転職エージェントとの面談の服装は?ジーパンでも良い?男性・女性別に紹介

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. 第二新卒転職TOP
  4. >
  5. 転職エージェントとの面談の服装は?ジーパンでも良い?男性・女性別に紹介

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・転職エージェントとの面談は基本的に「服装自由」とされていることが多い
    ・転職エージェントとの面談に行く服装に迷ったら、オフィスカジュアルがおすすめ
    ・面談では転職エージェントに誠実さや真面目さを感じてもらえる服装を意識するのが良い
    ・ラフすぎる服装で転職エージェントに不安を感じさせないよう注意が必要

転職エージェントとの面談の服装は?ジーパンでも良い?男性・女性別に紹介の画像

転職エージェントとの面談が決まったものの、「何を着ていけば良いか分からない」と悩む人もいるでしょう。基本的に転職エージェントとの面談は服装自由であることがほとんど。とはいえ、プライベートとのメリハリはつける必要があります。転職エージェントとの面談にふさわしい清潔感のある服装について詳しく紹介するので、コーディネートに困っている人は参考にしてみてください。


転職エージェントとの面談に行く服装は私服? 

転職エージェントとの面談に参加する服装に決まりはありませんが、利用するエージェントによってはスーツのほうが好ましい場合もあります。ハタラクティブではリラックスしてカウンセリングに来ていただきたいと考えているので、私服で参加OKです。
どんな私服を来ていくのが適切か迷う人や、スーツでの参加を考えている人は以下の内容を参考にしてみてください。


私服に迷ったときはオフィスカジュアルがおすすめ!

「私服と言われた方が困る…」という方は、オフィスカジュアルで面談に行くと良いでしょう。オフィスカジュアルであれば、清潔感があり、スーツでなくてもきっちりとした印象を与えられます。
オフィスカジュアルは何を着たら良いのか分からないという人は、このコラムの「オフィスカジュアルとは?基本スタイルを知っておこう!」を参考にしてみてください。


不安な場合はスーツで参加してOK

私服やオフィスカジュアルに不安がある場合は、もちろんスーツで面談に行っても問題ありません。ただし、企業の採用試験でないからといって、スーツを"ただ着ただけ"の状態にならないよう注意が必要です。


面談にスーツを着ていくときの注意点

転職エージェントとの面談はリラックスして臨むべきと説明しましたが、最低限のマナーは守る必要があります。面接にスーツを着ていく予定の人は、以下の点に注意しましょう。


 ・事前にサイズ感をチェックしておく
 ・シワや汚れがないか確認する
 ・ネクタイやシャツはビジネスシーンにふさわしいものを選ぶ
 ・派手すぎない程度に髪を整える


スーツは真面目な印象を与えてくれますが、体に合っていないものやクリーニングされていないものはかえってマイナスなイメージになりかねません。
転職エージェントに「事前準備が出来ない人」「あまりやる気のない人」と思われないよう、採用試験に行くつもりで面談の準備を行いましょう。


オフィスカジュアルとは?基本スタイルを知っておこう! 

男性・女性別にオフィスカジュアルのおすすめスタイルについて解説します。
オフィスカジュアルとは、ビジネススタイルを少しラフにしたファッションのこと。オフィスカジュアルは清潔感があり、人を選ばないアイテムが多いのが特徴です
「オフィスカジュアルの選び方が分からない」という方は参考にしてみてください。


トップス

ジャケットは派手すぎないデザインのものを選ぶのがおすすめ。ジャケットは必須ではありませんが、羽織ることでよりビジネスシーンに馴染むファッションになります。オフィスカジュアルではインナーに薄手のニットやカットソーを選んでもOK。ラフすぎず自分に似合うものを選びましょう。


男性におすすめのトップス

シャツにジャケットを羽織るスタイルが男性のオフィスカジュアルの基本とされています。ビジネススーツの場合は無地が好ましいとされていますが、オフィスカジュアルでは派手すぎなければデザイン性のあるものでも問題ありません。インナーはジャケットに合うものを選びましょう。
また、清潔感があるコーディネートであれば襟なしのシャツやジャケットを羽織らないスタイルもOKです。


女性におすすめのトップス

女性は場合、ジャケットの代わりにカーディガンを羽織っても良いでしょう。インナーはシャツ・ブラウス・カットソー・薄手のニットから、季節や好みに合ったものを選びます。目立ちすぎるデザインでなければ、リボンやフリルが付いている服でも問題ありません。ふわっとしていて、女性らしさを引き立たせてくれるアイテムがおすすめ。


ボトムス

インナー同様、ボトムスもジャケットと合うものを選びましょう。ジャケットとは素材の違うものを選ぶとよりおしゃれな印象になります。


男性におすすめのボトムス

男性の場合、チノパンやスラックスがおすすめ。カジュアルながらも、清潔感のある印象となります。ビジネススーツの場合は黒やネイビーが推奨されますが、オフィスカジュアルでは落ち着いた
色であれば何でもOK。
白・明るいグレー・ネイビーなど、爽やかな印象のものを選びましょう。


女性におすすめのボトムス

女性はスカート・パンツどちらも選択可能ですが、丈に気をつけて選ぶ必要があります。スカートであれば膝が隠れる丈のものを、パンツはくるぶし丈のものを選びましょう。
基本的に丈が適切であり、落ち着いたデザインのものであれば何でもOK。ガウチョパンツやフレアスカートなど、自分の好みに合ったものを選んでみてください。


男性は革靴を選ぶのが無難です。転職エージェントとの面談が決まったら、事前に汚れなどがないかしっかり確かめておきましょう。
女性はパンプスを履くのが一般的とされています。ヒールが太めで3~5cm程度のものであれば、多少飾りなどがついていても問題ありません。トータルコーディネートを考えながら、適切な靴を選びましょう。


面談には大きめのカバンを持っていこう!

転職エージェントとの面談では、資料や書類をもらうことが多いため大きめのカバンを持っていくのがおすすめ。持っていく予定のカバンは、A4サイズが入るかどうか事前にチェックしておきましょう。
履歴書や職務経歴書を持参する場合は、紙が折れないようクリアファイルに入れておくことも忘れずに。


転職エージェントの面談に行くときの5つの注意点

転職エージェントの面談によって採用・不採用が決まるわけでないとはいえ、「やる気のない人」というイメージを与えないよう注意が必要です。面談に行く際には以下の5つのポイントに気をつけましょう。


1.ジーパンなどラフすぎる服装は避ける

ジーパンはラフな印象を与えるので、できるだけ避けたほうが無難です。ジーパンで参加してはいけないというルールはありませんが、転職エージェントは就職活動のための場所。
「仕事ができそう」「誠実そう」という印象をもってもらうためにも、ビジネスシーンに馴染むファッションの方が良いでしょう。


2.ヨレヨレの服装では参加しない

カジュアルな服装で面談に行くことは問題ありませんが、ヨレヨレの服装は避けるべきです。だらしなさを感じる服装は「あの求人をこの人に紹介しても大丈夫かな…」と、転職エージェントが不安に思う可能性もあります。
転職エージェントとの面談には清潔感のある服装で、自信を持って臨みましょう。


3.露出度が高い服や派手な服装では行かない

女性は服の選択肢が多いですが、オフショルダーやミニスカートなど露出度の高い服装や目立ちすぎるものは避けるべきです。面談にはリラックスした服装で行くべきですが、"普段どおり"では適切ではないこともあります。


4.短パンやサンダルは避ける

暑いからと短パンやサンダルで面談に参加することも避けましょう。ジャケットを羽織らないスタイルは問題ありませんが、短パンやサンダルはラフすぎる印象を与えます。
プライベートとのメリハリはしっかり意識するようにしましょう。


5.香水のにおいにも注意!

強すぎる香水のにおいは相手によい印象を与えません。転職エージェントに真面目な印象を持ってもらうため、ネイルやピアスについてもできるだけ避けた方が良いでしょう。


面談当日までに必要な準備

ここでは、面談当日までに準備すべきことをご紹介します。転職エージェントとの話がスムーズに進むよう、しっかりと事前に準備をしておきましょう。


履歴書・職務経歴書を記載しておく

履歴書や職務経歴書は、転職エージェントからも持参するようにいわれるでしょう。履歴書や職務経歴書の内容は、転職エージェントが応募先企業に適した書き方となるようアドバイスをくれるので、完璧でなくても大丈夫です。
まずはあなたの職歴や長所などが転職エージェントにしっかり伝わる書類を作成しましょう。


希望の働き方や条件を明確にしておく

面談で具体的な内容を話せるよう、希望の働き方や条件を明確にしておくことも大切です。転職エージェントとの面談時間は限りがあるため、その場で悩む時間はできるだけ少なくしたいもの。「どんな働き方をしたいのか」を具体的に想像してから、面談に臨むのがおすすめです。


現職の名刺は必要ない

転職エージェントから名刺を渡されることがありますが、面談希望者が名刺を渡す必要はありません。名刺は支給された会社の業務上で使用するものであり、基本的にプライベートでは使用しないのがマナー。転職エージェントから名刺を受け取ったら、挨拶をするのみで大丈夫です。


転職エージェントとの面談の流れ

準備に続いて、当日の流れについても詳しく知っておきましょう。流れを知っておくことで、転職エージェントの利用が初めての方でも戸惑うことなく、話ができるはずです。


挨拶・自己紹介

まず、担当の転職エージェントが自己紹介をします。担当者の挨拶が終わったら、次はあなたが挨拶と自己紹介をしましょう。経歴などは後ほど詳しくヒアリングされるので、まずは軽い自己紹介で問題ありません。


転職状況のヒアリング

挨拶が終わったら、現在の転職活動の進捗状況について担当者からヒアリングされるでしょう。ほかの就職エージェントの利用はあるかどうか聞かれることもあります。「1社のみ」「複数利用している」など、実際の利用状況を正直に話しましょう。


職務経歴・スキルなどのヒアリング

次は持参した書類を見ながら具体的な話をしていきます。転職理由や経験などについて聞かれるので、ありのままを話しましょう。「口頭でアピールしきれない」と感じる方は、より丁寧に履歴書や職務経歴書を作成するのがおすすめです。


希望職種や条件、業界などのヒアリング

あなたの職歴などが分かったら、紹介する求人を決めるために希望条件のヒアリングに移ります。希望の職種や給与、待遇などを転職エージェントに伝えましょう。ただし、あまり条件を挙げすぎると紹介できる求人がない場合もあります。あくまでも希望であることを伝え、ほかに適した求人があれば紹介して欲しいと一言伝えておくとよりスムーズに転職活動が進められるはずです。


求人の提案

条件が決まったら、求人の提案に移ります。限定的な条件を挙げなければ、だいたい10社もしくはそれ以上の応募先が提示されるでしょう。
求人を提案されたら、まずは自宅に持ち帰りゆっくり条件などを確かめましょう。その場で決めなくてはいけないルールはないので、「一度検討します」と担当者に伝えればOK。
よく確認したい求人や気になるものがあった場合は、転職エージェントに伝え、詳細を聞きましょう。


今後の転職について進め方などの相談

最後は今後の進め方を担当者と相談します。転職活動を任せても良いと思える担当者であった場合は、今後の進め方などを良く話し合っておくと良いでしょう。「ほかに良い求人があったら、追加で紹介してほしい」と伝えておくのもポイントです。


転職エージェントとの面談に行く服装に関するFAQ

転職エージェントとの面談に行くときに悩むことは人それぞれ違うでしょう。ここでは、想定される服装に関連したお悩みをQ&A方式で解決していきます。


希望業種や業界を意識した服装にすべき?

特に指定がなければ、意識する必要はありません。
面談の服装によって紹介する求人を判断するわけではないので、安心して服装を選びましょう。ただし、「企業の面接に行く服装をチェックして欲しい」という場合は、応募先企業を意識して選ぶのがおすすめ。


急遽面談が決まったときの服装はどうしたら良い?

そのまま面談に参加して問題ありません。
汚れた服装などは好ましくありませんが、基本的に面談は私服でもOKとされている場です。どうしても気になる場合は、用意ができなかった理由を転職エージェントに一言伝えておくと良いでしょう。


リクルートスーツで参加するのはおかしい?

可能であればビジネススーツを用意した方が良いでしょう。
リクルートスーツは新卒が着るものであるため、年齢に合っていない印象を与える場合も。スーツが用意できないときは、私服やオフィスカジュアルで参加するのが無難です。転職に適切なスーツについては「リクルートスーツは何歳まで?転職に最適なスーツ選び」も参考にしてください。


髪色は暗くして行くべき?

金髪などかなり明るい髪色をしている人は、暗くして面談に行ったほうが良いでしょう。
また、根元が伸びてきっている場合も、面談前にカラーリングをしてきれいな状態にするのがベター。手入れの行き届いていない髪は、だらしない印象を与える可能性もあるので注意が必要です。転職時の髪のマナーについては「転職における面接時の髪色や髪型のマナーをご紹介!」をご覧ください。


ハタラクティブでも上記にあるとおり、面談時の服装は私服で大丈夫なので、リラックスしてお話いただけます。ハタラクティブは、フリーターや高卒、第二新卒、既卒の方に特化した就職・転職エージェントです。就活アドバイザーが仕事探しから面接対策まであなたの就職・転職活動を全面的にサポート。面接へ行く際の適切な服装についてもアドバイスを行っています。
「フリーターから正社員になりたい」「非公開の正社員求人を知りたい」という就職・転職活動に関する疑問やお悩みも一緒に解決しますので、お気軽にご相談ください。

職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、多くの方が就職に成功されています。

おすすめ記事

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ページトップへ