1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. マナーを押さえて面接突破!転職するなら知っておこう

マナーを押さえて面接突破!転職するなら知っておこう

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・面接時に見られるのはスキルや職歴だけではなく、「一緒に働きたいかどうか」
    ・事前に注意しておきたいのは、「服装」「髪型」「におい」など
    ・面接時には敬語の使い方や最中の態度などに気を配る
    ・自分一人では自信がない…という時は、転職エージェントを活用しよう

転職に向けて面接を受ける際には、話の内容も大事ですがマナーも重要なポイントです。
どれだけ素晴らしい能力や実績があっても、ビジネスパーソンとして最低限マナーがなってなければ互いに気持ちよく仕事をするのは難しいと面接官に判断されてしまうことがあるからです。

面接突破の可能性を上げるためにも、面接時のマナーについて知っておきましょう。

◆部屋に入る前にやるべきこと

転職における面接マナーはさりげなくこなしておきたいものです。

人の第一印象は6秒で決まるといわれています。つまり面接では、入室してイスに着席するまでというわずかな間に、あなたの第一印象が決まっているのです。
そのため服装や身だしなみには細心の注意を払うようにしましょう。

<服装>

服装は基本的に上下スーツです。新卒の場合はリクルートスーツを着用することが多いですが、転職活動なら黒やグレー、紺といった控えめな色を選んでおけば問題ありません。
女性はスカートとパンツのどちらでもいいですが、スカートの場合は膝丈のものを選びましょう。

私服勤務のある職場への転職の場合、私服を指定されることも。
面接における私服とは、「オフィスカジュアル」「ビジネスカジュアル」などと呼ばれる、普通の私服よりもきちんとした印象を与えるもののことを指します。
ジーンズにTシャツ…といったカジュアル過ぎる服装にならないように注意しましょう。
襟付きのシャツにジャケットなどが無難ですが、心配な場合は実際に働いている人の姿をwebサイトなどで確認し、それよりもきちんとして見える格好…という基準で選べば間違いがないでしょう。

<髪型>

髪型も見た目の印象を決定付ける大事な要素です。清潔感を意識して、前髪は目にかからない程度に整えておきましょう。
髪の色は真っ黒にする必要はありませんが、明るすぎる色は眉をひそめる人もいますので、落ち着いた色を意識しましょう。

<におい>

意外と盲点になるのがにおいです。面接室は密室になるので、直前にタバコを吸っていたり、においのきつい食べ物を食べたりしたときは面接官にそのにおいが届いてしまうかもしれません。
面接が終わるまでは、スーツににおいがつかないような配慮が必要です。 


◆入室から面接終了までのマナー

<入室~着席>

入室時にはノックを3回して、「どうぞ」と言われてから部屋に入ります。のとき、「失礼します」のひとことは忘れないようにしましょう。
ドアを閉めるときには後ろ手ではなく、振り返って閉めるのがポイント。入室後は面接官に向き直って一礼し、座るべきイスまで進みます。

イスの横に立ったら「○○と申します。本日はよろしくお願い致します」と挨拶をしましょう。面接官に着席を促されてからイスに座り、荷物は足元に置きます。
このとき、かばんが床に倒れてしまうとみっともなく思われることも。面接時には、自立するタイプのかばんを使用しましょう。
冬場、コートを持っている場合には荷物の上に置くか、畳んで背もたれにかけておきます。

<面接中~退室>

面接中は言葉遣いに気を配り、面接官に対して失礼がないように心がけます。
転職者は新卒の頃とは違い、ビジネスマナーを身に着けていることも条件となりがち。話し方や敬語の使い方などに気を配ることが必要です。

面接後は立ち上がって礼を述べ、最敬礼をします。
もしエレベーターまで見送りに来てくれたら、エレベーターに乗る前に改めてお礼を伝えましょう。そしてドアが閉まる前に最敬礼をし、相手の姿が見えなくなるまで頭を下げておきます。
面接が終わったという開放感から気を抜いてしまいがちですが、最後まで気を抜かないようにしましょう。


◆意外なところに落とし穴が…

マナーのポイントは押さえていても、ちょっとした仕草や態度で印象が悪くなってしまうことがあります。例えば話しているときに目が合わないと、面接官は「人と話すのが苦手なのか」と感じさせてしまうことがあります。
話の内容よりもそのことが印象に残ってしまい、ネガティブなイメージがついてしまうかもしれません。

その他にも、貧乏ゆすりや必要以上に髪を触るなどの仕草は挙動不審な印象を与えることも。自信のなさを感じさせてしまいますので、控えるようにしましょう。

また、「やる気をアピールしよう!」と積極的に話すのはいいですが、自分の話ばかりになってしまわないように注意が必要です。
話すことに夢中になって面接官の質問に対して的外れな回答をしたり、他の応募者の話をさえぎってしまったりしては「自分勝手な一方的な人」と思われかねませんので、周囲への気配りも忘れないようにしましょう。


面接時には色々なマナーがあることをご紹介しました。
自分では気をつけているつもりでも、他者に与える印象は異なる…ということも。
そんな人のためにハタラクティブでは、プロの就活アドバイザーが面接を含めた転職にまつわるさまざまなサポートをしています。不安や疑問を抱えている人はぜひ1度相談してみてください。


関連キーワード

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

経歴に自信がなくても大丈夫!

マンツーマンの面談を通してあなたにぴったりな仕事を見つけましょう!

▼ ご相談はこちらから ▼

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

ページトップへ

本日面談できます!登録はこちら

これまでに就職したことはありますか?

 

より良いサービスを提供するため
アンケート回答にご協力ください

Q1. 現在の就業状況を教えてください

Q2. 年齢を教えてください

※未回答の設問があります

ご回答ありがとうございます!

いただいた情報は今後のサービス改善のために
活用させていただきます。

閉じる