新型コロナウィルス対策について

新型コロナウイルス感染防止のため、一時的に
全支店のカウンセリングを一律「オンライン面談」にて実施いたします。また一部企業との面接もオンラインにて可能です。

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

 
  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 5年後の自分がわからない!面接で聞かれる理由や回答例を解説

5年後の自分がわからない!面接で聞かれる理由や回答例を解説

公開日:

最終更新日:

5年後の自分がわからない!面接で聞かれる理由や回答例を解説の画像

【このページのまとめ】

  • ・5年後の自分について面接で聞く企業は多く、わからないままだと回答に困る恐れがある
  • ・企業は応募者の価値観を見極めるために5年後の自分について尋ねる
  • ・5年後の自分がわからない人は、企業に入社意欲や成長意欲を疑われる可能性がある
  • ・5年後の自分がわからない場合は、企業研究を徹底して求められている人物像を把握する
  • ・面接で5年後の自分について答えるときは、それを実現するための努力も述べると良い

監修者:室谷彩依

就活アドバイザー

就活アドバイザーとして培った経験と知識に基づいて一人ひとりに合った就活に関する提案やアドバイスを致します!

就職・転職の面接で「5年後の自分はどのようになっていると思いますか?」と聞かれ、悩んだ経験がある方は多いでしょう。入社後のビジョンについて問われる質問は面接の定番であるものの、自分の将来像がわからない方は少なくありません。
このコラムでは、面接で「5年後の自分」について聞かれる理由や回答例を解説。また、5年後の自分がわからないときの対処法もご紹介します。将来をイメージするための一助にしてください。

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

オンライン面談実施中!【無料】就職相談はこちら

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです

ご相談はこちらから

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

5年後の自分がわからないままだと面接に苦労する?

就職・転職の面接では、「5年後の自分」について尋ねる質問がよく聞かれます。聞き方は企業によって異なりますが、入社後どのように活躍したいか、どのように成長を遂げたいかを知りたがっている採用担当者が多い傾向にあるようです。
そのため、5年後の自分がわからないまま面接に臨むと、回答に詰まってしまう可能性も。まだ働いていない企業での将来像をイメージするのは難しいものですが、ある程度準備しておかなければ面接の通過にも苦労するでしょう。

「5年後の自分」と同じ意図の質問

先述のとおり、応募者の将来像を知りたい採用担当者は多く、「5年後の自分について教えてほしい」といった聞き方以外にも、さまざまな形で質問を投げかけられます。
以下のような質問は「5年後の自分」と同じ意図で聞かれていると考えて良いでしょう。

・10年後、どのような仕事をしていたいですか
・この仕事を通して、どのような成長を遂げたいですか
・仕事のキャリアプランと人生のキャリアプランを教えてください
・この企業で実現したいことは何ですか
・目標と、それを達成するための方法を教えてください

面接対策といえば、志望動機や自己PRの準備を思い浮かべる人も多いですが、将来のイメージをある程度明確にしておくことも欠かせません。「先のことはわからない」と諦めず、どのような質問をされても答えられるようにしておきましょう。

「5年後の自分」と同じ意図で聞かれる質問については「「3年後の自分」はキャリア観から考える!面接で質問されたときの対処法」や「10年後の自分を考える方法とは?伝え方のポイントや注意点も解説!」のコラムでも解説しています。参考にしてみてください。

面接で「5年後の自分」について聞かれる理由

多くの採用担当者は、応募者の「5年後の自分像」から仕事に対するビジョンやスピード感、価値観を見極めようとしています。5年後の自分がわからない人は、企業が着目しているポイントを参考に面接での回答を考えてみましょう。

仕事に対するビジョンを知りたい

採用担当者は、応募者の仕事に対するビジョンを知るために「5年後の自分」について尋ねる傾向があります。「管理職を目指したい」「一つの業務を極めてスペシャリストになりたい」といった志向を把握し、企業の社風に合っているか判断したり、配属先を決めたりするようです。また、その企業で長く働く意思があるか確かめる目的もあるでしょう。
そのため、5年後の自分がわからないと「とりあえず入社できれば良いのではないか」「成長意欲に欠けるのではないか」と思われてしまう恐れがあります。

応募者のスピード感が知りたい

「5年後の自分」には、応募者の成長に対するスピード感覚も表れます。採用担当者は、企業のスピード感と応募者のスピード感が合っているか確認しようとしているのです。
たとえば、「若手のうちからリーダー業務に挑戦してもらいたい」と思っている企業と、「5年かけてじっくり技術を身に付けたい」と思っている応募者とでは、成長のスピード感覚が大きく異なります。企業と応募者の感覚があまりにかけ離れていると、採用を控えられてしまう可能性も。5年後の自分がわからない人は、まず企業が求める人物像を把握し、どのように成長すべきか考えてみるのも良いでしょう。

企業とマッチしているのか知りたい

採用担当者が「5年後の自分」について質問する最大の理由ともいえるのが、企業と応募者とのマッチングの確認です。仕事に対するビジョンや成長のスピード感を含め、応募者の価値観が企業と合っていなければ、お互いにメリットは得られません。
企業が応募者の価値観を見極めるのと同様に、応募者も企業が自身に適した職場かどうか確認する必要があります。5年後の自分がわからない人も、長く働ける職場を選ぶために将来像を考えてみましょう。

企業がなぜ面接で将来のビジョンやキャリアプランについて質問するのかは「面接でキャリアプランを質問されたら?事務や営業職の回答例!」「面接でキャリアプランを聞かれる理由は?新卒と転職で違う?答え方まとめ」でも解説しているので、参考にしてください。

5年後の自分がわからないときの対処法

先述のとおり、5年後の自分がわからない人は企業が求める人物像を把握してみましょう。企業が求める人物像がわかれば、5年後にどのような成長を遂げているのがベターか見えやすくなります。

企業研究・業界研究を徹底的に行う

企業がどのような人材を求めているのか把握するには、企業研究・業界研究が欠かせません。会社概要だけでなく、今後力を入れる事業や同業他社との違い、業界における立ち位置なども徹底的に調べることをおすすめします。
志望企業ならではの特徴や今後の方針が分かれば、求められている人材も見えてくるはずです。面接で5年後の自分について答える際は、企業にマッチしていることをアピールできるような内容にしましょう

OBOG訪問や先輩社員のインタビュー記事を活用する

OBOG訪問や先輩社員のインタビュー記事を活用して、実際に志望企業で働いている人の生の声を聞くのもおすすめです。取り組んでいる業務内容や、入社から現在までのキャリアの変化に着目してみましょう。ちょうど入社5年目ほどの先輩社員の話を聞ければ、5年後の自分がわからない人もイメージが明確になりやすいはずです。

プライベートな目標を聞かれているのではない
仕事における5年後の自分がわからない人のなかには、「5年後には結婚していたい」「マイホームを買えるようになりたい」といったプライベートな目標を想像してしまう人もいます。しかし、採用担当者が知りたいのは個人的な将来像ではなく、応募者の仕事における価値観です。
「家庭を支えるだけの収入を得るために、5年後にはリーダー職に就きたい」というように、プライベートを元に仕事のビジョンを立てるのは問題ありません。しかし、プライベートな目標をそのまま面接で伝えてしまうと「質問の意図を理解していない」と見なされてしまうでしょう。

企業研究のポイントは「企業研究は転職を成功させるカギ!ポイントと方法を解説」、OBOG訪問のポイントは「OBとOGの違いは?就活時に訪問するメリット」で詳しく解説しています。5年後の自分がわからない方は参考にしてください。

面接で「5年後の自分」について聞かれた場合の回答例

ここでは、面接で「5年後の自分」について聞かれた場合の回答例を紹介します。どう答えれば良いかわからない人は例を参考に、自分なりの意見をまとめてみてください。

回答例1

もし御社に入社することができましたら、私は、5年後にはチームリーダーに挑戦したいと考えています。
私は学生時代に〇〇部の部長を務めていました。そこで、リーダーは指示を出すだけでなく、メンバー一人ひとりの個性を活かすことが重要であると学び、地区大会ではチーム全員の活躍で優勝することができました。ビジネスにおいてもこの経験を活かし、売り上げアップに貢献したいです。
そのためにも、入社後は業務の基礎を学び、先輩方のスキルを吸収したいです。周囲の人の長所や特技に目を向けることが後のマネジメントにも役立つと考えています。

回答例2

私は5年後、先輩社員との交流会でお話を伺った〇〇様のように、イベントの企画・運営をけん引できる力を身に付けたいです。
大学時代もイベントサークルで活動しており、企画・運営の難しさとやりがいは感じていましたが、ビジネスにおいてはさらに高いレベルが求められると〇〇様のお話を伺って痛感しました。しかし、その分より多くの人を喜ばせられることに非常に魅力を感じています。入社後はまず営業職でユーザーのニーズに答えながら、イベントの企画・運営に活かせる視点やアイデアを培っていく所存です。

逆算して5年後の自分に必要な努力を考えよう
5年後の自分がイメージできたら、逆算して今の自分に必要な努力は何であるかを考えます。面接では5年後の自分とともに、どのようにそれを実現するかを述べると、採用担当者により好印象を与えられるでしょう。

「5年後の自分」を含め、面接の質問にどう答えれば良いかわからない人は、ハタラクティブのアドバイザーに相談することをおすすめします。
ハタラクティブは、若年層向けの就職・転職エージェントです。専任のアドバイザーが丁寧にカウンセリングを行い、利用者一人ひとりに合った求人や企業をご紹介します。また、面接対策や応募書類の添削も手厚くサポート。自己分析や企業研究の相談もお任せください。
アドバイザーと一緒に5年後の自分や将来のキャリアアップについて考えながら、長く働ける企業への就職を目指しましょう!

関連キーワード

では

プロの就活アドバイザーがあなたを
マンツーマンでサポートします

フリーター専門エージェント認知度No.1

カウンセリング実績11万人以上

内定率80.4%

では

プロの就活アドバイザーがあなたを
マンツーマンでサポートします

フリーター専門エージェント認知度No.1

カウンセリング実績11万人以上

内定率80.4%

▼ ご相談はこちらから ▼

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

おすすめ記事

関連キーワード

簡単30秒!登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?

簡単30秒!登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?

ページトップへ