新型コロナウィルス対策について

新型コロナウイルス感染防止のため、一時的に
全支店のカウンセリングを一律「オンライン面談」にて実施いたします。また一部企業との面接もオンラインにて可能です。

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

 
  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 最終面接で合格率を上げるポイントとは

最終面接で合格率を上げるポイントとは

公開日:

【このページのまとめ】

  • ・最終面接を担当するのは社長や役員、部長など。合わないと判断されれば落ちるケースがある
    ・最終面接では企業とのマッチングを重視する傾向がある
    ・採用、不採用のサインはうわさ。企業や面接官によって異なるので意識ししすぎないように心掛ける
    ・最終面接前は、マナーや身だしなみのチェックをするとともに、志望動機や自己PRのクオリティを上げておく
    ・「志望順位」を聞かれたら「第一志望です」と答えると入社に対する意欲が伝わる

就職・転職活動において「最終面接」と聞くと、「内定が出たも同然」と考える人もいれば、「落ちたらどうしよう」と不安に感じる人もいるでしょう。
そこで、最終面接とはどんな面接なのか、最終面接で面接官が重視するポイントとは何かについて詳しくご紹介。
合格率を上げるにはどのようなことに気をつけるべきかを考えていきましょう。

◆最終面接は顔合わせの場ではない!

最終面接は「顔合わせ程度」という話を聞くこともありますが、それはごく一部の企業での話です。
最終面接の面接官を担当するのは、採用に対して最終的な判断を下すことができる社長や役員、部長などが一般的。
面接で失礼なことをしてしまったり、採用担当者が「企業に合わない」と判断すれば、落ちるケースがあります

とはいえ、最終面接に残るということは、「会社で活躍するかもしれない人材」として見られているということです。
少なくとも一次面接、二次面接では自分の能力や経験などが評価されて最終面接まで残ったのだという気持ちで、自信を持って最終面接に臨みましょう。


◆最終面接では何が見られている?

最終面接では、企業とのマッチングを重視する傾向があります。
企業とのマッチングとは、価値観が合うか、性格が合うか、仕事内容が合うかなど。企業と合わない人材を採用しても、職場のトラブルの原因になったり、会社と合わないという理由で離職してしまうリスクが高まります。

また、キャリアやスキルについては、それまでの面接で詳しく判断されているため、最終面接で詳しく追求されることは少ないでしょう。
最終面接では面接官に「この人と一緒に働きたい」「この人に働いて欲しい」というポジティブなイメージを与えることが大切です
志望動機や自己PRなど、面接官が気になったポイントを深掘りするケースがあるため、自分の意思をはっきりさせておきましょう。


◆採用サイン、不採用サインはあるの?

採用のサイン、不採用のサインが分かると、面接後の不安が少し和らぐこともあるでしょう。しかし、鵜呑みにするのは禁物。
「趣味を聞かれたら不合格のサイン」「面接が早く終わると不合格」「入社日または給与に関する具体的な話が出たら合格」など、さまざまなうわさがありますが、これらはどれも真偽は不明なものです。

合格・不合格を決めるのは、いつも同じ人とは限りません。また、企業によっても採用・不採用の判断は異なります。
サインはあくまでも“うわさ程度”と考え、しっかりと面接準備をしてから本番で力を出し切ることが大切です。


◆最終面接に向かう前の準備を万全に!

最終面接に向かう前に、基本的な身だしなみ、言葉遣い、マナーをチェックしておきましょう。
最終面接では面接官を担当する人の役職も上がるため、今までの面接より厳しく見られる可能性もあります。

また、応募書類を読み直し、志望動機や自己PRをより具体的に説明できるようにクオリティを上げておくと良いでしょう。
改めて企業研究や自己分析をすることで、新しい情報はないか、伝えもれはないかなど、悔いの残らないように準備を行いましょう


◆最終面接で志望順位を聞かれたら?

最終面接でよくある質問のひとつで、「弊社の志望順位は?」というものがあります。
ほかの企業と併願している場合、答えに困りがちな質問ですが、「第一志望です」と答えましょう。
真剣に就職活動をしているなら、全ての企業に対して入社したいという心積もりで臨んでいるのではないでしょうか。

迷いがあると、面接官は「本当に入社する気持ちがあるの?」とネガティブな印象を受けるほか、企業側は入社しないかもしれない人を採用するのはリスクに繋がる恐れがあります。
入社したいという強い気持ちを伝え、合格率を上げるためにも、「第一志望です」とはっきりと伝えることが大事です。

また、内定を辞退する際は、マナーを守り、誠意ある姿勢で採用担当者へ伝えます。
その際は、最終面接まで自分のために時間を取ってもらったという感謝の気持ちを忘れないようにしましょう。


どうしても最終面接が不安、何度挑戦しても最終面接に受からないという方はハタラクティブがお手伝いいたします。
ハタラクティブは、第二新卒、既卒、フリーターなどの若年層向け就職・転職サポートサービスです。
専任の就活アドバイザーに相談しながら求職活動が勧められるため、就職・転職活動の悩みを抱えている人におすすめ。
最終面接対策はもちろん、企業との交渉代行や入社後のフォローも行います。
1人での求職活動が不安な方は、ぜひお気軽にご相談ください!

関連キーワード

では

プロの就活アドバイザーがあなたを
マンツーマンでサポートします

フリーター専門エージェント認知度No.1

カウンセリング実績11万人以上

内定率80.4%

では

プロの就活アドバイザーがあなたを
マンツーマンでサポートします

フリーター専門エージェント認知度No.1

カウンセリング実績11万人以上

内定率80.4%

▼ ご相談はこちらから ▼

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

関連キーワード

簡単30秒!登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?

簡単30秒!登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?

ページトップへ