1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 面接マナーは大丈夫?転職でマナーが重視される理由とは

面接マナーは大丈夫?転職でマナーが重視される理由とは

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

公開日:

【このページのまとめ】

  • ・転職者は社会人経験があるので「ビジネスマナーができて当然」と考える企業は多い
    ・時間に余裕を持って行動する、コートは建物に入る前に脱ぐ、携帯電話の電源は切るなど、基本的なマナーを確認しておこう
    ・ドアは向き直って閉める、席は下座を選ぶなど、ビジネスシーンでは当たり前のマナーを守ることも大切
    ・マナーを守れていないことが原因で印象が悪くなるケースもあるので注意しよう

転職採用の面接で重視されることは何かご存知ですか?
志望動機や職務経歴書の内容はもちろんですが、基本的なマナーをチェックしている企業が多いようです。
当コラムでは、なぜ中途採用でマナーが重要視されるのかを解説。
基本的なビジネスマナーも紹介しているので、面接を控えている人は参考にしてみてください。

◆転職の面接マナーとは

社会人経験者は基本的なビジネスマナーが身についていて当然と考えている企業が多いようです。
面接のマナーが守れていないと、仕事でもマナーを守らない人、雑な人というマイナスイメージを与えてしまう可能性も。
転職時は新卒時と比べてマナーに対する評価が厳しいことがあるので注意が必要です。

【面接の基本マナー】

・面接の受付は開始5分前には済ませる

遅刻はもちろん、ギリギリで駆け込むことも悪印象につながります。
交通機関の乱れにも対応できるよう時間に余裕を持って行動しましょう。
早すぎる到着もマナー違反になるので気をつけます。

・コートは建物に入る前に脱ぐ

建物に入る前にコートは脱いでおくのがマナー。
マフラーなどの防寒具も外し、受付をする時には自分の腕に掛けておきましょう。

・スマートフォンの電源、時計のアラームなどは切る

マナーモードにしていてもバイブ音は響くので、スマホの電源は切っておきます。
デジタル時計にアラームを設定している場合など、面接中に音が鳴るのはマナー違反なので面接前に確認しておきましょう。

・私語は慎む

採用面接を続けて行う場合、控室や応接スペースに志望者を集めて待機させる企業もあります。
ほかの志望者が同じ部屋にいても話しかけたりせず、私語は慎むのが基本マナー。
静かに志望動機などの最終確認を行い、周囲に迷惑がかからないようにしましょう。

・やむを得ない緊急連絡は事前に電話する

電車が遅延しているなど、やむを得ない事情で遅刻しそうな場合は、面接開始前に電話で連絡を入れるのがマナーです。
遅れることが分かった時点で速やかに連絡を入れておけば、印象も悪くならずに面接を受けられることがほとんど。
最寄り駅についたら…など、連絡が遅い場合や連絡なしで遅刻することはマナー違反に当たります。

◆好印象を与える入退室のマナー

入退室のマナーもしっかり見られています。
好印象を与えるポイントを押さえておきましょう。

・入室のノックは3回

「ノックは2回」と認識している人もいますが、2回はトイレが空室かを確認する時の回数。
面接などビジネスの場では3回ノックが基本とされています。

・ドアに向き直って閉める

入室したら、ドアは後手で閉めずに向き直って閉めましょう。
ドアと面接官の距離が近ければ、ドアを閉めたらその場で挨拶を行い、距離が遠ければ座るべき場所まで進んでから挨拶します。
また、入室時に「失礼いたします」の一言も忘れないようにしましょう。

・座るタイミングと場所に注意

「◯◯(名前)です。本日はよろしくおねがいします」などの挨拶を終えたら、面接官に着席を促されるまで座るのは控えます。
また、応接室などで複数の椅子がある場合、席の指定がなければ下座に着席するのが基本マナー。
出入り口に一番近い席が下座、ということも併せて覚えておきましょう。

・終了時は挨拶と一礼を忘れない

面接が修了したら、「本日はありがとうございました」などの言葉とともに、最敬礼で挨拶しましょう。
さらに、退室前にはドアの前で一礼してからドアを開けることも忘れずに。
エレベーターまで見送られた場合は、ドアが閉まるまで頭を下げておくと好印象です。

◆身だしなみマナーもチェックしておこう

基本マナーは挨拶だけではありません。
服装などの身だしなみが原因で印象が悪くなることもあるため、併せて確認しておきましょう。

・スーツが基本

転職活動でも基本の服装はスーツですが、新卒時に使っていたリクルートスーツは避けたほうがベター。
経験やスキルをアピールする転職では、「頼りない」「経験が浅い」といったイメージが強いリクルートスーツはふさわしくありません。
また、企業によっては私服や服装自由を指定される場合も。
その場合はジャケットを着用したビジネスカジュアルを選択すると良いでしょう。

・清潔感のある印象を心がける

スーツにシワやホコリが残っていないか、シャツは汚れていないか、靴は磨かれているかなど、全身をチェックします。
髪にフケや寝癖がある、食事やタバコのにおい残りなどにも注意しましょう。

・メイクやネイルは控えめに

ノーメイクはビジネスマナーに反するので、ナチュラルメイクを心がけます。
普段はしっかりメイクをする人も面接の時は控えめにし、ネイルも自然に見えるものにしておきましょう。

このほかにも、注意すべきマナーは多数存在します。
転職のマナーを確認したい、面接対策を万全にしたいという人はハタラクティブまでお問い合わせください。転職エージェントのハタラクティブは、若年層に特化して転職支援を行っています。
初めての転職でマナーがよく分からない…という人でも、マンツーマンでお伝えするので安心!
模擬面接の実施や面接でよくある質問に対する回答方法のアドバイスなど、面接対策のサポートも充実しています。
書類は通るけど面接で落ちてしまう…という方もお気軽にご相談ください!

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

経歴に自信がなくても大丈夫!

マンツーマンの面談を通してあなたにぴったりな仕事を見つけましょう!

▼ ご相談はこちらから ▼

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

ページトップへ

簡単30秒!登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?

 

より良いサービスを提供するため
アンケート回答にご協力ください

Q1. 現在の就業状況を教えてください

Q2. 年齢を教えてください

※未回答の設問があります

ご回答ありがとうございます!

いただいた情報は今後のサービス改善のために
活用させていただきます。

閉じる