角が立たない、内定の断り方とは?

2017/05/22

【このページのまとめ】

  • ・内定のベストな断り方は、電話
    ・辞退するときは、できればすぐに対応し難しければ2~3日中を目指す
    ・連絡の際は、14時~17時の間が望ましい
    ・辞退理由は聞かれたら話すスタンスでOK

複数の企業へアプローチしている場合、希望の企業からの内定通知は、同時に他の企業の内定を辞退しなくてはならないという責任が伴います。「内定辞退ってどうするの?」「いつまでにすればいいの?」「辞退理由はなんと言えば穏便に済ませられる?」など、あなたの分からないにしっかり答えます。気持ちの良い断り方とは?

◆内定のベストな断り方

人を採用するには時間とコストがかかるもの。自分のために、時間を割いて面接をしてくれた・採用をしてくれた…そんな会社に対してあなたも誠意を見せましょう。

【電話がベスト】

内定を断るときは、電話で行います。理由は、3つ。1つ目は、早く相手に伝わるため。2つ目は、気持ちが伝わりやすく誠意を見せられるため。3つ目は、もしも相手を怒らせてしまった際、その場で謝罪などの対応をできるためです。メールでは素っ気なく感じてしまい、相手が読んだかどうか確実ではありません。
内容がネガティブなだけに、気まずいと感じ緊張するかもしれませんが、社会人としてのマナーを守るためにも電話をおすすめします。

【すぐ対応するのがベスト】

内定辞退のタイミングは、決めたらすぐにがベストです。断ることで、企業側には欠員が発生し、再調整を行う必要があります。円滑な入社準備に迷惑をかけてしまうことになるため、なるべく迅速な対応を心がけましょう。




◆電話連絡時のポイント

内定辞退の連絡に慣れている人はそうそういないと思います。謝罪の言葉をしっかりアピールしつつ、相手の時間を割かないようシンプルな内容が望ましいでしょう。例文をご紹介いたしますので、ぜひ参考にしてみてください。

~対応例~
会社:「お電話ありがとうございます。◯◯(会社名)、◯◯(電話を取った職員名)が承ります。」
あなた:「わたくし、◯◯(名前)と申します。内定をいただきました件でご連絡いたしました。お忙しいところ申し訳ございません。人事部の◯◯さまはいらっしゃいますでしょうか?」
会社:「少々お待ちくださいませ。」
あなた:「よろしくお願いいたします。」
(保留の音楽)
会社:「お電話代わりました、◯◯です。」
あなた:「お世話になっております。◯月◯日に内定をいただきました◯◯(名前)です。ただいまお時間よろしいでしょうか?」
会社:「お久しぶりです」
あなた:「この度は、内定をいただきありがとうございます。
本当に申し訳ないのですが、色々と検討した結果、今回御社の内定を辞退させていただきたいと思い、お電話いたしました。」
会社:「非常に残念なことですが、仕方ありませんね。ご連絡ありがとうございます。」
あなた:「ご迷惑をおかけし、大変申し訳ございません。何卒よろしくお願いします。それでは、失礼いたします。」

〈気をつけたいこと〉

・時間帯に注意
始業直後、昼休み、終業間際などの時間帯は避けたほうがいいと言われています。推奨時間は、14時から17時です。

・相手よりも後に電話を切る
相手側が切った音を確認してから、またはしばらく間をおいてから切電しましょう。

・理由は聞かれた場合にのみ話す
辞退理由を尋ねられるケースがあります。電話前に、相手が納得のいく理由を考えておくのが大切です。変に嘘をつくのでなく、正直に話しましょう。
理由で迷われる方もたくさんいらっしゃると思いますので、例文をご紹介しておきます。

●職種が理由の場合

「御社の他に面接を受けていた会社から、御社でいただいた◯◯職ではなく、◯◯職で内定をいただきました。大変悩みましたが、◯◯職の仕事が、私がやりたかったことに近く、このような決断となりました。貴重なお時間をいただき選考していただいたにも関わらず、このような形になり誠に申し訳ございません。」

●場所が理由の場合

「御社の他に地元の会社の面接を受けておりまして、最後まで悩んだのですが、生まれ育った地元で働き、貢献したいという思いを捨てきれず、このような決断となりました。貴重なお時間をいただき選考していただいたにも関わらず、このような形になり誠に申し訳ございません。」

●適性が理由の場合

「御社の他に面接を受けていた会社から内定をいただきました。大変悩んだのですが、自身の適性を鑑みた結果、そちらの会社での仕事が自身の適性に合っていると感じ、このような決断をさせていただきました。貴重なお時間をいただき、選考をしていただいたにも関わらず、このような形になり、誠に申し訳ございません。」




◆内定を断るときはリスクがあることも覚えておこう

「辞退するから、自分にはもう関係ない」そんなことを思っていませんか?内定先を辞退することでリスクが発生することもしっかり頭に入れておきましょう。
考えられるリスクは、将来的にその会社とクライアント関係になることです。何かしら結びつきがある可能性も無きにしもあらず。先を見据えて、企業側に失礼のない辞退を目指しましょう。




◆内定辞退をしない職場探し

ハタラクティブでは、就活のプロのアドバイザーが、あなたの適性や希望をしっかりヒアリングします
ニーズに添った優良求人をご紹介。転職をお考えの方も、初めて正社員にチャレンジしようという方も安心してピッタリな職場を見つけられます。

関連キーワード

職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、多くの方が就職に成功されています。

おすすめ記事

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ハタラクティブとは

面接対策会

先輩インタビュー

お悩み相談室

フリーター就職のコツまるわかりガイド

生活のぷちコラム

お悩み相談室

フリーターの就職支援
サービス紹介

ページトップへ