転職エージェント経由で内定辞退する方法は?しつこいときの対処法

転職エージェント経由で内定辞退する方法は?しつこいときの対処法の画像

この記事のまとめ

  • 転職エージェントを介してでも内定辞退をすることは可能
  • 企業の選考計画に影響するため内定辞退を決めたら早く連絡する
  • 転職エージェントに内定辞退をしつこく渋られたらはっきりと理由を伝えよう
  • 内定辞退ではなく内定保留も検討して転職エージェントに相談するのがおすすめ

転職エージェントを利用して就職や転職活動を行っていると、「希望とは合わないけどおすすめされたから」という理由で選考を受けることもあるでしょう。しかし、人生の決断となる就職・転職を改めて考えたときに、内定をもらっている企業で働くのは難しいと判断することも。この記事では、エージェント経由で内定辞退はできるのか、トラブルになったらどう対応するのかをまとめました。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

転職エージェント経由でも内定辞退はできる!

転職エージェント経由で応募した企業から内定が出ても、内定を辞退することは可能です
「第一希望の企業ではないけれどせっかく出た内定だから…」「仲介してくれている担当アドバイザーに申し訳ない気がする」と感じたりするかもしれませんが、納得がいかないまま転職しても、長続きせず短期間でまた転職…という結果になることも。本末転倒にならないためにも、自分に合っているか、長期的に働けるか、希望にあっているかを重視しましょう。

内定とは

そもそも内定とは「正式な雇用契約を結ぶ前の内々の決定」という意味合いを持つ言葉。労働契約は企業と労働者、双方合意の上で交わされる契約であるため、労働者側が受諾しないという結果もあり得ます。
また、転職活動において複数の企業を受けることは一般的なため、企業の採用担当者も内定辞退が発生することは想定しているでしょう。

転職エージェントの担当者に内定辞退を伝える

転職エージェントを介して転職活動をしている場合、内定辞退の意思は転職エージェントの担当者を通して企業に連絡するのが一般的です。
辞退の意向を伝えるには、応募先企業への直接連絡ではなく、エージェントの担当者に電話もしくはメールで報告しましょう。
転職エージェントを使った時の内定連絡の流れを紹介!辞退方法も解説」のコラムで、転職エージェントを利用した場合の内定の流れを確認しておくとスムーズな対応が叶います。

転職エージェントに内定辞退はいつ伝える?

内定辞退はなるべく早いタイミングで申し出ることが大切です。
何も伝えずに辞退を決め、入社当日に企業に出社しないということは絶対に避けましょう。
また、入社直前の辞退も避けるべき。新入社員を迎え入れるための準備を進めている企業と、仲介しているエージェントの双方に迷惑がかかるばかりでなく、エージェントにネガティブなイメージを抱かれ、その後の転職活動に影響が出る可能性があります。

内定辞退が企業に与える影響も考慮する

企業側としては内定辞退を受けると代わりの人材を見つける必要があるため、採用活動を再スタートさせます。採用活動には手間もコストもかかり大変だということを忘れずに。中小企業の場合、新入社員の入社にあたって組織の体制を変更するケースもあります。
また、早期に人材が欲しい企業は、内定辞退のあと急いで採用活動を再開しなければなりません。
内定が出たからといって入社の義務が生じることはありませんが、辞退を決めたらいち早く連絡しましょう。

選考の途中で辞退してもOK

多くの企業は一次面接・二次面接・最終面接というように段階的に選考の機会を設けています。
もし、選考の途中で応募している企業が自分に合わないと感じたら、次の選考に進まず辞退を申し出ましょう。
選考中に辞退する時の注意点は、面接直前の辞退を避けること。面接前日などのキャンセルは、日程を調整している転職エージェントと企業の双方に迷惑をかけてしまいます。

連絡は電話?メール?

内定辞退を決めたらできるだけ早く伝える必要があるので、電話が望ましいです。メールは送った記録が残るというメリットがありますが、相手に確認されたかわからないという欠点があります。返信がこない場合は電話で再度連絡を入れ、確実に用件が伝わるようにしましょう。

内定承諾書を出したあとは?

内定承諾書を提出したあとでも、内定辞退は可能です。
ただし、内定を承諾している状態は「労働契約」が締結されている状態。退職と同じく意思表示から2週間で労働契約は解除されます。
ただし、企業は内定を承諾書を提出している=入社の意思があると判断しているため、辞退はできるものの相手に大きな迷惑をかけることと認識しておきましょう。

内定辞退のときに転職エージェントに伝える内容

内定辞退のときに転職エージェントに伝える内容の画像

転職エージェントに内定辞退、あるいは選考途中での辞退を申し出る時は、その理由をきちんと説明することが大切です。
「エージェントとの関係が気まずくなるのでは?」と心配するかもしれませんが、正直に自分の気持ちを伝えれば、エージェントとの信頼関係は維持されます。内定辞退をしたとしても、転職の意思や熱意がある求職者に対して転職エージェントは手厚いサポートを続けてくれるでしょう。
「なぜ内定辞退をするのか」という理由をしっかり説明すると、次の求人を紹介する時にその情報を参考にすることができます。よりマッチした求人を紹介してもらうためにも、辞退の理由を詳しく伝え、転職エージェントとの十分なすり合わせを行うことが大切です。
以下に、メールでエージェントに連絡する際の例文を紹介しますので、参考にしてください。

内定辞退を連絡するメール例文

件名:内定辞退のお詫び

本文
○○エージェント株式会社
○○(担当者名)様

お世話になっております。○○です。
このたび、○○株式会社へのご紹介をいただきましてありがとうございました。
大変申し訳ありませんが、今回は内定を辞退したくご連絡を差し上げました。
理由としては、正社員という希望に対し契約社員での内定となり、雇用条件が合わなかったためです。
お手数をおかけいたしますが、○○株式会社のご担当者様へ辞退の旨をお伝え願えますでしょうか。
○○様にはご尽力いただいたにも関わらず、今回の内定を辞退することとなり、大変申し訳ありません。
私としてはやはり正社員としてがんばりたいという気持ちが大きく、引き続き転職活動に励む所存です。改めてご相談させていただきたいと思っておりますので、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
取り急ぎメールでのご連絡、失礼いたします。

○○○○(自分の名前)

伝える内容が内定辞退であっても、基本のビジネスマナーを守ることで印象がダウンすることなく、その後のやり取りがスムーズに進みます。

転職エージェントがしつこく内定辞退を渋るときは?

転職エージェントによっては、内定辞退を伝えてもしつこく入社するよう迫ったり、なかなか辞退の連絡をしてくれなかったりすることもあるようです。
しかし、内定の辞退は「内定の断り方やマナーとは?辞退を伝える電話やメールの例文をご紹介!」でも説明しているように、入社の2週間前までと定められています。入社まで2週間以上あるにも関わらずエージェントが辞退を認めない場合は、エージェントの本社や運営に連絡を入れることも検討しましょう。

転職エージェントが内定辞退を渋る理由

転職エージェントの効果的な使い方とは?登録から内定までを徹底解説」でも説明しているように、転職エージェントは成功報酬型が一般的。転職希望者が紹介先に入社することで紹介手数料を企業からもらうビジネスモデルのため、1件でも多くのマッチングを行いたいという気持ちから、内定辞退に対してしつこい対応をするエージェントもあるようです。
また、内定辞退者が出ることで企業との関係性が悪化することを懸念する転職エージェントもあるでしょう。

はっきりと内定辞退の理由と意思を伝えよう

転職エージェントに内定辞退を伝えても掛け合ってもらえない場合は、内定を辞退する理由をしっかりと伝えます。はっきりと辞退の理由を伝えることで、ミスマッチのない求人紹介に繋がる可能性が高まるでしょう。

対応に納得いかない場合は担当を変えてもらう

転職エージェントの担当者と性格や方向性が合わない場合は、運営に伝えて担当者を変更してもらうこともできます。ただし、担当を変えてもらっても対応が変わらない場合は、転職エージェントそのものが合ってない可能性も。利用する転職エージェント自体を変更することも検討してみましょう。

転職エージェントの言動に注目しよう

転職エージェントを利用していて、特定の求人をしつこく勧めてきたり「この内定を辞退するともう内定は出ない」と言ってきたりする担当者は注意したほうがいいでしょう。
本来であれば転職エージェントは、利用者が満足できる転職を手伝う立場のはず。しかしノルマや企業との関係性を重視しすぎるあまり、しつこい対応になってしまっているエージェントもあるようです。少しでも気になる点があったら担当者を変えてもらったり別のエージェントを利用したりすることも検討してみてください。

転職エージェントに内定辞退を伝える前にできること

内定辞退の原因のひとつには、自分の志望と異なる企業に応募していたということが挙げられます。
たとえば、業界の知識が不十分なまま企業に応募し、選考を経るなかで自分のやりたい仕事ではなかったと気づくパターンがあります。こういった事態は事前にエージェントから十分な情報を仕入れ、自分の適性や志望について話し合うことで避けられるのではないでしょうか。
また、転職エージェントに勧められた求人であっても、自分の志望や条件と合わないのであれば無理に選考に進む必要はありません。転職の軸を今一度しっかり考えてみましょう。

内定辞退ではなく内定保留も検討しよう

何社かの企業に応募し、同時進行で選考を進めている場合、第二志望の企業の内定が第一志望より先に出ることがあります。その場合は内定を辞退するのではなく、内定保留という選択肢があることを覚えておきましょう。意思決定を待ってもらえる期間は企業によって異なりますが、おおよそ1ヶ月以内のところが多いようです。
なお、内定を保留する際の企業への連絡も転職エージェントによって行われます。求職者はエージェントにあらかじめ受ける企業の志望順位を伝えておくことで、柔軟に対応してもらえるでしょう。

保留期間が長いと内定取り消しになる可能性がある

内定保留できる期間は1週間?電話・メールで印象を落とさず依頼するコツ」でも取り上げているように、内定を保留できるのは一般的に1週間程度。転職の場合は人材確保を早急に行う必要があるため、あまり長く保留していると企業から内定を取り消されてしまう可能性があります。

選考を受ける企業は厳選したい、できるだけ内定辞退や保留をせずにスムーズな転職を叶えたいと考えているなら、ハタラクティブを利用してみませんか?
ハタラクティブでは、ご利用者の意思や希望を最優先に考えた求人のご案内や転職サポートを行っています。万が一希望に合わない求人を提案されても、はっきり断っていただいてOK!
満足できる転職を叶えるために、マンツーマンでしっかりと希望をヒアリングいたします。

この記事に関連するタグ