理系の就職先はどんな職種?文系との違いや学部卒と院卒の差を解説

理系の就職先はどんな職種?文系との違いや学部卒と院卒の差を解説の画像

この記事のまとめ

  • 理系出身者は、金融やコンサル、ITなどの業界で実力を発揮しやすい
  • 就職における理系出身者の強みは、数字や分析に強く専門性を活かせること
  • 院卒と学部卒のどちらが有利かという決まりはなく、企業によって状況は異なる
  • 就職活動で成功するためには視野を広げることが重要

理系出身者が就職活動を行う際には、有利な業界や職種、学部卒か院卒かなど、抱える不安も多岐にわたります。気になる点をすっきり解決して、自信を持って就職活動をスタートしましょう。コラムでは、理系におすすめの業種から文系にはない強み、理系出身者が陥りがちな失敗までを丁寧に解説。具体的な対策についてもお伝えするので、理系の就活にぜひ役立ててみてください。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

理系の人が就職する業界や職種は?

近年、就活・転職市場における、理系出身者の需要が高まっているといわれています。
現代社会において、急速に発達するIT・テクノロジー分野。理系出身者であれば、こうした業界においても、その能力を発揮しやすいでしょう。また、理系出身者が得意とする「論理的思考力」や「分析力」は、仕事を問わず社会人として必要なスキルと位置づけられています。
もちろん、ひと言で「理系」と言っても、その学習・研究内容はさまざま。自身の経験や研究を活かせる分野への就職を希望すれば、さらに就職率は高まるはずです。

では、理系出身者の主な就職先は、どういった業界・職種が多いのでしょう。
下記で紹介していますので、ご参照ください。

理系の人に多い業界

理系出身者に多い業界は、金融やコンサルティングといった、数字や論理的思考力が求められる分野での活躍も目立ちます。また、専門を生かした「エネルギー」「IT」「建築」なども理系出身者の多い業界です。

理系の人に多い職種

理系出身者に多い職種を、学部ごとに挙げていきます。

工学部

生産技術、プラントエンジニア、システムエンジニアなど、電気系やエンジニアリングに関わる職種で活躍することが多いようです。

理学部

データサイエンティスト、光学設計、製造技術、アナリストなど、幅広い業界や職種に関わる方が多く見られます。

農学部

育種、研究職、品質管理など、生物学や農学系の研究開発・管理に関わる職種が多い傾向にあるようです。

建築系

施工管理、測量士、インテリアデザイナーなど、建築や空間デザインなどに関わる職種が多いと言えるでしょう。

理系に人気の職業については、「理系出身者に人気の職業とは?就職事情について解説」でも詳しく解説しています。理系ならではの就活事情について、深掘りしてみてください。

理系と文系の違い

理系と文系は専攻以外にも、大学での過ごし方や就活方法も異なります。ここでは、理系学生と文系学生の違いについてまとめました。

理系は研究が忙しく就活との両立が難しい

理系学生は研究などで忙しく、就活に十分な時間を割けないといわれています。自己分析や企業研究が足りないため、就職してもミスマッチを感じたり、就活が思うように進まかなったりすることもあるようです。

理系は大学院に進学する人が多い

一般的に、文系よりも理系のほうが大学院に進学する人が多いといわれています。
文部科学省が実施している「学校基本調査」によると、人文科学で大学院研究科に進学した人が3,207人なのに対し、工学は30,330人と約10倍にものぼります。
大学院に進学したのちの就活事情については、コラム内の「院卒の就職は不利?有利?」でも触れています。併せてご確認ください。

参照元
文部科学省
学校基本調査/令和2年度 高等教育機関《報告書掲載集計》 卒業後の状況調査 大学

理系は学校・教授推薦の傾向が強い

文系学生の多くが、自分で就職先を見つけて選考に参加する「自由応募」を活用しているいっぽうで、理系学生は学校や教授に企業を紹介してもらう「学校推薦」「教授推薦」を利用する方も少なくありません。前述したように理系学生は研究などで就活に割ける時間が少ないため、選考プロセスの少ない推薦が活用されていると考えられます。ただし、推薦は基本的に第一志望のみの応募で、内定辞退もできません。この特性から、自由応募を利用する理系学生も増えているようです。

理系出身者の3つの強み

理系出身者が就職の際にアピールできる強みは、「数字や分析に強い」「専門性が高い」「論理的思考力を身に着けている」の3つでしょう。これらの能力は、文理や職種を問わずに求める企業が多くなっています。自分の強みを的確に理解することは、効率の良い就活につながります。改めて理系の強みを確認していきましょう。

数字や分析に強い

理系出身者にとって、数字は身近な存在です。学生時代から、多種多様な数字と向き合ってきた方も多いのではないでしょうか。こうした経験は、社会に出てからも活かせるはずです。
特に自分で「数字や分析に強い」という認識がある場合は、こうした能力を発揮できる仕事を選択してみてはいかがでしょうか。財務や労務、人事や経営企画など、幅広い分野で活躍できます。

専門性が高い

専門的な研究を行ってきた理系出身者の場合、自身の専門性を活かした就活をすることが可能です。
たとえ社会人経験はなくても、一定の知識やスキルを有していると考えられる理系出身者。企業の需要が高まっているのは、こうした特徴に注目した結果ともいえるでしょう。
自身の研究がどのような業界と結び付いているのかをしっかりと分析することで、就職活動を効率良く進めていけます。

論理的思考力に優れている

あらゆる問題に対して、観察から仮説を立て、そしてそれを検証していく論理的思考力。
研究が身近にあった理系出身者の中には、「科学的な視点で物事を捉え、論理的に思考する」という習慣が身に付いている方も多いことでしょう。
志望先業界が抱える課題について、自身の思考力をアピールできれば、非常に強力な武器となる可能性も。また、就活全体のプランニングにおいても、強みを発揮できるはずです。

内定率は理系が高い?
厚生労働省が実施している「大学等卒業予定社の就職内定状況調査」によると、令和4年3月に大学を卒業予定の学生において、文系の内定率は70.8%、理系の内定率は72.6%でした(令和3年10月1日現在)。

大学 分離別就職内定率の画像

引用:厚生労働省「令和4年3月大学等卒業予定者の就職内定状況(4p)

理系の強みは文系職種でも十分に活用できますし、評価されます。分析力や論理的思考力は職種を問わず求める企業が多いため、理系出身者の活躍フィールドは広いといえるでしょう。

院卒の就職は不利?有利?

理系の学生の中には、「研究が忙しくて就職活動の時間を取れない」「さらに専門性を高めていきたい」という思いから、大学院への進学を希望するケースも多く見られます。また、「理系は院卒でないと就職が難しい」と聞き、就活のために大学院へと進学する方もいるようです。
これから就職活動をする人にとって気になるのが、企業側の実態ですが、学部卒と院卒のどちらを重宝するのかは企業によってさまざまなため、一概には断言できません。

院卒と学部卒で就活に有利なのは?

院卒と学部卒、どちらが就活で有利なのかというのは、企業によって異なります。
柔軟性を重視する企業の場合は、特定の分野に特化している院卒よりも、学部卒を求める傾向にあるようです。
特に部門の異動が多い企業では、学部卒が重宝されるでしょう。
高い専門性を求める企業や研究職の場合は、専門的な知識が身についている院卒のほうが有利になる可能性が考えられます。

院卒が不利な点

大学院に進むと、どうしても学部卒より年齢が上がります。
学部卒がおよそ22歳~23歳であるのに対し、院卒はおよそ24歳~25歳。
理系の大学院では、修士の場合はおよそ2年前後、博士の場合はおよそ3年前後かかるため、場合によってはそれ以上の年齢になることもあります。
専門性よりも若さや柔軟性を求める企業の場合は、年齢で不利になることもあるでしょう
また、大学院は、自分が目指す分野の専門性をより高めることができるのが魅力です。
しかし、研究分野(得意分野)が限定的だと、そのぶん習得できる技術や知識が偏りがちになり、就職先も限られてきます。
前述のとおり、柔軟性を求める企業の場合は、院卒が不利になってしまう傾向があるようです。

大学院への進学と就職で悩んでいるなら「大学院卒と学部卒の違いは?就活アドバイザーに詳しく聞いてみました!」のコラムがおすすめ。アドバイザーが院卒と学部卒の違いについて詳しく解説しています。

理系出身者が就職活動で失敗しないためのコツ

理系出身者は文系に比べて自身の専門分野がはっきりしているため、就職先も専門分野を中心に探す傾向が見られます。しかし、前述したように専門性以外にも理系ならではの強みはアピールポイントになるもの。視野を広げ、専門外の仕事も検討してみましょう。また、研究や開発といった仕事を希望する方に多いのが大手思考。大手企業のほうが研究・開発分野において有利なのは確かですが、中小企業にも活躍の場はあります。企業規模ではなく、仕事内容や企業理念などにも目を向けてみてください。

「自分の強みや専門性がどんな仕事で活かせるか分からない」とお悩みなら、就職エージェントのハタラクティブにご相談ください。
ハタラクティブでは、専任の就職アドバイザーによる自己分析のサポートを実施。専門分野だけでなく、人柄や適性から判断した「あなたに合う仕事」をご紹介いたします。
もちろん、紹介だけでなく応募書類の書き方や面接対応といった実際の選考に対する支援も充実。企業に響く書類作成のコツ、面接で守るべき基本マナーなど細かくサポートいたします。中退や既卒、フリーターなど経歴を問わずにご利用いただけるので、ぜひお問い合わせください。

関連タグ