人事面接の特徴とは?チェックされているポイントや逆質問の意図も解説

人事面接の特徴とは?チェックされているポイントや逆質問の意図も解説の画像

この記事のまとめ

  • 人事面接では一次を若手社員が、二次以降を人事部長が面接官を担当する傾向がある
  • 面接では人事のほかに、「現場の社員」や「役員」「社長」などが面接官を務める
  • 一次人事面接の採用ポイントは、基本的なマナーや会社に必要な能力が備わっているか
  • 最終面接では、「会社との相性はどうか」といった点がチェックされる
  • 逆質問や志望動機といった頻出される質問対策をして、面接本番に備えよう

企業の面接に対する対策を考えている方も多いでしょう。そのような方のために、人事・役員が面接でチェックするポイントをご紹介します。また、新卒転職者向け面接対策、良い印象を持たれる方の特徴、NGな解答例なども併せて取り上げていきます。
これから企業の面接を迎え、的確な答え方をする必要がある方は、ぜひこのコラムを参考にしてください。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

人事だけじゃない!面接官の立場は主に3つ

採用の場で面接官を務める人の立場は、主に「人事」「現場の社員」「役員・社長」の3つです。
それぞれの立場によって採用の視点が異なるため、以下で確認しておきましょう。

1.人事部(人事担当者)

一般的な企業では、採用のエキスパートである人事が採用の中心となります。
人事面接を中心に採用を進める場合、一次面接に人事部の若手社員、二次・三次面接に人事部長が面接官、最終面接を企業の役員や社長が面接官を務めるパターンが多いようです。
採用の最終判断を行う最終面接までに、「活かせる経験や能力があるか」「基本的なビジネスマナーが身についているか」「企業について正しく理解しているか」「仕事への熱意があるか」など、あらゆる視点から会社にふさわしい人材かどうかを判断します。

2.現場の社員

応募者数が多い場合、人事担当者だけで選考をするには時間が掛かってしまうため、現場の社員を面接官に起用することがあります。
現場の社員が面接官を務めるのは、一次面接や二次面接といった採用の初期段階。候補者をふるいにかけるのが目的のため、基本的なスキルやマナーを重視する傾向があります。
また、若手社員の場合は「同じ職場で一緒に働きたいか」、責任者なら「職場や業務内容に馴染めそうか」といった現場の社員ならではの視点が加味されることもあるようです。

3.役員・社長

面接の最終段階では、会社の役員や社長が面接官を担当する、いわゆる「役員面接」が行われます。
役員や社長が採用で重視するのは、「会社との相性」や「会社に貢献しそうな人物か」といった点。
仕事に必要な経験や基本的なスキルについては、それまでの面接でクリアしていることがほとんどなので、最終面接ではあまり重視されません。
「最終面接は意思確認の場」という噂もありますが、面接官を担当する役員や社長が「会社と合わない」と判断すれば落ちることもあるでしょう。

面接の3段階ごとの採用ポイント

一次面接、二次・三次面接、最終面接といった段階によって、採用ポイントが変わります。
先述した面接官の立場別の視点と合わせて、面接の段階ごとの採用ポイントを押さえましょう。

1.一次面接

一次面接の採用ポイントは、「基本的なマナーが身についているか」や「会社に必要な経験や能力はあるか」「応募書類との矛盾はないか」といったシンプルな内容です。
先述したように、現場の社員が面接官を務める場合は、「一緒に仕事をしたいか」「職場の雰囲気に合うか」といった点が合否を決める判断材料の一つになることもあるでしょう。
採用の序盤である一次面接では、候補者をある程度絞るのが第一の目的。面接で判断したいポイントも少ないため、あまり踏み込んだ質問をされることはないようです。
とはいえ、しっかりとした受け答えができなければマイナスな印象になりますので、社会人としてのマナーや感じの良い話し方ができるよう、面接の雰囲気に慣れる練習をしておきましょう。

2.二次・三次面接

二次・三次面接の採用ポイントは、「どのような人物なのか」「仕事のどんな場面で活躍しそうか」「採用リスクはないか」など。最終面接に向けて、入社にふさわしい人材を見極めるため、一次面接よりもさらに踏み込んだ内容を問う傾向があります。
そのため二次・三次面接では、候補者が自分の能力や経験を単純にアピールするだけでは面接官には響きません。「なぜそう考えるのか」といった根拠や、「応募先企業でどんなことがしたいか」といったビョンを具体的に伝えられるかが合否を分けるので、対策しておく必要があるでしょう。

3.最終面接(役員面接)

最終面接では、一次面接や二次・三次面接で回答した内容をさらに深堀りし、「候補者の価値観が会社のビジョンや方針と合っているか」といったマッチングを判断する傾向があります。
その際は、一次面接や二次・三次面接で回答した内容と一貫性を持たせ、回答にブレが生じないようにしてください。「聞いていた内容と違う」と不信感を与えないためにも、つねに「自分の就活軸(転職軸)」を意識しておきましょう。

面接の段階ごとの採用ポイントは「転職成功の鍵!一次面接と二次面接、最終面接の違いとは」のコラムでもご紹介しています。ぜひ参考にしてみてください。

6つの質問別!人事・役員部門の面接官がチェックするポイント

ここでは、面接でよくある質問別に、面接官の視点や回答のポイントを簡単にご紹介します。
質問の意図やチェックポイントが分かれば、自分を効果的にアピールする方法も見えてくるもの。面接対策を始めるきっかけとしても、ぜひご活用ください。

1.志望動機や自社との適合性

志望動機を問うのは、「なぜ自社を志望したのか」という理由を知りたいのも一つですが、ほかに「候補者のビジョンが自社で実現可能か(相性)」や「入社に対する熱意はどうか(意欲)」を知る目的もあります。
回答するときは、自分の能力がいかに応募先企業で役立つかを具体的に伝えるのが効果的です。
たとえすばらしい動機を伝えても、応募先企業で実現不可能なことや、他社でも言えるような内容であれば、「自社と合わない」と判断されマイナス評価につながる可能性もあります。

2.自己PR

自己PRに関する質問は、「候補者の強みや能力はどんなものか」を知る以外に、「入社後のどのような場面で強みを活かせそうか」といった点が見られます。
アピールポイントを考える際は、「求める人物像」を意識するのがコツ。会社が求める能力と、自分の能力(強み)がマッチしているうえに、入社後に活かせることを根拠を添えてアピールしましょう。

3.自己紹介

面接の冒頭で「自己紹介をしてください」と言われるのは、いわゆる「アイスブレイク」のため。候補者の緊張感を緩和させ、普段どおりの力を発揮してもらいたいという面接官の狙いがあります。
そのため、自己紹介の際に必要以上にしゃべるのは避けてください。
「学校名と氏名を教えてください」と内容を具体的に指定する場合や、「30秒で」と時間を区切る場合もあるので、いくつか自己紹介のパターンを用意しておくと良いでしょう。

4.長所や短所

長所や短所に関する質問は、「性格や人間性」を見ると同時に「自分を客観視できているか」を判断されます。
長所は「仕事上活かせそうなもの」、短所は「向き合い方」を伝えるのがポイントです。特に短所は「採用リスクがないか」を判断する場合もあるため、「時間にルーズ」「約束が守れない」といった社会人として致命的な欠点を焦点にあてるのは、避けたほうが無難でしょう。

5.他社の選考状況

面接の中盤から最終面接で、「弊社以外にどのような企業を受けていますか」と他社の選考状況を伺う質問もあります。この質問の意図は、「内定を出したら入社してくれるか」という入社意欲を判断したいというもの。「御社以外受けていません」と嘘をつく必要はありませんが、入社意欲が高いことをアピールすると良いでしょう。
また、「弊社は第一希望ですか?」と志望順位をダイレクトに聞く質問には「第一志望です」と答えるのが無難です。加えて「なぜ第一志望なのか」という理由を伝える必要があるため、あらかじめ回答を用意しておくことをおすすめします。

6.キャリアプランを持っているか

面接で、「キャリアプランを持っているか」と聞かれることがあります。キャリアプランとは、今後どうキャリアを積み重ね、目標実現に向けて行動していくかを示すプランのことです。
面接官がこの質問をする意図は、「しっかりと自分に向き合っているか」「キャリアプラン実現への計画性がどうなっているか」「そのキャリアプランが自社のビジョンと合っているか」などを確認するためでしょう。
キャリアプランに関する質問への答え方ですが、プライベートのことは話題にしない、志望動機と一貫性を持たせる、応募先企業でかなえられる夢を語るなどがポイントになります。

面接の4つの「逆質問」への攻略方法と注意点

面接の最後に頻出される「逆質問」は、面接前に対策しておくべき質問です。ここでは、「逆質問」に特化して、概要や質問の意図、答え方のコツなどをご紹介します。

1.逆質問とは

面接の終盤に面接官から「何か質問はありますか?」と聞かれることがありますが、これを「逆質問」といいます。面接では本来、面接官が候補者に問う形で質疑応答が行われますが、逆質問の場合は候補者から面接官へ質問できるのが特徴。「最後に伝えておきたいことはありますか?」など、質問の仕方は企業によってさまざまです。

2.逆質問をする意図

企業が面接で逆質問をする意図は、大きく分けて以下の4つに分けられます。

・候補者の就業意欲を判断したい
・相互理解を深めたい
・会社の魅力づけをしたい
・判断能力やコミュニケーション力を確かめたい

候補者が「逆質問」をするためには、企業について詳しく知らなければなりません。企業を深く知るには綿密な業界・企業研究が必要になるため、適切な逆質問をする候補者を「入社意欲が高い」と判断できます。
また、逆質問によって「企業に対する疑問を減らし理解を深めたうえで入社してほしい」というのも企業側の狙い。企業側は、逆質問で候補者の疑問に答えつつ企業の魅力づけもできるため、積極的に面接へ取り入れる傾向があります。

3.逆質問の答え方

逆質問をする際は、1つの質問に絞ってください。
質問内容は、「入社1年目の社員の、具体的な1日のスケジュールを教えてください」のように、企業や業務に関する内容にするのがおすすめ。積極的に仕事を知ろうという姿勢が評価され、「入社意欲」をアピールできます。
また、面接でアピール不足だった場合、自己PRを含ませながら質問をするのも効果的。「私は○○の資格取得に向けて勉強中ですが、この資格が実際の業務で役立つ場面はありますか?」のように、努力している点を前置きする形で伝えても良いでしょう。

4.逆質問の注意点

逆質問をする際に気をつけるべき注意点をご紹介します。事前対策の参考にしてください。

給与や待遇に関する質問は避ける

「昇進したら給与はいくらもらえますか?」「残業は多いですか?」といった給与や待遇面に関する質問は避けたほうが無難です。「仕事内容よりそれが気になるの?」と意欲の方向性を疑問視される可能性があります。

逆質問はあらかじめ3つ程度用意する

「何も言えない」という事態を防ぐため、逆質問はあらかじめ3つ程度用意しておくのがおすすめです。
逆質問の内容が少ないと集団面接でほかの候補者と被る場合や、面接中に解決してしまうことがあります。

面接での効果的な逆質問の方法については「面接の逆質問でアピール!意欲を上手く伝えるコツやNG例などを紹介」のコラムでもご紹介しています。好印象を与える逆質問を行うためにも、ぜひ参考にしてみてください。

新卒・転職者両方に共通する8つの面接対策

面接を乗り切り、就職・転職にまでつなげるには事前の対策が必要になってきます。対策を講じることで、面接官に良い印象を与えることができ、評価も高まるでしょう。
ここでは新卒・転職者両方に共通する8つの面接対策をご紹介します。

1.本番では時間や基本マナーを厳守する

まずは、面接本番では時間厳守です。本番開始5~10分前くらいに到着するのが適切でしょう。
このくらい前なら、自分で心の準備もでき、面接官も時間を守る方だなと良い印象を抱きます。あまりギリギリでは気分も落ち着かず、見る側からしても、いかにも慌ただしい感じがするため、少し余裕を持って到着することを心掛けましょう。
基本的なマナーについては、面接におけるマナーと服装や髪形に関するマナーがあります。面接におけるマナーとは、受付や入室、面接時、退室時のマナーのことです。面接には守るべき一定のパターンがあるため、しっかり覚えておきましょう。
服装や髪形のマナーでは清潔感が重要です。スーツであれば、しわ、汚れがなく、たばこのニオイをさせないなどがポイントです。髪型は奇抜なものを避け、すっきりした印象にしましょう。

2.キャリアプランは年単位で大きな目標から細分化する

面接でキャリアプランについて聞かれることを想定して、答え方を考えておきましょう。多くの場合、面接官は、応募者が1年後、5年後、10年後についてどのようなキャリアプランを抱いているのかを知りたがっています。
そこで、答える場合はなりたい自分像の大きな目標を設定しておくことがおすすめです。そのうえで、年単位でどう順を追って目標達成に向かっていくか、細分化すると良いでしょう。

3.企業の情報収集を行う

企業の面接官は、応募者が自社についてどれくらいの情報収集を行っているかも見ています。実際に自社についての質問をしてくる担当者もいるでしょう。
その際に、応募企業に関してしっかりと調査を行い、正確な情報を把握していると、高く評価されます。志望の意志の強さも伝わり、「この人ならうちで活躍してくれそうだ」という印象も与えやすくなるでしょう。

4.入社後のビジョンを考える

面接でよく聞かれる質問の1つが将来のビジョンです。「どのようなビジョンを抱いて、わが社に入社してくるのだろうか」と面接官も興味を持っています。
将来のビジョンとは、簡単にいうと入社後にどう働き、どう成長していくかの計画です。その計画がしっかりできている方には、企業側も好印象を持つでしょう。
したがって、あらかじめ対象企業に入社後のビジョンを作成しておくことが大事です。そうすれば、面接で聞かれたときにもすぐに答えることができ、志望度の高さをアピールできます。

5.長所や短所は他人の意見を聞く

面接で自分の長所や短所を伝える場面もあります。その際には、的確に伝えられるようにしましょう。自分で自分の長所や短所を見る場合は、主観的になりやすいので注意してください。
そこで、おすすめの方法として、他人の意見を聞いてみましょう。友人や先輩、後輩、家族などに自分を分析してもらい、客観的な評価をしてもらいます。
こうして得られた意見によって、思わぬ自分の長所や短所を発見することも。それらを含めて面接で伝えれば、真実味がより加わって内容も深くなるでしょう。

6.質問には簡潔かつ結論から答える

面接での答え方は、簡潔に、そして結論からがポイントです。
面接官からは多くの質問が出ますが、自分のことをもっと分かってもらいたいと思うあまり、内容を詰め込み過ぎる場合があります。
しかし、面接官は長い答えを求めていない傾向にありだらだら話し続ければ、評価が下がる可能性も。簡潔に答えることでも、自分の気持ちは十分伝わるでしょう。
また、結論から話すことも大切です。結論を後回しにすると、話の要点が分かりにくくなります。また、結論を最初にすることで、担当者の頭の中にアピールポイントがしっかり刻み込まれるでしょう。

7.具体的な実績やスキルを伝える

面接では、いかに自己アピールするかがポイントです。その自己アピールとは、実績やスキルということになるでしょう。
実績やスキルを伝える際は、具体的な内容を盛り込むことが重要になってきます。その際には、キーワードやエピソードを含めたり、どのような成果があったかなどをうまくまとめたりすると、説得力が増すでしょう。

8.企業への具体的な貢献方法をアピールする

面接では会社に貢献できることを聞かれる場合があります。その場合は、自分が具体的にできる貢献方法を、5W1Hを意識しながらアピールするのがポイントです。
5W1Hとは、「いつ」「どこで」「誰が」「何を」「なぜ」「どのように」ということで、この点を網羅した答え方をすると、企業へどのような貢献ができるのかが明確になります。
また、体験談やエピソードも交えながら話をすると、面接官もイメージが湧きやすくなるでしょう。

新卒の面接対策のコツ

新卒の面接対策のコツは、基本的なマナーは押さえつつも、清潔感や若々しさ、素直さといった新卒らしさをアピールすることです。
新卒などの若い年齢の方は、採用の場で人間性や柔軟性といった「ポテンシャル」が評価されます。
社会人経験のない新卒ならなおさら、「可能性を感じられるか」が重要視されるでしょう。成長が期待できる人材であることをアピールすることで、好印象につながります。

就活初心者なら面接対策セミナーがおすすめ
面接のやり方を1から学びたい方は、面接対策に特化した就活セミナーを受講してみるのがおすすめ。基本的な面接ノウハウを教えてもらえるだけでなく、模擬面接を実施してくれる場合があります。面接経験がなくて不安な方も、ぜひ参加を検討してみましょう。

転職者の面接対策のコツ

中途採用の場合に採用で重視されるのは、能力や実績です。加えて、ビジネスマナーがしっかりと身についているかもチェックされるでしょう。
「前職で得た経験や実績はどんなものか」「経験やスキルが会社に貢献できるか」などをアピールすることで、「即戦力になりそうだ」と好評価につながります。
なお、実績など具体的な数字があるときは、ぜひアピールに盛り込んで説明してください。採用担当者が候補者の能力を把握しやすくなるため、効果的です。

転職・退職理由はポジティブに志望理由と合わせる

転職者が面接に臨んだときによく聞かれる質問が「どうして前職をやめたのですか」というものです。そう聞かれると、前職での不満を言う方がいます。しかし、これは好ましいことではありません。
面接官は応募者の仕事への前向きな姿勢をチェックしています。前職で不満があったということは、うちの会社でも同じような不満を抱き、やめていくのではと不安にさせてしまうでしょう。
それを避けるためには、ネガティブな理由をポジティブな理由に言い換えて、それを志望理由に絡めながら伝えるのがコツです。

転職支援サービスを活用する

転職が初めてで不安という方は、転職支援サービスを利用するのがおすすめです。
転職支援サービスには、ハローワークや民間のエージェントなど、さまざまあるので、Webサイトなどから探してみると良いでしょう。
ハローワークなら窓口の職員、エージェントならアドバイザーが、求職相談に載ってくれます。

面接で良い印象を持たれる方の4つの特徴

対人事面接で良い印象をもたれる人の特徴は、「話しているときの視線が自然である」「素直である」などが挙げられます。
面接ではいかに面接官に良い印象を持ってもらえるかが大きなポイント。好印象を抱いてもらえれば、内定に一歩近づくはずです。
以下のポイントを意識して面接に臨みましょう。

1.話しているときの視線が自然である

面接官と対峙しているときに大事なのが視線の置き方です。どこを見て話をするかで印象が大きく変わります。ポイントは、面接官と視線を合わせることですが、これが最も自然で話の内容にインパクトを与えられるでしょう。
そわそわと視線をずらしたり、横を向いたりというのでは、印象も悪くなります。穏やかな視線を自然に面接官に向けるようにするのが大事です。
ただし、多少は視線を外すことがあっても、不自然ではありません。

2.素直である

企業が求める人物像に「素直である」というものがあります。素直とは、他人の意見をよく聞き、その意見や異なる環境を受容するということです。そのような方であれば、会社組織でも仕事がやりやすくなるでしょう。
そこで、人事での面接で自分の素直さをアピールできるかが成否のポイントになります。
素直さを言葉でアピールするだけでなく、相手の話を聞く態度や表情、そこから学び取ろうという姿勢にも表れれば、自然と担当者に伝わるでしょう。

3.謙虚である

謙虚な方は人事面接での印象が良くなります。謙虚な方は必要以上の自慢をせず、出しゃばることはないでしょう。それでいて、言うべきことはしっかりと伝え、謝るべきときは謝るでしょう。
このような態度の方は、組織の中でも信頼が厚くなり、仕事も進めやすくなります。そのため、面接時にそのような態度を少しでも見せられれば、評価も上がるでしょう。

4.相手本位な視点で話す

話をしていると、ついつい自分本位になってしまう方がいます。自分の話ばかりが長くなり、相手の話に十分に耳を傾けなくなるようなタイプです。
しかし、このような態度では、面接で良い印象を持ってもらうことは難しいでしょう。
会話は相手とのキャッチボールで成り立っています。自分のことばかりではなく、相手の言うことも尊重しながら進めていくことが大切です。つまり、相手本位の視点になり、相手の立場に気を使える方こそが、人事面接で良い印象を持たれるといえます。

面接で好印象を与える方法を知りたい人は「面接の基本はこれ!好印象を与えるコツとは」のコラムもあわせてご覧ください。

人事がマイナス印象を受ける7つのNG回答集と話し方

最後に、面接を担当する人事がマイナス印象を受けるNG回答をまとめました。
面接対策の見直しや選考がうまくいかないときの振り返りにご活用ください。

1.意欲の低い「特にありません」「分かりません」

面接中の質問に対し「特にありません」「分かりません」と答えるのは、「就業意欲が低い」マイナスイメージを与えます。
特に、企業についての理解を問う場面でこのように答えてしまうと、「会社に興味がない」と悪印象です。何を聞かれても答えられるよう、企業について詳しく調べておきましょう。

2.根拠のない自信やただの自慢話

「なんでもできます」「あれもこれもできる」といった根拠のない自信や、「子どもの頃、将棋大会で優勝した経験があります」といった単なる自慢話は、人事担当者に響きません。
自分の強みをアピールするときは、業務に関係のある内容にしたうえで、根拠となるエピソードを添え、説得力を持たせましょう。

3.主体性のない「どちらでもかまいません」

希望職種などを聞かれた際に、「営業でも事務でもどちらでもかまいません」のように述べるのは、「主体性がない」と判断される恐れがあります。
面接官に、「他社のほうが向いているのでは?」と聞かれたときに、「そうですか…」と黙ってしまうのもNGです。
自分の意見を持ち、「自ら進んで仕事をする姿勢」をアピールしてください。

4.企業とズレた回答内容

企業の業務内容を間違えて把握し、応募先企業が提供していない商品・サービスについて述べてしまうパターンもよくあるNG例です。「企業理解が足りない」と判断されるのはもちろん、企業側に失礼な行為になるため、このような失敗のないよう事前の情報収集は徹底して行いましょう。

5.抽象的で漠然としたビジョン

志望動機を聞かれた際、「入社後はクリエイティブな仕事をしたいと思っています」など、具体性のないビジョンを述べるのはやめましょう。
たとえば、例に挙げた「クリエイティブ」は「創造的であること」を意味します。「創造的な仕事」をしたいと言えば聞こえは良いですが、実際何がしたいのかまで伝わりません。
志望動機や将来のビジョンを述べるときは、「どの業務で自分のどんな能力を発揮した」というように具体性を持たせるようにしてください。

6.曖昧な表現や語尾を濁す

人事面接で曖昧な表現を使ったり、語尾を濁したりするのはNGです。
決して使ってはいけないというわけではありませんが、曖昧な表現を使わなくても話はできるので、人事面接では避けたほうが良いでしょう。
また、語尾を濁すのも良くありません。語尾がはっきりしないと、面接官も応募者の答えに信用を置けなくなるでしょう。面接の場面では、はっきりと言い切る明確な言葉遣いのほうが印象も良くなります。

7.抑揚がない話し方

人事面接時の話し方に抑揚がないと、棒読みのようになって感情がこもりません。これではいくら相手企業に入社したいと言っても、その熱意は伝わらないでしょう。このような話し方をしてしまうと、人事面接時点でマイナスの印象を与えるどころか、不採用即決になる可能性もあります。
仕事では、自分の意思を仲間や同僚、取引先にしっかり伝える必要がありますが、その際には抑揚をつけた話し方をすることで気持ちが通じやすくなります。
そのため、人事面接時でもこの点を注意して臨めば、プラスの印象を持ってもらえるでしょう。

人事や役員の面接対策をしよう

一般企業では、人事や現場の社員、役員などが面接官を務めます。特に、人事や役員は中心的な面接官です。それだけに、このような面接官に当たることを意識しながら対策を講じることが重要になってくるでしょう。

フリーター・ニート・既卒・中退された方が初めて就職しようとする場合、第二新卒者が未経験業界へ転職する場合は、ぜひ就職・転職エージェントのハタラクティブをご利用ください。
プロが経歴や状況に応じて的確なアドバイスをします。1社ずつの面接対策も実施することで、面接通過の可能性も高まるでしょう。

この記事に関連するタグ