教育業界の仕事

教育業界の仕事の画像
ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

教育業界の仕事とは

教育業界とは、学校教育機関や学習塾、カルチャースクールなど学びを提供している業界を指します。幼稚園や小学校、中学校などの教育機関をはじめ、社会人が利用できる資格・語学習得スクールや、企業の社員研修を担う企業などがあります。

代表的な仕事

教育業界の代表的な仕事には、以下のようなものがあります。

小中学生、および高校生といった学生に学習指導を行う施設。学校授業の補習や受験、内申対策として、今や多くの子ども達が通っています。栄光ゼミナール、東京個別指導学院などが有名です。

予備校

一般に高校生や高卒生などを対象にした、大学受験に向けた対策のための学習施設として知られています。とくに、駿台予備校、河合塾、代々木ゼミナール、最近では東進ハイスクールなどが有名です。ほかに、公務員試験や司法試験、医師国家試験など資格試験や特定の職種の採用試験、音楽学校や美術大学の受験などに特化した予備校なども存在します。

英会話教室や語学、資格スクールなど

会話を通じて英語を習得するための学習施設。グローバル化が進むなか、英会話教室・語学学校などの市場も活発になっているようです。英会話教育に力を入れる一方で、ビジネスパーソンが身につけたいスキルとしても英語を始めとした語学学習、資格スクールなどはニーズがあるようで、社会人向けの市場も拡大しつつある傾向にあります。

教育業界に関連する業界

教育業界では、実際に現場で使用する教材や機器などに関する業界との関連性が多いようです。ここでは、代表的な業界について解説します。

IT業界

昨今の教育業界では、タブレットを用いたeラーニングの普及が急速に増加しています。eラーニングは、自分の都合や進捗に合わせて勉強ができるため、学生のみならず、社会人の学習でも支持を得ているようです。また、企業の研修でeラーニングを導入しているところも多く見受けられます。ITについての詳しい解説は、「ITとは何か?仕事の特徴や関連用語をご紹介します!」もあわせて参考にしてみてください。

出版業界

教科書やテキスト、学習ドリルなどの教材は、教育業界にとって欠かせません。ただし、スマートフォンやタブレットなどの普及から、紙媒体よりも電子媒体への需要が高いようです。

文具業界

筆記用具やノートなどを扱う文具業界は、教育業界に大きく関連しています。ペーパーレス化の時代において、需要は以前より減少傾向にあるものの、従来の「書いて覚える」学習方法は現代でも支持されています。

教育業界に必要な資格やスキル

教育業界は、基本的に特別な資格やスキルはいりません。しかし、特定の職種に就く場合は免許を取得する必要があります。ここでは、教育業界に関する資格やスキルについてまとめました。

教員免許

教育業界の中心ともいえる教員で働くためには、教員免許は必要不可欠です。小学校なら全科目、中学校以上なら各教科ごとに資格を取得する必要があります。教職課程の大学を卒業することで教員免許を得るのが基本です。また、公立・私立によって採用方法が異なるため、目標をしっかり定めておきましょう。

特別支援学校教諭

特別支援学校教諭の資格は、養護学校やろう学校などで働くために必要です。障害のある生徒をサポートする専門性の高さから、試験の難易度も厳しいのが特徴。教員業界のなかでも合格率が低く設定されています。

職業訓練指導員

「職業能力開発促進法」で定められている施設にて、生徒に指導する人を指します。取得方法は6日間の講習後、実技と学科の試験を実施。合格率は、指導する内容によって異なるようです。

参照元
e-Gov法令検索
職業能力開発促進法

学校図書館司書教諭

学校の図書室に就く教員になるための資格です。この資格を取得すると、教員免許がなくても学校で働くことができます。ただし、学校図書館司書教諭の受験を希望するほとんどが教員免許を持っている人のようです。取得方法は講習の受講のみのため、人気があります。

キャリアコンサルタント

教育業界で活躍するキャリアコンサルタントは、社会でどう生きるかを支援する「キャリア教育」「生涯教育」などを行うことを指します。教育業界においても注目されているため、今後大いに活かせる可能性があるでしょう。キャリアコンサルタントは国家資格のため、入念な準備が必要です。

教育業界の具体的な職種

ここでは、教育業界に関わる主な職種についてご紹介します。

塾講師

塾講師の主な仕事内容は、中学や高校、大学受験で合格を目指している生徒に受験対策としての学習指導を行うことです。ほかにも、学校の授業の補助的な役割として予習・復習を行い、定期テスト対策を実施。それによる内申点の向上を目指します。
塾には個別指導と集団指導があり、塾の方針などによってどちらかを専門に行うようです。さらに、正職員として勤務した場合は、授業以外にも保護者の対応や生徒を集めるビラ配り、ポスティング、説明会の運営、事務作業など、業務は多岐にわたります。

予備校講師

予備校講師は、主に大学受験に対応していることから、自分の担当する科目に特化して教えるスペシャリストです。授業形態の多くが集団での一斉授業ですが、最近では個別指導や、インターネットによる遠隔授業、講師が生徒の顔をみることなく映像を配信する映像授業など、授業スタイルの多様化が進んでいます。

サポートスタッフ

サポートスタッフとは、センター試験など対象の試験を分析することで、授業に使う教材の編集・制作を行うポジションです。近年では、eラーニングの制作会社に教材制作を依頼しているところもあるようです。また、営業や広報、マーケティング、イベントの運営などを行う場合もあります。

教育業界の現状と課題

教育業界は、少子化による影響から事業規模が縮小傾向にあるものの、デジタル化を起用することで幅広い展開をみせることができる可能性があります。

教育業界の市場規模

経済産業省「2020年経済構造実態調査報告書」をみると、学習塾や外国語会話教授業などを含む「学習関連」の年間売上高は、2兆2653億円でした。これは、対個人サービス業において、「娯楽関連」の4兆3629億円に次いで2番目に多い売上となります。

参照元
経済産業省
2020年経済構造実態調査(乙調査)

教育業界の現状

昨今の教育業界は非常に多様化、また事業の再編・提携などが激しくなりつつあるようです。なぜなら、少子化に伴う市場規模の現在、および将来に渡る緩やかな縮小が分かっているからです。とくに予備校は、不況や少子化、現役志向の高まりなどで、浪人生そのものの数が減少していることで厳しい状況に置かれているといえます。しかし、少子化だからこそ一人の子どもに掛ける教育費が増えており、質の高い授業が受けられる「個別指導塾」が人気に。この現状から、業績を伸ばしている企業もあるようです。

教育業界の課題

社会のグローバル化により、小学校での英語教育の必修化や進学・就職の際に英語力が求められることが多くなり、英会話教室や学習塾での英語科目へのニーズは高まっているようです。また、情報化社会の波に乗り、教育もIT化。タブレット端末の導入や、スタディサプリのような映像授業なども普及しつつあることから、企業は積極的なデジタル化への移行が求められるでしょう。

教育業界の将来性

教育内容の新たな領域やIT化など、教育業界は市場規模の広がりをみせています。ここでは、教育業界の将来性についてまとめました。

教育業界の今後の動向

日本は少子化が進んでいる影響から、教師が増えても生徒は減少するという傾向が懸念されます。また、オンラインによる学習サービスや勉強アプリなどの増加によって、IT化への進出が大きなポイントになるでしょう。教育内容については、プログラミング教育や英語教育などの新たな分野が加わり、大きな変化をもたらしています。なかには、小学生から始まるものもあるため、業界全体の展開も期待されているといえるでしょう。

教育業界のメリット・デメリット

教育業界はやりがいを感じられる仕事が多いようです。しかし、時期によっては連続勤務が必要だったり休みが取りにくかったりと、比較的忙しい業界でもあります。

教育業界の魅力とやりがい

教育業界は、勉強を頑張る人たちを支える仕事のため、大きなやりがいを感じられます。現場では、直接感謝の言葉をもらえるので、働くモチベーションを保てるところも魅力です。子どもが好きな方にも向いています。また、教育業界は異業種からの転職でも採用されやすいことから、比較的挑戦しやすいといえるでしょう。仕事を頑張る方法が知りたい方は、「仕事を頑張る方法を紹介!今すぐモチベーションアップするには?」もあわせて参考にしてみてください。

教育業界の大変なところ

教育業界は、テスト対策や資料作成などによってお休みが取りにくいことがあります。また、テスト期間や学校の長期休暇中などは勤務日数が増えることも。塾講師や予備校講師なら、常に「受験」を念頭に置きながら指導することになるため、心身ともに疲労してしまうこともあるようです。ほかにも、専門性のある分野を扱っていることから、一般企業で働く際のスキルや知識が得にくいことも懸念されます。

教育業界の志望動機

教育業界は、人と交流することが好きな方や努力家の方などに向いている仕事があります。ここでは、教育業界の適性のある人や、それに伴う志望動機の例文をご紹介します。

教育業界に向いている人

教育業界には、以下のような人が向いています。

コミュニケーション能力のある人

教育とは、生徒はもちろんその保護者や周りの講師など、多くの人と関わります。特に、生徒一人ひとりと向き合い、それぞれに合った方法で個別にアドバイスをするなどの能力や、日頃から生徒、保護者ともに信頼関係を築いておくことなども求められるようです。コミュニケーション能力を高めたい方は、「コミュニケーション能力とはどんなスキル?就職に活かすために鍛えるには」もぜひ参考にしてください。

マーケティング能力のある人

塾や予備校などの講師は、その地域の学校や先生のテスト傾向、受験のトレンド、時事などに詳しい必要があり、情報収集のためのマーケティング能力も必要とされているといえるでしょう。

熱意があり、努力ができる人

教育業界は、ほかの業界に比べて残業が多くなりがちであることは事実です。しかし、それは質問に答えたり授業の準備をしたりと多くが生徒のため。それを苦に思わず「やりがい」と感じられる人には向いているといえます。また、生徒の年齢層を問わず、学習意欲が低かったりすべてを理解できなかったりする生徒も一定数いるでしょう。そんな相手にも根気強く教えられる熱意があり、自分も変化していく業界に合わせて勉強し続けられる人も、教育業界に向いています。

未経験者の志望動機

教育業界未経験は、学ぶことに関心をもったきっかけを伝えると良いでしょう。

「私は中学時代、勉強はできる方ではなく成績も良くありませんでした。しかし、高校受験の際にお世話になった塾の先生がとても親身になって教えてくださり、志望校にも合格することが出来ました。それ以来、勉強も苦にならなくなり、高校では友人に勉強を教えることも多く、段々と教育に携わる仕事がしたいと考えるようになりました。」

教育業界に興味をもったきっかけについて具体的なエピソードがあると、より意欲が伝わります。

経験者の志望動機

教育業界の経験者は、前職での経験や実績などをアピールできると良いでしょう。

「大学時代には塾の講師のアルバイト経験があり、私の受け持った生徒の成績が上がった時にはとても誇らしく、嬉しく感じました。これが教育業界に進もうと決意したきっかけです。卒業後は予備校の講師をしていたのですが、一斉授業が多く、もっと一人ひとりと向き合った教育がしたいと考え、個別指導で実績のある御社に応募させていただきました。」
前職の経験を活かし、より生徒に寄り添った教育で彼らの未来の為にお手伝いがしたいと考えております。」

教育業界で成し遂げたい将来についてのビジョンがみえていると、採用担当者も伸びしろを期待してくれます。

教育業界に関するFAQ

ここでは、教育業界への就職に関するいろいろな疑問についてQ&A方式で解決していきます。

教員免許は複数ある?

教員免許は学校ごとに分類されています。たとえば、中学校の教員免許を持っている方は小学校で働けません。また、教員免許を取得する際にも、自分の卒業過程や指導をする学校によって種類が異なるので、注意が必要です。詳しくは「教員免許の種類とは?履歴書への記載方法や有利に活用できる就職先も紹介!」を参考にしてください。

高卒から塾講師を目指せる?

高卒から塾講師に就くことは可能です。塾講師の求人のなかには「学歴不問」もあるので、経歴に自信がなくても安心。また、高卒で教員免許を取得しているなら採用率もアップします。また、学歴以外でもコミュニケーションスキルは重要なアピールポイントになるでしょう。「高卒でも塾講師になれる?バイトから正社員を目指すことも可能」では、塾講師の目指し方や向いている人などを解説しているので、ぜひご覧ください。

指導力を向上させるためには?

要点をまとめた簡潔な話し方を意識しましょう。冗長的な内容は相手の集中力を切らせてしまいます。必要なポイントをおさえて、分かりやすく解説できるようにしてください。また、話すスピードも大切です。内容によっては動きをつけて話すのも良いでしょう。指導力を磨くためには、「新人を指導する時の、上手な仕事の教え方とは?」もあわせてチェックしてみてください。

業界一覧

職種一覧

ハタラクティブを利用すると…

ご相談はこちらから
これまでに就職したことはありますか?
  • はい
  • いいえ

RECOMMEND

おすすめ記事

みんなの就職エピソード

関連記事

ハタラクティブ 人気の記事一覧