就職したいニートを受け入れてくれる企業はある?

就職したいニートを受け入れてくれる企業はある?の画像

この記事のまとめ

  • ニート期間の短い人や年齢が若い人であれば、受け入れてくれる会社は見つけやすい
  • 年齢を重ねた場合は、未経験者を受け入れやすい人手不足の業界の求人がおすすめ
  • ニートから受け入れてくれる会社を見つけるために、支援機関やサイトを活用するのも手
  • 引きこもりから就職するには、ハローワークの職業訓練を受けるのも良い方法
  • ニートからの就職で客観的なアドバイスが欲しい場合は、就職エージェントも活用してみる

「ニートを受け入れてくれる会社はある?」とお悩みの方はいるでしょう。人それぞれ就職活動の方法や過程は異なりますが、ニートから就職することは可能です。内定を得るためには、自分を受け入れてくれる会社と出会えるような就職活動をすることが重要。就職支援機関やエージェント、就職サイトを利用して効率的に進めるのがおすすめです。このコラムを参考に就職活動のポイントを押さえ、働きたいと思える会社を見つけましょう。

こんなお悩みありませんか?
例えば
  • 向いてる仕事なんてあるのかな?
  • 避けたいことはあるけれど、
  • やりたいことが分からない・・・
私たちは「やりたいこと」から一緒に探します!
ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

\もう学歴・経歴に困らない!/

自分に向いている仕事を
簡単に診断してみましょう

性格でわかる
私の適職診断

さっそく診断START

ニートを受け入れてくれる会社はある?

ニートを受け入れてくれる会社はある?の画像

ニートを受け入れてくれる会社はあります。ただし、ニート生活の期間や就職活動を始める年齢は人によってさまざまであるため、就職までの過程は個人差があるでしょう。たとえば、年齢が若い10代・20代であれば、働いた経験がなくてもポテンシャル採用で就職を実現しやすいようです。一方、30代・40代と年齢を重ねて未経験から就職をしようとすると、若年層よりも選考対策や練習が必要になることがあります。

近年では、新卒で入社した会社を数ヶ月や数年で辞めた、第二新卒と呼ばれる人材の需要が高まっています。こういった若い世代を一から育て、長期的に活躍してくれる戦力として受け入れたいと考える企業は多く、同じような年代であればニートやフリーターが重宝される可能性があるのです。

ニートからの就職は業界選びも大切

ニートから就職を目指す場合は、就職しやすい人手不足の業界を選ぶと良いでしょう。人手不足の業界は未経験者歓迎の求人が多く、ニートから受け入れてくれる会社を見つけやすい傾向があるからです。また、先述したように、30代・40代までニート歴を重ねた状態から就職を目指す際にも、おすすめの仕事探しの方法といえます。ただし、同年代の社会人の転職に比べると厳しくなることが予想されるでしょう。「必ず受け入れてくれる」と考えるのではなく、応募先企業ごとの対策をきちんと行って就職活動を進めるようにしてください。
未経験歓迎の求人については、「受かりやすい仕事って?未経験者歓迎の求人が多い業界とは」のコラムもぜひチェックしてみてください。

アルバイトや派遣社員として経験を積むのも手

引きこもりの状態から全くの未経験として就職に挑戦するよりも、アルバイトや派遣社員といった非正規雇用で働いて経験を積んでから就職活動を始めるのもおすすめ。少し就職する時期は遅くなりますが、無職期間に区切りをつけられるうえ、スキルや知識が身につくため、受け入れてくれる会社と出会いやすくなるかもしれません。早めに就職を決めたいのか、経験を積む形でゆくゆくは正社員を目指すのか、自分の状況や希望に合った方法で就職活動を始めると良いでしょう。
未経験OK多数!求人を見てみる

ニートになった経緯と就活する理由の伝え方

就職活動に踏み切った経緯や理由は、前向きな将来の展望とともに伝えることが大切です。実際に就職活動を始めると、面接の際には「ニートになった理由」「ニート生活中は何をしていたか」「なぜ就職活動を始めたか」といった質問をされるでしょう。企業がこのような質問をするのは、「働いていない期間が長い状態から就職して、すぐに辞めてしまわないか」というリスクを回避する目的があります。
ニートとして過ごした無職期間で起こった気持ちの変化や就労意欲の芽生えもしっかりと伝えることで、採用担当者に「長く働きたい」という熱意をアピールできるでしょう。「空白期間を面接で聞かれたら?『何もしてない』はOK?答え方や例文を紹介」のコラムでも空白期間の伝え方を詳しく解説していますので、ぜひご一読ください。

嘘をつくのは避けるのが無難

「少しでも印象を良くしたいから」と、実際のニートになった理由や無職期間中の出来事と異なる説明をするのは逆効果。嘘がバレずに入社できても「いつかバレるのでは」という不安とともに働かなければいけなくなったり、バレて信頼が崩れたりする恐れもあります。嘘をつかず正直に伝えることと、反省の気持ちや今後どのように働いていきたいかといった点を具体的に提示できれば、採用担当者にも納得し受け入れてもらえるでしょう。

ニートから受け入れてくれる会社を見つけるには?

ニートから受け入れてくれる会社を見つけるには?の画像

先述したように、ニートを採用する会社は存在しますが、どうすれば見つかるかは就職活動の方法次第だといえます。そのような会社を探す方法は、主に「就職支援機関に登録」「就職サイトを活用する」「家族や友人に相談する」の3つ。以下で解説しますので、自分に合った方法は何かを考えながら参考にしてみてください。

就職支援機関に登録する

就職支援機関や民間のエージェントに登録すると、内定獲得までの就職活動をサポートしてもらえます。未経験歓迎や、人柄・ポテンシャル重視の求人が多い業界があっても、自分の適性に合った求人情報収集の仕方を知らなければ、受け入れてくれる会社を見つけることは難しいでしょう。就職支援機関や民間のエージェントでは、プロのアドバイザーが客観的なアドバイスで内定獲得まで導いてくれます。

就職サイトを活用する

就職サイトを活用すれば、自分のペースで仕事探しを進めることが可能です。現在はインターネットが普及し簡単に情報を得られるうえ、業界や職種ごとに特化した就職サイトも多くあります。働くうえでの希望条件を洗い出し、条件に当てはまる求人のみを表示させられるため、効率良く応募先を選べるでしょう。

家族や友人に相談する

家族や友人に相談するのも、自分に合った進路を考える一つの手です。就職支援機関や民間のエージェントへの登録や、自分に合う企業や仕事をネット上で探すのが難しく感じられる場合は、家族や友人に相談するのも一つの手です。このとき、引きこもりだったことや無職期間を過ごしていたことを知っている相手であれば、より気軽に相談しやすいでしょう。

誰かに頼るメリット

ニートから就職活動を始めると、応募しても面接までたどり着けないことも。さらに、就労経験の少ない場合は自分が働く姿をイメージしづらく、自分に合う求人を見つけることに難しさを感じやすいでしょう。自分で乗り越えようとする努力も大切ですが、誰かに頼ることで、視野を広げて自分の進路について考えられるという強みがあります。♪
自分に合った仕事探しをするには、客観的なアドバイスも踏まえて就職活動を進めるのがおすすめです。次項で解説するハローワークや就職エージェントなど第三者の支援期間であれば、求人の紹介はもちろん、就職の悩み相談なども可能。一人で行うと落ち込んでしまうこともある就職活動を、最後まで乗り切りやすくなるでしょう。

ハローワークの特徴

ハローワークは、無職の方や在職中の方、引きこもりの方など、仕事を求めているすべての方が仕事に就けるよう、雇用のセーフティーネットとして国が運営している公的機関です。ここでは、ハローワークを利用するメリットや注意点を解説しますので、ぜひご覧ください。

ハローワーク利用のメリット

ハローワークでは、求人の紹介や職業相談のほか、履歴書や職務経歴書といった応募書類の書き方、面接の受け方をレクチャーしてくれるセミナーなども実施しています。そのため、仕事を探すことに慣れていない場合も、基礎から就職活動の仕方や情報を知れるでしょう。そのほか、就職に必要なスキルや知識を習得したい場合に通える職業訓練校への申し込みも、ハローワークでの職業相談をすれば可能になります。数ヶ月~1年かけて受講するため時間は必要になりますが、専門的な知識を身につけてから就職活動をすることにより、応募できる求人が増えることが見込まれるでしょう。

ハローワーク利用の注意点

ハローワークには、人材を求める数多くの企業からの求人が存在します。全国の求人をハローワークの担当者がすべてチェックすることは難しいため、ときには職場環境が厳しい可能性のある企業の求人に出会ってしまうリスクも。そういった企業で働くことにならないよう、業務内容や待遇、企業についてなど、求人票に記載されている内容以外も自分自身できちんと確認することが必要となります。求人が多いというハローワークの特徴は、さまざまな会社や仕事を知れるメリットでもありますが、場合によってはデメリットにもなるようです。

就職エージェントの特徴

民間企業が運営する就職エージェントは、ハローワーク同様、就職を希望する方に求人を紹介する機関です。ここでは、民間企業が運営する就職エージェントのメリットや注意点を解説。自分に合った活用ができるか、ぜひチェックしてみてください。

就職エージェント利用のメリット

就職エージェントでは、マンツーマンで専任アドバイザーが就職活動を支援してくれます。就職に関する悩み相談ができたり、応募書類の添削や面接対策をしてもらえたりするなど、あらゆるサポートを受けられるのが特徴です。
ハローワークと比べると扱う求人数はやや少なくなりますが、アドバイザーは、取り扱う企業の社風や仕事内容はもちろん、社内の雰囲気なども把握。そのため、より自分にマッチする企業を紹介してもらえるというメリットがあるでしょう。また、自分に合う仕事や企業にアピールできる点、自分では気づけなかった点を第三者目線でアドバイスしてくれるため、一人で行うよりも自信をもって就職活動に挑めるようになります。

就職エージェント利用のデメリット

求職者と企業の間にいるエージェントに求人を紹介してもらえることで、「勧めてもらった企業を断りづらい」と感じる方もいるようです。第三者が入ることで、企業に聞きづらいことや疑問点を気軽に確認できるというメリットもありますが、「逆に自分の意見を言いづらい」「流されてしまう」という場合もあるようです。

自分にとって譲れない条件を明確にしておく

就職エージェントを利用する際は、希望に合った就職ができるよう、自分の意見をはっきり伝えるようにしましょう。そのために、自分が働くうえで譲れない条件を事前に明確にしておくのがおすすめです。条件が不明確な場合は、自己分析の深掘りをするのが良い方法。自己分析の方法が分からない方は、「自己分析が大事!「やりたいこと探し」の方法とは」のコラムを参考にしてみてください。

就職エージェントのハタラクティブは、10代・20代に特化した就職支援を行っています。ハタラクティブが扱っている求人には、若さや意欲を重視したポテンシャル採用を行う企業が多くあり、正社員経験のないフリーターやニートといった若年層からも就職を目指せるでしょう。経験豊富なアドバイザーが求職者一人ひとりの就職活動をサポートしますので、ニートから就職を目指したい方は、ぜひハタラクティブにご相談ください。

ニートを受け入れてくれる会社に関するQ&A

ここでは、「ニートを受け入れてくれる会社」や「ニートからの就職」に関する疑問をQ&A方式で回答しています。資格取得や無職期間のアピール方法についても触れていますので、ぜひ参考にしてみてください。

ニートだとどの会社も雇ってくれない気がします

ニートから雇ってくれる会社を見つけることは可能です。仕事が見つからないとお悩みの方は、「未経験者歓迎」の求人や人手不足の業界を中心に仕事探しをするのがおすすめ。ニートから就職するのにおすすめな職業は、「ニートにおすすめの職業11選!就職するための方法も紹介」のコラムに詳しく記載しています。

引きこもり期間中に取得した資格は就活で活かせますか?

引きこもり期間で取得した資格は、選考過程においてアピールポイントとなり得るでしょう。専門的な知識があることで、就労意欲があることも採用担当者に伝わりやすくなります。「ニートは資格を取れば就職できる?おすすめの勉強法もご紹介!」のコラムもあわせて参考にし、資格の勉強をするかどうか検討してみてください。

引きこもりから就職しましたが、退職したいです

「退職したい」「引きこもりに戻りたい」という気持ちが芽生えた際は、すぐに退職するのではなく、まずは状況を改善できるか考えてみましょう。ただし、「退職したい」と思う原因によっては、早めに転職をするほうが良い場合もあります。詳しい対処法は「仕事を辞めたいと思った時の対処法とは?退職を検討すべき状況も解説!」のコラムで解説していますので、ぜひご一読ください。

無職期間があったことをプラスにアピールするのは可能ですか?

このコラムの「ニートになった経緯と就活する理由の伝え方」でも述べたように、前向きな姿勢で無職期間中にあったことを述べるのが良いでしょう。就職エージェントのハタラクティブでは、面接の受け答えの対策も行っています。無職から就職するために面接対策をしたい方は、ぜひお気軽にお問い合わせください。

この記事に関連するタグ