これってオワハラ?具体例&対処法

これってオワハラ?具体例&対処法の画像

この記事のまとめ

  • 「オワハラ」とは「就活終われハラスメント」の略称。企業が優秀な学生を確保するために行う手段を指す
  • 内定や内々定後、面接を組み込んで時間的に拘束する、他社の内定辞退を強要するなどの手段で就活を阻止する
  • 内定承諾書などを取り交わした後でも内定辞退は違法ではない
  • 内定辞退はできるだけ早く、誠意を持って行うことが必要

就活中、内定や内々定後の就活をやめさせようとするオワハラ。せっかく得た内定を取るか、就活のチャンスを取るか……立場の強い企業側からのハラスメントに悩む学生も少なくないようです。
このコラムでは、オワハラの概要や対処法をまとめました。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

オワハラとは?

オワハラって何?

企業が就職活動中の企業が就職活動中の学生に対して、他社の選考に進まないようにハラスメントととれる言動をとることを指します。「就活終われハラスメント」を省略し、オワハラと呼ばれるのが一般的。
オワハラをする企業には、優秀な学生を他社に渡したくないという思惑があります。就活解禁が後ろ倒しになったこともあり、人材確保のためにハラスメント行為に及ぶ企業も増えてしまったようです。

もちろん、オワハラする企業ばかりではなく、「納得いくまで就活してください」「他社もみた上で決めて欲しい」という企業もあります。オワハラの手段があまりに悪質な場合、その会社はブラック企業である可能性も。その会社で自分が長く働き続けられるのかという視点で、慎重に検討することが大切です。

オワハラの具体例

・「他社を受けるな」という発言や、他社を受けるなら内定を出さないなどの条件を出す
・内々定後、面接や研修、イベントなどで行動を制限し、時間的に拘束する
・これまでの就活の状況を聞き出し、その場で内定辞退を強要する
・内定辞退を申し出た時、「そんなことは許されない」などと脅す

オワハラ対処法

オワハラにあったら

その場で誓約書を書かせようとする、他社への内定辞退を強要する、などの言動があった場合、毅然とした対応が大切。「一度持ち帰って検討させてください」と、自分の意思を伝えると良いでしょう。
その場で返答できないのは志望度が低いからだ、などと言われたとしても、「本当に御社で働きたいと思っているからこそ、しっかり考えて決断したい」と自分の姿勢を崩さないことが大切です。

内定後の辞退は違法?

内定承諾書や誓約書を書かせ、それを盾に内定辞退を違法だという企業もあるようですが、そんなことはありません。学生には職業を選択する自由があり、内定・内々定後も辞退することは可能です。また、そういった書類に法的拘束力はないため、企業に「訴える」などと言われた場合は、大学のキャリアセンターや弁護士などの専門家に相談し、指示を仰ぎましょう。

内定辞退は誠意を持って

中には志望度の低い企業の内定もとりあえずキープする、という学生の方もいるようですが、内定辞退は企業に少なからず迷惑をかけてしまう行為です。「内定辞退は権利だから」と連絡をないがしろにするのではなく、誠意を持って企業に向き合う姿勢が必要です。
たとえ同じ業界に就職しないとしても、人はどこでつながっているかわかりません。就活で関わる企業や人には、社会人として責任を持って接するようにしましょう。

ハタラクティブでは信頼できる企業を紹介!

ひとりでの就職活動に不安を抱えていませんか?そんなときは、プロの手を借りてみるのもおすすめです。
ハタラクティブは、若年層の正社員就職に特化した就職・転職支援サービス。実際に取材した企業の求人のみを紹介しているので、求人サイトには載っていない、優良企業の非公開求人も多数取り揃えています。

面接の日程調整や内定辞退などの事務的な部分もハタラクティブを経由して行うので、自己分析や面接に集中して就活を行えるのが魅力です。就活に不安がある、自分が正社員になれるか心配……という方にも、一人ひとりの強みを分析し、あなたらしく働ける企業が見つかるようサポートしています。
就活にお悩みの方、まずはお気軽にご相談ください。

この記事に関連するタグ