Web面接はスマホでOK?よくある失敗パターンと面接準備のコツ

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. Web面接はスマホでOK?よくある失敗パターンと面接準備のコツ

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・Web面接は、応募者と企業の双方にメリットがある
  • ・Web面接のデメリットは、通信トラブルが起こる可能性があること
  • ・Web面接には、パソコンやタブレット、スマホが使える
  • ・スマホを使うときは電話感覚にならないように注意しよう
  • ・Web面接は自宅やコワーキングスペースなど静かな場所で行おう

Web面接はスマホでOK?よくある失敗パターンと面接準備のコツの画像

Web面接でスマホを使って良いか迷っている人はいませんか?基本的にカメラ機能・マイク機能がついたデバイスであれば、Web面接は何を使ってもOK。スマホを使う場合は画面が揺れないように気をつけることが大切です。
これからWeb面接を受ける方は、このコラムで面接の流れや実施する場所、基本的なマナーを学びましょう。また、Web面接でよくある失敗もご紹介するので、面接をするときの参考にしてください!

監修者:吉田早江

キャリアコンサルタント

キャリアコンサルタントとして数々の就職のお悩み相談をしてきました。言葉にならないモヤモヤやお悩みを何でもご相談下さい!

Web面接はスマホでいいの?

Web面接はパソコンを使う人が多いですが、企業から特別な指定がない場合はスマホでも構いません。


スマホは画面がぶれないようにする

スマホを手で持って使う場合、画面がぶれないように注意してください。
ただ、面接の間中スマホを動かさずに持っているのは難しいので、何かに立てかけて固定するか、スマホ用の三脚を使うのがおすすめ。スマホ向けの三脚は100円ショップでも購入できます。なお、画面に映す範囲は、胸からの上のみでOKです。


電話感覚にならないようにする

スマホは日常的に使う道具なので、スマホで面接となるとつい油断する人がいます。しかし、Web面接であっても、面接官は通常の面接と同じようにマナーをチェックしています。くれぐれも、友達との電話感覚になって言葉遣いが乱れないよう注意しましょう。
緊張しすぎないのはWeb面接のメリットですが、適度な緊張は失言を防いだり、熱意を示したりする効果があります。スマホを通したやり取りであっても、あくまで面接であることを忘れず、企業を訪問するときと変わらない態度で臨んでください。


Web面接に使えるデバイス

Web面接にはパソコンやスマホのほか、タブレットも使えます。デバイスの種類は問われませんが、重要なのはカメラ機能とマイク機能が搭載されていること。パソコンはカメラがない種類も多いですが、Web面接の予定がある方は、カメラがついたデバイスを用意しましょう。
また、マイクが正常に機能するかも面接前にチェックしてください。

そもそもWeb面接とは

Web面接とは、パソコンやスマートフォンなどのデバイスを使用してインターネットを通じて行う面接のこと。Web面接では、画面越しに相手の顔を見ながらやり取りが行われます。
従来、面接といえば企業に足を運ぶのが普通でしたが、最近はインターネットの発達によりWeb面接を行う企業が増えてきました。中には、1次・2次面接はWebで行い、最終面接のみをオフィスで行う企業もあるようです。


Web面接のメリット

遠くの企業を受けられる

Web面接なら、自宅と企業の距離が離れていても気軽に面接を受けられます。応募者にとっては遠くの企業を受けられるのが魅力ですし、企業にとっては日本全国から優秀な人材を集められるのがメリット。Web面接を使えば、海外の在住者とも簡単に面接でき、採用の機会を増やせます。


交通費がかからない

自宅で受けられるWeb面接は交通費がかかりません。地方から都心に出て就職・転職活動する人は交通・宿泊費がかかりますが、Web面接は経済的な負担が軽減できます。
企業側としても、交通費の支給や会場の設置にかかるコストをカットできる利点があるでしょう。


面接にかかる時間が短縮できる

Web面接は会場までの移動にかかる時間もかかりません。現職が忙しかったり応募している企業が多かったりすると、就職・転職活動のスケジュール調整は大変なものです。しかし、Web面接であれば面接にかかる時間を短縮でき、その分をほかの活動に回せるでしょう。


適度にリラックスできる

自宅で受けるWeb面接は、オフィスに行くのと比べてリラックスしやすく、「力を発揮しやすい」と感じる人も多いようです。


Web面接のデメリット

通信機器やネット回線のトラブルが起こる

通信機器やネット回線にトラブルがあると、面接が中断してしまいます。また、機器自体に問題はなくても、操作に慣れないために通信がうまくいかない場合もあります。
面接前に、ネット環境と使用するデバイスの操作方法を確認しましょう。


相手との間合いがとりづらい

Web面接では、対面と比べて相手との間合いがとりにくくなります。そのため、同じタイミングで同時に話してしまうなどのミスが起きがち。慣れていないと、自然なリズムでの会話が難しいかもしれません。自分の話が終わった後は、「以上です」といって話の区切りを分かりやすくするなど、コミュニケーションを工夫しましょう。


Web面接の流れ

デバイスの準備

面接開始の10~15分前にはパソコンを起動し、インターネットの接続状況に問題がないか確かめます。何らかのトラブルがあった場合は、企業に連絡して指示を受けましょう。ぎりぎりの連絡は印象が良くないため、早めの準備を心がけてください。
Web面接は、「道に迷う」「交通機関が送れる」というリスクがないため、時間に関してシビアな面接官も多いようです。


ツールにログインする

企業が指定するインターネット電話サービスやアプリケーションにログインし、いつでも面接が開始できるようにします。Web面接では、民間企業が提供している電話サービスや、会社が独自に開発したツールを使うのが一般的。
企業からログイン時間を指定されている場合は、それより少し早めにログインしましょう。オフィスで面接するときは開始時間の少し前に到着するのがマナーですが、Web面接でも同様のイメージです。


面接開始

面接が開始したら、名前を名乗って「本日はよろしくお願いいたします」と挨拶しましょう。Web面接であっても、基本的な挨拶やその他のやりとりは通常の面接と変わりません。相手に聞き取りやすいように、明るい声でハキハキと話してください。


面接終了

面接が終了したら、「本日はありがとうございました」と挨拶してログオフします。必須ではありませんが、終了後にお礼メールを送ると丁寧でしょう。

Web面接を行う場所

Web面接を行う環境は、通信の安定性や周囲の静けさがポイントになります。以下に適した場所をご紹介するので、参考にしてください。
なお、自宅以外の場所で行う場合は、事前に下見をしてインタネートの接続や騒音をチェックすると良いでしょう。


自宅

インターネット環境や1人で使える部屋があるなら、自宅がおすすめ。自宅はお金もかからず、ほかの施設と違って混み具合や営業時間に左右されません。
家族と同居している場合は、面接の時間を伝えてその間は静かにしてもらいます。インターホンも消音にするなどして、音が入らない工夫をしましょう。


大学のフリースペースや研究室

新卒で就職活動をしている人は、大学のフリースペース・自習室を使ってもOK。その場合、インターネット通信の有無や周りの音、喋っても良い環境なのかを確認したうえで利用しましょう。また、研究室を借りる場合は、事前に教授に依頼し確実に使える時間を確保するのがポイントです。


コワーキングスペース

自宅にWeb面接できる環境がない場合は、コワーキングスペースの利用もおすすめ。周囲で話している人もいるので、個別ブースがある施設を探すと良いでしょう。


レンタル会議室

どうしても良い環境が見つけられない場合、レンタル会議室を予約する方法もあります。小規模な個室は手頃な価格で貸し出されているので、予約サイトで情報収集してみましょう。


Web面接を行ってはいけない場所

Web面接では背景の画面も映し出されるため、不適切な場所で行うと評価が下がってしまいます。以下に、面接を行うのにふさわしくない場所の例をまとめました。

散らかった自室
ファストフード店などの飲食店
周囲がうるさいカフェ
駅のホーム

このほか、街を歩きながら面接を受けるのも当然NGです。不適切な場所で面接をすると、「常識がない」「相手に対する配慮が足りない」と評価されてしまいます。
自宅の場合、洗濯物が映り込んでしまうのもよくあるミス。何も貼っていない壁紙を背景にして、余計なものが映りこまない環境で面接を受けましょう。

Web面接を行うときの服装

Web面接を行うときの服装は、普段の面接と変わりません。ここでは、スーツの着こなしと男女別の身だしなみのポイントをまとめました。


上下スーツを着用しよう

企業を訪問するときと同様に、スーツを着用して面接を受けましょう。
「上半身しか映らないから」という発想で上だけスーツを着る人がいますが、とっさに立ちあがったときに手を抜いていたと分かります。
Web面接は上半身がアップで映るため、ネクタイの緩みにも要注意。女性は襟が開きすぎないように気をつけてください。


女性はメイクをしよう

「画面越しで分からないだろう」とすっぴんで面接を受ける人がいますが、カメラ越しだと対面より顔が大きく見えます。
化粧は身だしなみの一貫と考える人は多いので、Web面接でも必ずメイクをしてください。メイクには顔色を明るく見せる効果もあり、第一印象アップにもつながるでしょう。


男性は髭や髪型に気をつけよう

女性と同様、画面越しでも髭や髪型の清潔感がチェックされています。必ず面接前に鏡を見て身だしなみを整えましょう。
髭はそり残しがないか、髪の毛は目にかかっていないかがチェックポイント。前髪は眉毛より短くするか、横に流して眉毛をしっかり見せましょう。

Web面接の失敗事例

最後に、Web面接の失敗事例をご紹介します。よくある失敗のパターンを知り、実際の面接に活かしてください。


キーボードの音が聞こえる

面接中にパソコンでメモをとると、キーボードを打つ音が相手に聞こえてしまいます。相手が不快に感じる可能性もあるので、メモは手元のメモ帳でとるようにしましょう。


アイコンのプライベート感が強い

普段利用しているツールを使ってWeb面接をする場合、アイコンにプライベート感が出ることがあります。Web面接の際は、アイコンがキャラクターやペット、趣味の画像になっていないか確認を。たかがアイコンと思うかもしれませんが、面接官は見ています。アイコンは証明写真などのビジネスシーンにふさわしい写真にしましょう。


アイコンタクトがとれていない

Web面接中は、つい相手の顔が映っている「画面」を見ますが、それでは面接官とアイコンタクトが取れません。話すときはデバイスの「カメラ」部分を見るようにしましょう。Web面接も通常の面接と同様に、アイコンタクトによるコミュニケーションが大切です。


通信が途切れて慌てる

通信が途切れるなどのトラブルの際、慌てた様子を見せると「柔軟性がない」と思われてしまいます。再接続できた後も、慌てた様子は見せずに落ち着いて謝罪しましょう。
通信が復旧しないときは、電話やメールで状況を説明してください。パソコンの再起動などを行っても解決しない場合は、採用担当者に連絡して面接を再設定してもらなどの対応をとりましょう。


面接対策に不安がある方は、就職・転職エージェントのハタラクティブにご相談ください。ハタラクティブでは専任のアドバイザーがカウンセリングを行い、あなたに合った求人をご提案。応募書類の添削や面接対策を行い、内定までを手厚くバックアップいたします。
ハタラクティブご利用者の内定率は80.4%。内定までの期間も最短2週間と短く、効率の良い就職・転職が可能です!

職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、多くの方が就職に成功されています。

おすすめ記事

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ページトップへ