転職活動においての最終面接って?

公開日:

【このページのまとめ】

  • ・最終面接は社風とのマッチングが重要
    ・転職活動の最終面接では、ビジネスマナーや敬語などの基本的な部分が求められる
    ・一貫性のある志望動機や自己PRを準備することが大事
    ・企業や業界研究を行なって自身と企業を結びつける
    ・一人の転職活動が不安な方はハタラクティブへご相談ください

転職活動において「2次選考が通れば最終面接!」「最終面接まで来れば安心だ」と意気込んでいる人も多いのではないでしょうか。
こちらのコラムでは、最終面接について解説しながら、面接時のポイントや対策方法についても紹介します。
最終面接という難関を一緒に乗り越えていきましょう!

◆最終面接と1次・2次面接の違い

ほどんどの企業は面接の機会を2~3回設けているかと考えられます。
1次・2次面接は現場の責任者などが行うのに対して、最終面接は社長や役員など会社の中枢部の人間が行うのが特徴です。
それぞれの面接では、担当者や質問内容が異なることがほとんど。
ここで注意しておきたいのが、最終面接まで進むことができればほぼ合格!というわけではありません。
最終面接では、求職者のスキルや経歴だけではなく、社風や企業のビジョンとのマッチングが重要になってきます。
その企業に勤めることで何をしたいのかが、会社の向いている方針と合っているかなどが見られます。


◆転職時ならではの最終面接のポイントとは

転職時の最終面接では、新卒時代とは違って社会人としての経験がある分、ビジネスマナーや敬語がきちんとできているかなどの基本的な部分が求められます。
業務を通じてどのようなスキルを身に着けてきたのか、それをどう役立てられるのかを明確にして面接に挑みましょう。
表面的ではない具体的な将来のビジョンを見据え、長期的なキャリアプランを描くことでその企業でどのように活躍できるかがわかってきます。

また、面接では考えた例文をそのまま覚えていくのは控えましょう。
深く掘り下げられても応えられるよう、一貫性のある志望動機や自己PRを準備しておくことが大切です。
「この仕事がしたい、ここで働きたい」という意欲を的確に相手へ伝えます。
退職理由は必ず問われるので、ネガティブな表現は避け、志望動機に結びつくような前向きな理由を用意しておきましょう。


◆企業によって対策方法は異なる

最終面接の選考基準は会社によって違うので、事前の念入りな企業研究が必要です。
どれだけスキルが高くても、社風に合わないと判断されると不採用という結果になってしまいます。
企業ホームページの確認や業界研究をしっかりと行って、自身と企業を結びつけましょう。

それでも「どのように対策をしたらいいか分からない」「志望動機はこの内容でいいのか不安」などと思う場合は、転職エージェントを活用してみてはいかがでしょうか。
転職するならハタラクティブへお気軽にご相談ください。
ハタラクティブでは、若年層に特化して就職支援サービスを行なっています。

本番の面接も緊張せず行えるよう、専門のアドバイザーが書類作成から面接対策までサポート。
マンツーマンでの手厚い対応で、希望する仕事を勝ち取りましょう!

関連キーワード

職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、多くの方が就職に成功されています。

おすすめ記事

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ハタラクティブとは

面接対策会

先輩インタビュー

お悩み相談室

フリーター就職のコツまるわかりガイド

生活のぷちコラム

お悩み相談室

フリーターの就職支援
サービス紹介

ページトップへ