転職エージェントとの面談の服装はどうする?当日までに必要な準備を解説!

転職エージェントとの面談の服装はどうする?当日までに必要な準備を解説!の画像

この記事のまとめ

  • 転職エージェントとの面談での服装は基本的には自由
  • 転職エージェントとの面談で服装に迷ったときは、オフィスカジュアルがおすすめ
  • 転職エージェントとの面談で、ラフ過ぎたり派手過ぎたりする服装は避けた方が無難
  • 転職エージェントとのオンライン面談前には、通信環境や機器の動作確認を事前に行う
  • 転職エージェントには総合型と特化型があるので、自分の目的に合ったものを選ぶ

「転職エージェントとの面談の服装はどうすれば良いの?」「転職エージェントの面談までに何を準備すれば良い?」などの不安を抱えている方も多いのではないでしょうか。
転職エージェントと面談するときの服装は基本的に自由です。このコラムでは、面談時の適切な服装や選択する際の注意点、当日までに必要な準備などを紹介。また、オンライン面談を受ける際のポイントも解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

転職エージェントと面談するときの服装は?

転職エージェントと面談するときの服装は、基本的に自由です。事前に指定されていなければ服装は私服でOK。仕事の都合などで着替える時間をとれない場合でも、社会人として最低限の身だしなみを整えていれば、そのままの服装で面談しても問題ありません。
転職エージェントを利用する目的は、今よりも条件の良い理想の職場に就職することであり、そのためには自分の希望をきちんと伝える必要があります。転職エージェントと理解を深め合い、自分という人間を分かってもらうためには、リラックスした状態で面談を行うことが重要です。

服装で迷ったときはオフィスカジュアルがおすすめ

転職エージェントと面談するときの服装で悩んだ場合は、オフィスカジュアルがおすすめです。
面談の服装は自由で、私服でも問題ないとはいっても、プライベートとはメリハリをつけるのもマナーの一つ。事前に転職エージェントに確認して、「面談当日の服装は私服でOKです」と伝えられていた場合も、オフィスカジュアルであれば悪い印象を与える心配はありません。
オフィスカジュアルが何かを知らない方のために、次項で男女別の基本的なスタイルを紹介するので参考にしてください。

スーツで面談してもOK

普段から仕事でスーツを着慣れている方は、転職エージェントとの面談にスーツで行っても問題ありません。先述したように、転職エージェントと会う目的はお互いの間で情報を共有して、希望する職場を紹介してもらうことです。したがって、リラックスして自分の伝えたいことを漏れなく伝えることができるならスーツで構いません。
また、転職エージェントとの面談にスーツで行くと、企業の採用面接を受けるときの服装チェックをしてもらえるというメリットもあります。

スーツで面談するときの注意点

リラックスして面談ができるなら問題ありませんが、スーツを着て行く場合は注意しなくてはいけないこともあります。

スーツはきちんと着こなす

スーツが身体のサイズに合っていなかったり、シャツやネクタイなどにシワがあったりすると、転職エージェントの面談時にマイナスイメージを与えてしまう可能性があります。
服装に無頓着な人は、「仕事にもだらしない」「事前の準備がきちんとできない」「やる気がない」などと思われ、紹介してもらう転職先に影響が出てしまうこともあるでしょう。

TPOに合ったスーツを選ぶ

スーツでも、ビジネスシーンにふさわしくないカジュアルなものや派手なものを選択してしまうと、「一般常識がない」「ビジネスマナーを備えていない」などと思われる恐れもあります。
さらに、アパレル業界を志望している場合、転職エージェントの面談で服装のテイストから求人を探すこともあるので、希望のファッションジャンルがあるなら、それに合わせた服装を選択することがおすすめです。

利用する転職エージェントによって服装を変えた方が良いかについて迷っている方は、「転職エージェントの種類によって服装は変える?利用の基本を解説」もあわせてチェックしてみてください。

また、転職エージェントと会うときに、服装がその後の転職活動に影響があるか知りたい方は、面談のときに服装を通してチェックされることが書かれているコラム「転職エージェントと会う時の服装のポイント」を参考にしてみましょう。

面談におすすめの服装「オフィスカジュアル」とは

オフィスカジュアルとは、ビジネススタイルを少しラフにした服装のこと。正装ではありませんが、そのまま取引先へ営業に行っても通用するようなスタイルです。派手過ぎず、ラフ過ぎず、プライベートとも兼用できることも選択のポイント。どんなシチュエーションや業界でも使用できるのが利点となっています。

男性のオフィスカジュアル

男性の一般的なオフィスカジュアルは、襟付きのシャツにパンツで、革靴を選択するのが無難です。
トップスはポロシャツやニットでもかまいません。ジャケットは必須ではありませんが、羽織ることでビジネスシーンに適した服装に見せられます。
パンツにはチノパンを選んでも問題ありませんが、派手な印象を避けるために、ネイビーなどの暗めな色を合わせてみましょう。

転職エージェントとの面談で好印象を与えるポイント

転職エージェントに好印象を与えたいなら、スラックスのボトムスがおすすめ。ネクタイは必要ありませんが、カットシャツやポロシャツにジャケットを羽織ればきれいにまとまり、印象アップにつながります。

女性のオフィスカジュアル

女性のオフィスカジュアルは男性よりもかなり幅が広く、落ち着いた服装であれば普段着でも問題ありません。
トップスは、ジャケットではなくカーディガンでも可能。カットソーやブラウス、ニットなど、目立ち過ぎなければフリルやリボンが付いても良いでしょう。季節に合わせたアイテムを選ぶのもおすすめです。ボトムスは、スカートとパンツのどちらを選択してもOK。スカートの場合は丈が短過ぎず、落ち着いたデザインを選びましょう。
靴はパンプスが一般的です。ヒールは太めで高過ぎないものを選択します。メイクはナチュラルに仕上げて、清潔感や好感をもってもらえるよう意識してみましょう。

転職エージェントとの面談で好印象を与えるポイント

転職エージェントに好印象を与えるポイントは、明るめの色を選択することです。
スカートやパンツは落ち着いた色合いにして、インナーを清潔感のある色味に。ジャケットを羽織るのがおすすめです。ネイルはあまり派手にしないよう気をつけます。女性の場合は、普段よりも少しお洒落をすることを心掛けましょう。
シックなコーディネートでも問題ありませんが、明るい色の洋服を着るだけで清潔感が出て、好印象を与えやすくなります。

面談の必須アイテムは大きめのバッグ

転職エージェントとの面談には、大きめのバッグを持参してください。
面談には書類や筆記用具などが必要なので、手ぶらで行くことはできません。また、面談のときに転職エージェントから書類を渡される可能性も高いので、A4サイズの紙を入れる封筒が収まる大きめのバッグが最適です。男性であれば普段仕事で使用しているビジネスバッグ、女性であればトートバッグで構いません。面談では履歴書などの重要書類も必要になるので、書類を汚したり折り曲げたりせずに済むように、クリアファイルをバッグに入れておくと良いでしょう。
企業面接を受けるときに何を持っていけば良いか知りたい方は、「知っておきたい!面接時に必須の持ち物について」を参考にすることをおすすめします。
また、面接を受けるときの持ち物や身だしなみについて知りたい方は、事前のチェックの仕方を詳しく紹介しているコラム「これで面接は完璧!持ち物リストと準備のポイント」をチェックしてみてください。

転職エージェントとの面談の服装に関する5つの注意点

ここでは、転職エージェントと面談するときの服装で注意すべき点を5つ紹介します。転職エージェントに好印象を与えることは、プラスになってもマイナスになることはないので、以下の点に注意して面談に臨んでください。

1.ラフ過ぎる服装はNG

転職エージェントとの面談で、あまりにもラフ過ぎる服装は避けましょう。
ジーパンでもオフィスカジュアル使いができるものなら問題ありませんが、それ以外はどうしてもラフな印象を与えやすいため、避けた方が無難です。夏の暑い時期でもサンダルや短パンなどは避けましょう。また、サングラスも面談する前には外しておきます。

2.清潔感のない服装を避ける

転職エージェントとの面談にシワだらけのシャツやヨレヨレのスーツなどを着て行くと、不潔なイメージを与えてしまうので注意が必要です。清潔感のなさはだらしない印象を与える恐れがあり、転職エージェントに「この人をお世話になっている企業に紹介するのはまずいのでは?」といった気持ちにさせる可能性を高めてしまいます。
また、だらしなさは「仕事ができなそう」「誠実でない」などのマイナスの印象を与えてしまうことも。男性の場合は、髪型や無精髭にも注意を払いましょう。

3.派手な服装は避ける

転職エージェントとの面談に、派手過ぎる服装を選択することは避けましょう。
目立ち過ぎる服装で面談に行くと「この人は一般常識がないのでは?」などと思われてしまいます。
女性の場合は露出度の高い服装も避けて、メイクも派手なものは避けるように注意してください。

4.匂いの強い香水は避ける

転職エージェントとの面談であまりにも匂いの強い香水をつけていることも、印象を悪くしてしまう可能性があります。「この人は本番の企業面接でも同じことをするのでは?」と思わせてしまうことは、自分にとって大きなマイナスです。体臭が気になる場合は、香水は避けてボディクリームなどで対処することをおすすめします。

5.アクセサリーは控える

女性であれば大きめのアクセサリー、男性はピアスをつけていくことは避けましょう。
これらは転職エージェントへの第一印象で違和感を持たれやすく、そのような印象をもった相手に大切な企業を紹介することをためらわせてしまう可能性も。また、女性の場合はネイルも控えめにし、適度な色合いに抑えましょう。

転職エージェントとのオンライン面談も服装や身だしなみに注意!
2020年の新型コロナウイルスによる感染拡大防止の観点から、転職エージェントとのオンライン面談も主流になっています。しかし、その場合も服装に注意が必要です。
基本的には直接会う場合と同じ点に気をつけて服装を整えましょう。上半身しか映らないからと、下をジャージやパジャマにするのはおすすめできません。
たとえば、立ち位置がずれてしまったりカメラが動いてしまったりした場合、思わぬところで下半身が映ってしまう恐れがあります。それを見られてしまうと、転職エージェントに意欲の低さやだらしなさなどの悪い印象を与えてしまうことも。直接対面でなくとも、「見られている」といった意識をもって面談に挑みましょう。

転職エージェントとの面談の前に必要な3つの準備

転職エージェントとの面談を迎える前に、準備しておくべきことを3つ紹介します。

1.転職エージェントとの面談に必要な物を用意する

転職エージェントと面談するときには、「履歴書」「職務経歴書」「筆記用具」が必要です。そのほかに必要なものがないか、面談当日までに転職エージェントに確認しておくことをおすすめします。なお、面談のときには転職エージェントから名刺を渡されることが多いですが、転職希望者が名刺を渡す必要はありません。
名刺は支給した会社の業務上で使用するものであり、転職エージェントはそのことを承知しています。そのため、名刺を受け取ったら自分の名前を伝えて挨拶をするだけで問題ありません。

2.履歴書と職務経歴書を事前に記載しておく

転職エージェントと面談する前に、履歴書と職務経歴書を記載しておきましょう。
書き方が分からない場合は、当日転職エージェントに確認すれば教えてもらえます。ただし、面談では完成形が求められているわけではないので、可能な範囲で記載を済ませておくと面談をスムーズに進められるでしょう。特に職務経歴書は、勤務していた企業での役職や詳しい仕事内容などが分かり、転職希望者の能力や適性が知れる重要な書類。たとえ未完成でも記載しておくことは、お互いにとっても有益なことです。
また、自己PRの欄も埋めておけば、転職エージェントに自分の強みややりたいことを理解してもらいやすくなります。
ほかにも、履歴書や職務経歴書を書くときには、自分の長所や転職エージェントに伝えたいことを意識してください。そうすることにより、面談で大事なことを言い忘れてしまっても、希望の転職先を紹介してもらえる可能性があります。

3.面談する前に希望や条件を整理しておく

転職エージェントと面談する前には、自分の希望や条件をしっかり整理しておきましょう。面談で上手く話せる自信がなければ、メモ帳などに書いて持参するのがおすすめです。
忙しい転職エージェントだと、次の予定が入っていて面談の時間が限られていることがあります。次の機会もありますが、その間に理想の職場をほかの転職希望者に奪われてしまうことも。また、当日その場で悩んでしまうと、時間がどんどん過ぎていくので、具体的な今後のビジョンもまとめて面談に臨むようにしましょう。
希望や条件、今後のビジョンをきちんとまとめてきたことが転職エージェントに伝われば、「真剣に転職活動に向き合っている」と好印象を与え、転職を有利に進められるはずです。

転職エージェントとのオンライン面談の事前準備は?
転職エージェントとのオンライン面談では、先述した3つの準備に加えて通信環境を整えておくことが重要です。常に安定した通信を行うためには、最低でも10Mbps程度の通信速度を保つようにしておきましょう。ほかにも、マイクの動作確認やカメラの角度、部屋の明るさや雑音チェックなど、通信機器の確認も事前に済ませておくと、当日のトラブルも回避できます。

転職エージェントとの面談の流れ

ここでは、転職エージェントとの面談の流れを順番に紹介します。
当日の流れを事前に把握しておくことで無駄な時間を省けて、転職エージェントとのやり取りをスムーズに進められるでしょう。

1.自己紹介

転職エージェントとの面談は、挨拶と自己紹介から始まります。まずはお互いに自己紹介をして、それが終わると転職エージェントからサポート方法や自社の強みなどの特徴が紹介されるでしょう。
このときに、担当者のキャリアや得意分野などに関して不安や疑問があるなら、遠慮なく伝えてください。納得したうえで次の段階に進みましょう。自分の方向性と合わない担当者であれば、変更することも可能です。

2.転職状況の確認

自己紹介や説明が終わった後は、現在の転職活動の状況を確認されます。
初めて転職エージェントを利用する場合はそのことを伝えましょう。ほかにも利用している会社があれば、聞かれたとおりに正直に回答してください。

3.経歴や仕事内容の確認

これまでの経歴や現在の仕事の内容などを転職エージェントが尋ねるので、聞かれたことをしっかりと伝えます。このときに、事前に記載しておいた履歴書や職務経歴書が役立つでしょう。
転職エージェント側は、書類に目を通しながら聞きたいことを1つずつ確認して掘り下げていきます。自分では気づいていなかった長所やアピール材料を見つけてもらえるので、聞かれたことに対して詳しく伝えることがポイントです。
経歴とあわせて、所有している資格やスキル、アピールポイントを探りながら、前職で培われた経験を活かせる職場を見つけてもらえます。将来を決めるとても大事な確認なので、しっかりと向き合ってください。

4.転職理由と希望条件の確認

経歴の確認と前後する場合もありますが、転職理由と次の職場に求める希望条件の確認が行われます。転職理由と条件は、転職エージェントがサポートをするうえでの重要な指針となるため、前の職場で許せなかったことや、転職するきっかけになったことなども詳細に伝えてください。
新しい職場に求める条件も、年収や勤務条件、役職、福利厚生など、具体的な事項を担当者と共有しなくてはいけません。
ただし、あまりにも現実とかけ離れた条件を出してしまうと、なかなか紹介してもらえる求人が見つからない恐れも。そのため、妥協点も共有しておくことをおすすめします。転職したい職種や業種が明確になっていない場合は、自分に合う仕事を尋ねても良いでしょう。

5.求人の紹介

これまでの情報を元に、条件に合った求人の提案や紹介が行われます。
無理な条件をつけない場合は、10社以上の応募先が提示されるケースが多いですが、条件やエージェントによっては、1社もしくは数社に絞って応募先を紹介することもあるようです。求人を紹介されてもその場でどこの企業にするか決める必要はなく、自宅に持ち帰り時間をかけてゆっくり1社ずつ確認しても構いません。
面談時に行いたいのは、「どうしてその企業を紹介してくれたのか」を確認すること。気になる企業については、職場の雰囲気や平均残業時間や収入面などを細かく確認しましょう。
企業の裏側などを詳しく知っているかどうかで、転職エージェント側の力量を判断する材料にもなります。質問に対して満足いく回答が得られなければ、後日回答を得るようにしてください。

6.今後の転職活動についての確認

最後に今後の転職活動の確認を行い、面談は完了です。
今回は気になった求人を紹介してもらえなくても、次回は良い求人に巡り合えることも十分にあります。このままサポートを継続してもらいたい場合は次回の予定を確認しましょう。
ほかに気になっているエージェントがあるなら、「良い求人が出たらまた連絡してください」と伝えて解散します。
転職エージェントと面談する際に気をつけるべきことについては、「転職エージェントとの面談のポイントを知ろう」がおすすめです。
また、転職エージェントと面談するときに本音を話しても良いか気になる方は、「転職エージェントの面談内容とは?事前にすべき準備や当日の服装を解説!」を参考にしてみてください。

面接を行う転職エージェントの選び方

転職エージェントには、求人紹介先の裏側まで把握していたり、経験豊富な信頼できる担当者が在籍していたりするところもあります。そのような転職エージェントを選べれば、転職を成功させられる確率は格段にアップするでしょう。
ここでは、大別すると2タイプに分けられる転職エージェントについて解説。それぞれの特性を知り、自分に合ったエージェントを選びましょう。

総合型転職エージェント

特定の業界や職種に限定せず幅広くサポートするのが「総合型転職エージェント」です。
総合型転職エージェントは、幅広い分野の求人を取り扱っているため、選択肢の多さがメリット。しかし、そのぶん紹介できる求人が「広く浅く」になってしまう点がデメリットといえるでしょう。自分の方向性や強みが明確にできていない求職者にも使いやすいサービスです。

特化型転職エージェント

特定の業界・職種やターゲットに特化して就職・転職支援を行うのが「特化型転職エージェント」です。
特化型転職エージェントは、特定の業界や職種しか紹介してもらえないデメリットがあるものの、特定の分野に関しての知識が深く、丁寧なサポートをしてもらいやすいメリットがあります。興味のある業界・仕事がある程度決まっている求職者にとって強い味方となるでしょう。

転職エージェントの利用が初めてで選び方に迷っているなら、ハタラクティブはいかがでしょうか?
ハタラクティブは、20代フリーターや第二新卒、高卒などの若年層向けに特化した就職・転職サービスです。経験豊富なキャリアアドバイザーが転職希望者一人ひとりにしっかり寄り添い、理想の職場を紹介しています。「フリーターから正社員になりたい」「非公開の正社員求人を知りたい」という疑問やお悩みも一緒に解決しますので、転職活動が初めての方も安心です。
ほかにも、履歴書や職務経歴書の作成のお手伝いをはじめ、面接対策まで幅広くサポート。面接へ行く際の適切な服装についてもアドバイスを行っています。
サービスのご利用は無料です。オンライン面談にも対応しているので、ぜひお気軽にご相談ください。

転職エージェントとの面談に行く服装に関するQ&A

転職エージェントとの面談に行くときに悩むことは人それぞれ違うでしょう。ここでは、想定される服装に関連したお悩みをQ&A方式で解決していきます。

希望業種や業界を意識した服装にすべき?

特に指定がなければ、意識する必要はありません。
面談の服装によって紹介する求人を判断するわけではないので、安心して服装を選びましょう。ただし、「企業の面接に行く服装をチェックして欲しい」という場合は、応募先企業を意識して選ぶのがおすすめです。

急遽面談が決まったときの服装はどうしたら良い?

そのまま面談に参加して問題ありません。
汚れた服装などは好ましくありませんが、基本的に面談は私服でもOKとされている場です。どうしても気になる場合は、用意ができなかった理由を転職エージェントに一言伝えておくと良いでしょう。

リクルートスーツで参加するのはおかしい?

可能であればビジネススーツを用意した方が良いでしょう。
リクルートスーツは新卒が着るものであるため、年齢に合っていない印象を与える場合も。スーツが用意できないときは、私服やオフィスカジュアルで参加するのが無難です。転職に適切なスーツについては「転職活動にリクルートスーツは着てもいい?好印象を与える8つのポイント」も参考にしてください。

髪色は暗くして行くべき?

金髪などのかなり明るい髪色をしている人は、暗くして面談に行ったほうが良いでしょう。
また、根元が伸びてきている場合も、面談前にカラーリングをしてきれいな状態にするのがベター。手入れの行き届いていない髪は、だらしない印象を与える可能性もあるので注意が必要です。転職時の髪のマナーについては「転職時の面接の髪色・服装の悩みを解決!好ましいトーンや与える印象も解説」をご覧ください。

関連タグ