新型コロナウィルス対策について

新型コロナウイルス感染防止のため、一時的に
全支店のカウンセリングを一律「オンライン面談」にて実施いたします。また一部企業との面接もオンラインにて可能です。

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

 
  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 内定承諾を待ってもらうには? メールや電話で伝える際の例文を紹介

内定承諾を待ってもらうには? メールや電話で伝える際の例文を紹介

公開日:

最終更新日:

内定承諾を待ってもらうには? メールや電話で伝える際の例文を紹介の画像

【このページのまとめ】

  • ・多くの企業では、内定の承諾を待ってもらうことが可能
    ・内定を承諾するか迷うときは、自分の希望条件を見つめなおす
    ・内定を保留にすると、入社意欲が低いと受け取られるリスクがある
    ・内定の承諾を待ってもらう場合は、誠実な姿勢と入社意欲を示すことが大事
    ・保留にする明確な理由と返答期限を伝えて、内定の承諾を待ってもらうのがマナー

監修者:多田健二

キャリアコンサルタント

今まで数々の20代の転職、面接アドバイス、キャリア相談にのってきました。受かる面接のコツをアドバイス致します!

就活や転職活動をしていて内定が出ると、「うれしいけれど、ほかの企業の選考も受けてみたい」「このまま入社して良いのだろうか」と悩むこともあるでしょう。このコラムでは、内定の承諾を保留にしたいという方に向けて、企業に連絡する際のポイントや例文、保留する場合のリスクなどをご紹介します。少しでも不安を解消して、自分が納得できる就職を目指しましょう。

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

オンライン面談実施中!【無料】就職相談はこちら

内定の承諾は待ってもらえる?

結論から述べると、内定の返事は、ほとんどの企業で待ってもらえます。
就職活動をする方が、複数の企業に応募していることは企業側も理解しているからです。多くの企業では、不安があるまま内定を承諾し、あとで辞退や早期退職をされるよりは、本人が納得したうえで入社を決めてほしいと考えるでしょう。

 

待ってもらうにはどうすればいい?

内定を保留にしたい場合、内定通知が届いたら、すぐに連絡をしましょう。その際、「返事をする期限」と「保留にしたい理由」を伝える必要があります。企業からの内定通知は、電話かメールで来ることがほとんどです。連絡が来たらすぐに自分の意志を伝えられるよう、事前に準備しておきましょう。

 

待ってくれない場合もある

時間や人件費を費やして採用活動を行う企業にとって、応募者の内定保留はリスクとなります。もし内定者が保留したあと辞退すれば、採用スケジュールを見直す必要が出てくるためです。すぐに承諾できない場合は、保留を受け入れてもらえず、ほかの候補者への内定を優先されてしまう可能性もあることを覚えておきましょう。

 

面接の場で内定を出されたら

第一志望でない場合や、入社に対して自分が納得できていないときは、面接の場で内定を伝えられても承諾を待ってもらう方が良いでしょう。よく考えずに承諾すれば、後悔することにも繋がります。最終面接に行く時点で、志望度や保留を依頼する際の理由を検討しておきましょう。

 

「とりあえず保留」は良くない

「すぐに決めるのが不安」「ほかの会社もいろいろ見たい」という漠然とした理由では、入社意欲が低いと受け取られてしまう可能性があります。先延ばしにするだけでは、納得のいく答えは出ないもの。保留にしたい理由を自分の中で明確にして、「何を検討したいから、保留にするのか」を企業に伝えることが大事です。

内定承諾を迷う理由と対処法

内定を承諾すべきか迷う代表的な理由は、「自分の進むべき道が分からない」「企業に対して疑問が残っている」「家族の同意がない」など。決断できない理由を明確にして、方向性を見定めましょう。

 

どの企業に行くべきか分からない 

自分のやりたい仕事が分からず、どの企業を選ぶべきか定まらないときは、自己分析や企業研究を行いましょう。自分の希望条件や価値観が内定をもらった企業とマッチしているか照らし合わせて、大きなズレがないかを確認します。また、将来、自分がその企業で働いている姿をイメージしてみるのもおすすめです。その姿が生き生きとしていなかったり、すぐに辞めてしまいそうだと感じたりするならば、その企業は自分に向いていない可能性もあります。

 

企業に対して疑問がある

希望する条件に優先順位をつけて、譲れないものを決めておくことも大事です。特に勤務条件に納得できるかどうかは、検討する際のポイント。「ワークライフバランスを大事にして働きたい」と思っていたのに、実際は残業や休日出勤が多ければ、「こんなはずではなかった」と後悔します。業務内容だけでなく、給与や勤務場所、残業時間などで気になることや疑問点があれば、内定を承諾する前に企業の担当者に確認しましょう。

 

現職の関係者に退職を引き留められた

退職の意志は固めているけれど、現職での交渉が難航している場合は、正直に内定先に現状を伝えましょう。「いつ」「誰に」退職の承認を得て、「何月何日」に退職する予定かというスケジュールを伝えることも大事です。進捗があれば連絡をして、入社意欲と誠意を示しましょう。しかし、退職したい理由が、人間関係や働き方への不満である場合、現職の所属部署や勤務時間などを変えることで不満を解消できる可能性も。上司や人事に相談して、改善の余地がありそうならば、現職に留まるのも一つの手です。
一方で、「転職してさらに経験を積みたい」「ほかの会社で挑戦したいことがある」など、今の会社では実現不可能でポジティブな理由であれば、始めは退職を惜しんだとしても、意志を尊重してくれるでしょう。
ただし、企業ごとに「退職希望日の一カ月前までに申し出る」という規定を定めている場合が一般的。退職を考える際は、規定を確認し余裕を持って伝えるだけでなく、繁忙期と重ならないようにするなど、現職の業務に迷惑をかけないための配慮も大切です。

 

家族の同意がない

家族に反対された場合、一人で判断して内定の承諾を受けてしまうと、あとでトラブルになることも考えられます。家族に「企業の業績」「業務の詳細」など入社したい企業の情報や、「入社するメリット」「入社したい理由」など納得してもらうための理由を、しっかりと説明しましょう。
また、家族や友人など、第三者の意見を参考にすることは大事ですが、実際に働くのは自分自身。自分が納得して入社を決めたならば、入社後に困難なことがあっても、人のせいにせず問題に立ち向かっていけるはずです。人の意見をそのまま鵜呑みにしないよう注意しましょう。

内定の承諾はどのくらいの期間待ってもらえる?

内定を待ってもらえる期間は、面接を受けた時期や、企業の方針によって異なります。通知を受けた際は、返答期限を指定されることがほとんど。返答期限は、通知から約1週間以内が一般的です。短いと3日以内ということも。指定の期日までに返事ができない場合は、延長できるか確認し、いつまで待ってほしいか伝えましょう。

 

新卒の場合

内定の通知から、3日~1週間以内に返答するのが一般的です。一方で、就活がスタートして早い時期に内定が出た場合は、2~3カ月程待ってくれることも。学生にできるだけ納得して入社してほしいので、他社の選考も受けて検討する猶予をくれる場合もあります。ただし、業界や企業によって異なるため、確認が必要です。

 

転職の場合

転職者のケースでも、内定の通知から、3日~1週間以内に返事をするのが一般的。ただし、企業によって様々なので、確認が必要です。採用を行う理由が「すぐに人手が欲しいから」「企業の成長のために、時間がかかってもマッチング度が高い人に入社してほしいから」など、企業によって異なるためです。
また、転職者は現職での退職交渉が必要な場合もあるでしょう。企業が「この人材がどうしても欲しい」と考えている場合は、1~3カ月程度の猶予をくれることもあります。

内定を保留するときのリスクは?

内定を保留すると、「第一志望ではないのか」と捉えられ、最悪の場合は内定取り消しになる可能性も。内定保留には少なからずリスクがあることを知っておきましょう。

 

第一志望でないことが伝わってしまう

面接では、「御社が第一志望です」「内定を頂いたらお受けします」と答えていたのに、いざ内定を受けて躊躇すると、本当は志望意欲が低いのかと受け取られる可能性があります。

 

内定取り消しになる可能性がある

企業も採用に時間をかけていますので、「せっかく内定を出したのに『保留』と言われたから、すぐに内定を取り消そう」と考えることは少ないでしょう。ただし、企業によって方針は異なりますので、「保留にしても大丈夫」という安易な考えは避けるべきです。
また、内定の保留中にほかの応募者がすぐに承諾すれば、そちらを採用することも考えられます。第一志望の企業ならば、内定通知を受けた時点で返事をするのがベストです。

内定承諾を待ってもらうときの伝え方とポイント

内定の連絡が来たら、出来るだけ早く、遅くとも24時間以内に返事をしましょう。返事を保留にする場合も、「検討し、期日までに返事をします」と一度連絡することが大事です。連絡が遅いと、不誠実な人だと思われてしまいます。自分の都合で待たせてしまうのだという気持ちを忘れずに、誠実な対応を心がけましょう。
また、連絡方法は、電話のあとにメールをするのがベスト。その際のポイントは「内定を受けた企業への入社意欲」「保留する理由」「期限」を伝えることです。

 

入社の意欲を示す

前項で述べたように、内定の保留を申し出ると、入社の意欲が低いと見られる可能性があります。内定を受けた企業に魅力を感じていることや、あくまで第一志望群と考えていて入社の意欲があることを伝えましょう。

 

保留する理由を明確に伝える

「ほかの企業も見てみたい」という漠然とした理由で保留を申し出たら、採用に時間を割いている企業は「自分たちの会社を真剣に受けてくれていないのかな」と思うでしょう。
企業に保留を伝える際は、「〇〇の分野をより追求したいため、ほかの選考も受けてベストな道を考えたい」「人生に関わる大事な決断になるので、家族に相談してから判断したい」など、相手が納得できる明確な理由を正直に伝えることも大事です。

 

返事の期限を伝える

「どのくらいの期間待ってもらえる?」でも説明したように、返答期限の目安は、遅くとも1週間以内と考えましょう。長い時間待たせると、印象が悪くなったり、ほかの候補者を優先されたりする可能性もあります。ただし、ほかの企業の選考を待ちたい場合は、その旨を相談し、いつまで待ってほしいか伝えましょう。

電話の例

内定を保留にしたいときは、担当者に伝えることが大事。電話をかけて担当者が不在ならば、戻る時間を確認し、「改めてこちらからかけ直します」という伝言をお願いしましょう。

 

例文

求職者:お世話になっております。〇〇と申します。人事部の◯◯様はいらっしゃいますでしょうか。
担当者:はい。私です。
求職者:この度は、内定のご連絡を頂戴し、誠にありがとうございます。御社から高くご評価をいただけて、大変うれしく思っております。入社のお返事についてですが、〇月〇日までご猶予を頂くことはできますでしょうか。
担当者:理由を教えていただけますか。
求職者:はい。実は他社の面接が〇日にございます。私は将来、〇〇の分野でさらに経験を広げてスキルを身に付けたいと考えております。その可能性をより広げられる道に進むために、他社のお話も伺ったうえで、判断したいと考えているためです。
担当者:承知しました。では、〇日までにお返事をお願いします。
求職者:ありがとうございます。私の都合で大変申し訳ございませんが、よろしくお願いいたします。

 

電話で伝える際のポイント

企業の営業時間を確認して、電話をかけましょう。開始直後や終了間際などの忙しい時間や、昼休憩の時間は避けるべきです。
また、途中で声が途切れたり、周りの音がうるさいということがないよう、静かで電波の良い場所を選びましょう。

メールの例

メールは、電話で内定保留の意思を伝えたあと、再度確認のために送ります。メールの目的は、文面に残すこと。企業の担当者は忙しいため、電話で伝えただけでは、お互いの認識がずれてしまう可能性も考えられるからです。

 

例文

件名: 内定保留のご連絡とお願いについて(名前:〇〇)

 

◯◯株式会社
採用担当◯◯様

 

お世話になっております。
◯◯です。
この度は、内定のご連絡をいただき、誠にありがとうございました。
貴社から高いご評価をいただけて、大変うれしく思います。
入社のお返事に関しまして、お電話でお伝えしたとおり、◯月◯日までお待ちいただきたく存じます。

 

理由は、他社の面接が〇月〇日にあり、そちらのお話を聞いた上で決断したいと考えているためです。
貴社にも大変魅力を感じておりますが、今後の人生に関わることですので、出来る限り悔いのない結果にしたいと考えております。
内定をいただいたにも関わらず、私の都合で誠に申し訳ございませんが、ご了承のほど、よろしくお願い申し上げます。

 

------------------------------
名前
住所
TEL:090-0000-0000
Email:xxx.xxx@xxxxxx.jp
------------------------------

 

メールで伝える際のポイント

「件名を見て一目で要件が分かるか」「自分の名前が文頭と文末にあるか」「誤字脱字はないか」「文章は乱れていないか」「お礼とお詫びを書いたか」など、メールを受け取る企業の担当者が分かりやすいように記すことが重要。声に出して文章を読み、入念にチェックしてから送りましょう。

内定を承諾するか迷ったら

人生を大きく左右する就職活動。一人で考えていても行き詰ったり、自分の決断が正しいのか迷ったりすることもあるでしょう。あなたをよく知る家族や友人、恩師に相談するほか、興味のある業界で働いている人に話を聞いてみることも、視野を広げる一つの手です。
一方で、迷うということは、あなたと企業のマッチング度が低いことも考えられます。20代で、より自分に合った仕事を探したいなら、ハタラクティブの活用をおすすめします。
ハタラクティブは、高卒や既卒、第二新卒、フリーターといった若年層向けの就職エージェントです。丁寧なヒアリングからあなたの性格や好みなどを把握し、お仕事を提案するので、「やりたいことが見つからない」という人も長く続けられるお仕事が見つかります。また、未経験歓迎の求人も豊富なので、職歴に関わらず就職に成功した実績も多数。興味のある方は、お気軽にご相談ください。

関連キーワード

ご利用者の口コミ

  • 真那

    私のカウンセラーの方がとても親身になって色々手伝って貰いました…

    2021/02/26

  • Kaede Komatsuzaki

    カウンセラーの方が親切丁寧に対応してくださり、初めての就職活動でし…

    2021/02/01

  • まり

    就活未経験だったのですが親身になって話を聞いてくださり的確なアドバ…

    2021/01/27

  • 大槻智映

    親身になって、最後まで手厚いサポートをしてくださいました!おかげで…

    2020/12/21

  • 加藤直哉

    紹介してくれる求人の質に関しては他社としっかり比較していないので分…

    2020/12/14

  • ka

    担当の方がとても親身になって相談に乗ってくださったので、第一希望の…

    2020/12/12

  • Dan

    担当の方のサポートが素晴らしかったおかげでトントン拍子に就活を進め…

    2020/12/01

  • 昔野貴方

    カウンセラーの方が親切で、こちらの事情にそって仕事先をいくつか紹介…

    2020/11/26

  • 鶴岡雅史

    とても親切で丁寧な対応だったと思います。この状況下で転職に対する不…

    2020/11/10

  • みやみや

    未経験のことで不安と緊張がありましたが、カウンセラーの方が丁寧に教…

    2020/10/01

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

経歴に自信がなくても大丈夫!

マンツーマンの面談を通してあなたにぴったりな仕事を見つけましょう!

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

関連キーワード

ページトップへ

簡単30秒!登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?

まずは情報収集から始めませんか

今のお気持ちはどちらに近いですか?

簡単30秒!登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?