やりがいのある仕事とは?その特徴や見つけ方をご紹介

やりがいのある仕事とは?その特徴や見つけ方をご紹介の画像

この記事のまとめ

  • やりがいのある仕事には「収入が良い」「しっかりと評価される」といった特徴がある
  • やりがいのある仕事に就くには得意なこと書き出す、実際に働く人の話を聞くのが有効的
  • やりがいのある仕事にはエンジニアや医師、営業などが挙げられる

やりがいのある仕事とはどのようなものなのか知りたい方は多いでしょう。やりがいのある仕事には、「人の役に立てる」「収入が良い」「きちんと評価がされる」などの特徴があります。しかし、どのようなことにやりがいを感じるかは、人によって異なるでしょう。このコラムでは、やりがいのある仕事の特徴について詳しくご紹介します。やりがいのある仕事に就きたいと考えている方は、ぜひご覧ください

こんなお悩みありませんか?
例えば
  • 向いてる仕事なんてあるのかな?
  • 避けたいことはあるけれど、
  • やりたいことが分からない・・・
私たちは「やりたいこと」から一緒に探します!
ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

\もう学歴・経歴に困らない!/

自分に向いている仕事を
簡単に診断してみましょう

性格でわかる
私の適職診断

さっそく診断START

やりがいのある仕事とは

「やりがい」とは「物事をする価値」のことを指します。しかし、「やりがいがある仕事に就くなんて幻想だ」と思う方もいるでしょう。ここでは、仕事にやりがいを感じる人が、仕事のどのようなところでやりがいを感じていることが多いのか、以下で紹介していきます。

仕事内容が自分に向いている

自分が持っているスキルや資格を活かせる場合、仕事内容が自分に向いていると実感でき、やりがいを感じる人が多いようです。専門性のスキルや資格があることによって、周囲の人から頼られたり誰かに必要とされたりすることで、仕事へのモチベーションも上がり、よりやりがいを実感できるでしょう。

自分が「成長している」と実感できる

自分の成長を実感できる仕事は、やりがいを感じやすいようです。「以前より効率よく作業をこなせるようになった」「商品やサービスの商談が成立しやすくなった」など、成長を感じるタイミングはさまざま。将来に希望が持てることで仕事への意欲も高まり、仕事にやりがいを感じられるでしょう。

周囲から正当な評価を受けられる

周囲から正当な評価を受けられることも、やりがいのある仕事といえるでしょう。たとえば、頑張ったぶんが給与に反映され、高収入を実現できると、仕事に対するモチベーションも上がります。また、「上司から褒められる」「お客さまから感謝される」なども同様に充実感を得られるものです。実際に数字で評価を確認できたり、評価されていることを実感したりすることは、仕事のやりがいにつながります。

未経験OK多数!求人を見てみる

やりがいのある仕事に就くには

ここでは、やりがいのある仕事に就く方法をご紹介します。以下で確認していきましょう。

やりがいを感じる条件を書き出す

やりがいのある仕事に就くには、自分が何にやりがいを感じるのか、書き出してみるところから始めてみてください。何のために仕事をしたいのか、何があれば頑張れるのか、それを書き出して認識することで、仕事を探す際の条件を明確にできるでしょう。

得意なこととできることに絞る

やりがいのある仕事を探す際には、得意なことやできることに絞ると、自分のパフォーマンスを発揮できます。そうすれば、仕事がうまくいく、周囲に必要とされる、評価される、などのやりがいを感じやすくなるでしょう。

やりがいを感じなかったことも振り返る

やりがいのある仕事に就きたいものの、何ができるか分からない、得意なことを思い付かない、という人は逆を考えてみるのも一つの手です。どのようなことにやりがいを感じないのか、物足りないと思うのかを知れば、自分が何をやりたいのか、何に向いているのかを知る手掛かりになるでしょう。

実際に働いている人に話を聞いてみる

可能であればOB・OG訪問など、実際に働いている人に話を聞いてみるのも良いでしょう。具体的に仕事の話を聞くことができれば、働いている自分をイメージしやすく、何にやりがいを感じる人がいるのかも分かります。自分が希望する仕事の同業種、同職種の知人や友人に話を聞くのもおすすめです。「自分のしたいことが見つからない」「やりがいがよく分からない」という方は、「自分がしたい仕事が分からないときはどうする?診断ツールもご紹介」や「やりたい仕事がないけど転職したい!見つけ方と注意点をご紹介」のコラムを参考にしてみてください。

やりがいのある仕事5選

この項目では、男性・女性を問わず目指せるやりがいのある仕事をいくつかご紹介します。仕事を通してやりがいを感じたいと考えている方は、ぜひ就職・転職先の候補として参考にしてみてください。

1.エンジニア

やりがいのある仕事に就きたい人におすすめなのは、エンジニアです。エンジニアの仕事は、主にWebアプリケーションの開発をすること。スキルを持っていることで即戦力として活躍できます。エンジニアは働き始めから高収入が期待できるだけでなく、社会貢献度という大きなやりがいを感じられる仕事です。

2.医師

医師もやりがいのある仕事に挙げられます。医師の仕事は、人の命を救ったり病気や怪我の診察をしたりして人々の命や生活を守る仕事です。人の命を扱う医師という存在になるには非常にハードルは高いですが、苦労以上のやりがいを感じられるでしょう。

3.美容師

美容師もやりがいのある仕事といえるでしょう。美容師は主にヘアカラーやカット、パーマなどを行うのが主な仕事です。お客さまが求める姿を見届けることができ、感謝の言葉を直接聞けるので、大きなやりがいを感じられるでしょう。

4.営業

やりがいのある仕事には、営業も挙げられるでしょう。営業の仕事は企業の業績に対して、直接影響のある部分を担うことになります。成績によってはインセンティブ制度が採用されることもあり、やりがいを感じられるでしょう。また、取引先と長期的で良好な関係を構築できれば、会社への貢献度や評価も大きく上げられる魅力があります。

5.公務員

公務員は社会貢献に直結するやりがいのある仕事の一つです。公務員にしかできない地域や国のために行う仕事を通して、国民を支えているという実感が得られるでしょう。社会的信用が高いことや雇用が安定していることから、将来設計もしやすいというメリットもあります。

英語を使ったやりがいのある仕事はある?

英語を使った仕事で必要とされる英語力はさまざまですが、「通関士」や「接客スタッフ」などがあります。グローバル化が進むなかで、英語を使った仕事に挑戦したい方は「英語を使う仕事に就きたい!職業一覧から役立つ資格までご紹介」のコラムもあわせてご覧ください。

働きながら仕事のやりがいを見つけるには?

ここでは、今の職場で働きながらやりがいを見つける方法をご紹介します。

毎日目標を立てる

やりがいを見つけるには、毎日目標を立ててみましょう。仕事がマンネリ化してしまうと、人はやりがいを感じなくなってしまうもの。毎日目標を立て、達成することを目指して仕事をすれば「もっとこうすれば効率化できる」「昨日より早く作業ができた」など、やりがいを感じることもできるでしょう。

ライバルや目標になる人を見つける

ライバルや目標になる人を見つけることで、やりがいを感じられることもあります。ライバルや目標になるような人を見つけると、「今月は負けてしまったが来月は負けないように頑張ろう!」「あの人みたいに仕事ができるようになりたい!」と思える可能性があるでしょう。

就業後に楽しみを用意する

どうしても仕事そのものにやりがいを感じられない場合は、仕事以外に楽しみを作ることも有効な手段。プライベートで趣味を見つける、就業後に友人と食事の約束をする、週末の予定を作るなど、仕事以外に楽しみがあるとモチベーションも維持できるでしょう。

「今の仕事ではどうしてもやりがいを感じない」「もう仕事を辞めたい」という気持ちが強いなら、今の仕事や職場環境が合っていない可能性があります。そのようなときは、転職を検討してみるのも一つの手。自分に合った仕事や職場を探したいのであれば、転職エージェントの利用もおすすめです。
若年層向け就職・転職エージェントのハタラクティブでは、実際に足を運んだ信頼できる企業のみをご紹介。また、プロの専任アドバイザーによる丁寧なカウンセリングで、求職者一人ひとりに合った職場を提案しています。自分にとってやりがいのある仕事を見つけたい方は、ぜひ一度ご相談ください。

この記事に関連するタグ