントを活用すると効果的

第二新卒が模擬面接を行うメリットとは?

新卒としての就職活動はもちろん、企業の採用面接を一度クリアした経験のある第二新卒の方が、改めて模擬面接を行う意味はあるのでしょうか。

新卒と第二新卒の面接の違いについて知り、模擬面接の必要性を考えましょう。

◆模擬面接を行うメリットとは?

第三者を面接官に見立てて面接の練習をする模擬面接。「書類選考は通るけど、面接をなかなか突破できない」「面接で緊張してしまい自分の力を出し切れない」など、面接に対する不安や悩みを持つ方の中には「模擬面接」に期待している人も多いのではないでしょうか。 

模擬面接では、面接の雰囲気や質問の答え方を練習できるため、これから面接を控えている方にはメリットが沢山。質問されそうな事に対してスムーズに答える練習はもちろん、予期しない質問に対してどのように自分の考えを伝えたら良いかを学ぶことができます。 

模擬面接を繰り返し行うことで、自信を持って希望する企業の採用面接に挑めるようになるのではないでしょうか。 


◆新卒と第二新卒では面接内容が違う!

採用面接と一口に言っても、新卒と第二新卒では面接内容に違いがあります。特に第二新卒の方は、新卒時と同じような面接対策では不十分となってしまう場合があるため、注意が必要です。 

例えば、第二新卒の方は一度正社員として企業へ就職しているため、その経験を問われます。

「なぜ新卒で入った企業から転職を考えたのか」「前職ではどんな仕事をしていたか」など、前職を辞めるきっかけになった理由や前職の仕事への取り組み方を聞くことで、採用担当者は求職者のポテンシャルを見極めたり、採用の判断材料にすることもあるようです。 

第二新卒の方は、採用面接に挑む前に自分の経験を踏まえた回答を考えてておくとよいでしょう。

入社できた場合、どのように会社に貢献できるのかという点とそれを確信してもらえるような実績のアピールや経験を伝えることができれば、採用の可能性は高くなります。

企業にとっての第二新卒の価値は、前職で基本的なビジネスマナーを身につけている点。若く柔軟で教育コストを節約できる第二新卒は、転職市場で高い価値を持った存在といわれています。

そんな価値がある一方、第二新卒のマナー違反は新卒と比べて大幅に減点されるので注意が必要です。第二新卒の方は、一度社会人を経験した大人の態度で面接に臨みましょう。

◆模擬面接を最大限活用する方法!

模擬面接にはさまざまなメリットがあるとご紹介しましたが、以下のポイントを押さえることでより有効な活用が可能です。

【模擬面接前の準備をしっかりする】

本番の面接前には、企業研究を行い予想される質問への回答を準備します。模擬面接も本番と同様、しっかり準備をして臨むことで充実した時間となるでしょう。

模擬面接を受ける前に、入退室時のマナーや敬語の使い方、回答の内容は論理的で簡潔になってるかといった点を見直します。

練習だからといって手を抜かずに全力を出すことで、面接官役からのフィードバックの内容も的確になってくるでしょう。

【録音・録画をする】

自分の喋っている様子を記録する作業には、抵抗を覚える人が多いかもしれません。しかし質問に答えるのに夢中になっている面接中に、自分がどれくらいの音量で、どの程度の速さで喋っているか意識するのは難しいものです。

特に面接慣れしていない人は記録を振り返ることで、自分で思っている以上に弱弱しい声で回答していた、話がいったりきたりでまとまりがなかったということがわかるでしょう。また、録画映像を見ると姿勢の悪さや目線の泳ぎなどが一目瞭然。体を揺らしてしまう悪い癖なども一発で明らかになります。

面接では、回答内容と同じくらいに応募者の印象や話し方の癖などが評価を左右するといわれます。面接中の自分の姿を客観的に知るためにも、一度音声や映像での記録をとってみてはいかがですか?

【評価の良くなかった部分を見直す】

模擬面接が終わったら、面接官役の人は良かった点と悪かった点を教えてくれるでしょう。ここで大切なのが、マイナス評価を受けた箇所に関して理由を詳しく尋ね、改善策を練ることです。

模擬面接には面接の場に慣れるという意味合いもありますが、フィードバックを受けて対策を考えることで、実際の選考で同じ失敗をするのを防げます。


◆転職エージェントを活用した模擬面接

模擬面接の方法として、自分の家族や仲の良い友人に面接官役をやってもらうのも1つの手段ですが、より効果的に面接対策をしたい場合、面識のない第三者、可能なら複数の面接官役を立てて模擬練習をしてみましょう。

顔見知りでない人を相手に話す方が緊張感も増し、複数の面接官を立てることで面接官の多い個人面接の練習にもなるのです。 

そのような、より実践的な模擬面接をしたい時は、転職エージェントの利用がおすすめです。転職エージェントでは、求人紹介のほかにも応募書類の添削や模擬面接などを行っています。 

転職サービスのプロによって、志望動機のアピールの方法や企業や職種別の面接傾向などを詳しくアドバイスしてもらえるため、非常に効果的な練習方法といえるのではないでしょうか。 

◆プロによる面接対策が受けられるのは、就職・転職支援のハタラクティブ!

第二新卒をはじめ、既卒、フリーター向けの求人紹介サービスを提供する、ハタラクティブでは、専任の就活アドバイザーが模擬面接にも丁寧に対応いたします。

志望動機の効果的な伝え方をはじめ、自己PR方法や質問に対する回答のコツを詳しくアドバイス。受けたい企業で実際にあった質問を元に面接対策ができるのもポイントです。

さまざまな職種の正社員求人を多数取り揃えていますので、ぜひお気軽にご相談ください! 

関連キーワード

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

経歴に自信がなくても大丈夫!

マンツーマンの面談を通してあなたにぴったりな仕事を見つけましょう!

▼ ご相談はこちらから ▼

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

ページトップへ

簡単30秒!登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?

 

より良いサービスを提供するため
アンケート回答にご協力ください

Q1. 現在の就業状況を教えてください

Q2. 年齢を教えてください

※未回答の設問があります

ご回答ありがとうございます!

いただいた情報は今後のサービス改善のために
活用させていただきます。

閉じる