面接後に連絡が来ない場合は不採用?問い合わせの方法も紹介

面接後に連絡が来ない場合は不採用?問い合わせの方法も紹介の画像

【このページのまとめ】

  • ・面接後に連絡が来ないからといって、不採用とは限らない
  • ・採用か不採用かの連絡が面接後に来ないときは、選考に時間がかかっている場合がある
  • ・面接後に連絡が来ないときは、不採用の場合に備えて次の選考先を決めておく
  • ・選考結果を問い合わせる際は、合否を聞くのではなくいつ連絡が来るのかを尋ねる
  • ・面接後に連絡が来ない場合は、2~3週間をめどに企業に問い合わせると良い

 

「面接後にすぐ連絡が来ないけど不採用なの?」と不安に思う方もいるでしょう。選考結果の連絡はさまざまな事情により遅れることがあり、連絡が来ないから不採用とは限りません。このコラムでは、選考結果の連絡がなかなか来ない理由や企業への問い合わせ方を紹介。また、企業からの連絡を待っている間にしておくと良いこともまとめています。このコラムを参考に不安な点を解消して、気持ちよく次の行動に移れるようにしましょう。

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

オンライン面談実施中!【無料】就職相談はこちら

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです

ご相談はこちらから

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

面接後にすぐ連絡が来ないと不採用?

面接後に連絡がなかなか来ないからといって不採用かというと、そうとは限りません。面接を受けた企業にもさまざまな事情があり、連絡が遅れてしまう場合もあります。面接後に連絡がすぐに来ないからといって不採用と自己判断するのは危険です。ある程度気長に待ち、面接日から2~3週間経っても連絡がなかった場合は、問い合わせを検討するようにしましょう。

面接後の合否の連絡については「不採用の通知が来ない?サイレントお祈りとは」のコラムも参考にしてください。

不採用とは限らない?面接後にすぐ連絡が来ない原因

ここでは、面接後に企業からなかなか連絡が来ない原因を紹介します。不採用者には連絡をしない企業である場合は不採用である可能性が高いでしょう。しかし、選考に時間がかかっていたり、企業が忙しい時期だったりすると、採用が決まっていても連絡が遅くなることがあるようです。

選考に時間がかかっている

面接後に採用・不採用の連絡が来ないときは、選考自体に時間がかかっていることがあります。企業は一度に大勢を面接したり、評価を細かくしていたりすると、選考に時間がかかるのです。選考自体が終わっていないと、採用・不採用の結果に関わらず、すぐに連絡が来ない状況になります。自分が面接を受けたときの状況を思い返し、大規模な面接だった場合は気長に待つようにしましょう。

最終決定者が不在

面接者の最終決定をする役員が、出張やイレギュラーの業務で手が離せないと選考結果の連絡が来るまでに時間がかかることがあります。採用担当者がある程度選考を進めても、最終的な決定を下す人が不在だと結果の連絡はできません。このような場合は、最終決定者が対応できるまで合否が決定できないので、問い合わせても結果が分からないことがほとんどのようです。

採用担当者や企業自体が忙しい

採用担当者や面接を受けた企業自体が忙しい場合は、採用・不採用連絡に時間がかかります。採用に関する業務は、人事部が行う企業がほとんどです。人事部は、在籍している従業員の労務管理や人事異動といった業務も並行して行っているため、時期によっては採用業務だけに集中できないことがあります。また、面接を受けた企業が忙しいと、採用の決定権を持つ役職者がなかなか時間を取れないので、採用・不採用の決定に時間がかかってしまうようです。
面接を受けたあとになかなか連絡が来ない場合は、採用担当者や企業の事情も鑑みて、問い合わせをするか判断するようにしましょう。

合格者から先に連絡している

企業が内定者から優先的に連絡をしているため、不採用者への連絡がなかなか来ないということも考えられます。内定者がほかの企業を選ぶのを防ぐ目的で、内定から優先的に連絡し、不採用は後回しにする企業も多いようです。内定者が多ければそのぶん連絡が来るのは遅くなるでしょう。

次に備えての準備を
面接の手ごたえがなかった企業の面接後になかなか連絡が来ない場合は、不採用の可能性も考えて次の企業の面接準備を進めておくことをおすすめします。

不採用連絡をしない方針の企業だった

面接を受けた企業が、元々不採用者には連絡しない方針を取っている可能性も考えられます。就活生の間では「サイレントお祈り」と呼ばれているそうです。採用担当者の負担を減らすために、不採用者への連絡を省略する企業も多くあります。なお、この場合は「内定のみに連絡をします」と面接時に伝えられるケースが多いようです。ただし、「◯日までに連絡が来ないと不採用」という日程が不明瞭な場合は、面接から2~3週間後に問い合わせても問題ありません。

面接語にすぐ採用・不採用の連絡が来ない理由については「面接の結果が遅い理由とは?」のコラムも参考にしてください。

面接後に連絡が来ないときにしておくべき準備

ここでは、面接後に連絡が来ないときに、しておくと良い準備を紹介します。採用・不採用どちらの結果が出てもすぐ行動に移せるように準備しておきましょう

内定だった場合の確認事項を整理しておく

内定だった場合に備えて、確認すべきことを整理しておきましょう。内定を得た企業に入社するのか、ほかの企業の面接を受けるのかをあらかじめ決めておくとスムーズです。また、入社を決めた場合でも、勤務地や手続きなど考えることはたくさんあります。内定が決まっていないとはいえ、あとで慌てることのないように、頭の中でシミュレーションをしておきましょう。

不採用に備えて次の選考先を決めておく

面接後にすぐ連絡が来ない場合は、不採用に備えて次の選考先を決めておくのをおすすめします。内定を得る自信があるからといって何も準備をせずにいると、万が一不採用だったときに慌ててしまい、次の行動にすぐ移れない可能性も。また、不採用の想定をしていないと、いざというときに大きくショックを受けることになるでしょう。連絡が来るまでの時間を、興味のある選考先を探したり、面接の練習したりする時間に当てると、気持ちに余裕が出ます。

ほかの企業から連絡が来た際は慎重に検討する

第一志望の企業からの面接の連絡を待っている間に、ほかの企業から内定が出た場合は、慎重に判断するようにします。面接後に連絡が来ないと、焦ってしまうこともあるでしょう。しかし、選考に時間がかかっているだけで、実際は内定しているケースも十分考えられます。あまり志望していなかった企業への入社の返事をしたあとに、働きたかった会社からの内定通知が来たら大きく後悔する可能性も。企業によっては、ほかに受けた選考の結果が出るまで返答を待ってもらえる場合もあるため、焦って結論を出さないようにしましょう。

内定後すぐに結論を出さなくてはならない場合も
中には、内定後は入社の決断をすぐにしなくてはならない企業もあるようです。「第一志望の会社の内定に賭けるか」「リスクを犯さずに内定を出た会社に入社するか」のどちらにするかは、自分の気持ちや環境、周囲の人の意見も参考にして決めるようにしましょう。時間がないからといって焦って決断してしまうと、連絡を待っていた企業の選考が不採用だった場合に、一から選考先を探さなければなりません。焦らず、正しい判断をするのが大切です。

採用?不採用?面接後に連絡が来ないときは?

面接後に企業から採用・不採用の連絡が来ないときは、定められた期限までは待つようにしましょう。また、連絡が来る日程のみを尋ねるのがマナーです。

伝えられた期限までは待つ

面接後に採用・不採用の連絡が来ないときは、伝えられている期限まで問い合わせは避けましょう。面接時に「◯日の◯時に連絡します」と伝えられているのであれば、結果が気になる気持ちを抑え、期限まで待つのがマナーです。問い合わせを受けた企業の担当者は、催促されたような感情になる可能性があります。また、せっかちな人と思われ、選考に悪影響を与える可能もあるので注意が必要です。伝えられている期限がなかったり、期限を過ぎても連絡が来なかったりする場合は、面接から2~3週間を目安に問い合わせを検討しましょう。

合否を直接聞こうとしない

面接を受けた企業に選考結果を問い合わせる場合は、採用・不採用を直接確認するのは避けた方が良いでしょう。ストレートに自分の面接の結果を聞くと、企業の担当者を困らせる恐れがあります。また、マナーがなっていないと思われる可能性もあるので注意が必要です。企業に問い合わせる際は結果の連絡が来る日程だけを確認するようにしましょう。

面接結果の問い合わせについては「面接結果は問い合わせても良い?メールと電話の例文や返信方法も紹介」のコラムも参考にしてください。

【例文】面接後に連絡が来ないときの問い合わせ方

ここでは、面接後に採用・不採用の連絡が来ないときの問い合わせ方の例文を紹介します。企業に良い印象を与えられるよう、メールや電話のマナーを守って問い合わせましょう。

メールでの問い合わせ方法

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
件名:選考結果の問い合わせ(名前)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

本文:

◯株式会社 人事部 ◯◯様

お世話になっております。
先日面接の機会を頂戴した◯◯◯◯と申します。
お忙しいところ、ご対応ありがとうございました。

日の面接の結果連絡は、いつ頃を予定されていますでしょうか。

お忙しいところ恐縮ですが、教えて頂きたくメールをさせて頂きました。
お忙しいところ誠に恐縮ですが、ご連絡をお待ちしております。

◯◯◯(名前)

メールアドレス:◯◯◯◯@◯◯◯◯
電話番号◯◯◯ー◯◯◯◯ー◯◯◯◯

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

メールの文面はもちろん、誤字・脱字がないかも必ずチェックするようにしましょう。

電話での問い合わせ方法

電話で面接結果を問い合わせる際は、直接企業と話すため、メール以上に準備をしっかりする必要があります。

【自分】
「いつも大変お世話になっております。先日面接選考を受けさせて頂いた◯◯と申します。選考結果についてお伺いしたいことがありご連絡させて頂きました。採用担当の◯◯様はいらっしゃいますか?」

【企業の担当者】
「お電話代わりました。採用担当の◯◯です。」

【自分】
「お忙しいところ申し訳ございません。◯日に面接をして頂いた◯◯と申します。先日はお時間を頂戴しありがとうございました。本日は、選考結果について確認したくご連絡をさせて頂きました。選考結果の連絡をいつ頃に頂けるのかをお伺いしてもよろしいでしょうか。」

【企業の担当者】
「ご連絡が遅れていて申し訳ございません。◯日の午前中までにはご連絡差し上げます。」

【自分】
「承知いたしました。お忙しいところご対応ありがとうございました。失礼いたします。」

電話で問い合わせるときは聞きたいことを簡潔にまとめ、時間を取り過ぎないようにしましょう。

不採用通知を受け取ったあとの選考先を悩んでいる方はハタラクティブにご相談ください。ハタラクティブは若年層に特化した転職エージェントで、経験豊富なアドバイザーがマンツーマンで指導を行っています。
サービスの内容は、カウンセリングや求人提案、応募書類と面接の対策など。企業とのやり取りもすべてて代行いたしますので、忙しい在職中の転職活動も効率的に実現可能です。
ご相談だけのご利用も歓迎していますので、ぜひ気軽にお問い合わせください。

▼ ご相談はこちらから ▼

登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

みんなの就職エピソード

  • 周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月
    周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月

    就職前

    スポーツジム フロントスタッフ アルバイト

    就職後

    住宅機器等の製造・販売会社 営業

    詳細見る

  • “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職
    “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職

    就職前

    ホストクラブ ホスト

    就職後

    通信回線販売取次店 営業

    詳細見る

体験談 一覧

関連記事

  • arrow
  • youtubeIcn

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

特集

COLLECTION