内定通知を受け取った後のお礼状とは?

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 内定通知を受け取った後のお礼状とは?

2017/05/22

【このページのまとめ】

  • ・内定後のお礼状を送ることにより、好感度アップなどのメリットがある
    ・お礼状は送らなくてもマナー違反ではない
    ・大切なのは自分の気持ちを伝えること
    ・手紙やメールでの書き方をご紹介
    ・手紙の場合はできるだけ直筆で書くのがベスト
    ・お礼状のタイミングはメールで当日、手紙で一週間以内。
    ・お世話になった方への感謝の気持ちも忘れずに

履歴書書きや面接など、就職活動でやるべきことはたくさんです。その努力が実り、晴れて内定通知を受け取ることができたあなたが、今後やるべきことは?
知っておいた方が良い、『内定後のお礼状』に関することを基礎知識からご紹介します。

◆そもそも内定後のお礼状って必要?

志望する企業からの嬉しい内定通知。受け取ったものの、その後に起こすべきアクションは?
お礼状を送ることは『絶対必要』なのでしょうか。

【お礼状は自分の気持ち次第】

就職活動をサポートしている高校や大学によっては、お礼状の書き方などを指導しているところもあります。
お礼状を送ることで、企業からの印象や期待が高まるというメリットがあるのも事実。
ですが、お礼状を送らなかったからといって『内定取り消し』になるようなことは、まずありません。
内定のお礼というのは、『出すべき』『出さなくていい』というものではなく、自発的な気持ちで取り組むのがベスト。
内定を受け取った時、あなたは内定先の企業にどんな気持ちを持ったでしょうか。
『今すぐ感謝の気持ちを伝えたい』『お世話になるから、入社前に挨拶しておきたい』と思う方はお礼状を出すといいでしょう。

◆お礼状出す場合、どんなことを意識すれば良いのか

お礼状を出す時期や内容、注意点などをご紹介します。

・タイミング

内定通知を受け取ったら、すぐに返信するのがベスト。早いものほど好印象です。手紙ならば最低1週間以内に届くようにすると良いでしょう。
もし、何らかの事情でお礼状を送りたくてもタイミングを逃してしまった方は、お詫びの文を忘れないことです。

・内容

まず、面接の時間を割いてくれたことや採用に対するお礼。入社に際しての意気込みや抱負などを書きます。

・気をつけること

先方の会社名や担当者名に誤りがないか確認してください。また、全体の誤字や脱字がないか年度か目を通してみることが大切です。
間違っていた場合は、新しい紙を使いましょう。修正液や修正テープなどを使うのはNGです。

・提出書類は一緒に送る

内定承諾書など、企業によって提出するものはさまざま。もし、先方に送らなければいけないものがあれば、お礼状を一緒に送ると良いでしょう。
ですが、書類準備などに時間を要する場合には、先にお礼状だけを送りましょう。

◆お礼状の書き方を教えます

お礼状を送る場合、できれば直筆の手紙で送るのがベストです。
ですが、近年ではメールで採用通知を送る会社も多くメールでお礼状を送るケースも多々見られます。
メールでお礼状を送る場合は、通知をもらってすぐ、当日までに送りましょう。

【お礼状~メール編例文~】

件名:採用内定のお礼

株式会社○○○
○○部 ○○○様


大変お世話になっております。
本日、貴社から内定通知をいただきました○○大学の○○と申します。

 先日はお忙しい中、お時間をいただきまして誠にありがとうございました。また、こ採用のお知らせを受け取り、私自身はもちろん、家族も大変喜んでおります。
本当にありがとうございます。

 1日も早く貴社の戦力になれるよう、精一杯努力する所存です。
まだまだ至らない点があるかと存じますが、ご指導のほどよろしくお願い申し上げます。

 まずは取り急ぎ、御礼を申し上げます。

(署名を記す)

例文を上げましたが、感謝の言葉や抱負はさまざまなので自分の気持ちをビジネスマナーに沿って書くことが大切です。
メールでのお礼状のポイントは・・・

・先方がひと目で『内定のお礼』と分かるような件名をつける
・書き始めのフォーマットを守る(送付相手の情報・挨拶・名乗り)
・内定通知のお礼の気持ち
・内定をもらった時の感想
・今後の意気込みや抱負
・締めの言葉
・自身の署名

上記のポイントを抑えて、メールのお礼状を送りましょう。


【お礼状~手紙編例文~】

拝啓

○○株式会社  御中
○○部  ○○○○○殿

 (時節の挨拶)の候、貴社におかれましては益々ご清栄のこととお詫び申し上げます。
 この度は内定の通知を頂きまして、誠にありがとうございます。
 貴社の発展に貢献できますよう、一社員として一生懸命精進致しますので、何卒よろしくお願い申し上げます。
 まずは書中をもちまして、内定の御礼を申し上げます。

                                               敬具
                                            (署名を記す)

手紙の冒頭、時節の挨拶では、手紙を送る時期により文言が変わるため、以下を参照ください。

・4月 春日の候
・5月 残春の候
・6月 初夏の候
・7月 向夏の候
・8月 季夏の候
・9月 初秋の候
・10月 爽秋の候

また、手紙でお礼状を送る際のポイントをご紹介します。

・できるだけ直筆の手紙がベスト
・内定のお礼
・内定の喜びを伝える(自分自身や周りの家族など)
・今後の意気込みと抱負
・締めの言葉
・自身の署名

2パターンのお礼状の例文をご紹介しました。
手紙やメールでのお礼状は、会社の風土などを把握し、その時々で使い分けることが大切です。

◆お世話になった方へのお礼状を書くことも大切です

就職活動中、お世話になった方はいるでしょうか。大学の先輩や教授、就職指導課など、人によりさまざまです。
周りの人に支えられながら就職活動を行った方は、お世話になった方への感謝の気持ちを伝えると、今後の人間関係にも良い影響があるでしょう。

【内定が出たら・・・】

・お礼状のほかに電話やメールでいち早く報告する(相手が迷惑でなければ電話がおすすめ)
・お礼状は手紙で、なるべく直筆が良い
・『追伸』をうまく利用するとより丁寧で、好感度も上がる
・感謝の気持ちを伝える
・メールでの場合は、件名をわかりやすくシンプルな内容に
・最後に署名を忘れずに書く

内定をもらった時のお礼状は、企業でもお世話になった方でも絶対に送らなければいけないというルールはありません。
決してマナー違反ではないので、あなたの気持ち次第で対応してください。
しかし、お礼状を受け取った人は、嬉しい気持ちになることは間違いないでしょう。

<関連記事>

◆就職活動をするならハタラクティブへ

ハタラクティブでは、既卒や第二新卒の方など若年層に特化した就職支援サービスを行っています。就活アドバイザーが、あなたの想いを大切に、しっかりとカウンセリングを行い、要望に沿った求人を紹介。また、未経験から正社員就職へのサポートも実施しています。
転職を考えるなら、まずはハタラクティブへご相談ください。

 

関連キーワード

職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、多くの方が就職に成功されています。

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ページトップへ