人見知り、未経験でもOKの仕事とは?

未経験OKの求人を探しているのですが、営業や接客が多く出てきます。しかし、私は人見知りな性格のため、チャレンジできる気がしません。人とのやりとりに苦手意識のある私でもできる仕事ってありますか?

未経験者歓迎の求人を探すと、営業や接客などが多く出るのは確かです。しかし、未経験者が応募できる職種がそれらに限定されるわけではないのでご安心ください。営業や接客以外で未経験者がチャレンジできる職種をいくつかご紹介します。

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

オンライン面談実施中!【無料】就職相談はこちら

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです

ご相談はこちらから

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

就活アドバイザーに詳しく聞いてみました!

人見知り、未経験でもOKの仕事とは?

人見知りの方の中には、「自分にできる仕事はあるのだろうか?」と不安を抱えている方もいるのではないでしょうか。そのようなお悩みに、就活アドバイザーがお答えするので、就職・転職活動中の人見知りの方は、ご一読ください。

人見知りの人が仕事でぶつかる4つの壁

人見知りの人は、仕事に多くの悩みを抱えているのではないでしょうか。仕事を円滑に進めるためには、基本的に人とのコミュニケーションが重要です。
しかし、人見知りの人はコミュニケーションが苦手なため、仕事に関して悩んでしまうことが多くなります。まずは、人見知りの人が仕事でぶつかる壁について、詳しく見ていきましょう。

1.接客や営業など人と直接やり取りするのが苦手

「人と直接やりとりするのが苦手」というのは、人見知りの人の大きな特徴です。接客業の場合、お客さまと直接やりとりをする必要があります。営業職も、社外の多くの人とコミュニケーションをとる仕事なので、人見知りの人には負担となるでしょう。
接客や営業は、よく知らない相手とコミュニケーションを取らなくてはなりません。人見知りには、ハードルが高いといえるでしょう。オフィスワークのように、社内の人とのコミュニケーションだけを考えれば良い仕事だと、比較的負担が少なくなります。

2.人前で自分の意見を言えない

人見知りの人は、人前で自分の意見を言うことに不安を感じる傾向があります。自分の意見がないわけではありませんが、人前での発言が苦手です。「こんなことを言ったら、どう思われるだろう」と、いろいろと考えてしまう人も少なくありません。
その結果、仕事でも自分の意見が言えなくなります。自分の意見が言えないために、自分が納得できない仕事を任されてしまうこともあるでしょう。自分の意見をうまく伝えられないと、こういった経緯でストレスや悩みを抱えてしまうこともあるようです。

3.社内の人となかなか打ち解けられない

人見知りの人は、社内の人となかなか打ち解けられないと感じている人も多いようです。特に、社員同士が仲良くしている場合は、その輪の中に入りにくく感じてしまうでしょう。
職場の人と打ち解けることは、仕事を円滑に進めるために大切なことです。頭では理解していても、人見知りが勝ってしまい、なかなか社員同士の輪に入れないのでしょう。

4.飲み会など仕事上の付き合いが苦手

人見知りの人は、飲み会や懇親会などの仕事上の付き合いが苦手ではないでしょうか。もともと人見知りの人は、大勢の人の中で過ごすことに負担を感じていがちです。
特に、上司や取引先と同席の場合は細やかな気配りが求められます。人見知りの人は、気遣うポイントを察知しても、実行に移すことは苦手と感じてしまうでしょう。こういった場に馴染めないことも、社内の人と打ち解けられないことへ拍車をかけている可能性があります。

人見知りであることの3つの強み

ここまで、人見知りが仕事でぶつかる壁を紹介しましたが、人見知りは短所ではありません。人見知りだからこその魅力があります。
自分では短所に思えても、周囲は長所と捉えていることも少なくありません。ここでは、人見知りであることの、長所や強みを3つ紹介します。

1.信頼を得られやすい

人見知りの人には、「人から信頼されやすい」という強みがあります。軽率な言動が少なく、もちろん陰口も少ないからでしょう。
口数が少ないことも「信頼できる人」という印象につながります。信頼関係ができれば、その人と長期的に良好な関係を続けることが可能です。仕事において、信頼感があることは大きなメリットとなりえます。

2.危機管理能力が高い

人見知りの人は、対人関係において警戒心が強い傾向があります。初対面の人に対し、「すぐには心を開かない」人は、多いのではないでしょうか。そのため、トラブルに巻き込まれることが少なくなります。
社交的な人は、違和感のある相手でも、すぐに合わせることができるでしょう。長所にも思えますが、人間関係においてはリスクを伴うこともあるでしょう。「慎重さ」は、仕事においても強い武器になります。上手に活かせると、活躍の幅が広がるでしょう。

3.コツコツと物事に取り組む

人見知りの人には、コツコツと物事に取り組むことが得意な傾向があります。仕事は、常に成果を求められるものです。人見知りの人は、慎重に物事を進められるため、大きなミスを犯さない有能な存在と認められることがあります。

人見知りの人におすすめの3つの業種

ここからは、人見知りでうまく人と会話ができないという方に、おすすめの業種を紹介します。
いずれも、人とのコミュニケーションに重点を置いていない業種です。「人見知りなので、就職できる仕事があるか不安」という方は、これらの業種の企業説明会に参加してみると良いでしょう。

1.ITサービス業

ITサービス業では、コミュニケーションよりも技術力が重視されるため、人見知りに向いている仕事があるでしょう。ITサービス業のメイン職種は、エンジニアです。
IT業界は、トレンドの移り変わりが早く、頻繁に新しい技術が開発されます。当然、商品へ反映するスピードも早くなるのが、IT業界の特徴です。素早く新しい技術を反映させられるよう、ITサービス業の要となるエンジニアの需要は多くあります。未経験者の採用枠も拡大されており、研修に力を注いでいる企業も多いようです。
また、ITサービス業は事業領域の拡大により、職種が多様化しています。「Web」「情報処理サービス」「ソフトウェア」「ハードウェア」など多くの領域で未経験者を歓迎している求人があるでしょう。

2.製造業

製造工程に直接関わる仕事は、人見知りにもってこいでしょう。製造業と一口にいっても、食品や各種原料、化学、電子機器、鉄鋼など、扱う製品のジャンルはさまざまです。製品の種類によって職種にも違いがありますが、工程に直接関わる製造作業、品質や生産数などを管理する生産管理や品質管理といった職種があります。これらの仕事は、未経験者歓迎の求人を出していることも少なくないため、未経験者でも応募しやすい職種といえるでしょう。
中でも、品質管理については「品質管理検定(QC検定)」を受けることで、スキルアップとキャリアアップの可能性を広げることもできます。自分が興味のある製品分野で探してみるのも良いのではないでしょうか。

3.建築・土木業

建築関係の仕事のなかでも、施工管理は人見知りにおすすめの職種です。建築・土木業は、工事ごとにチームが組まれ、基礎工事・躯体工事・外装工事・内装工事といった段階を踏んで進んでいきます。建築工事・土木工事において、とび、大工、左官などをはじめとする専門職の存在は必要不可欠です。専門的な知識や技術が求められる建築業界ですが、施工管理士は未経験者歓迎の求人が多い傾向にあります。施工管理技士の資格を取得することで、スキルアップやキャリアアップにつながるでしょう。将来的には、現場監督といったポジションに就くケースもあるため、将来的なキャリア形成を検討している人にもぴったりです。組織の若返りや幹部候補を育てたいという企業も多いので、未経験者がチャレンジしやすい職種といえるでしょう。

人見知りの人におすすめの10個の仕事

人見知りの人は、多くの人とコミュニケーションをとることは得意ではないでしょう。しかし、自分一人で出来る仕事には適性がある人も多く見られます。
また、軽いコミュニケーションは苦手でも、長期的に付き合って信頼関係を築くという仕事には向いていることもあるでしょう。人見知りの人におすすめの仕事を、10個ピックアップして紹介するので、就職や転職の参考にしてください。

1.プログラマー

プログラマーとは、プログラミング言語を使ってシステム開発を行う仕事です。開発方針を決めるため、プロジェクトの最初に、ある程度のコミュニケーションは必要となってきます。しかし、仕様さえ決まれば、あとは1人でプログラミングに専念できるでしょう。1人で作業に集中する仕事のため、人見知りでも働きやすい仕事といえます。
また、スキルや経験次第では在宅勤務も可能な職業です。将来的に、出社しない勤務スタイルを希望する人には、おすすめできます。プログラマーの仕事内容について詳しく知りたい方は、「就活アドバイザーが教える!プログラマーのお仕事」も合わせてご確認ください。

2.Webライター

Webライターとは、Web上に公開されるコラムや記事を執筆する仕事です。Webライターも、人と接する機会の少ない職業のため、人見知りでも取り組みやすいでしょう。フリーランスのライターなら、打ち合わせもチャットやメールが多いため、コミュニケーションの頻度は少なくなります。取材の必要がないライターであれば、人見知りに向いているでしょう。
Web・IT系の職種
Web関係やIT関係の仕事は、スキルさえあれば1人で取り組みやすく、人見知りに向いている仕事です。上記のプログラマーやWebライターのほかにも、Webデザイナーやデータ入力といった仕事もあります。
どの仕事でも、共通しているのは、一人黙々と作業を進められることです。打ち合わせが必要な場面もありますが、頻繁ではありません。人と話す機会が少ない仕事のため、人見知りの方でも負担が少なく取り組めるでしょう。「やってみたいけれど、ITの知識がない…」という人は、
IT業界への就職が未経験におすすめな理由とは?業務内容も詳しく紹介!」を一読ください。IT業界は、未経験でも調整しやすい仕事であることが分かるでしょう。

3.動画制作

動画の制作や編集、配信といった仕事も、人見知りに向いている仕事の1つです。自分で動画を撮影・編集し、ネットで配信します。フリーランスなら、他人と接することはすくないでしょう。「人見知りだけど、ネットでのコミュニケーションは得意」という人に向いています。
ただし、動画制作で生活できるレベルの収入を得ることは、誰もが出来るわけではありません。趣味の範囲からチャレンジしてみましょう。
動画を仕事にするための第一歩としておすすめなのが、YouTuberです。自分1人で完結することも多い仕事のため、人見知りの人におすすめできます。

4.ポスティング作業員

ポスティングとは、チラシや新聞などを一般家庭のポストに投函する仕事です。自分1人でできる仕事のため、人見知りには向いています。
徒歩か自転車を利用して仕事を行うのが一般的です。担当エリアが決められ、多くの枚数を配り終えなければならないので、自分の体力とノルマを考慮して選択しましょう。

5.配達ドライバー

人見知りの人には、郵便物や宅配便の配達ドライバーも向いています。郵便物や荷物を届けることが主な仕事のため、他人と長時間話すことはありません。移動も1人のことが多いため、人見知りでも楽な気持ちで働けるでしょう。

6.運転手

バスやトラック、タクシーの運転手は人と話すことが少ない仕事です。人見知りの人でも、負担なく働けるでしょう。運転手の仕事を選ぶ場合は、会社の待遇や経営状態をチェックし、労働条件のよい会社を選ぶことが大切です。また、使用する車種によっては、大型自動車免許が必要な場合があります。就職前には、必要な資格についても確認しておきましょう。運転手の収入事情が気になる方は、「公営と民間で異なる?バス運転手の年収について解説」も一読ください。

7.ルート営業

人見知りの人が嫌煙しがちな営業職ですが、「ルート営業」は、人見知りでも活躍できる可能性があります。「ルート営業」とは、既存顧客を定期的に訪れる仕事です。ルート営業なら、行く場所や会う人が同じため、人見知りであっても負担なくできます。一般的な新規開拓の営業よりも、コミュニケーションのハードルは低いでしょう。
ただし、中には密接なコミュニケーションを求めてくる取引先も存在します。事前のチェックが必要でしょう。

8.工場の作業員

工場の作業員は、仕事中の会話が少ない職種です。もちろん、業務上必要なやりとりはありますが、雑談や世間話などは少ないでしょう。特に、ライン作業では、無言で取り組むようになっている職場も多いようです。
そのため、人見知りにはストレスのかからない職種といえます。ただし、休憩時間にの多少のコミュニケーションが必要になる可能性はあるでしょう。

9.清掃員

清掃員は、オフィスや施設を清掃する仕事です。学歴やコミュニケーション能力を問われないため、人見知りや未経験者でも就きやすいでしょう。決められたことをこなすだけという仕事の性質から、人見知りにとって気が楽な仕事といえます。
ただし、体力的にきつく、給与水準は低めな仕事もあるようです。長く続けるつもりなら、建築物環境衛生管理技術者の資格を取得し、キャリアアップの道を目指すようおすすめします。清掃業界でのキャリアアップに関しては、「清掃業界の正社員を目指すには?仕事内容や転職時のポイントも紹介」を参考にしてください。

10.飼育員

飼育員は、動物園や水族館の動物の世話をする仕事です。人ではなく動物相手の仕事のため、人見知りの人が取り組みやすい職種でしょう。
飼育員には、動物関連の学校や農学部の出身の人も多く見られますが、特に必要な資格はないため、アルバイトからのスタートも可能です。特に、動物が好きな方におすすめできます。ただし、重労働が多いことや、来園客の対応もあることは理解しておきましょう。

仕事で何が苦手な「人見知り」なのか把握しよう

上記でおすすめの職種について紹介しました。しかし、求人数の多い営業や接客系の職種が、すべて向いていないわけではありません。一口に「人見知り」といっても、人によって性格はそれぞれ異なります。人によって、苦に感じることなく働ける営業・接客系の職種もあるので、検討の余地はあるでしょう。
たとえば、「社外は無理だけど社内の人となら話せる」「電話やメールなど直接会わない形であれば大丈夫」「決まった人とだけやりとりするなら平気」という人見知りもいるのではないでしょうか。このようなタイプなら、営業事務やコンシェルジュ、カスタマーサポートなどの仕事に向いている可能性もあります。
最初から条件を狭め過ぎると、自分に合った仕事を見つけられないこともあるでしょう。営業や接客系の職種を条件から排除するよりも、自分の得意・苦手について具体的にしておくと、より幅広い選択肢から選ぶことができます。

自分でイメージしづらい場合は、第三者にアドバイスを求めるのも良いでしょう。自分では気づかなかった職種が候補に挙がることもあるのでおすすめです。「人見知りだからできる仕事があるか分からない」「人見知りだから面接が不安」という方は、ぜひハタラクティブにご相談ください。ハタラクティブは、若年層に特化した就職エージェントサービスです。ニートやフリーター、第2新卒といった若者の就職をサポートしています。経験豊富なアドバイザーが、一人ひとりの適性や希望を丁寧にヒアリングし、人見知りの方が活躍できる求人をご紹介します。

こんなときどうする?人見知りと仕事のお悩みQ&A

人見知りの人は、仕事や就職において悩む人も多いでしょう。ここでは、人見知りの人の仕事について、さまざまなお悩みを、Q&A方式で回答していきます。

人見知りを直さないと就職できませんか?

人見知りであることの3つの強み」で紹介したとおり、人見知りは短所ではありません。人見知りだからこそ活躍できる仕事も多くあるので、絶対に人見知りを直さなくてはいけないと思わなくて大丈夫です。しかし、仕事をするにあたって最低限のコミュニケーションは取れるようにすると良いでしょう。

人見知りなのですが、向いている仕事はありますか?

人見知りの方は、1人で作業を進められるエンジニアやドライバー、作業員などが向いています。詳しくは、このコラムの「人見知りの人におすすめの10個の仕事」で10職種を紹介しているので、参考にしてください。

人見知りが活躍できる仕事の特徴を教えてください。

コミュニケーションが必要な相手が社内の人だけといったように、限られた人としか関わらない仕事が良いでしょう。新規開拓の営業や接客業は、不特定多数の人と関わるので、負担が大きくなりがちです。IT業界や製造業などでは、社内の人間関係だけで完結する仕事が多いでしょう。

営業や接客の仕事は、人見知りには難しいですか?

人見知りでも、営業や接客の仕事は可能です。営業といっても、「飛び込み営業」ではなく、既存顧客を訪問する「ルート営業」もあります。お客さまと一度顔見知りになれば、コミュニケーションのハードルは低くなるでしょう。

人見知りなので、就職活動が不安です…

人見知りゆえに、面接に苦手意識を持っている人も多いでしょう。面接に不安がある方は、就職支援サービスのハタラクティブにご相談ください。ハタラクティブでは、求人紹介だけでなく、面接対策も行っています。無料で利用できるので、まずはお気軽にご相談ください。

▼ ご相談はこちらから ▼

登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

みんなの就職エピソード

  • 周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月
    周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月

    就職前

    スポーツジム フロントスタッフ アルバイト

    就職後

    住宅機器等の製造・販売会社 営業

    詳細見る
  • “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職
    “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職

    就職前

    ホストクラブ ホスト

    就職後

    通信回線販売取次店 営業

    詳細見る

体験談 一覧

関連記事

ハタラクティブ 人気の記事一覧

  • arrow
  • youtubeIcn

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

特集

COLLECTION