転職エージェントの面談での服装は?注意点やオンラインの場合も紹介

転職エージェントの面談での服装は?注意点やオンラインの場合も紹介の画像

この記事のまとめ

  • 転職エージェントとの面談での服装は、オフィスカジュアルかスーツが望ましい
  • 転職エージェントとの面談では、清潔感のないものや派手なものは避ける
  • 転職エージェントとの面談の前には、服装以外に書類や持ち物もチェックする
  • 転職エージェントを利用する際には、面談前に各サービスの特徴を掴んでおくと良い

転職エージェントとの面談を控え、どんな服装で臨むべきか迷う人もいるでしょう。転職エージェントとの面談では特に服装に決まりはありません。しかし、服装は自由とはいえビジネスに関する場にふさわしい格好にする必要があります。社会人としてのマナーを踏まえたうえで、好感の持てる服装を心がけてください。このコラムで、転職エージェントとの面談にふさわしい服装をおさえ、転職活動に向けての一歩を踏み出しましょう。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

転職エージェントと面談するときの服装は?

転職エージェントと面談するときの服装は、基本的に自由。よって、事前に指定されていなければ服装は私服でOKです。また、仕事の都合などで着替える時間がなくても、社会人として最低限の身だしなみを整えていれば、そのままの服装で構いません。

服装はオフィスカジュアルがおすすめ

転職エージェントと面談するときの服装は、オフィスカジュアルがおすすめ。
面談の服装は自由とはいえ、プライベートとメリハリをつけるのもマナーの一つだからです。

スーツで面談してもOK

転職エージェントとの面談は、スーツで行っても問題ありません。面談の目的はお互いの間で情報を共有したうえで求人を紹介してもらうことなので、リラックスして臨めるならスーツでも良いでしょう。
また、転職エージェントとの面談にスーツで行くと、企業の採用面接を受けるときの服装チェックをしてもらえるというメリットもあります。

スーツで面談するときの注意点

転職エージェントとの面談での服装にスーツを選ぶ場合は、TPOへの配慮や着こなしといった点に注意しましょう。以下、それぞれ説明します。

スーツはきちんと着こなす

スーツを着る際にはサイズや汚れ、しわなどに注意しましょう。スーツが身体のサイズに合っていなかったりシャツやネクタイなどにシワがあったりすると、転職エージェントの面談時にマイナスイメージを与えてしまう可能性があるからです。
服装に無頓着だと「仕事にもだらしない」「事前の準備がきちんとできない」「やる気がない」といった印象を与えるため、紹介してもらう転職先に影響が出てしまうこともあるでしょう。

TPOに合ったスーツを選ぶ

スーツは、TPOに合ったものを選ぶのが重要です。なぜなら、カジュアルなものや派手なものといったビジネスシーンにふさわしくないものを選択してしまうと、「一般常識がない」「ビジネスマナーを備えていない」などと思われる恐れもあるからです。
ただし、アパレル業界を志望している場合、転職エージェントの面談で求人を探す際に服装のテイストを参考にすることもあるので、希望のファッションジャンルに合わせた服装にするのがおすすめです。

転職エージェントによって服装を変えるべきか迷っている方は、「転職エージェントの種類によって服装は変える?利用の基本を解説」のコラムもチェックしてみてください。

「オフィスカジュアル」を男女別に解説

オフィスカジュアルとは、ビジネススタイルを少しラフにした服装のこと。正装ではありませんが、ビジネスの場でも通用します。派手過ぎずラフ過ぎないのでプライベートとも兼用できるのもメリットの一つです。どんなシチュエーションや業界でも使用できるので、押さえておくと良いでしょう。

男性のオフィスカジュアル

男性の一般的なオフィスカジュアルは、襟付きのシャツにパンツ、革靴といったスタイルです。
トップスは襟付きシャツ以外にはポロシャツやニットでも構いません。ジャケットはなくても構いませんが、羽織るとよりビジネスシーンに適した服装になります。
パンツにはチノパンを選んでも良いですが、派手な印象を避けるために、ネイビーなどの暗めな色を合わせるのがおすすめです。

転職エージェントとの面談で好印象を与えるポイント

より好印象を与えたいなら、スラックスのボトムスを選ぶのがおすすめ。上はカットシャツやポロシャツにジャケットを羽織ればきれいにまとまり、印象アップにつながります。

女性のオフィスカジュアル

女性のオフィスカジュアルは男性よりもかなり幅が広く、落ち着いた服装であれば普段着でも問題ありません。
羽織ものは、ジャケットではなくカーディガンでもOK。トップスはカットソーやブラウス、ニットが適しています。目立ち過ぎなければフリルやリボンが付いていても構いません。ボトムスはスカートとパンツのどちらを選択しても良いですが、スカートは丈が短過ぎず、落ち着いたデザインを選びましょう。
靴はパンプスで、ヒールが太く高過ぎないものが最適です。メイクは清潔感や好感を与えられるよう、ナチュラルに仕上げましょう。

転職エージェントとの面談で好印象を与えるポイント

女性の服装で好印象を与えるポイントは、トップスを明るめの色にすることです。
清潔感のある明るい色味のトップスに落ち着いた色合いのスカートやパンツを合わせ、ジャケットを羽織ると良いでしょう。ネイルをする場合にはあまり派手にしないよう気をつけます。女性の場合は、普段よりも少しお洒落をすることを心掛けるとちょうど良いでしょう。
落ち着いた色合いのシックなコーディネートでも問題ありませんが、明るい色の洋服を着るだけで清潔感が出て、好印象を与えやすくなります。

面談には大きめのバッグを持参する

転職エージェントとの面談には、大きめのバッグが適しているでしょう。
面談では書類や筆記用具を使用するうえ、転職エージェントから書類を渡される可能性も高いためです。A4サイズの紙を入れる封筒が収まる大きさのものを選びます。男性であれば普段仕事で使用しているビジネスバッグ、女性であればトートバッグで構いません。履歴書などの重要書類を汚したり折り曲げたりしないよう、クリアファイルをバッグに入れておくのがおすすめです。

オフィスカジュアルとは?スーツでも良いの?男女別おすすめアイテムを紹介」のコラムでもオフィスカジュアルの服装について詳しく解説していますので、併せてご覧ください。

転職エージェントとの面談の服装に関する5つの注意点

転職エージェントと面談するときには、清潔感やTPOにあった服装、アクセサリーや香水といったことに注意しましょう。以下、詳しく解説します。

1.ラフ過ぎる服装はNG

転職エージェントとの面談で、あまりにもラフ過ぎる服装は避けましょう。
ジーパンはどうしてもラフな印象を与えやすいため、避けた方が無難です。夏の暑い時期でもサンダルや短パンなどは避け、サングラスも面談する前には外しておきます。

2.清潔感のない服装を避ける

転職エージェントとの面談の前には、服装に清潔感があるかどうか注意を払いましょう。シワだらけのシャツやヨレヨレのスーツなどを着て行くと、不潔なイメージを与えてしまうからです。清潔感のなさはだらしない印象を与え、転職エージェントに「社会人としての常識がない」という評価につながる可能性があります。男性の場合は、髪型や髭にも注意を払いましょう。

3.派手な服装は避ける

転職エージェントとの面談に、派手過ぎる服装を選択することは避けましょう。
目立ち過ぎる服装で面談に行くと「仕事に適した服装を選べないのでは?」と思われる可能性があるからです。女性の場合は露出度に気をつけ、派手なメイクも避けるように注意してください。

4.匂いの強い香水は避ける

転職エージェントとの面談において、匂いの強い香水はマナー違反です。「本番の企業面接やビジネスの場でも同じことをするのでは?」と思わせてしまい、マイナスの印象を与えます。気になる場合は、香水ではなくボディクリームなどで対処すると良いでしょう。

5.アクセサリーは控える

女性の大きめのアクセサリーや男性のピアスは避けたほうが無難。
これらは転職エージェントへの第一印象で違和感を持たれやすいためです。また、女性の場合はネイルも控えめにし、適度な色合いに抑えましょう。

オンライン面談でも服装や身だしなみに注意!

近年では転職エージェントとのオンライン面談も主流になっていますが、オンラインの場合も服装に注意が必要です。
オンラインの面接であっても、直接会う場合と同じ点に気をつけて服装を整えるのが基本。上半身しか映らないからといって、下をジャージやパジャマにするのはおすすめできません。立ち位置がずれてしまったりカメラが動いてしまったりした際など、思わぬところで下半身が映ってしまう恐れがあるからです。見られてしまった場合は、転職エージェントに意欲の低さやだらしなさなどの悪い印象を与えてしまうことも。直接対面でなくとも、「見られている」といった意識をもって面談に挑みましょう。

転職エージェントとの面談の前に必要な3つの準備

転職エージェントとの面談を迎える前には必要なものの確認や書類の作成など、準備は入念に行いましょう。以下、面談前の準備について解説します。

1.転職エージェントとの面談に必要な物を用意する

転職エージェントとの面談では、一般的に履歴書・職務経歴書・筆記用具が必要です。そのほかに必要なものがないか、面談当日までに転職エージェントに確認しておきましょう。なお、面談の際に転職エージェントから名刺を渡されることが多いですが、転職希望者が名刺を渡す必要はありません。
名刺は支給した会社の業務上で使用するものだからです。よって、名刺を受け取ったら自分の名前を伝えて挨拶をすれば十分です。

2.履歴書と職務経歴書を事前に記載しておく

転職エージェントと面談する前に、履歴書と職務経歴書を記載しておきましょう。
書き方が分からない場合は、当日転職エージェントに確認すると教えてもらえます。ただし、面談の段階では完成させておく必要はないため、可能な範囲で記載を済ませておくと面談をスムーズに進められるでしょう。特に職務経歴書は、勤務していた企業での役職や詳しい仕事内容などが分かることから転職希望者の能力や適性を把握しやすい重要書類です。よって、たとえ未完成でも記載しておいたほうが良いでしょう。
また、自己PRの欄もあらかじめ埋めておけば、転職エージェントに自分の強みややりたいことを理解してもらいやすくなります。
履歴書や職務経歴書は、自分の長所や転職エージェントに伝えたいことを意識しながら作成しましょう。面談で大事なことを言い忘れてしまっても、大事なポイントが伝わるので希望の転職先を紹介してもらいやすくなります。

3.面談の前に希望や条件を整理しておく

転職エージェントと面談する前に、自分の希望や条件をしっかり整理しておきましょう。面談で上手く話せる自信がなければ、メモ帳などに書いて持参するのがおすすめです。
転職エージェントによっては面談の時間が限られているので、まとめておかないと大事な内容をすべて伝えられないこともあります。次の機会にまわしても良いですが、その間に良い求人が他の人に決まってしまうことも。また、当日その場で考えこんでしまうと時間がもったいないので、転職エージェントに伝える具体的な内容はまとめたうえで面談に臨むようにしましょう。
また、希望や条件、今後のビジョンをきちんとまとめておくと「転職活動に意欲的に取り組んでいる」と好印象を与えられます。

オンライン面談の場合の事前準備は?

転職エージェントとのオンライン面談では、先述した3つの準備に加えて通信環境を整えておくことが重要です。常に安定した通信を行うために、最低でも10Mbps程度の通信速度を保つようにしておきましょう。ほかにも、マイクの動作確認やカメラの角度、部屋の明るさや雑音チェックなど通信機器の確認も事前に済ませておくと、当日のトラブルを回避できます。

転職エージェントとの面談の流れ

転職エージェントとの面談は次のような流れで進みます。当日の流れを事前に把握しておき、転職エージェントとのやり取りをスムーズに進めましょう。

1.自己紹介

転職エージェントとの面談は、挨拶と自己紹介から始まります。まずはお互いに自己紹介をして、それが終わると転職エージェントからサポート方法や自社の強みなどの特徴が紹介されるでしょう。
このときに、担当者のキャリアや得意分野などに関して不安や疑問があるなら、遠慮なく伝えてください。気になるところは確認して納得したうえで次の段階に進みましょう。自分の方向性と合わない担当者であれば、変更することも可能です。

2.転職状況の確認

自己紹介や説明が終わった後は、現在の転職活動の状況を確認されます。
初めて転職エージェントを利用する場合はそのことを伝えましょう。ほかにも利用している転職支援サービスがあれば、聞かれたとおりに正直に答えてください。

3.経歴や仕事内容の確認

これまでの経歴や現在の仕事の内容などを転職エージェントが尋ねるので、聞かれたことをしっかりと伝えます。このときに、事前に記載しておいた履歴書や職務経歴書が役立つでしょう。
転職エージェント側は、書類に目を通しながら聞きたいことを1つずつ確認して掘り下げていきます。自分では気づいていなかった長所やアピール材料を見つけてもらえることがあるので、聞かれたことに対して詳しく答えるのがポイントです。
経歴と併せて所有資格やスキル、アピールポイントを探りながら、前職の経験を活かせる職場を見つけてもらえます。

4.転職理由と希望条件の確認

経歴の確認と前後する場合もありますが、転職理由と次の職場に求める希望条件の確認が行われます。転職理由と条件は、転職エージェントがサポートをするうえでの重要な指針となるため、前の職場で気になったことや、転職のきっかけなども詳細に伝えてください。
新しい職場に求める条件も年収や勤務条件・役職・福利厚生など、具体的な内容も担当者と共有する必要があります。
ただし、あまりにも厳しい条件を出してしまうと、求人がなかなか見つからない恐れも。そのため、妥協点も共有しておくことをおすすめします。転職したい職種や業種が明確になっていない場合は、自分に合う仕事を尋ねても良いでしょう。

5.求人の紹介

これまでの情報を元に、条件に合った求人の提案や紹介が行われます。
無理な条件をつけなければ10社以上の応募先が提示される場合が多いですが、条件やエージェントによっては1社もしくは数社に絞ったうえで紹介することもあるようです。求人を紹介されてもその場でどこの企業にするか決める必要はなく、自宅に持ち帰り時間をかけてゆっくり1社ずつ確認しても構いません。
面談時に忘れずに行っておきたいのは、「なぜその企業の求人を紹介してくれたのか」を確認すること。気になる企業があれば、職場の雰囲気や平均残業時間、収入面などを細かく確認しましょう。
企業の裏側などを詳しく知っているかどうかは、転職エージェント側の力量を判断する材料にもなります。質問に対して満足いく回答が得られなければ、後日回答を得るようにしてください。

6.今後の転職活動についての確認

最後に今後の転職活動の確認を行い、面談は完了です。
初回で気になった求人を紹介されなくても、次回は良い求人に巡り合えることも十分にあります。このままサポートを継続してもらいたい場合は次回の予定を決めましょう。
他にも気になっているエージェントがあるなら、「良い求人が出たらまた連絡してください」と伝えて帰っても構いません。

転職エージェントとの面談についてより詳しく知りたい方には「転職エージェントの面談内容とは?当日の服装や持ち物について解説!」のコラムが参考になるでしょう。

面談の前に転職エージェントの特徴を押さえよう

面談を行う転職エージェントを決める際には、それぞれのサービスの特徴を把握してから選ぶのが大切です。転職エージェントには「求人紹介先の状況を詳しく把握している」「経験豊富な信頼できる担当者が在籍している」など、それぞれ特徴があります。自分に合った転職エージェントを選べば、転職成功の確率は格段にアップするでしょう。
以下、転職エージェントの主な特徴について解説します。

総合型転職エージェント

特定の業界や職種に限定せず幅広くサポートするのが「総合型転職エージェント」。多くの求人を取り扱っているため、大企業に多い形態です。
総合型は幅広い分野の求人を取り扱うことから、多くの選択肢から選べるのがメリット。よって、就活の方向性や自分の強みが分かっていない求職者にも使いやすいサービスです。
しかし、就活アドバイザーが分業制を取っているため、求人の企業についてあまり詳しくない傾向がある点や、一人のアドバイザーの担当する人数が多いため手厚いサポートを受けにくい点がデメリットといえるでしょう。

特化型転職エージェント

特定の業界・職種や支援者に特化して就職・転職支援を行うのが「特化型転職エージェント」です。
特化型転職エージェントは支援対象や扱う業界を絞っているぶん、特定の業界や職種に関する知識が深いうえ、一人のアドバイザーが担当する人数が少ないので丁寧なサポートをしてもらいやすいメリットがあります。一方で、総合型に比べると扱う求人数が少なめであるのがデメリットです。しかし、業界や企業の様子に詳しくサポートが手厚いので、興味のある業界・仕事がある程度決まっている求職者にとって強い味方となるでしょう。

転職エージェントの利用を検討されている方は、ハタラクティブをご利用ください。
ハタラクティブは、20代フリーターや第二新卒、高卒などの若年層向けに特化した就職・転職支援サービスです。経験豊富な就活アドバイザーが転職希望の方一人ひとりにしっかり寄り添い、ぴったりの求人をご紹介しています。また、履歴書や職務経歴書の作成のアドバイスや面接対策、選考のスケジューリングまで幅広くサポートしていますので、初めての転職活動でも安心です。サービスのご登録・ご利用はすべて無料。オンライン面談にも対応しているので、お気軽にご相談ください。

転職エージェントとの面談の服装に関するFAQ

転職エージェントとの面談に行くときに悩むことは人それぞれ違うでしょう。ここでは、想定される服装に関連したお悩みをQ&A方式で解決していきます。

希望業種や業界を意識した服装にすべき?

特に指定がなければ、意識する必要はありません。しかし、面談時のマナーとしてある程度オフィスカジュアルを意識した服装にすると良いでしょう。「企業の面接に行く服装をチェックして欲しい」という場合は、応募先企業を意識して選ぶのがおすすめです。「私服面接では何を着たらいい?ふさわしい服装を紹介」のコラムでは私服で面接に臨む場合の服装について詳しく解説していますので、こちらも参考にしてください。

急遽面談が決まったときの服装はどうしたら良い?

そのまま面談に向かっても構いません。汚れた服装などは好ましくありませんが、基本的に面談は私服でもOKとされている場です。どうしても気になる場合は、用意ができなかった理由を転職エージェントに一言伝えておくと良いでしょう。

リクルートスーツで参加するのはおかしい?

可能であればビジネススーツを用意した方が良いでしょう。
リクルートスーツは新卒が着るものであるため、年齢に合っていない印象を与える場合があるからです。ビジネススーツが用意できないときは、私服やオフィスカジュアルで参加するのが無難。転職活動に適切なスーツについては「転職活動にリクルートスーツは着てもいい?好印象を与える8つのポイント」も参考にしてください。

髪色は暗くして行くべき?

金髪などのかなり明るい髪色をしている人は、暗くして面談に行ったほうが良いでしょう。
また、根元が伸びてきている場合も、面談前にカラーリングをしてきれいな状態にするのが望ましいです。手入れの行き届いていない髪は、だらしない印象を与える可能性もあります。転職時の髪のマナーについては「転職時の面接に適切な髪色や服装は?おすすめのトーンや与える印象も解説」をご覧ください。

この記事に関連するタグ