明確なキャリアプランで転職成功へ!立て方・伝え方のポイントと回答例

明確なキャリアプランで転職成功へ!立て方・伝え方のポイントと回答例の画像

【このページのまとめ】

  • ・キャリアプランとは、仕事や働き方における目標達成のために計画を立てること
  • ・キャリアプランを立てればやるべきことが分かり、モチベーションアップに繋がる
  • ・キャリアプランは、自己分析を行い具体的な将来をイメージすることで描ける
  • ・キャリアプランは、定期的に見直して臨機応変に修正していくのが重要
  • ・キャリアプランを立てられないときは、厚生労働省のキャリアプランシートを活用

転職や就職の面接でキャリアプランを聞かれたときに、うまく回答できなかったという方は多いのではないでしょうか。また、キャリアパスとの違いが分からないという方もいるでしょう。
このコラムでは、キャリアプランの立て方や面接でキャリアプランを伝える際のポイントと職種別の回答例を紹介しています。キャリアプランを立てるメリットを知って、実行に移してみましょう。

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

オンライン面談実施中!【無料】就職相談はこちら

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです

ご相談はこちらから

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

キャリアプランとは

キャリアプランとは将来的に働きたい会社や関わりたい業務、職種などを考え、どのようなステップを踏めば良いか目標を立てることです。人生設計の中で働くことに関するプランニングといえるでしょう。キャリアプランを面接で聞かれることもあるため、就職や転職を考えている方は、応募先の企業に合った回答を用意しておくことが大切です。
また、単にどういった仕事をするかにとどまらず、どのような働き方をするのかという意味もあります。たとえば、「どんなチームで働きたいか」「どれくらいの収入が欲しいか」「正社員で管理職が良いのか」「フリーランスとして在宅で仕事がしたいのか」「勤務地はどこが良いか」などです。

新卒で入社した会社に定年退職まで勤続するのが当たり前だった時代には、会社が社員のキャリアプランを考えて転勤や部署異動が行われ、定期昇給や昇格がありました。しかし、現代では年功序列で自然と給与が上がる会社は年々減少傾向にあり、転職してキャリアアップを目指す働き方も増えています。そのため、よりやりがいのある仕事に就いてキャリアアップを図りたいという人は、会社に頼らず自らキャリアプランを立てる必要があるでしょう。

キャリアパスとの違いは?

キャリアプランは将来を見据えて目標に向けた行動を考えることですが、キャリアパスは社内で職位や職務に就くための道筋を指します。キャリアアップの道筋と言い換えると分かりやすいでしょう。なお、「キャリアパス制度」といって、社内でキャリアアップを図るために何が必要で、どのようなステップを踏めば良いのか明確化している企業もあります。
キャリアパスについてさらに詳しく知りたい方は、「キャリアパスって何?キャリアプランとはどう違う?」のコラムをご覧ください。作成のコツも紹介しています。

キャリアプランを立てるメリットとは?

キャリアプランを立てることで、今やるべきことが分かり仕事に対するモチベーションが上がります。また、就職・転職時の自己PRの材料になるというメリットも。ここでは、キャリアプランを立てるメリットに関して詳しく解説します。

仕事に対するモチベーションが上がる

長期的な目標を立てることで自分の志向が定まり、仕事に対するモチベーションが上がることが期待できます。
目標を立てるには、自分がやりたいことは何かを考えることが必要です。さらに、自分に足りないものは何か、どうすれば実現できるかを考えるため、仕事の目標に向かって明確な道筋ができるでしょう。

今やるべきことが分かる

理想の将来像から逆算して考えることで、今自分がやるべきことが見えてきます。仕事における知識が不足していると感じている人は、勉強したり資格を取ったりすると良いでしょう。また、経験を増やしたい場合は、新しい業務へ挑戦したりスキルアップのための転職をしたりすることも一つの方法です。

自己PRを考える際の材料となる

キャリアプランは、転職や就職での自己PRを考える際の材料になることも。キャリアプランを考えるときは、自分が将来仕事を通して成し遂げたいことを考える必要があるため、必然的に自分がやりたいことやできることが明確になります。自己PRでは、これらの点を具体的にアピールできるでしょう。

新卒や転職の面接でスムーズに答えられる

キャリアプランを立てることで、面接時の質問にもスムーズに答えられるようになるでしょう。
なぜなら、キャリアプランが明確にある人は自分がやりたいことに対してしっかりとした軸を持っているので、どの角度からの質問にもロジカルに矛盾なく答えられる傾向にあるからです。
面接では、将来の目標や入社してからやりたいことについて聞かれることがあります。キャリアプランが描けている人は、その場しのぎの回答ではなく、これらの質問にも自信を持って答えられるでしょう。

転職で失敗しにくくなる

転職を成功させるためには、時期と転職先企業を見極めることが大切です。キャリアプランを作成すれば、自身の目標を達成するために、どのタイミングで何をするべきなのかが明らかに。転職時期を間違えたり、転職先でミスマッチが起きたりするリスクも少なくなるでしょう。
特に、スキルアップやキャリアアップのために転職するべきか悩んだときには、まず、キャリアプランを作成してみてください。

キャリアプランの立て方

自己分析を行ってから10年後の未来をイメージすることで、キャリアプランを立てることができます。キャリアプランは、新卒や転職の面接で聞かれる場合が多いです。しっかりとキャリアプランを立てておきましょう。

自己分析を行う

はじめに、自己分析を行い自分自身の評価をしていきましょう。自己分析の仕方は以下のとおりです。

1.意欲的に取り組んだことや楽しかったことを振り返る

今までやってきた仕事やアルバイト・学生時代の経験などを踏まえて、どのようなことを意欲的に取り組んできたか、どういった仕事が楽しかったかを考えてノートに書き出します。上手くいったことや失敗したことについても振り返りましょう。失敗した原因については、深堀りして考えます。

2.仕事において重要視することは何か?

仕事において自分が重要視することも書き出してみましょう。さらに、自分の長所や短所、得意、不得意などを挙げていきます。

3.仕事や勉強以外の関心事は何か?

仕事や勉強以外のことでも、夢中になれたことや関心があったことを書き出すと良いでしょう。学生時代の部活動やサークル活動で努力したこと、趣味で没頭したことなど何でも良いです。

4.自分に合う仕事を分析する

ノートに書き出した情報をもとに経験やスキル、自分の性格、志向、に合う仕事は何かを分析します。自分が意欲的に取り組める業界や職種、業務内容、役割について考えましょう。

10年後の未来をイメージする

前述した自己分析をもとに10年後の未来をイメージしましょう。そして、10年後から逆算して5年後、3年後、1年後という具合にイメージしていきます。その際に自分の理想像に近づくには何が必要か、現状で不足していることは何かを考えるのが大切です。
方向性が定まったら、いつまでに何をするのか計画を立てましょう。半年以内にすること、1年以内にすることなど、短期的なアクションプランから具体的に立てていきます。

客観的な視点で内容をチェックする

出来上がったキャリアプランが、客観的に見て意味のあるものかどうかを確認しましょう。チェックポイントは、以下の5つです。

・具体性があるか?
・結果や進捗状況が分かりやすいか?
・現実的な計画になっているか?
・企業の目標を意識した内容になっているか?
・期限は明確になっているか?

どれか1つでも欠けると、作成したキャリアプランが絵に描いた餅になってしまう可能性も。すべての問いに「はい」と回答できるよう、内容を調整していきましょう。

キャリアプランを考える際の注意点

キャリアプランは行動に移せるであろう現実的なもので、なおかつ、自身の心境や環境の変化によって定期的に見直すことが重要です。

現実的なキャリアプランにする

理想を高く持つのは良いことですが、あまりにも非現実的なキャリアプランだと、実現までのアクションプランを実行に移すのが難しくなってしまいます。非現実的なアクションプランではないかを確認して、きちんと行動に移せるようにしましょう。
また、20代の方であれば社会人経験が少ないため、業務経験よりもポテンシャルが求められる年代といえます。今までの経験に固執せずに、本当にやりたい仕事や自分に合ったキャリアを目指せる時期なので、キャリアプランを作成する場合にはじっくりと自己分析を行い、目標を定めるようにしましょう。

ライフプランとセットで考える

キャリアプランは、仕事以外のライフプランとも深く関わってくるものです。どちらか一方を犠牲にしないためにも、計画段階からセットで意識すると良いでしょう。働き方が多様化している現代において、ライフプランとの両立の仕方も、人それぞれ求めるものが異なるでしょう。結婚や育児のタイミングや、将来的にどういったスタイルで仕事をしたいのかについてまで、事前に計画しておくと安心です。

今後の変動を見据えたキャリアプランを作成する

転職市場では専門スキルを有する人材を求める企業が増えてきています。終身雇用の時代とは、求められるスキルもキャリアプランの立て方も、大きく異なっているのが現実です。社会において、自分が希望する形で活躍するためには、ビジネスの世界全体の変化も視野に入れて、キャリアプランを作成する必要があります。

キャリアプランは定期的に見直す

キャリアプランはあくまでも「計画」であり、常にスムーズに進むとは限りません。急激に社会が変化している今、想定外の事態に陥ることもあるでしょう。こんな場面で求められるのが、キャリアプランの見直しです。
事前の計画がうまくいかないからといって、すべてを諦める必要はありません。「ずれが生じた」と感じたタイミングで、その時点から新しいキャリアプランを作成しましょう。キャリアプランは、将来を見通すためのヒントとなるもの。しかし、その一方で、1つのプランに固執すれば、想定外の事態に弱くなるというリスクがあります。「キャリアプランは、状況に応じて柔軟に変更されるもの」という視点を忘れないようにしましょう。

キャリアプランを描けない場合の対処法

「将来の自分がうまく思い描けず、キャリアプランを作成できない」という方も多くいます。こんなときには、以下の3つの視点から、プラン作成をスタートしましょう。

・仕事をしていく上で、自分は何を実現したいのか
・目標を実現するために、自分に何ができるのか
・目標を実現するために、自分は何をしなければならないのか

3つの視点に「時期」の観点を加えていくことで、キャリアプラン作成のヒントとなります。
また、厚生労働省が推奨する「ジョブ・カード」では、キャリアプランシートの素案を作成できますので、こちらを利用するのもおすすめです。利用者の属性別に設定された質問に回答していくだけで、キャリアプラン作成の元となる情報を引き出せるでしょう。
キャリアプランシートについては「就職・転職でも役立つ!キャリアプランシートとは」でも解説しています。使い方についても学んでみてください。

参照元
厚生労働省
ジョブ・カード

面接でのキャリアプランの聞かれ方と伝える際のポイント

面接でキャリアプランを聞かれるのは、企業と応募者の間にミスマッチがないかを確認するため。また、応募者の志望度の高さや向上心があるかを知るためです。このため、新卒・転職を問わず、多くの企業の面接で、キャリアプランに関する質問が採用されています。
「あなたのキャリアプランを教えてください」と、分かりやすく投げかけられる企業もあれば、以下のような質問で、応募者の考えを聞き出そうとするところもあるので注意しましょう。

・仕事をする上での将来の目標は?
・〇年後にはどんな自分になっていたいですか?
・キャリアパスについての考え方を教えてください

これらの質問は、どれもキャリアプランについて聞いているもの。「何を聞かれているのか?」を理解した上で、キャリアプランの内容とともに、達成のため、具体的にどのような努力をしているのかを答えていきましょう。
キャリアプランを聞かれた際にアピールするべきポイントは、立場や年齢によっても違ってきます。ここでは、キャリアプランを答える際のポイントを条件別に紹介するので、参考にしてみてください。

20代転職者の場合

転職の場合は、これまでのキャリアで身に付けたスキルや経験をもとにして、キャリアプランを伝えるのが基本。過去の経歴の中で培った、自分の強みや得意分野を踏まえて、応募先企業にどのように貢献できるのか、具体的に伝えていきましょう。
20代という若い世代で転職する場合、前向きな姿勢ややる気が高く評価されます。ポテンシャルが重視される点も踏まえて、今後の成長について伝えてください。将来的にどんな人材を目指し、そのためにこれから何をしていくのか、アピールしましょう。

30代転職者の場合

30代転職者のキャリアプランで重視されるのは、過去の実績や経験です。即戦力として働くことを求められるため、過去の実績からできることをアピールし、これから先さらに経験を積んで、どんな自分を目指していくのかを伝えてください。
採用担当者は、「この応募者を雇った場合のメリットを、具体的に思い描けるか?」という視点で、それぞれの回答を聞いています。情報は、できるだけ具体的に伝えられるよう意識しましょう。
面接のコツをさらに深掘りしたい方には「キャリアプランを面接で質問されたときの答え方は?例文もご紹介!」のコラムがおすすめ。具体例から学びましょう。

職種別キャリアプラン例文

ここでは、面接でキャリアプランを聞かれた場合の回答例を紹介します。

営業職

以下は、BtoBの営業職に転職を希望する際のキャリアプラン例です。
「まずは、御社の営業職として売上げのトップを目指したいと思います。私は前職でBtoCの営業を3年間行い、3年目には月間トップの成績を収めることができました。BtoBの営業は未経験ですが、これまでの経験で培ったコミュニケーション能力と提案力を発揮して御社に貢献したいと思っております。そして、30歳までには管理職に就いて、自身のノウハウをもとに部下の育成に取り組みたいと考えています。」
営業職のキャリアプランでは、管理職へのステップアップを考える方が多いでしょう。管理職になるには、一般的に営業成績が関係します。そのため、まずは営業成績を上げることに注力しましょう。なお、過去に営業経験があれば、何年間働いてどれほどの成績を収めたか実績を伝えるのがおすすめです。

事務職

以下は、営業事務に転職を希望する際のキャリアプランです。
「5年以内に営業事務をまとめる役職に就きたいと考えております。私はこれまで営業職として勤務してきましたが、営業事務の方のサポートがあったからこそ、スムーズに業務を行えていたと感じています。今後、事務の仕事はAIの導入で変化を迎えるといわれています。だからこそ、営業職独自の目線と、自身がサポートされて助かった経験を活かして、AIでは不可能な気づきと臨機応変な対応ができる営業事務を目指したいと思います。そして、自身の知識とノウハウをもとに育成の面でも御社に貢献したいと考えております。」
事務職には一般事務や営業事務、経理事務、総務事務などがあり、行う業務や入社する企業によってキャリアプランは変わります。また、事務の仕事はAIの導入で将来的に縮小することが予想されるでしょう。そのため、自身が希望する企業の事務職の業務内容や将来性をしっかりと調べたうえで、キャリアプランを立てることが大切です。

販売職

以下は、販促企画を目指す販売職のキャリアプランです。
「私は、10年以内に販促企画の職に就きたいと思っています。そのために、まずはお客さまのニーズを汲み取り最適な提案ができる店舗スタッフとして売上に貢献します。そして、店長として店内のレイアウトや商品のディスプレイ、売上管理といった店舗運営を行い、マーケティングスキルを身に付けたいと考えております。」
販売職には店長やエリアマネージャー、バイヤー、販促企画といったキャリアプランが考えられます。どのキャリアプランにおいても、店舗スタッフとして経験を積むのが一般的。そのため、自分が目指すキャリアプランに向けて、店舗スタッフとして何を身につけるのかを具体的に述べましょう。
キャリアプランを作成する場合には、第三者の客観的な意見を聞くことも効果的です。自分では気づかなかった性格や強みなどを指摘される可能性もあります。

キャリアプランの作成でお悩みの方は、転職エージェントのハタラクティブにご相談ください。自己分析の仕方からアクションプランの具体的な立て方まで、多くの転職者を見てきたプロの目線でアドバイスいたします。
また、履歴書や職務経歴書といった応募書類の添削や面接対策まで、あなたの転職活動を幅広くサポート!サービスの利用はすべて無料です。まずはお気軽にご連絡ください。

▼ ご相談はこちらから ▼

登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

みんなの就職エピソード

  • 周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月
    周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月

    就職前

    スポーツジム フロントスタッフ アルバイト

    就職後

    住宅機器等の製造・販売会社 営業

    詳細見る
  • “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職
    “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職

    就職前

    ホストクラブ ホスト

    就職後

    通信回線販売取次店 営業

    詳細見る

体験談 一覧

関連記事

ハタラクティブ 人気の記事一覧

  • arrow
  • youtubeIcn

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

特集

COLLECTION