新型コロナウィルス対策について

新型コロナウイルス感染防止のため、一時的に
全支店のカウンセリングを一律「オンライン面談」にて実施いたします。また一部企業との面接もオンラインにて可能です。

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

 
  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 内々定とは?内定との違いや新卒・転職での扱いについてご紹介!

内々定とは?内定との違いや新卒・転職での扱いについてご紹介!

公開日:

最終更新日:

内々定とは?内定との違いや新卒・転職での扱いについてご紹介!の画像

   
   
   

【このページのまとめ】

   
  • ・内々定とは採用予定通知のことで、主に新卒採用で用いられる用語
  • ・内定は採用が内々で決まっている状態を指し、内々定より一歩進んだ状態を指す
  • ・内々定や内定は、企業の経営悪化や採用定員超過により取り消される場合がある
  • ・経歴詐称や留年など、応募者側の事情により内々定や内定を取り消されることもある
  • ・内定取り消しに納得がいかなければ、専門家に相談できる
  • ・内定取り消しにあっても、「自分には合わなかった」と前を向くことが大切

監修者:室谷彩依

キャリアコンサルタント

就職アドバイザーとして培った経験と知識に基づいて一人ひとりに合った就活に関する提案やアドバイスを致します!

内々定と内定の違いは一体どのようなところなのでしょうか。内々定とは、採用予定通知のことで正式な労働契約を指す言葉ではありません。内定は採用が内々で決まっていることを指す用語で、内々定より一歩進んだ状態を指します。内定を取れば一安心というイメージもありますが、内々定や内定は取り消される場合もあり、油断は禁物です。このコラムで、内々定と内定の意味や、取り消された場合の対処法を確認しておきましょう。

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

オンライン面談実施中!【無料】就職相談はこちら

内々定とは?

内々定とは、企業側からの採用予定通知のことで、主に新卒採用で用いられる用語です。一般的に新卒採用では、10月1日以降に内定を出すとされています。そのため、有能な人材を他社に取られる前に確保しておきたい企業は、内々定通知を出すことで合格を伝えるようになりました。

なお、内々定は正式な労働契約を締結するものではないため、法的な拘束力は発生しません。

内定とは?

内定とは、労働契約を行う前段階として採用が内々で決まっている状態を指す用語です。一般的には、内定(採用)通知のあと、入社承諾書や採用承諾書により両者間で意思確認を行った時点で「始期付解約権留保付労働契約」が成立。労働契約書を交わすことで、「労働契約」が成立します。

内定通知の仕方は、書面・電話・メールなど企業によってさまざまです。入社を承諾すると、後日、内定承諾書や入社承諾書などの記入を求められる流れがあります。内定を承諾するのは、企業と労働契約を交わすこと、つまり法的拘束力が発生するということです。内定を承諾する際には、給与・勤務条件・待遇などに不明な点や気になる点はないかどうかを確認し、疑問を払拭した状態にしましょう。

内々定と内定の違い

内々定と内定の大きな違いは、法的拘束関係が発生するかしないかといった点です。内定を承諾すると、労働契約の成立と見なされるため、企業側の内定の取り消しは解雇と同様の意味・効力を発揮します。

転職者の場合、内々定は発生しない?

転職者には、内々定は発生しません。先述したように、内々定とは新卒採用ルールにより内定を出せる期間が決まっている新卒者に対して、内定を約束するための言葉です。いつでも内定を出せる転職者には内々定という概念はなく、すぐに内定扱いとなります。

内々定(内定)は絶対じゃない!取り消されるケース

内々定や内定は、企業側から取り消されることがあります。もちろん、内定や内々定をむやみやたらに取り消されるわけではありませんので、安心してください。

先述したように、内定の取り消しは解雇扱いとなるため、よほどのことがない限り内定の取り消しはできません。内々定は解雇扱いになりませんが、それでも正当な理由なく行えば企業イメージを損なう恐れがあり、簡単に取り消される可能性は低いといえるでしょう。

ではなぜ、内々定や内定を取り消される場合があるのか、以下で詳しく解説していきます。

企業側に問題がある

企業側に問題があり人員の確保が難しくなると、内定の取り消しを行う場合があります。企業側の問題とは、会社の経営状態の悪化や内定者を出し過ぎたことによる定員超過などがよくある例です。応募者側にとって、会社都合で取り消されるのは納得がいかないものですが、このようなケースもあることも覚えておきましょう。

応募者側に問題がある

応募者側の問題により、内定を取り消されるパターンもあります。応募者側の問題とは、留年や健康状態の悪化により入社が難しいと判断される場合や、学歴詐称や法に触れる犯罪を犯した場合などです。ほかに、軽い気持ちでSNSにアップした悪ふざけの投稿が企業側の目に留まり、内定が取り消されたケースも。内々定や内定が出たからと安心せず、社会人としてのモラル・マナーを意識した節度ある行動を心掛けることが大切です。

内々定(内定)を辞退する際に注意する4つのポイント

内々定や内定を自分から辞退する際は、以下の点に注意するようにしてください。

1.まず初めに本当に辞退して良いか考える

必ず「本当にその会社を辞退すべきか」をよく考えましょう。内々定や内定を断った以上、再度選考を受け採用に至るのは非常に難しいといえます。断ってから「やっぱりあの会社にしておけば良かった…」と後悔することのないよう、熟考するようにしてください。

2.辞退した先のことも考える

内々定や内定を断った会社が就職先のお得意さまだったというのは珍しい話ではありません。特に、内々定は法的拘束力が発生しないため応募者側から辞退しやすいですが、だからといって不義理な対応をしないよう気をつけましょう。

3.できるだけ早く連絡する

内々定や内定を辞退する際は、できるだけ早く連絡をしましょう。就活・転職活動では、複数の企業へ応募することが多いので、就職する一社以外の内々定・内定はきちんと断らなくてはなりません。判断が遅いと企業の迷惑になり、マイナスイメージを与えてしまうことも。そうならないためにも、辞退を決めたらすぐに連絡を取れるよう準備しておきましょう。

4.失礼のないようにマナーを心掛ける

「辞退すればもう関わることはない」と考え、要件だけメールを送って終わりにしないようにしましょう。辞退する際は、電話連絡をするのがマナーです。自分を選んでくれた企業には丁寧にあいさつやお礼をするなどして、最後まで敬意を払いましょう。事項では、連絡に役立つ例文をご紹介しているので、ぜひ役立ててください。

内々定(内定)を辞退する際に役立つ例文集

ここでは、内々定や内定を辞退する際に役立つ電話の会話例とメールの文章例をご紹介します。考えなしに連絡をするのは良くありません。「何を伝えたら…」と迷ったら、例文を参考にメモを作成しておくのがおすすめです。

電話の会話例

電話連絡をする際は、相手が聞き取りやすい声の大きさ、スピードを心がけましょう。電波の良い場所で発信するのも忘れないでください。

(1)名前を名乗り、担当者に取り次いでもらう
「お世話になっております。先日、内々定のご連絡をいただいた◯◯と申します。お忙しいところ恐れ入りますが、人事部採用担当の◯◯様はご在席でしょうか?」

(2)担当者にも名乗り、電話に対応できる状態かを確認する
「お世話になっております。私、内々定のご連絡をいただいた◯◯と申します。ただ今お時間よろしいでしょうか?」

(3)用件を簡潔・丁寧に伝える
「先日は内々定のと連絡をありがとうございました。せっかく内々定をいただいたのですが、諸般の事情により内々定を辞退したくご連絡いたしました」

(4)電話で連絡したことをお詫びする
「本来ならば、直接お詫びにお伺いすべきところ、お電話でのご連絡となり申し訳ありません」

(5)最後に再度お詫びをして終了する
「お忙しいなか、貴重なお時間をいただいたにも関わらずこのような形となり、誠に申し訳ございませんでした。それでは失礼いたします」

辞退理由については、詳しく聞かれることもあります。聞かれたときは落ち着いて、「ほかの企業から内定をいただき、自分なりによく考えた結果、そちらへ入社することに決心いたしました」というように答えればOKです。辞退理由を答えるのは義務ではありませんので、自分から言わずに聞かれた場合にのみ答えるようにすると良いでしょう。理由は正直に話してかまいませんが、失礼のないように気をつけてください。

電話連絡後のメール文章例

電話連絡をしたあとは、以下の文章例を参考に記録に残るメールを送ると良いでしょう。

株式会社◯◯
人事部 ◯◯様

お世話になっております。先日、内々定の通知をいただきました◯◯です。
先程お電話いたしましたが、メールでもご連絡いたします。

この度は、内々定をいただきましたが、諸般の事情により辞退いたしたく、ご連絡を差し上げました。

お忙しいなか面接をしていただいたにも関わらずこのような結果になり、誠に申し訳ございません。就職活動中には、貴社から多くのことを学ばせていただき、心から感謝しております。
 
本来であれば、直接お詫びにお伺いすべきところ、電話やメールでのご連絡となりますこと、何卒ご容赦くださいますようお願い申し上げます。

末筆ながら、貴社ますますのご発展を心よりお祈り申し上げます。 

◯◯(氏名)
000-1111-2222(連絡先)
01234@××.××(メールアドレス)

件名は、「内々定辞退のご連絡【氏名】」など、相手がひと目で理解できる内容にするのがポイントです。企業は多くのメールを取り扱うため、相手の負担にならないよう分かりやすい文面を心がけてください。また、誰から送られてきたメールか分かるよう、氏名と連絡先も忘れずに記載しましょう。

内々定(内定)を取り消されたときの対処法

ここでは、自分から辞退するのではなく、内々定や内定の取り消しに合ったときの対処法をご紹介します。一方的な取り消しは納得いかないものですが、以下のように考えることも可能です。

納得がいかない場合は専門家に相談できる

会社から十分な説明がなく取り消しに納得のいかない場合は、専門家に相談するのも一つの手です。厚生労働省では、各都道府県労働局や全国の労働基準監督署に「総合労働相談コーナー」を設置しています。就活生や社会人関わらず、無料で相談可能です。相談は電話や面談形式で行われ、秘密は厳守されます。

「合わなかっただけ」と捉え、前向きに行動する

内々定や内定を取り消した企業とは、「自分に合わなかった」「就職しても上手くいかなかった」と前向きに捉え、次の行動に進みましょう。経歴詐称や留年など、自分の行動により内々定や内定を取り消された場合は例外として、自らの非がないにも関わらず取り消しにあえば、納得できないのは当然のことです。

しかし、会社都合で内々定や内定を取り消す会社は、経営が傾いていたり、採用の管理が不十分だったりするなど、マイナス面も大きかったのではないでしょうか。過ぎたことを悩み続けても、貴重な就職機会を減らしてしまいます。次の就職・転職活動に目標をシフトすることで、今の状況を変えられるはずです。

気持ちを切り替えて就職・転職活動を行うなら、若年層向けの就職・転職サポートサービスのハタラクティブに相談してみてはいかがでしょうか。

ハタラクティブを利用した場合の内定率は、80.4%(2020年7月時点)。内定までの期間は最短2週間で、平均でも3週間程度です。サポート内容は、カウンセリングをもとにした求人紹介をはじめ、効果的な履歴書の作成方法や面接対策のアドバイス、スケジュール調整、入社後の定期的なフォローなど。これらのサポートは無料でご利用いただけるので、就活・転職活動にお悩みの方は、ぜひお気軽にご相談ください。

参照元
厚生労働省
総合労働相談コーナーのご案内

内定・内々定に関するQ&A

ここでは、内定や内々定に関するよくある疑問についてお答えします。「内定保留の期限は?」「辞退の連絡はメールで良い?」など、知りたい方はぜひチェックしてみてください。

内定と内々定は何が違うの?

内定は正式な労働契約、内々定は正式な労働契約ではないという点に違いがあります。内々定は企業からの「採用予定通知」であり、「今後内定を出すと約束する」という意味合いがあります。また、内々定は最終面接合格から入社までに間がある新卒採用でよく使われる言葉です。

内定承諾の回答はどのくらい保留できる?

1週間程度が目安です。早いと2~3日の場合もあります。他社の選考結果を待つための保留はある程度仕方ありませんが、内定取り消しのリスクがあることは覚えておきましょう。返事が遅れそうなときは、そうと分かった時点で早めに連絡を入れてください。詳しい内定保留の方法は、「内定保留するときのポイント」でご確認いただけます。

内定辞退はメールで良い?

内定辞退の連絡は、電話するのがマナーとされています。辞退を決心したら、企業に迷惑をかけないためにも早めに連絡を入れましょう。辞退する際は、選考に時間をとってもらったことへの感謝を述べつつ、辞退したい旨と謝罪を述べます。内定辞退の方法については、「内定辞退はしてもいい?電話・メールそれぞれの断り方とマナー」をご覧ください。

内定から入社までの期間はどのくらい?

転職の場合、内定通知から入社までの期間は1~3ヶ月程度。急募であれば1ヶ月、退職手続きが必要な在職中の方は2~3ヶ月程度が目安でしょう。入社を待ってもらえる期間は企業によって異なるため、面接時に確認することが大事です。入社までに期間が必要な場合は、事情を説明して入社日交渉を行いましょう。転職エージェントのハタラクティブなら、入社日交渉の代行サービスをご利用いただけます。

関連キーワード

ご利用者の口コミ

  • 真那

    私のカウンセラーの方がとても親身になって色々手伝って貰いました …

    2021/02/26

  • Kaede Komatsuzaki

    カウンセラーの方が親切丁寧に対応してくださり、初めての就職活動でし…

    2021/02/01

  • まり

    就活未経験だったのですが親身になって話を聞いてくださり的確なアドバ…

    2021/01/27

  • 大槻智映

    親身になって、最後まで手厚いサポートをしてくださいました!おかげで…

    2020/12/21

  • 加藤直哉

    紹介してくれる求人の質に関しては他社としっかり比較していないので分…

    2020/12/14

  • ka

    担当の方がとても親身になって相談に乗ってくださったので、第一希望の…

    2020/12/12

  • Dan

    担当の方のサポートが素晴らしかったおかげでトントン拍子に就活を進め…

    2020/12/01

  • 昔野貴方

    カウンセラーの方が親切で、こちらの事情にそって仕事先をいくつか紹介…

    2020/11/26

  • 鶴岡雅史

    とても親切で丁寧な対応だったと思います。この状況下で転職に対する不…

    2020/11/10

  • みやみや

    未経験のことで不安と緊張がありましたが、カウンセラーの方が丁寧に教…

    2020/10/01

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

経歴に自信がなくても大丈夫!

マンツーマンの面談を通してあなたにぴったりな仕事を見つけましょう!

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

ページトップへ

簡単30秒!登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?

簡単30秒!登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?