新型コロナウイルス感染防止のため、一時的に
全支店のカウンセリングを一律「オンライン面談」にて実施いたします。
また一部企業との面接もオンラインにて可能です。

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 理系の院卒は就職に有利…それってホント?

理系の院卒は就職に有利…それってホント?

【このページのまとめ】

  • ・理系出身者は、金融やコンサル、ITなどの業界で実力を発揮しやすい
    ・院卒と学部卒どちらがより有利かという決まりはない。柔軟性や専門性など、企業が求めるものによる
    ・院卒は、年齢や柔軟性の面で就職に不利な場合もある
    ・院卒は、研究で充分な時間が取れない、専門性を持て余してしまうなどの失敗に陥りがち
    ・研究と就活を両立できる自信がない…そんなときは、ハタラクティブへ!
有利な業界や職種、学部卒か院卒かなど、理系の就職に関する疑問はさまざまです。
本コラムでは、理系出身者が陥りがちな失敗やその対策も交えながら、理系の就職事情について紹介しています。


ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

オンライン面談実施中!【無料】就職相談はこちら

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです

ご相談はこちらから

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

理系の人が就職する業界や職種は?

理系出身者の主な就職先は、どういった業界・職種が多いのでしょう。
下記で紹介していますので、ご参照ください。

理系の人に多い業界

理系出身者に多い業界は、以下のとおりです。

金融
コンサルティング
エネルギー
IT
建築
運輸、交通

上記に挙げた項目は、論理的な思考能力や、専門的な知識・技術を求められることが多い傾向にあり、理系出身の方が力を発揮しやすい業界といえるでしょう。

理系の人に多い職種

理系出身者に多い職種を、学部ごとに挙げていきます。

工学部
生産技術、プラントエンジニア、システムエンジニアなど、電気系やエンジニアリングに関わる職種で活躍することが多いようです。

理学部
データサイエンティスト、光学設計、製造技術、アナリストなど、幅広い業界や職種に関わる方が多いようです。

農学部
育種、研究職、品質管理など、生物学や農学系の研究開発・管理に関わる職種が多い傾向にあるようです。

建築系
施工管理、測量士、インテリアデザイナーなど、建築や空間デザインなどに関わる職種が多いようです。

院卒の就職は不利?有利?

一部では、理系は院卒でないと就職が難しいという説があるようですが、実際は企業によってさまざまなため、一概には断言できません。

院卒と学部卒では、どっちで就活するのが良い?

院卒と学部卒、どちらが就活で有利なのかというのは、企業によって異なります。
柔軟性を重視する企業の場合は、特定の分野に特化している院卒よりも、学部卒を求める傾向にあるようです。
特に部門の異動が多い企業では、学部卒が重宝されるでしょう。
高い専門性を求める企業や、研究職の場合は、専門的な知識が身についている院卒のほうがある程度有利になるかもしれません。

院卒が不利な点

年齢
大学院に進むと、どうしても学部卒より年齢が上がります。
学部卒がおよそ22歳~23歳であるのに対し、院卒はおよそ24歳~25歳。
理系の大学院では、修士の場合はおよそ2年前後、博士の場合はおよそ3年前後かかるため、場合によってはそれ以上の年齢になることもあります。
専門性よりも若さや柔軟性を求める企業の場合は、年齢で不利になってしまうかもしれません。

研究分野が限定的
大学院は、自分が目指す分野の専門性をより高めることができるのが魅力です。
しかし、研究分野(得意分野)が限定的だと、その分習得できる技術や知識が偏りがちになり、就職先も限られてきます。
前述のとおり、柔軟性を求める企業の場合は、院卒が不利になってしまう傾向があるようです。

理系の人が陥りがちな就活失敗例

理系出身者は、就活において下記のような失敗に陥りがちです。

研究が忙しく、就活との両立が難しい
研究で忙しいことが多い院卒は、どうしても就活に割く時間が限られてしまいます。
そのため、書類や面接対策に充分な時間がとれず、企業研究も不十分なままになり、入社後にギャップを感じてしまう傾向にあるようです。

専門性を上手く活かせない
先述したように、院卒は専門性を向上できる分、就職先の選択肢が狭まってしまうという面もあります。
そのため、高い専門性を持っていても、それを活かせるポジションがなかなか見つからず、持て余してしまうケースもあるようです。

理系の院卒の方が就職活動で失敗しないためには、時間を取る方法を模索したり、自分の目指す進路としっかりと向き合う必要があります。
もしやるべきことが多すぎて自分一人では上手くいかないという場合は、エージェントを活用してみてはいかがでしょう。
ハタラクティブでは、就職活動におけるさまざまなお悩みに親身に対応。
面接対策や自己分析などのマンツーマン指導や、企業との連絡の代行も行っているため、就職活動と研究の両立が叶います。
就職活動に割ける時間が足りないと感じている方は、ぜひ一度ハタラクティブにご相談ください。

logo

では

プロの就活アドバイザーがあなたを
マンツーマンでサポートします

フリーター専門エージェント認知度No.1

カウンセリング実績11万人以上

内定率80.4%

logo

では

プロの就活アドバイザーがあなたを
マンツーマンでサポートします

フリーター専門エージェント認知度No.1

カウンセリング実績11万人以上

内定率80.4%

▼ ご相談はこちらから ▼

では

  • 最短2週間で内定!

    ハタラクティブご利用者はカウンセリングから
    平均2~3週間以内で内定を獲得

    ▼ ご相談はこちらから ▼

    登録はこちらから

    これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

    • はい

    • いいえ

    おすすめ記事

    RECOMMEND

    みんなの就職エピソード

    大卒から正社員へ 体験談 一覧

    関連記事

    ハタラクティブ 人気の記事一覧

    • arrow
    • youtubeIcon

    © 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

    floatingEF__appeal

    簡単30秒!登録はこちらから

    これまでに就職したことはありますか?

    floatingEF_img-pc
    floatingEF_img
    ページトップへ
    floatingEF__appeal

    簡単30秒!登録はこちらから

    これまでに就職したことはありますか?

    floatingEF_img-pc
    floatingEF_img
    ページトップへ

    特集

    COLLECTION