面接結果は翌日?一週間後?二週間後?

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. 面接コラムTOP
  4. >
  5. 面接結果は翌日?一週間後?二週間後?

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・面接の結果はだいたい1週間から2週間後に通知される
    ・面接結果の通知の早さと合否は関係ない

  • ・通知が遅くても採用されるケースはある
    ・面接で良い結果を出すには「面接対策」をしっかりやろう

採用面接が終わり、あとは結果を待つだけ…そんなときに結果連絡がなかなか来ないと、人によっては焦りや不安を感じる、仕事が手につかない、ストレスが溜まるということがあるようです。
特に志望度が高い企業の場合だと、結果を待つ時間が耐えられないという人もいるでしょう。
そこで今回は、面接結果はいつ頃届くのか、採用・不採用のサインはあるのかについてご紹介。コラムの内容を確認し、落ち着いて面接結果を待ちましょう。

◆面接の結果はいつ届く?

面接の結果は、企業によるため一概には言えませんが、1~2週間以内というのが一般的。
採用面接の最後に面接官から「1週間~2週間以内に返事をします」など、結果連絡日の目安を伝えられるケースもありますが、通知のタイミングは企業の採用状況によって前後します。

採用の場合は電話で、不採用の場合は郵送で知らされるというパターンが多く、募集が殺到したときや採用担当者が多忙なとき、手続きの多い企業では1ヶ月ほど掛かるケースもあるようです。

反対に、結果が早く出る場合は、面接日当日や翌日に返事が来ることも。
結果連絡がいつ来るのかを知りたい場合は、面接時に「いつ頃面接結果がいただけますか?」などと確認しておくと良いでしょう。

◆結果が遅い=不採用?

結果連絡が遅いと不安になり、「もしかしたら不採用?」とネガティブ思考になりがちです。
実際のところ、合否と結果の早さは関係があるとは限らず、結果連絡が遅くても採用されるケースはたくさんあります。

結果連絡が早いケースも同様に、採用か不採用かを判断する目安にはなりません。
採用する企業が「ぜひうちで働いて欲しい人材だ」と即判断するした場合にいち早く結果を出すことがある一方、会社に合わないと判断した場合にも早めに不採用の通知をすることがあります。

結果連絡が来るまで時間が掛かるということは、採用か否かを検討されていると考えることもできます。
「通知が遅いのは不採用のサイン」と不安な日々を過ごすより、「採用通知が来るかもしれない」という気持ちで落ち着いて結果連絡を待ちましょう。

結果連絡は待つものと考えるのが基本ですが、期限を過ぎてもなかなか結果が来ないときは、マナーに注意してメールや電話で問い合わせてみましょう。
その際は、「結果を教えてください」と結果を直接聞くのではなく、「面接結果はいつ頃通知されますか?」と結果連絡の予定を問う形にすると良いでしょう。
採用担当者は仕事中であること、忙しい可能性もあることを踏まえて、社会人としてのルールやマナーを守ることが大切です。

◆面接で内定を決めたいなら「面接対策」をしっかりやろう!

就職・転職活動で面接を何度か経験している人でも、書類選考は通るのに面接で落ちる、なかなか最終面接まで行かないというケースはあります。
そんなときは、「面接対策」が足りていないのかもしれません。
面接対策のやり方がよく分からない、面接対策をしっかり行って良い結果を出したいという人は、転職エージェントにアドバイスを貰ってみてはいかがでしょうか。

転職エージェントのひとつであるハタラクティブは、既卒・第二新卒・フリーターなどの若年層向けに就職・転職サポートサービスを提供しています。
求人紹介はもちろん、面接のスケジュール調整、面接結果が遅いときの企業とのやり取りを代行するサービスがあるので、スムーズに就職・転職活動が進められます。

また、これから就職・転職を始める人は、自己分析や企業研究のアドバイス、応募書類の添削サービスを利用するのがおすすめ。
面接で苦戦している人は、就活のプロと一緒に面接対策ができます。
転職エージェントのサポートに興味のある方は、ぜひお気軽にハタラクティブまでご相談ください。

職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、1,700人以上の方が就職に成功されています。

おすすめ記事

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ページトップへ