転職活動の心構え!最終面接のポイントとは

転職活動の心構え!最終面接のポイントとはの画像

この記事のまとめ

  • 1次、2次…と進んで最終面接まで受ける場合、面接官が見ているポイントが異なることを知っておこう 
  • 最終面接までしっかり企業研究をして事前準備を万全にするのが大切 
  • 最終面接で聞かれがちな定番の質問はしっかり答えられるようにしておこう 
  • 「面接対策がよく分からない」そんな時は第三者に相談するのも1つの方法

転職活動で最終面接まで進むと、もう受かったような気分になってしまう人がいます。最終難関とはいえ、度重なる面接の最終まで残れた達成感は得られるでしょう。中には、役職の方との顔合わせだと勘違いするケースも。 
また、最終面接だからと意気込んで本来の自分を出せないくらい緊張してしまう人もいるかもしれません。 
そこで今回は、転職活動の際の最終面接についてご紹介します。 
面接で何を見られるのか、面接までに何をしたらいいのかを詳しく見ていきましょう。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

◆最終面接…見られるポイントは? 

最終面接は顔合わせの場と捉え、中には油断してしまう人がいます。 
しかしながら、面接はしっかり採用基準に則っています。それを理解していないと採用への道が遠くなってしまうことにもなりかねません。 

・1次面接 

ビジネスマナーやコミュニケーションスキルといった、社会人としての基礎力を見ることが一般的です。 
転職のパターンでは、社会人基礎力を身に着けている前提で見られることもあるので、自身のビジネスマナーをチェックしておきましょう。 

・2次面接 

業務に必要なスキルや経験、ポテンシャルが備わっているかを重視されます。 
会社が求めている能力とマッチすれば、次のステップに進めるでしょう。 

・最終面接 

意欲的か、将来の展望を持っているか、会社の方針と求職者の考えがマッチしているかなどを見ています。 

◆最終面接の効果的な対策について 

自身の熱意や価値観を企業側にしっかり伝えるには、企業研究を深く行うこと、志望動機や自己PRを事前に準備することが大切です。質問をさらに深掘りされることを想定し、理由や見解を添えて回答できるようにしておきましょう。 

場合によっては、逆質問を求められることも。企業HPを参考に、役員に聞いておきたい質問をすることが可能なので、複数用意しておくとスムーズです。
しっかり受け答えしてイメージアップを図ることが採用への近道となるでしょう。 

◆最終面接での質問例 

では、最終面接で聞かれがちな質問を見ていきましょう。 

・志望動機と自己PR 

1次や2次でも同じことを聞かれるかもしれませんが、面接官は都度違います。「またか…」と思わず丁寧に回答しましょう。
志望動機と自己PRは、自身の能力を積極的にアピールできるチャンスです。面接中に即戦力となることを企業側に想像させるために、分かりやすく、かつ詳細に伝えられるように事前準備をしておきましょう。 

・転職活動状況 

「他に選考を受けている所はあるか」「もし内定がとれれば入社するか」など、転職活動の状況を聞かれることがあります。
この質問の意図としては、転職や仕事に対する意欲や将来の展望、会社とのマッチングを見られている傾向があるでしょう。最終面接では、自身の意欲や、会社の理念、ビジョンとどれだけ合うかが鍵となるようです。 
企業研究の成果が発揮される質問の1つといえます。 

・入社後に挑戦したいこと 

面接官は「働く覚悟はあるか」「チャレンジマインドは高いか」「創意工夫ができるか」などを知ろうとしています。 
「一緒に働きたい」と思わせられるよう、より具体的に自身の展望を伝えると効果的です。 


・分からないことはハタラクティブに相談 

このように、転職活動は、採用されるまでに様々な準備や心構えが必要になります。 
何もかもが円滑に進めば問題ありませんが、そう簡単にいかないのが現実です。 

そんな中、自身で転職活動をしていると「失敗していないか」「本当にこれで大丈夫か」と不安になりがち。 
とは言え、誰かにチェックしてもらうのも容易ではありません。 
そういった時に役立つのがハタラクティブです。 

ハタラクティブでは、転職活動を頑張るあなたのサポートを徹底して行います。 
無事に採用されるまで、面接対策、企業情報の共有など、1人では手が届かない部分を就活アドバイザーがカバーします。 
一度、ぜひご相談ください。

関連タグ