1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 最終面接に落ちる原因とは?内定を獲得する方法

最終面接に落ちる原因とは?内定を獲得する方法

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・最終面接では社長や役員が面接官となり、自社に相応しい人材かどうかを判断している
    ・最終面接で落ちる可能性を減らすためには、事前の対策が重要
    ・合格フラグや不採用フラグに惑わされず、自分にできることをやろう

最終面接は意思確認の場と言われることもありますが、落ちてしまう人がいるのも事実。面接官は、最終面接で一体何を判断しているのでしょうか。 
このコラムでは、最終面接に落ちてしまう原因や対策についてまとめました。

最終面接の役割と落ちる原因

最終面接とは、事業を担っている人物が、応募者が自社に合う人材かどうかを見極めるもの。そのため、面接官は経営者としての視点を持っている、役員や社長が務めることが多い傾向です。
最終面接に落ちてしまう主な原因は、以下のものが考えられるでしょう。

企業研究が不足している

面接では予想外の質問をされることがありますが、企業研究をしっかり行っていると言葉が出やすくなるもの。逆に、「弊社の企業理念はご存知でしょうか」といった質問に即答できなかったり、業界の現状に関する理解が浅かったりするなど、企業研究が足りない状態では、入社への熱意が低いと思われてしまいます。

価値観が合わない

一次面接や二次面接を突破したということは、能力的には企業の採用基準を満たしていると考えて良いでしょう。そのため、最終面接で落ちる原因としては、応募先企業の理念や経営方針、社風などから見て「価値観が合わない」と判断されてしまった可能性があります。

熱意が伝わらない

企業としては、いくら能力が高くてもやる気が無い人の採用は避けたいもの。
面接官は、応募者の志望動機や態度から、弊社が第一希望かどうか判断しています。「この会社に入社したい」という強い熱意を持って、最終面接に臨みましょう。

今までの面接と回答内容が違う

最終面接の面接官には、今までの面接の情報が共有されているのが一般的。そのため、一次面接や二次面接時の回答と変わってしまうと、一貫性が無いと判断されてしまう恐れがあります。
一言一句同じにしなければいけない訳ではありませんが、今までの発言と矛盾しないように回答することが大切です。

緊張しすぎてコミュニケーションが取れない

最終面接は、応募先企業の役員や社長との面接になるため、今まで以上に緊張してしまう人も少なくありません。しかし、コミュニケーションがスムーズに進まないと、面接官が応募者について知ることができず不採用になってしまう可能性があります。

ビジネスの場に相応しくない対応をした

面接官によっては、応募者の反応を見たり、リラックスさせて本音を引き出したりするために、わざと答えにくい質問をする場合があります。
そのとき、ムッとしてしまったり、リラックスしすぎて前職の愚痴を言ってしまったりするなど、ビジネスの場に相応しくない対応をしてしまうと、面接に落ちる原因になるでしょう。

内定に繋がる面接にするために

最終面接の合格率を高めるためにはどうしたら良いのでしょうか。
前項を参考に、内定に近付くためにできることを解説します。

企業研究を充分に行う

応募先企業のWebサイトだけではなく、経営者のブログやSNS、著書などがあれば事前にチェックしておき、理解を深めましょう。また、志望業界で最近話題のニュースなどを調べておくのもおすすめです。
応募先企業や業界に関する情報を幅広く知っておくことで、より意欲や熱意を伝えられるでしょう。

質問の受け答えをブラッシュアップする

一貫性が損なわれないように、一次面接や二次面接を振り返りながら最終面接で話す内容を見直しましょう。また、志望動機や自己PR、入社後の希望など、社長や役員などの経営陣に対して伝える回答になっているか検討します。
最終面接では、人柄や価値観に関する内容について掘り下げる質問が多くなる傾向です。自分の考えを伝えられるように、一つひとつの回答を深く考えておきましょう。

模擬面接を重ねて所作まで気を配る

回答の内容や話し方だけではなく、身だしなみ、入退室のマナーなどを確認しておきましょう。
雑談形式で面接を進める面接官が増えてきていますが、人によってはフランクになりすぎることもあるため注意が必要。目上の人だということを忘れずに対応しましょう。
どのような雰囲気でも面接は面接です。面接官の質問の意図を汲み取り、自分の強みをアピールできるように準備しておきましょう。

逆質問の内容を吟味する

面接官が、経営や事業の根幹に関わる人物であることを意識して、質問を考えましょう。
「応募者に自社を理解してもらうため」「入社意欲を知るため」といった意図で、逆質問の時間を長く設けている企業もあります。質問は3つ以上準備しておくのがおすすめです。
また、その質問をした理由を聞かれる可能性もあるため、事前に考えておきましょう。

合格or不採用フラグは気にしたほうが良い?

いわゆる合格・不合格に関するフラグやサインと呼ばれているものは、あくまで噂の域です。
気にし過ぎると面接本番に本領発揮できない場合もあります。あまり深く考えず、自分ができることだけに集中しましょう。
合格フラグや不合格フラグと呼ばれているものには、以下のようなものがあります。

合格フラグ

・入社予定日を具体的に聞かれる
・面接の日程や時間が早い
・配属先部署の上司を呼ばれて挨拶をする
・面接時間が長い
・「社風に合っている」というようなことを言われる

不合格フラグ

・面接時間が極端に短い
・面接官に過度に丁寧な対応、べた褒めをされる
・面接官に説教される
・面接官がメモを取っていない
・面接官に回答を否定、論破される

たとえ落ちてしまったとしても、必要以上に落ち込まず「その会社とは縁がなかっただけ」と思い気持ちを切替えることが大切。落ちた原因が判明すれば次の面接に活かせるため、分析は怠らないようにしましょう。

面接に不安を感じている方は、転職エージェントに相談するのがおすすめです。
ハタラクティブでは、アドバイザーが企業に合わせた面接対策を実施。よくある質問の回答ポイントや、あなたの強みをアピールする方法などを知ることができます。
働きながら転職活動を進めたい方は、ぜひハタラクティブまでご連絡ください。

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

経歴に自信がなくても大丈夫!

マンツーマンの面談を通してあなたにぴったりな仕事を見つけましょう!

▼ ご相談はこちらから ▼

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

ページトップへ

簡単30秒!登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?

 

より良いサービスを提供するため
アンケート回答にご協力ください

Q1. 現在の就業状況を教えてください

Q2. 年齢を教えてください

※未回答の設問があります

ご回答ありがとうございます!

いただいた情報は今後のサービス改善のために
活用させていただきます。

閉じる