二次面接のチェックポイントとは?逆質問や攻略できない原因も紹介

二次面接のチェックポイントとは?逆質問や攻略できない原因も紹介の画像

【このページのまとめ】

  • ・企業が二次面接でチェックしているポイントはマッチ度や入社意欲
  • ・二次面接を突破するには、キャリアプランを明確にし、話す内容に一貫性を持たせよう
  • ・二次面接でよく聞かれる質問は、自分の強みや将来のビジョンなど
  • ・二次面接に落ちるのは、企業研究が不十分なことや志望意欲が弱いことが原因
  • ・二次面接の逆質問は、企業との相性や入社意欲をアピールすることがポイント

「一次面接は通過するのに、二次面接でいつも落ちてしまう...」と悩んでいる方も多いのではないでしょうか。二次面接を通過するには、企業の意図を知って適切に質問に答えることが大切です。このコラムでは、二次面接で企業がチェックしている点や攻略のためのポイントなどを解説します。また、よくある質問に対する回答例もご紹介。二次面接通過に向けてぜひ参考にしてください。

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

オンライン面談実施中!【無料】就職相談はこちら

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです

ご相談はこちらから

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

企業が面接する目的

応募者の「業務に対する資質」「入社意欲」「コミュニケーション能力」を確認するのが、企業が面接を行う理由の一つです。いずれも応募書類だけでは判断できないため、面接を実施することで企業が求める人材であるかを見極めています。
さらに一次面接、二次面接、最終面接のそれぞれにおいて企業が見ているポイントは異なるようです。各面接における企業の目的を知り、より効果的な対策を打てるようにしましょう。

二次面接でチェックしている4つのポイント

一般的に企業は二次面接で、「企業とのマッチ度」「入社意欲」「コミュニケーション能力」「将来に対するビジョン」の4つのポイントをチェックしているようです。各ポイントについては、以下で詳しく紹介します。

1.企業とマッチングしているか

企業は求める人物像とマッチングしているかを見ているようです。
応募者に就労経験がある場合はこれまでの経歴や身につけたスキル、就労経験がない場合は学生時代に取り組んだことからポテンシャルや強みを確認しています。
企業は入社後に活躍する人材を求めているため、応募者の特性と求める人物像がマッチングしているかが採用の判断材料です。

2.入社への意欲があるか

企業は求める人材を必要な人数採用するために募集を行っているので、内定を出したら実際に入社してもらえるかを重視しています。
多くの求職者が他社の選考も受けていることは企業側も考慮済みです。そのうえで、他社ではなく自社に対して入社する意欲がどれだけあるかを二次面接では確認しています。

3.コミュニケーション能力があるか

実際に入社した場合、ほかの社員とうまく仕事をしていけるかを見ています。
実際の業務は多くの場合チームワークが不可欠なため、ほかの社員と協力して成果を上げることが前提です。このため二次面接では、社風や職場の雰囲気に見合うだけのコミュニケーション能力があるかどうかを確認しています。

4.将来に対するビジョンがあるか

企業は社員に対して長く働いてほしいと考えているため、自社のビジョンや理念と、応募者の考えるキャリアプランに相違がないかを確認します。入社後に双方のズレがあると判明した場合、短期離職につながりかねません。
応募者の将来に対するビジョンを確認することで、ミスマッチを防ぐねらいがあります。

最終段階の面接が不安な方は、「気を抜くと危険!最終面接ではココが見られている」もあわせてご一読ください。

3つの面接の特徴

企業から内定を得るために面接試験があります。転職経験者であったとしても、「緊張する」という人もいるでしょう。
内定までに面接が3回ある会社は、一次面接の後に二次面接と最終面接です。面接が2回の企業である場合、二次面接が最終面接になるため、二次面接によって採用されるかが決まります。
一次面接や二次面接、最終面接には判断基準や質問内容などに相違点があるため、「一次面接に受かった」という人もそれぞれの特徴を理解したうえで二次面接の対策を進めることが大切です。
選考が3段階で行われる場合の一次面接や二次面接、最終面接の特徴を下記で紹介します。

1.一次面接

一次面接の特徴は、以下のとおりです。

判断基準

一次面接では、企業の求めるスキルが備わっているか、ふさわしい人物であるかを見ているといわれています。ほかにも成長する意欲やポテンシャル、面接官とのコミュニケーション能力も判断材料となるでしょう。

面接官

管理職が担当することは少なく、比較的若手の社員が面接官となる場合が多いようです。

面接時間

企業にもよりますが、一次面接は多くの応募者が受けるため15分~30分程度といわれています。

質問内容

一次面接の所要時間は比較的短いため、志望動機や自己PRなどの基本的な質問をされることが多いようです。
一次面接では、第一印象を良くするための対策が重要になります。服装や髪型などの身だしなみを整えるとともに、志望動機や自己PRなどを簡潔に分かりやすく伝えることが大切です。

2.二次面接

二次面接の特徴は、以下のとおりです。

判断基準

二次面接では、明確なキャリアプランがあるか、現場で働いた際にどのように活躍するかといった入社後の働き方・貢献度を主に見るといわれています。

面接官

一次面接とは異なり、事業部長や課長などの管理職が面接官となる場合が多いようです。

面接時間

二次面接の所要時間はおよそ30分~60分で、一次面接よりも長くなる傾向にあります。

質問内容

二次面接の際、一次面接で話した内容を改めて聞かれることが多いようです。1つの質問に対して「なぜ?」と掘り下げられる場合もあるため対策が必要になります。

3.最終面接

最終面接の特徴は、以下のとおりです。

判断基準

応募者のスキルや経験、ビジョンが本当に自社に合っているかを判断する場となるようです。話し方や表情なども見られているため、気を引き締めて臨むことが大切になります。

面接官

役員クラスの社員や社長が面接官となるようです。自社との相性のほかにも応募者の熱意を見ているため、発言する際は自信を持ってハキハキと話しましょう。

面接時間

15分~30分で二次面接よりも短い傾向にあります。限られた時間の中で、応募先の企業で働く意志を効果的にアピールすることが大切です。

質問内容

応募先の会社で実現したいことやビジョンのほか、「なぜ自社が第一志望なのか」「必ず入社するか」といった質問をされることもあります。採用に結び付けられるよう、その会社で働く意欲を明確に伝えることが必要です。

上記が一次面接や二次面接、最終面接の特徴になります。
一次面接は応募者が会社の求める条件を満たしているか判断する場であり、最終面接は適性を最終確認する機会だとすると、企業にもよりますが応募者の将来性が見られる二次面接は内定を得るための大きな関門であるといえるでしょう。
二次面接を突破するには、面接を行う企業側の意図を把握した上で準備を進めていくことが大切です。

一次面接、二次面接、最終面接の違いは、「転職成功の鍵!一次面接と二次面接、最終面接の違いとは」でも解説しています。

二次面接を攻略するための5つのポイント

企業が二次面接でチェックしているポイントを把握したうえで、それぞれにきちんと対応できるよう準備が必要です。しかし準備といわれても、何から始めれば良いか分からない方もいるでしょう。
以下では、二次面接を攻略するための具体的な方法を5つ紹介します。

1.ビジョンやキャリアプランを明確にする

応募者のビジョンやキャリアプランについての発言は、目的意識を持って仕事に取り組める人であるかを判断する材料になります。
二次面接で入社後の働き方について回答する際は、入社直後のビジョンだけでなく、5年後や10年後の目標も答えられるようにしましょう。

2.掘り下げた質問にも対応できるようにする

二次面接では、「なぜこの会社で働きたいのか」「どうしてこの仕事に携わりたいのか」といった質問を掘り下げて聞かれる可能性もあります。
説得力のある回答ができるよう、面接準備の段階で自ら「なぜ?」と問いかけることを心がけ、自信を持って答えられるようにしましょう。

3.話す内容に一貫性を持たせる

二次面接では、一次面接で答えた内容を改めて聞かれることがあります。複数の会社に応募し、並行して面接を受けている人は特に注意してください。一次面接の後に受け答えを振り返り、回答する際に混乱することのないよう整理しておくことが大切です。

4.自分の強みを具体的かつ簡潔に述べられるようにする

自分の強みを話す場面では、肯定的な印象を与えられるよう、身につけたスキルで会社にどう貢献できるかを具体的に述べるようにしましょう。伝える中身を分かりやすくするためには、短い時間で要約した内容を話す必要があります。

5.企業が望んでいる人物像を事前に把握しておく

企業とのマッチング度を高めるために、企業が求める人物像を理解することが大切です。
基本的に求める人物像は求人票に記載されています。そのほかにも、ホームページに掲載されている社員インタビューや企業理念から推測することも可能です。
企業が望む人物像とどの部分が合致しているのか、事前に把握して面接でアピールできるようにしておきましょう。

二次面接で聞かれる質問4つと回答例

面接で聞かれる質問に対する回答を準備しておくことは大切です。二次面接を攻略するためのポイントを押さえたうえで、実際にどう回答するかを用意しておきましょう。
ここでは、二次面接で聞かれる代表的な4つの質問と、それぞれの回答例を紹介します。

1.志望動機についての質問の場合

若手や第二新卒の方に企業が求めるポイントは、これまでの経験よりもやる気やポテンシャルです。「なぜ他社ではなくこの会社なのか」「入社後どのように活躍したいのか」の2点を具体的に回答できるよう準備しましょう。
IT業界営業職の志望動機例を紹介します。

「世の中に欠かせないサービスを作り出すIT業界にて、お客さまと一番接点を持つ営業職として活躍したいと思い志望しました。特に御社では顧客第一を理念として掲げ、お客さまに最適なサービスを提供し続けている点に魅力を感じています。お客さまにどうしたら喜んでいただけるか考え続けることで、御社でも活躍したいと思っています。」

2.自分の強みや弱みに対しての質問の場合

自分の強みについて聞かれた際には、具体的なエピソードと、どのように強みを活かせるかをセットで回答することがポイントです。
逆に弱みについては、改善のためにどのような工夫をしているかをセットで回答することで成長意欲をアピールしましょう。
それぞれの回答例は次のとおりです。

「私の強みは行動力です。飲食店のアルバイトではお客さまにアンケートをお願いし、結果をもとにメニューの改善を積極的に提案してきました。変化の早いIT業界において、行動力を活かし顧客の課題を素早くキャッチすることで、御社に貢献できると考えています。」

「私の弱みはせっかちであることです。思いついたことを真っ先に行動に移しますが、考えが足らず無駄足になってしまうことがあります。改善のために、思いついたことをまずは紙に書き出して、メリットとデメリットを整理するようにしています。」

3.学生時代に頑張ったことについての質問の場合

特別なエピソードでなくとも構いません。ありきたりなエピソードや素晴らしい成果が出ていないエピソードでも、「どのように頑張ったのか」を自分らしく伝えることが大切です。また、経験を通じて学んだことを業務に活かせる点もアピールしましょう。
飲食店のアルバイトについて話す場合の回答例です。

「私が学生時代に頑張ったことは、4年間続けた飲食店のアルバイトです。初めていらっしゃるお客さまには丁寧にメニューを説明することや、常連のお客さまにはよく頼まれるメニューや好みの味付けを覚えておくことを意識したことで、感謝の言葉を頂くことが格段に増えました。どうしたら一番喜んでもらえるか考えて工夫することの大切さを学ぶことができ、御社でもお客さまのことを考え抜いた営業方法で貢献したいと思っています。」

4.将来のビジョンについての質問の場合

二次面接では、「将来どうなりたいか」「なぜそう思うのか」「そのために何をするのか」の3点を意識して回答することがポイントです。また将来のビジョンが、その企業の方向性と合っていることも大切です。企業に入社したら実現できると考えていることを話すようにしましょう。
回答例は次のとおりです。

「私は将来、お客さま一人ひとりに寄り添ったサービスを提供することで、多くの方を笑顔にしたいと考えています。飲食店のアルバイトで、お客さまのために工夫して喜んでもらえたことがきっかけでそう思うようになりました。お客さまのことを考え抜いた提案をすることで、少しずつでも御社で実現していきたいと思います。」

二次面接で逆質問をする際の3つの参考例とポイント

企業が逆質問の時間を設ける目的は、理解度を深めてもらうこと以外に、企業に対する関心度を確かめようとすることが考えられます。事前にきちんと準備することで、企業とのマッチ度や入社意欲のアピールにもつながる絶好の機会です。
ここでは、二次面接での逆質問のポイントと質問例を紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

1.企業への理解度を確かめる場合

「○○という事業に注力していると伺いましたが、成果次第では将来関わるチャンスがあるでしょうか?」「御社では結果だけでなく過程も重視して評価するとお聞きしましたが、具体的な評価制度について教えていただけますか?」など、企業について事前に調べても分からないことを逆質問を活用して確認しましょう。質問する場合は、自分で調べた点や考えたことについて意見を聞くことがポイントです。

2.企業と自分がマッチしているか確認する場合

「私と同じような経歴で入社して活躍されている方がいれば、どのように活躍されているか教えてください。」「御社は○○な社風だと伺いましたが、現場ではどのようなときに社風を感じることがありますか?」など、実際に働いている方の様子を質問することで、企業とマッチしているか確認することができます。

3.入社への意欲をアピールする場合

「仮に内定をいただけた場合、入社までに勉強すべきことや準備すべきことはありますか?」「1日でも早く御社で活躍できるようになりたいのですが、入社後はどのようなスケジュールで実務に携われるのでしょうか?」など、入社後を具体的にイメージした質問をすることで、入社意欲をアピールすることができます。

二次面接で逆質問をしない方が良い内容

逆質問といえども、聞いてしまうと逆効果になってしまう場合もあります。事前に調べれば分かることや給料に関することなど、最低限のマナーとして質問しないよう注意しましょう。

ホームページを見れば分かる内容の場合

「御社はどのような商品を扱っていますか?」「御社の強みを教えてください。」など、企業について事前に調べれば分かることを聞いてしまうと、企業への理解度が低いと思われてしまいます。上記のような質問は避けるようにしましょう。

給料に関する内容の場合

「給与はいくらからスタートになるのでしょうか?」「毎年の給与はどのようにあがっていきますか?」など、給料については聞きたくなりますが、面接官に「待遇面で選んでいるのか」と思われかねません。面接で聞くのではなく、事前にインターネットで調べたり転職エージェントに聞いたりしておくようにしましょう。

二次面接を攻略できない3つの原因

二次面接は内定に向けた大きな関門ともいえるため、「なかなか突破できない...」と悩んでいる人は多いかもしれません。では、二次面接に落ちてしまう原因としてどのようなものがあるのでしょうか。

1.企業研究が十分にできていないから

二次面接では一次面接と比べて、質問の回答を深掘りされる傾向があります。このため、「入社したら具体的に何をしたいのか?」「なぜそう考えたのか?」といった質問に答えられる準備が必要です。企業ホームページやSNSに隅々まで目を通し、自分の将来ビジョンと企業の方向性がどういった点で合致しているか事前に確認しましょう。

2.企業が求めるスキルと合っていないから

書類選考を通過している時点で、企業が求めるスキルは最低限クリアしているといえます。二次面接で自分の強みを分かりやすくアピールできているか、またスキルをどう活かすか具体的に説明できているか、もう一度確認してみましょう。

3.志望動機が弱いから

企業は入社後に長く働いてくれる人材を求めているため、志望動機から入社意欲を測っています。「なぜ他社ではなくこの企業なのか」について、二次面接で明確に回答できるよう準備することが大切です。

二次面接が通らない原因については、「二次面接で落ちるのはなぜ?突破できない人の特徴とは」もあわせて参考にしてください。

二次面接のポイントをおさえておこう

二次面接で企業がチェックしているポイントについて紹介しました。
二次面接まで進めている時点で、内定まであと一歩です。二次面接のポイントをおさえたうえで、適切な準備を行いましょう。
一人で対策していて不安な場合は、転職エージェントの活用がおすすめです。
模擬面接による練習が可能なほか、面接で落ちた際の「お見送り理由」をフィードバックできるため、何を改善すべきか明確になります。
ハタラクティブは既卒や第二新卒、フリーターの方など、若年層を対象とした転職エージェントです。経験豊富なアドバイザーが、二人三脚で内定までサポートします。相談から内定まですべて無料でご利用可能です。お気軽にお問い合わせください。

▼ ご相談はこちらから ▼

登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

みんなの就職エピソード

  • 周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月
    周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月

    就職前

    スポーツジム フロントスタッフ アルバイト

    就職後

    住宅機器等の製造・販売会社 営業

    詳細見る
  • “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職
    “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職

    就職前

    ホストクラブ ホスト

    就職後

    通信回線販売取次店 営業

    詳細見る

体験談 一覧

関連記事

  • arrow
  • youtubeIcn

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

特集

COLLECTION