面接に落ちる理由は?ステップごとに原因・対策をご紹介

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 面接に落ちる理由は?ステップごとに原因・対策をご紹介

公開日:

【このページのまとめ】

  • ・一次面接に落ちる理由は、ビジネスマナーが身についていない、企業研究をしていないなど
    ・スキルや経験、自分の強みのアピール不足は二次面接に落ちる原因となる
    ・会社の方向性に合うキャリアビジョンや、入社意欲のアピールが最終面接突破のポイント

「面接に落ちる理由がわからない…」と悩んでいる方はいませんか?
ここでは一次、二次、最終面接に落ちる原因をそれぞれ解説します。面接突破のためのポイントもご紹介するので、ぜひチェックしてください。

 

◆一次面接に落ちる理由

ここでは、一次面接に落ちる理由を見ていきましょう。

【ビジネスマナーが身についていない】

ビジネスマナーを守れていない場合、「同僚や顧客と信頼関係を築くのが難しいのでは」と思われるでしょう。
悪印象を与える言動として、下記の例が挙げられます。

・入退室時の挨拶ができていない
・正しい敬語を使えていない
・面接官の話を聞こうとしない
・服装や髪型を整えていない

基本的なビジネスマナーが身についているかは必ずチェックされるので、練習の際にしっかり確認しておくことが大切です。

【企業研究をしていない】

会社のWebサイトを見ればわかる内容を聞いてしまうと、「準備不足」「意欲を感じられない」と思われてしまいます。
企業理念や事業内容、商品・サービスの対象者など、基本的な内容はしっかりチェックしましょう。店舗に行くことが可能な場合は、足を運んでおくと会社への理解を深められます。

【質問に対して的確に回答できていない】

質問に対する回答がズレたり、聞かれていない内容を話してしまったりすることは意外と起こりがちです。「ちゃんと話を聞いていない」「協調性がない」と判断されるのを防ぐために、回答する際は結論から話すことを心がけましょう。
話が長くなると回答内容がブレてしまうので、「◯◯です。なぜなら~」「◯◯です。具体的な例として~」といった表現にするのがポイントです。

一次面接ではビジネスマナーやコミュニケーション能力などをチェックされているため、挨拶や身だしなみ、表情、話し方に気をつけましょう。


◆二次面接に落ちる理由

二次面接に落ちる理由の例は、下記のとおりです。

【スキルや経験をアピールできていない】

書類選考に通過しているので最低限のスキルは持っていることになりますが、会社への貢献度を伝えられないと二次面接の突破は難しくなります。単に「◯◯のスキルを持っています」と言うのではなく、「◯◯のスキルがあるため、□□の場面で活かし御社に貢献したいと思っています」と具体的に伝えて意欲や貢献度を示しましょう。

【自分の強みを把握していない】

異業界・異職種への転職の場合、「アピールできることがない…」と悩む人もいるでしょう。その場合、これまでに身につけたスキルや経験を洗い出し、チャレンジする仕事に活かせる強みを見つける必要があります。
「前職での◯◯の経験は、御社の□□の仕事にも活かせると考えています。なぜなら~」というように根拠を明確にして伝えられれば説得力のある内容になるでしょう。

二次面接を担当するのは、現場の責任者など入社後に上司となる社員です。知識やスキル、経験が十分であるか、未経験の場合は意欲があるかといった点をチェックされているため、的確に答えるための準備をしっかりしましょう。


◆最終面接に落ちる理由

ここでは、最終面接に落ちる理由の例を確認しましょう。

【キャリアビジョンが会社と合わない】

最終面接は社長や役員が面接官となり、入社後のビジョンについて聞かれるのが一般的です。採用コストを考慮して応募者の適性を判断しているため、「会社と方向性が合っているか」「異動後も継続して働くことができるか」という点に着目しています。
企業研究で会社の展望を把握し、どのように企業の成長に貢献できるかをまとめておきましょう。

【入社意欲の高さをアピールできていない】

志望動機を使いまわしていたり企業理解が甘かったりすると、志望度が低いと判断されるでしょう。多くの会社の中からなぜその企業を選んだのか明らかにし、自分の言葉で伝えることが大切です。

「最終面接まで進んだのだからきっと受かるだろう」と油断せず、志望動機の深掘りや企業研究を改めて行い面接に備えましょう。

各面接での注意点をご紹介しましたが、いかがだったでしょうか。
企業から内定を得るには、事前準備が必須です。「もう少し対策しておけば良かった…」と後悔することがないよう、上記の内容をしっかり把握して面接練習をしましょう。

「アドバイスをもらいながら面接対策を進めたい」「面接を突破できず自信をなくしそう…」という人は、エージェントの活用がおすすめです。
ハタラクティブは、既卒やフリーター、第二新卒などの若年層を対象に就職・転職支援を行うエージェント。経験豊富なアドバイザーがカウンセリングで適性を把握し、希望に合う求人をご紹介します。
当サービスは未経験OKの求人を多数ご用意しているほか、応募書類の添削や面接対策といったサポートをマンツーマン体制で実施。アドバイザーとはメールやチャットツールを用いて情報共有できるため、働きながら転職活動したい方も都合に合わせて連絡をとれます。
サービスのご利用はすべて無料なので、就職・転職活動をスムーズに進めたい方は、お気軽にご相談ください。



職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、多くの方が就職に成功されています。

おすすめ記事

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ページトップへ