面接で「仕事とは何か」を聞く意図とは?上手な回答法を紹介

面接で「仕事とは何か」を聞く意図とは?上手な回答法を紹介の画像

【このページのまとめ】

  • ・「仕事とは何か」は応募者の「仕事観」「原動力」「企業との相性」を確かめる質問
  • ・仕事をすることのメリットは、スキルアップや自己実現、社会貢献など
  • ・「仕事とは何か」を聞かれたら、回答を通して自分と企業の相性の良さを伝えよう
  • ・「仕事とは何か」の問いに対し、「生活費のため」といった回答は避ける

面接でよくある「仕事とは何か」の回答の仕方に迷う方に向けて、上手な回答のコツを紹介。企業は応募者の価値観を理解し、仕事への意欲を確認するためにこの質問をしてきます。
質問の意図を踏まえたうえで、「自分が仕事に何を求めているのか」を明確にし、説得力のある回答を考えていきましょう。回答する際は、企業の事業内容や求める人物像を把握しておくこともポイントになります。

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

オンライン面談実施中!【無料】就職相談はこちら

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです

ご相談はこちらから

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

面接官が「仕事とは何か」を聞く3つの意図

就職や転職での採用面接では、面接官から「仕事とは何か」を問われることがあります。漠然としているように思える問いかけですが、この質問には主に3つの意図が存在します。
ここではそれぞれ解説していきますので、参考にしてください。

1.仕事に対する価値観を知りたい

採用担当は、応募者が仕事に対してどのような価値観を持っているのかを知りたがっています。「仕事は自分を成長させるもの」「誰かを喜ばせるために仕事をしている」など、人によって仕事観は異なるもの。面接官は応募者の価値観を確かめることで、仕事への適性を見極めています。

2.原動力が何かを確かめている

企業側は、仕事に取り組む際にその人を突き動かす「原動力」は何かを確かめています。また、応募者自身が自らのモチベーションの源泉を把握しているかどうかも評価のポイント。自分が意欲的になれるスイッチを分かっている人は、パフォーマンスを高く保てるからです。

3.企業との相性を見極めている

「仕事とは何か」を問うことで、応募者と自社の相性を見極めています。たとえば、「仕事とは地道な鍛錬である」という考えを持つ人が、革新的なチャレンジ精神を理念とするベンチャー企業に入社しても、ミスマッチが生じる可能性が高いでしょう。

面接では、「仕事とは何か」という質問以外にも、事前に予想していない質問をされることがあります。「面接で変わった質問をされても大丈夫!聞く意図と回答例を解説」では、そんな質問に対する回答例をまとめているので、こちらもぜひチェックしてください。

仕事をすることで得られる10個メリット

自分にとって仕事とは何かを考えたことがない人は、仕事を通して得られるメリットを確認していきましょう。
以下の中で、自分にとってよりメリットと感じられる内容が、あたなにとっての仕事の意義になる可能性があります。

1.知識や経験を得られる

仕事をすることで、これまで知らなかった知識を得て、経験を積んでいくことができます。経験を得ることによって自分の成長を感じられるため、高いモチベーションを持って仕事をすることができるでしょう。

2.スキルアップできる

どのような仕事内容であっても、経験を積むうちにスキルアップしていくことができます。また、スキルアップすれば業績や評価の向上にもつながるため、仕事をするやりがいにもなるでしょう。

3.自己実現できる

仕事をすることで自分のやりたいことができれば、仕事自体にも大きな魅力を感じることができます。

4.自分のアイディアを活かせる

クリエイティブな業界や変化の激しいIT業界など、自分のアイディアを活かして革新していける仕事もあります。また、組織自体が小さな会社の場合は社員一人ひとりの意見が反映されるケースも多いため、自分のアイディアを活かして仕事をすることもできるでしょう。

5.他者との交流ができる

仕事をすることにより、学生時代のような同世代の横のつながりだけでなく、先輩や上司、取引先やお客さまなど幅広い人との交流ができるようになります。また、多くの出会いの中から素晴らしい人々と知り合い、人脈を広げていくことができるでしょう。

6.社会貢献できる

企業によって行っている事業はさまざまですが、どのような企業も何らかの形で社会貢献をしています。そのため、仕事を通して、個人ではできないような社会貢献を実現することが可能です。

7.承認欲求を満たしてくれる

特に介護職や接客業など、直接お客さまと関わるような仕事であれば、仕事をする中で喜んでもらえたり感謝されたりすることも多いです。このように、誰かのためになる仕事は自身の承認欲求を満たしてくれるため、お客さまだけでなく自分のためにもプラスになります。

8.プライベートを充実させられる

仕事をしているとプライベートな時間は限られてくるため、より自分の時間を有効に使うことを意識するようになります。そのため、仕事をしている方がプライベートを充実するという人も多いようです。

9.生きがいになる

自分の好きなことややりたいことを仕事に選べば、仕事自体が夢中になれる生きがいになるでしょう。また、最初は生活するための手段だったとしても、経験を積むうちに仕事の面白さが分かったり、達成感を得られたりして、仕事が生きがいに変わるパターンもあります。

10.必要なお金をもらえる

社会人として仕事をすることで、生きるために必要なお金を稼ぐことができます。正社員であれば学生時代のアルバイトよりも高く安定した収入を得られるでしょう。当然のことではありますが、お金がもらえることは大きなメリットです。

自分にとっての仕事の意味を考えたい方は、「働くとはどんな意味?理由を明確にする必要性と満足度の高い仕事の探し方」も参考にしてください。

自分にとっての「仕事とは何か」を考えるコツ

「仕事とは何か」という質問に対しては、これが正解という回答はありません。ここでは「仕事とは何か」を考えるコツについて紹介するので、自分なりの回答を考えるヒントにしてください。

自分が重要視する価値観を考える

人によって重要視する価値観は異なります。先に紹介した仕事をすることで得られるメリットも参考にしながら、自分が仕事に何を求めるのかを考えてみましょう。自分の価値観を知るには、自己分析が有効です。過去の経験を振り返りながら、自分にとってどんなことが大切なのか、自分はどんなときにモチベーションが上がるのかを探っていきましょう。
自己分析のやり方については、「自己分析とは?就活や転職活動での必要性を解説!方法やメリットもご紹介」をご覧ください。分かりやすい動画での解説も用意しました。

自分の中の仕事観を深く掘り下げる

自分が重視する価値観が分かったら、それを仕事観としてさらに深く掘り下げていきましょう。たとえば、「自分にとって仕事とは誰かの役に立つことだ」と思ったとします。その場合は、「なぜ人の役に立ちたいのか」「どうしてそう思うようになったのか」「どう行動すれば人の役に立てるのか」といった多数の視点から、自分の仕事観を詳しく分析していきます。自分にとって仕事とは何かをより具体的に考えることで、面接でも説得力のある回答ができるでしょう。

「正社員として働いたことがない」という方は、アルバイト経験から自身の仕事観を分析するのもOKです。働いた経験が全くない場合は、家族や友人が働く姿から感じたことをもとに「仕事とは何か」を考えても良いでしょう。

「仕事とは何か」の質問への上手な回答法

「仕事とは何か」という質問に対して、企業に評価される回答をするためのポイントを紹介していきます。

事前に把握した企業の情報を盛り込む

応募企業で自分が働いている具体的なイメージをするためには、その企業の事業や業務内容について十分理解しておくことも大切です。
企業のWebサイトに事業内容や部署、社員インタビューなどが掲載されているため、事前に読み込んで自分が働いているところを想像してみると良いでしょう。
そうすることにより、企業の情報を盛り込んだ具体的な回答を行えます。

自分と企業の価値観が合っていることを盛り込む

企業は「仕事とは何か」という質問から、応募者の仕事に対する価値観や人柄を知りたいと思っています。企業の方針に共感できない人は、たとえ優秀であってもその会社で活躍することはありません。そのため、回答の中に自分と企業の価値観がマッチしていることが伝わる内容を盛り込みましょう。

企業や職種で望まれる人物像にマッチさせる

企業の経営理念や組織風土などを事前に研究し、求める人物像にマッチした答えを作りましょう。たとえば、募集要項に「チームワークを大切にできる人」と記載されている企業に対し、「仕事は自己鍛錬のため」といった答えは印象アップにつながりにくいです。企業のWebサイトなどを参考に、応募先の社風を調べてみてください。
職種への適性も選考における大切な要素。事務職なら「サポート力」、営業職なら「自主性」を感じさせるなど、応募職種に合った回答に仕上げると効果的です。

具体的な回答になるようにする

どのような内容を答える場合でも、具体的な回答をすることが大切です。たとえば、自分のスキルアップや自己実現のためであることを答える場合は、どのように成長していきたいのかを伝えましょう。企業と自分の価値観がマッチしていると伝える場合は、具体的にどのような点がマッチしているのか具体的に説明します。

結論→根拠→展望の順で話す

面接では結論から回答するのが鉄則です。最初に簡潔な結論を伝え、次にその理由を話しましょう。最後に入社後の展望を伝えると、面接官があなたが自社で働く姿を想像しやすくなります。

回答の構成例

私にとって仕事とは、誰かを支えるものです。(結論)

前職ではバックオフィスで◯◯の業務に従事しました。そこで~~という出来事が起こり、~~~したことから、この答えに行き着きました。(根拠)

貴社においても、チームや会社を支える気持ちを大切に、サポート業務に徹したいと考えております。(展望)

このように結論から展開することで、採用担当は「これから何について話すのか」を理解しやすくなります。結論を後回しにすると前置きの説明が長くなり、話が分かりにくくなる可能性が高いので注意しましょう。

ほかの回答と矛盾しないようにする

面接ではさまざまな質問をされることになりますが、「仕事とは何か」の答えがほかの質問への回答と矛盾しないように気をつけることも大切です。
たとえばその会社への志望動機と「仕事とは何か」の答えが大きく食い違っていると、考えが一貫していないと思われてしまいます。

きっかけとなる経験をもとに肉付けする

「私にとって仕事とは◯◯です。なぜなら~」といったように、きっかけとなった出来事をもとに内容を肉付けすると説得力が増します。「仕事は何か」の答えを見つけるにいたった、根拠となる過去の経験を洗い出しておきましょう。

キャリアプランを含めた回答をする

キャリアプランとは、目指す将来像を実現するための「今後の行動計画」のことです。「仕事とは何か」という質問に対してキャリアプランまで含めた回答をすることにより、具体的な将来設計があって、働くモチベーションが高い人材だと評価されやすくなるでしょう。

「仕事とは何か」の質問に対する望ましくない回答例

「仕事とは何か」という質問に対しては、自分の価値観に沿った回答をするべきですが、中には避けた方が良い回答もあります。
ここでは望ましくない回答例を紹介するので、回答を考えるときに気をつけてください。

「生活費のため」という回答

仕事は「お金を稼ぐため」と考える人も多いでしょうが、選考の場でそのまま本音を言っても、印象アップには繋がりません。「働いて収入を得る」というのは、社会人であれば当たり前のこと。採用担当が求めているのは、「自社に相応しい人材」です。「生活費を稼ぐだけなら、うちの会社でなくても良いのでは?」と思われてしまうでしょう。

「プライベートのため」という回答

生活費と同じく「娯楽のため」も避けたい答え。「遊ぶために働いています」と聞かされても、採用担当の心には響かないでしょう。趣味を充実させたり、稼いだお金で遊んだりといったことは、人生においてとても大切な要素ですが、選考時の答えとしてはふわさしくありません。面接では応募企業や仕事への意欲が伝わる回答をすることが大切です。

「正社員経験が浅い」「就職したことがない」といった方の中には、「経験不足で仕事とは何かが分からない」という人もいるでしょう。自己分析が上手くいかず悩んでいるなら、第三者に意見を聞いてみるのがおすすめ。客観的な視点からアドバイスをもらうことで、自分一人ではたどり着けなかった答えが見えてくることもあります。

「プロの意見を聞きたい」とお考えの方は、20代の若年層・フリーターに特化した転職・就職エージェントのハタラクティブまでご相談ください。ハタラクティブでは、専任のアドバイザーがマンツーマンで丁寧なカウンセリングを行い、自己分析のお手伝いをいたします。

さらに、希望する条件や適性を把握したうえで、実際に取材を行った企業からあなたに合ったお仕事をご紹介。職場環境や実際の仕事内容について、事前に詳しい事情をお伝えできます。
そのほか、応募書類の添削や面接対策も実施。「話だけでも聞いてみたい」という方も大歓迎です。興味を持たれましたら、ぜひお気軽にご登録ください。

▼ ご相談はこちらから ▼

登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

みんなの就職エピソード

  • 周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月
    周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月

    就職前

    スポーツジム フロントスタッフ アルバイト

    就職後

    住宅機器等の製造・販売会社 営業

    詳細見る

  • “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職
    “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職

    就職前

    ホストクラブ ホスト

    就職後

    通信回線販売取次店 営業

    詳細見る

体験談 一覧

関連記事

ハタラクティブ 人気の記事一覧

  • arrow
  • youtubeIcn

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

特集

COLLECTION