新型コロナウイルス感染防止のため、一時的に
全支店のカウンセリングを一律「オンライン面談」にて実施いたします。
また一部企業との面接もオンラインにて可能です。

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. キャリアプランとは?伝える際のポイントと回答例を紹介!

キャリアプランとは?伝える際のポイントと回答例を紹介!

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・キャリアプランとは、仕事や働き方における目標達成のために計画を立てること
  • ・キャリアプランを立てることでやるべきことが分かり、モチベーションアップに繋がる
  • ・キャリアプランは、自己分析を行い具体的な将来をイメージをすることで描ける
  • ・キャリアプランは、定期的に見直して臨機応変に修正していくのが重要

監修者:後藤祐介

キャリアコンサルタント

一人ひとりの経験、スキル、能力などの違いを理解した上でサポートすることを心がけています!

 

転職や就職の面接でキャリアプランを聞かれたときに、うまく回答できなかったという方は多いのではないでしょうか。また、キャリアパスとの違いが分からないという方もいるでしょう。
このコラムでは、キャリアプランの立て方を解説。また、面接でキャリアプランを伝える際のポイントと職種別の回答例を紹介しています。キャリアプランを立てて、仕事のモチベーションアップに繋げましょう。

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

オンライン面談実施中!【無料】就職相談はこちら

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです

ご相談はこちらから

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

キャリアプランとは

キャリアプランとは将来的に働きたい会社や関わりたい業務、職種などを考え、どのようなステップを踏めば良いか目標を立てることです。人生設計の中で働くことに関するプランニングといえるでしょう。キャリアプランを面接で聞かれることもあるため、就職や転職を考えている方は、応募先の企業に合った回答を用意しておくことが大切です。
また、単にどういった仕事をするかにとどまらず、どのような働き方をするのかという意味もあります。たとえば、「どんなチームで働きたいか」「どれくらいの収入が欲しいか」「正社員で管理職が良いのか」「フリーランスとして在宅で仕事がしたいのか」「勤務地はどこが良いか」などです。
新卒で入社した会社に定年退職まで勤続するのが当たり前だった時代には、会社が社員のキャリアプランを考えて転勤や部署異動が行われ、定期昇給や昇格がありました。しかし、現代では年功序列で自然と給与が上がる会社は年々減少傾向にあり、転職してキャリアアップを目指す働き方も増えています。そのため、よりやりがいのある仕事に就いてキャリアアップを図りたいという人は、会社に頼らず自らキャリアプランを立てる必要があるでしょう。

キャリアパスとの違いは?

キャリアプランは将来を見据えて目標に向けた行動を考えることですが、キャリアパスは社内で職位や職務に就くための道筋を指します。キャリアアップの道筋と言い換えると分かりやすいでしょう。なお、「キャリアパス制度」といって、社内でキャリアアップを図るために何が必要で、どのようなステップを踏めば良いのか明確化している企業もあります。

キャリアプランを立てるメリットとは?

キャリアプランを立てることで、今やるべきことが分かり仕事に対するモチベーションが上がります。また、就職・転職時の自己PRの材料になるというメリットも。ここでは、キャリアプランを立てるメリットに関して詳しく解説します。

仕事に対するモチベーションが上がる

長期的な目標を立てることで自分の志向が定まり、仕事に対するモチベーションが上がることが期待できます。
目標を立てるには、自分がやりたいことは何かを考えることが必要です。さらに、自分に足りないものは何か、どうすれば実現できるかを考えるため、仕事の目標に向かって明確な道筋ができるでしょう。

今やるべきことが分かる

理想の将来像から逆算して考えることで、今自分がやるべきことが見えてきます。仕事における知識が不足していると感じている人は、勉強したり資格を取ったりすると良いでしょう。また、経験を増やしたい場合は、新しい業務へ挑戦したりスキルアップのための転職をしたりすることも一つの方法です。

自己PRを考える際の材料となる

キャリアプランは、転職や就職での自己PRを考える際の材料になることも。キャリアプランを考えるときは、自分が将来仕事を通して成し遂げたいことを考える必要があるため、必然的に自分がやりたいことやできることが明確になります。自己PRでは、これらの点を具体的にアピールできるでしょう。

新卒や転職の面接でスムーズに答えられる

キャリアプランを立てることで、面接時の質問にもスムーズに答えられるようになるでしょう。
なぜなら、キャリアプランが明確にある人は自分がやりたいことに対してしっかりとした軸を持っているので、どの角度からの質問にもロジカルに矛盾なく答えられる傾向にあるからです。
面接では、将来の目標や入社してからやりたいことについて聞かれることがあります。キャリアプランが描けている人は、その場しのぎの回答ではなく、これらの質問にも自信を持って答えられるでしょう。

キャリアプランの立て方

自己分析を行ってから10年後の未来をイメージすることで、キャリアプランを立てることができます。キャリアプランは、新卒や転職の面接で聞かれる場合が多いです。しっかりとキャリアプランを立てておきましょう。

自己分析を行う

はじめに、自己分析を行い自分自身の評価をしていきましょう。自己分析の仕方は以下のとおりです。

1.意欲的に取り組んだことや楽しかったことを振り返る

今までやってきた仕事やアルバイト・学生時代の経験などを踏まえて、どのようなことを意欲的に取り組んできたか、どういった仕事が楽しかったかを考えてノートに書き出します。上手くいったことや失敗したことについても振り返りましょう。失敗した原因については、深堀りして考えます。

2.仕事において重要視することは何か?

仕事において自分が重要視することも書き出してみましょう。さらに、自分の長所や短所、得意、不得意などを挙げていきます。

3.仕事や勉強以外の関心事は何か?

仕事や勉強以外のことでも、夢中になれたことや関心があったことを書き出すと良いでしょう。学生時代の部活動やサークル活動で努力したこと、趣味で没頭したことなど何でも良いです。

4.自分に合う仕事を分析する

ノートに書き出した情報をもとに経験やスキル、自分の性格、志向、に合う仕事は何かを分析します。自分が意欲的に取り組める業界や職種、業務内容、役割について考えましょう。

10年後の未来をイメージする

前述した自己分析をもとに10年後の未来をイメージしましょう。そして、10年後から逆算して5年後、3年後、1年後という具合にイメージしていきます。その際に自分の理想像に近づくには何が必要か、現状で不足していることは何かを考えるのが大切です。
方向性が定まったら、いつまでに何をするのか計画を立てましょう。半年以内にすること、1年以内にすることなど、短期的なアクションプランから具体的に立てていきます。

キャリアプランを考える際の注意点

キャリアプランは行動に移せるであろう現実的なもので、なおかつ、自身の心境や環境の変化によって定期的に見直すことが重要です。

現実的なキャリアプランにする

理想を高く持つのは良いことですが、あまりにも非現実的なキャリアプランだと、実現までのアクションプランを実行に移すのが難しくなってしまいます。非現実的なアクションプランではないかを確認して、きちんと行動に移せるようにしましょう。
また、20代の方であれば社会人経験が少ないため、業務経験よりもポテンシャルが求められる年代といえます。今までの経験に固執せずに、本当にやりたい仕事や自分に合ったキャリアを目指せる時期なので、キャリアプランを作成する場合にはじっくりと自己分析を行い、目標を定めるようにしましょう。

キャリアプランは定期的に見直す

10年の間には会社の業績や市場ニーズが変わったり、自分の生活に変化があったりと、予期せぬことが起きる可能性もあります。特に、結婚・出産、転勤などの人生のイベントは自分の計画通りに進むとは限りません。自分の成長の具合に応じて、目標が変化する場合もあるでしょう。キャリアプランは定期的に見直し、そのときの状況に合わせて臨機応変に修正していくことが重要です。

面接でキャリアプランを伝える際のポイント

面接では、キャリアプランを達成するために、どのような努力をしているのかを具体的に答えるのがポイントです。
面接でキャリアプランを聞かれるのは、企業と応募者の間にミスマッチがないかを確認するため。また、応募者の志望度の高さや向上心があるかを知るためです。
ここでは、キャリアプランを答える際のポイントを新卒と転職に分けて紹介します。

新卒の場合

新卒の場合は経験やスキルではなくポテンシャルを重視される傾向にあるため、将来性をアピールできるキャリアプランを伝えましょう。入社したらどういった働き方をして、将来的にどのような人材になりたいのかを明確にするのが大切です。そして、時系列に沿って具体的に答えることで面接官も将来像を想像しやすくなるでしょう。なお、面接でキャリアプランを聞かれたときは志望企業が将来的に成し遂げたいビジョンや、予定している事業に関連付けて伝えるのがおすすめです。

転職の場合

転職の場合はこれまでのキャリアで身に付けたスキルや経験をもとにして、キャリアプランを伝えましょう。自分の強みや得意分野を理解したうえで、志望企業にどのように貢献できるのかを具体的に伝えるのがポイントです。なお、20代前半といった若い年齢での転職の場合は、ポテンシャルも重視されます。そのため、これまでの経験やスキルをもとに、どのような人材になってどういった活躍をしたいかを伝えると良いでしょう。

職種別キャリアプラン例

ここでは、面接でキャリアプランを聞かれた場合の回答例を紹介します。

営業職

以下は、BtoBの営業職に転職を希望する際のキャリアプラン例です。
「まずは、御社の営業職として売上げのトップを目指したいと思います。私は前職でBtoCの営業を3年間行い、3年目には月間トップの成績を収めることができました。BtoBの営業は未経験ですが、これまでの経験で培ったコミュニケーション能力と提案力を発揮して御社に貢献したいと思っております。そして、30歳までには管理職に就いて、自身のノウハウをもとに部下の育成に取り組みたいと考えています。」
営業職のキャリアプランでは、管理職へのステップアップを考える方が多いでしょう。管理職になるには、一般的に営業成績が関係します。そのため、まずは営業成績を上げることに注力しましょう。なお、過去に営業経験があれば、何年間働いてどれほどの成績を収めたか実績を伝えるのがおすすめです。

事務職

以下は、営業事務に転職を希望する際のキャリアプランです。
「5年以内に営業事務をまとめる役職に就きたいと考えております。私はこれまで営業職として勤務してきましたが、営業事務の方のサポートがあったからこそ、スムーズに業務を行えていたと感じています。今後、事務の仕事はAIの導入で変化を迎えるといわれています。だからこそ、営業職独自の目線と、自身がサポートされて助かった経験を活かして、AIでは不可能な気付きと臨機応変な対応ができる営業事務を目指したいと思います。そして、自身の知識とノウハウをもとに育成の面でも御社に貢献したいと考えております。」
事務職には一般事務や営業事務、経理事務、総務事務などがあり、行う業務や入社する企業によってキャリアプランは変わります。また、事務の仕事はAIの導入で将来的に縮小することが予想されるでしょう。そのため、自身が希望する企業の事務職の業務内容や将来性をしっかりと調べたうえで、キャリアプランを立てることが大切です。

販売職

以下は、販促企画を目指す販売職のキャリアプランです。
「私は、10年以内に販促企画の職に就きたいと思っています。そのために、まずはお客さまのニーズを汲み取り最適な提案ができる店舗スタッフとして売上に貢献します。そして、店長として店内のレイアウトや商品のディスプレイ、売上管理といった店舗運営を行い、マーケティングスキルを身に付けたいと考えております。」
販売職には店長やエリアマネージャー、バイヤー、販促企画といったキャリアプランが考えられます。どのキャリアプランにおいても、店舗スタッフとして経験を積むのが一般的。そのため、自分が目指すキャリアプランに向けて、店舗スタッフとして何を身につけるのかを具体的に述べましょう。
キャリアプランを作成する場合には、第三者の客観的な意見を聞くことも効果的です。自分では気づかなかった性格や強みなどを指摘される可能性もあります。
キャリアプランの作成でお悩みの方は、転職エージェントのハタラクティブにご相談ください。自己分析の仕方からアクションプランの具体的な立て方まで、多くの転職者を見てきたプロの目線でアドバイスいたします。
また、履歴書や職務経歴書といった応募書類の添削や面接対策まで、あなたの転職活動を幅広くサポート!サービスの利用はすべて無料です。まずはお気軽にご連絡ください。

キャリアプランに関するQ&A

ここでは、キャリアプランに関する疑問をQ&A方式で解決していきます。

キャリアプランはないとダメですか?

「何となく転職したい」「生活できれば仕事は何でも良い」という場合、キャリアプランがない方もいるでしょう。キャリアプランを持つかは人それぞれですが、仕事の目標がないとモチベーションや軸がブレやすくなり、転職を考えている場合は仕事探しや自己PRがうまくいかないことがあるでしょう。「面接でキャリアプランを聞かれる理由は?新卒と転職で違う?答え方まとめ」にもあるように、面接で聞かれることもあります。

避けたほうが良いキャリアプランはありますか?

 キャリアプランは明確に示せることが大切なので、「役職に就く」「人の役に立つ」など漠然とした内容は避けた方がベターです。また、明らかに実現できないようなものや、志望先企業では叶わないようなものも避けましょう。「面接に役立つキャリアプラン例を業界別に紹介」ではキャリアプランの考え方にも触れているので参考にしてみてください。

キャリアプランシートは作成するべき?

就職・転職でも役立つ!キャリアプランシートとは」でもお伝えしているように、キャリプランシートとは、仕事に関する将来の目標ややりたいことなどをまとめたものです。頭の中だけで将来像を考えるよりも、実際に書き出してみることで、より具体的な目標が見つかる可能性があるでしょう。自身のキャリアを着実に進めるためには、作成するのがおすすめです。

キャリアプランはいくつもあっても良い?

キャリアプランの考え方は自由であり、複数あっても良いでしょう。ただし、仕事に対する変わらない軸は持っていないと、本当にやりたい仕事が分からなくなる恐れがあります。将来を見据えたプランを持っていれば、適正に合った業界や職業が絞れてくるでしょう。自分に合った仕事を探すには、第三者の手を借りてみるのもおすすめ。ハタラクティブでは、専任の就活アドバイザーがあなたに合った職場をご提案します。

logo

では

プロの就活アドバイザーがあなたを
マンツーマンでサポートします

フリーター専門エージェント認知度No.1

カウンセリング実績11万人以上

内定率80.4%

logo

では

プロの就活アドバイザーがあなたを
マンツーマンでサポートします

フリーター専門エージェント認知度No.1

カウンセリング実績11万人以上

内定率80.4%

▼ ご相談はこちらから ▼

では

  • 最短2週間で内定!

    ハタラクティブご利用者はカウンセリングから
    平均2~3週間以内で内定を獲得

    ▼ ご相談はこちらから ▼

    登録はこちらから

    これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

    • はい

    • いいえ

    おすすめ記事

    RECOMMEND

    ハタラクティブ 人気の記事一覧

    適職診断
    twitter
    • arrow
    • youtubeIcn

    © 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

    floatingEF__appeal

    簡単30秒!登録はこちらから

    これまでに就職したことはありますか?

    floatingEF_img-pc
    floatingEF_img
    ページトップへ
    floatingEF__appeal

    簡単30秒!登録はこちらから

    これまでに就職したことはありますか?

    floatingEF_img-pc
    floatingEF_img
    ページトップへ